中村 征樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/18 23:28
 
アバター
研究者氏名
中村 征樹
 
ナカムラ マサキ
eメール
masakicelas.osaka-u.ac.jp
URL
http://nmasaki.com/
所属
大阪大学
部署
全学教育推進機構
職名
准教授
学位
博士(学術)(東京大学)
その他の所属
文学研究科大阪大学
科研費研究者番号
90361667
Twitter ID
nmasaki
ORCID ID
0000-0002-5671-1579

プロフィール

1974年、神奈川県生まれ。東京大学先端科学技術研究センター助手、文部科学省科学技術政策研究所研究官を経て、現職。専門の科学技術史に関する研究のほか、科学技術倫理や、市民の科学技術への関与など、科学技術と社会の関係について幅広く研究や実践に携わってきた。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年10月
 - 
現在
日本学術会議 連携会員
 
2012年4月
 - 
現在
大阪大学 全学教育推進機構 准教授
 
2007年11月
 - 
現在
大阪大学 大学院文学研究科 准教授
 
2007年10月
 - 
2012年3月
大阪大学 大学教育実践センター 准教授
 
2006年3月
 - 
2007年9月
文部科学省科学技術政策研究所 第2調査研究グループ 研究官
 

論文

 
研究不正問題をどう考えるかー研究公正と「責任」の問題
中村征樹
哲学   67 61-79   2016年4月   [招待有り]
K. H. Nielsen, G. Balling, T. Hope, and M. Nakamura
East Asian Science, Technology, and Society: an International Journal   9(1) 1-21   2015年1月   [査読有り]
Diversity in STS Communities: A Comparative Analysis of Topics
Ryuma Shineha, Masaki Nakamura
East Asian Science, Technology and Society   7(1) 145-158   2013年3月   [査読有り]
Public opinions regarding the relationship between Autism Spectrum Disorders and society: social agenda construction via science café and public dialogue using questionnaires
Jin Higashijima, Yui Miura, Chie Nakagawa, Yasunori Yamanouchi, Kae Takahashi, Masaki Nakamura
Journal of Science Communication   11(4)    2012年12月   [査読有り]
自閉症研究と社会にまつわる多様な市民間の対話の試み
東島仁 中川智絵 山内保典 三浦優生 高橋可江 中村征樹
科学技術コミュニケーション   11 28-43   2012年6月   [査読有り]
科学技術コミュニケーションの政策的振興
中村征樹
『[新通史]日本の科学技術』第3巻第5部      2011年10月   [招待有り]
「履修登録期間」の設定及び単位の実質化に関する先進的取組事例に係る調査報告
早田幸政,望月太郎,中村征樹
大阪大学大学教育実践センター紀要      2010年3月   [査読有り]
Masaki Nakamura
East Asian Science, Technology and Society: An International Journal      2010年3月   [査読有り][招待有り]
中村征樹
科学技術社会論研究   (5) 31-43   2008年

Misc

 
シチズンサイエンスは学術をどう変えるか
中村 征樹
学術の動向   23(11) 30-39   2018年11月   [依頼有り]
「ドーナツの穴」から考える学問の現在
中村 征樹
看護研究   50(4) 335-339   2017年7月   [依頼有り]
(対談)高等教育論を問い直す
佐藤浩章・中村征樹
待兼山文學   (平成29年度上半期号) 9-46   2017年4月   [依頼有り]
中村征樹
学術の動向   22(2) 32-36   2017年2月   [依頼有り]
研究不正問題についてどう考えるかーSTAP問題を切り口に―
中村征樹
科哲   (18) 5-10   2017年1月   [依頼有り]
科学者の社会的責任と科学者倫理―科学技術イノベーション政策の展開と研究不正問題
中村征樹
科学史研究   55(278) 165-171   2016年7月   [依頼有り]
中村 征樹
科学技術コミュニケーション   (18) 81-89   2015年12月   [依頼有り]
英国の自閉症スペクトラム障害研究における当事者集団の参画
東島仁・中村征樹
年報 科学・技術・社会   22 109-123   2013年6月   [査読有り]
中村征樹
学術の動向      2010年9月   [依頼有り]
社会に関与する科学者コミュニティ : AAAS年次大会参加報告
中村征樹
科学技術コミュニケーション      2007年9月   [査読有り][依頼有り]
伊藤憲二, 中村征樹, 西山崇, 小林学, 岡本拓司, 梶雅範
科学史研究. 第II期   43(231) 165-179   2004年9月
中村征樹
日本科学史学会第51回年会, 2004      2004年
中村征樹
日本科学史学会第50回年会研究発表講演要旨集, 2003年      2003年
中村征樹
日仏教育学会年報   (10) 239-243   2003年

書籍等出版物

 
大学事典
児玉善仁ほか編 (担当:分担執筆, 範囲:「サイエンスカフェ」「先端科学・技術」「知識基盤社会/教養と知識基盤社会」)
平凡社   2018年6月   ISBN:9784582121025
大学教育と読書:大学生協からの問題提起
中村征樹・松行輝昌・朴寿美 (担当:分担執筆, 範囲:「バトルから読書へ一書評対決・ビブリオバトル・ショセキカという挑戦-」)
大学教育出版   2017年10月   ISBN:978-4864294690
黒沢永紀 (担当:分担執筆, 範囲:「池島から考える日本社会のこれまでとこれから」)
三才ブックス   2017年5月   ISBN:978-4-86199-955-0
For the Sound Development of Science :The Attitude of a Conscientious Scientist
Japan Society for the Promotion of Science Editing Committee “For the Sound Development of Science”  (担当:共著)
2015年5月   
科学の健全な発展のためにー誠実な科学者の心得ー
日本学術振興会「科学の健全な発展のためにー誠実な科学者の心得ー」編 (担当:共著)
丸善出版   2015年3月   ISBN:9784621089149

担当経験のある科目

 
 

委員歴

 
2018年7月
 - 
現在
日本学術振興会  研究公正アドバイザー
 
2018年7月
 - 
現在
PwCコンサルティング合同会社  「諸外国の研究公正推進に関する調査・分析業務事業委員会」委員
 
2017年4月
 - 
現在
京都府立医科大学  評価会議外部委員(AMED研究公正高度化モデル開発事業)
 
2016年8月
 - 
現在
大阪成蹊大学・大阪成蹊短期大学  運営諮問委員
 
2016年6月
 - 
現在
大阪大学生活協同組合  理事