倉知典弘

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/22 11:37
 
アバター
研究者氏名
倉知典弘
所属
吉備国際大学
部署
社会科学部 スポーツ社会学科
職名
講師
学位
修士(教育学)(京都大学大学院)

プロフィール

2011年度から吉備国際大学に勤務しております。

研究分野

 
 
  • 教育学 / 教育学 / 社会教育 生涯学習

学歴

 
2002年4月
 - 
2007年3月
京都大学大学院 教育学研究科 教育科学専修 生涯教育学講座
 
1999年4月
 - 
2001年3月
同志社大学大学院 文学研究科 教育学専攻
 
1995年4月
 - 
1999年5月
名古屋大学 文学部 
 

経歴

 
2011年4月
   
 
吉備国際大学社会学部スポーツ社会学科 講師
 

担当経験のある科目

 

論文

 
倉知 典弘
京都大学生涯教育フィールド研究 = Journal of lifelong education field studies   6 3-17   2018年3月
授業力向上に向けた模擬授業改善の試み ― 授業評価尺度の作成と有用性の検討 ―
倉知 典弘・大下 浩司・森井 康幸
吉備国際大学研究紀要 (人文・社会科学系)   (28) 143-156   2018年3月
20世紀初頭アメリカにおける社会統制手段としての教育論─E.A.RossのSocial Controlを中心に─
倉知典弘
(28) 57-68   2018年3月
学校安全に関わる政策の展開と課題─「組織マネジメント」の観点から─
倉知典弘
吉備国際大学研究紀要(人文・社会科学系)   (28) 45-55   2018年3月
授業力向上に向けた模擬授業改善の試み - 自己評価尺度の作成と有用性の検討 -
倉知 典弘・大下 浩司・森井 康幸
吉備国際大学研究紀要 (人文・社会科学系) 増刊号   131-152   2017年9月
学校と地域の連携をめぐる政策展開過程の検討 -「チームとしての学校」の意義について -
倉知典弘
吉備国際大学研究紀要 (人文・社会科学系) 増刊号,65-78,2017   65-78   2017年9月
コミュニケーション行為による道徳的心情への効果に関する研究―ハーバーマス理論を参照にしたルールづくりによるコミュニケーション行為からの検証―
作田澄泰 倉知典弘
吉備国際大学研究紀要(人文・社会科学系)   (27) 145-164   2017年3月
江幡亀寿の教育思想について-公民道徳論の検討を中心に-
倉知典弘
吉備国際大学研究紀要(人文・社会科学系)129-144 (2017-03-17)   (27) 129-144   2017年3月
作田 澄泰, 倉知 典弘
京都大学生涯教育フィールド研究 = Journal of lifelong education field studies   4 35-51   2016年3月
•教育令期における教育行政の展開と「職業教育」「社会教育」─『国家生理学』と『行政学教育篇』を中心に─
倉知典弘
吉備国際大学研究紀要 人文・社会科学系    (第26号) 63-75
プレゼンテーションソフトを活用したコミュニケーション行為による道徳性変容と自己意識の高まりへの効果―大学生の講義アンケート結果からの検証―
作田 澄泰・倉知 典弘
吉備国際大学研究紀要 人文・社会科学系   (26) 77-90
倉知 典弘
吉備国際大学研究紀要. 人文・社会科学系   (25) 79-92   2015年3月
初期社会教育における「職業観・勤労観」-大教宣布運動を中心にー
倉知典弘
吉備国際大学研究紀要 人文・社会科学系   (24) 107-123   2014年
倉知 典弘
京都大学生涯教育学・図書館情報学研究 = Journal of lifelong education and libraries   0(11) 81-100   2012年3月
倉知 典弘
京都大学生涯教育学・図書館情報学研究   (7) 93-106   2008年3月
倉知 典弘, 安川 由貴子
京都大学生涯教育学・図書館情報学研究   (7) 155-176   2008年3月
徒弟教育について
倉知典弘
京都大学大学院教育学研究科・北京師範大学教育学院 学術協定締結記念 日中教育学系合同シンポジウム論文集   85-92   2006年8月   [査読有り]
倉知 典弘
京都大学生涯教育学・図書館情報学研究   5 79-89   2006年3月
この論文は国立情報学研究所の学術雑誌公開支援事業により電子化されました。
倉知 典弘
京都大学生涯教育学・図書館情報学研究   4 151-159   2005年3月
この論文は国立情報学研究所の学術雑誌公開支援事業により電子化されました。
倉知 典弘
京都大学生涯教育学・図書館情報学研究   2 39-58   2003年3月
この論文は国立情報学研究所の学術雑誌公開支援事業により電子化されました。

講演・口頭発表等

 
「翻訳的社会教育論」の再検討―明治期の著作を中心として
倉知典弘
日本社会教育学会第63回研究集会   2017年9月16日   
江幡亀寿の教育思想と職業教育 ー「公民道徳」としての勤労に着目して
倉知典弘
日本社会教育学会第63回研究大会   2016年9月17日   
教育令期における教育政策の変容と学校外教育 ―実業教育・職業教育との関連に注目して
倉知典弘
日本社会教育学会第62回研究大会   2015年9月19日   
渡辺治訳『三英双美政海の情波』に見られる「通俗教育」の意味について
倉知典弘
日本社会教育学会第61回研究大会   2014年9月27日   
明治初期社会教育における「労働者」としての国民形成ー「勤労の精神」を中心にー
倉知典弘
日本社会教育学会第59回研究集会   2012年10月7日   
近代社会教育思想における職業教育の位置づけ
倉知典弘
日本社会教育学会 第56回研究大会   2009年9月   
『職工教育』論の展開に関する検討
倉知典弘
日本社会教育学会第54回研究大会   2007年9月   
徒弟教育についての研究
倉知典弘
日中合同教育学系国際シンポジウム   2006年10月   
手島精一の「実業補習学校」論について
倉知典弘
日本社会教育学会第53回研究大会   2006年3月   
京都における勧業政策の展開一伝統工芸を中心として
倉知典弘
日本社会教育学会第52回研究大会   2005年9月   

書籍等出版物

 
生涯学習概論 知識基盤社会で学ぶ・学びを支える
前平泰志 監修 渡邊洋子 編 (担当:共著, 範囲:社会教育の行政と財政)
ミネルヴァ書房   2014年4月   
マルカム・S.ノールズ著 『学習者と教育者のための自己主導型学習ガイド ともに創る学習のすすめ』
渡邊洋子監訳 京都大学SDL研究会訳 (担当:共訳, 範囲:リソースA-C、E、F)
明石書店   2005年8月   
生涯学習の展開
吉富啓一郎、国生寿編 (担当:共著, 範囲:「生涯学習の行政と体制」「NPO」)
学文社   2000年5月   

委員歴

 
2014年6月
 - 
現在
高梁公民館公民館運営審議委員
 
2012年7月
 - 
2013年3月
高梁市教育委員会  高梁市立高等学校教育研究協議会委員
 

教育業績

 
2015年4月   学習記録用紙の作成
講義形式の授業において、学生の予習復習及び授業態度などの振り返りのための冊子を作成した。項目は、講義を理解するために事前に知っておくべき「基礎事項」、講義で取り扱うテーマについて自分の講義前の理解を記入する「論述課題」講義で身につけたいことを示す「講義を通じて答えられるようになりたい問い」の3項目が予習課題として、講義の重要事項を書く「キーワード」、「講義のまとめ」「講義の感想・質問欄」の他に、事前の論述課題に対応した「論述課題」授業態度等を評価する「自己評価」欄を設定している。