基本情報

所属
ケンブリッジ大学 政治国際関係学部 ポストドクトラルフェロー
独立行政法人日本学術振興会 海外特別研究員
学位
DPhil in International Relations(2021年3月 University of Oxford)
修士(法学)(2017年3月 東京大学)
学士(法学)(2015年3月 東京大学)

J-GLOBAL ID
201701008209698384
researchmap会員ID
B000276677

外部リンク

国家形成、天然資源をめぐる政治、植民地支配、民主化、歴史的国際関係論などのテーマに関心があります。方法論としては、植民地行政文書等の一次史料を活用してデータを収集し、比較歴史分析や過程追跡の手法を主に使用して分析しています。

博士論文では、天然資源と国家形成の関係、特に植民地が国家になる独立過程における石油の影響について、主に東南アジア(ブルネイとその周辺地域)と中東(カタール・バーレーンとその周辺地域)を対象に研究しました。


論文

  3

書籍等出版物

  3

講演・口頭発表等

  7

MISC

  3

所属学協会

  5

共同研究・競争的資金等の研究課題

  4