論文

査読有り
2017年

地方選挙における有権者の政治行動に関連する近接性の効果:空間統計を活用した兵庫県赤穂市長選挙の事例研究

社会心理学研究
  • 三浦 麻子
  • ,
  • 稲増 一憲
  • ,
  • 中村 早希
  • ,
  • 福沢 愛

32
3
開始ページ
174
終了ページ
186
記述言語
日本語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
DOI
10.14966/jssp.0955
出版者・発行元
日本社会心理学会

本研究では、日本の地方選挙における有権者の政治行動に対する候補者による選挙運動への近接性の効果を、空間統計を活用した手法で実証的に検討した。兵庫県赤穂市の市長選挙をフィールドとして、社会調査によって有権者の政治行動や政治的態度、および政治に対する意識を測定し、全地球測位システム(GPS)によって候補者の選挙運動の空間位置情報を測定した。有権者の候補者への好感度には、有権者あるいは近隣の他の有権者が選挙運動に接触した程度が正の関連を持っていたが,候補者との空間的な近接性は関連がなかった。一方、投票行動については、好感度を統制してもなお、有権者自身が選挙運動に接触している程度と候補者との空間的近接性の高さが、有権者をその候補者への投票に向かわせていた。空間統計の活用により、近接性の効果をより精緻に扱うことができる可能性が示唆された。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.14966/jssp.0955
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130005558216
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN10049127
URL
http://id.ndl.go.jp/bib/028076222

エクスポート
BibTeX RIS