論文

査読有り
2019年3月

2者から異なる方向に説得される状況での被説得者の認知資源と態度変容プロセスの関連の検討

社会心理学研究
  • 中村早希
  • ,
  • 三浦 麻子

34
3
開始ページ
119
終了ページ
132
記述言語
日本語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
DOI
10.14966/jssp.1738

本研究は、複数源泉・複数方向の説得状況における態度変容プロセスを解明すべく、その状況の最小構成単位である2者が異なる方向に説得する状況を設定し、ヒューリスティック-システマティックモデル (HSM) による態度変容プロセスの説明可能性を検証するものである。具体的には、説得的メッセージを提示する際の受け手の認知資源を制限することによって、ヒューリスティック処理あるいはシステマティック処理のいずれかがなされやすい状況を設定し、外集団成員の方が内集団成員よりも論拠が強いメッセージを提示した場合にそのどちらの説得に応じるかを測定した。認知資源を二重課題の実施(研究1)やメッセージの提示時間(研究2)によって制限した場合、そうでない場合と比較して、内集団成員の唱導方向へ、つまり好ましいヒューリスティック手がかりを持つ方向への態度が形成された。この結果は、複数源泉・複数方向の根幹のプロセスをHSMで説明できることを示している。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.14966/jssp.1738

エクスポート
BibTeX RIS