木下 まゆみ

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/04 15:03
 
アバター
研究者氏名
木下 まゆみ
 
キノシタ マユミ
所属
高崎経済大学
部署
経済学部
職名
教授
学位
博士(人文科学)(お茶の水女子大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
高崎経済大学 経済学部 教授
 
2008年4月
 - 
2016年3月
高崎経済大学 経済学部 准教授
 
2005年4月
 - 
2008年3月
高崎経済大学 経済学部 講師
 
2002年4月
 - 
2005年3月
日本学術振興会 PD
 
2000年1月
 - 
2002年3月
日本学術振興会 DC2
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2002年3月
お茶の水女子大学大学院人間文化研究科(博士後期課程)  
 
1997年4月
 - 
1999年3月
お茶の水女子大学大学院人間文化研究科(博士前期課程)  
 
1993年4月
 - 
1997年3月
お茶の水女子大学文教育学部  
 
1990年4月
 - 
1993年3月
北海道立旭川東高等学校  
 

委員歴

 
2018年9月
 - 
現在
高崎健康福祉大学高崎高等学校  学校評議員
 
2016年2月
 - 
現在
日本パーソナリティ心理学会  常任編集委員
 
2012年10月
 - 
現在
日本パーソナリティ心理学会  理事
 
2017年6月
 - 
2018年3月
群馬県教育委員会  群馬県教員育成協議会委員
 
2007年9月
 - 
2011年9月
日本パーソナリティ心理学会  常任編集委員
 

Misc

 
木下 まゆみ, Mayumi Kinoshita, 高崎経済大学経済学部
高崎経済大学論集   60(4) 309-318   2018年3月
木下 まゆみ, Mayumi Kinoshita, 高崎経済大学経済学部
高崎経済大学論集   59(2) 1-15   2017年3月
足立 にれか, 高比良 美詠子, 内藤 まゆみ
大正大學研究紀要 仏教学部・人間学部・文学部・表現学部   96 190-178   2011年
内藤 まゆみ
高崎経済大学論集   50(3) 213-220   2008年3月
近江 玲, 坂元 章, 安藤 玲子, 秋山 久美子, 木村 文香, 橿淵 めぐみ, 内藤 まゆみ, 高比良 美詠子, 坂元 桂, 足立 にれか, 鈴木 佳苗, 加藤 祥吾, 坂元 昂
日本教育工学会論文誌   29(1) 11-21   2005年7月   [査読有り]
本研究では, 授業外における, 子どもの自由なインターネット使用が, 情報活用の実践力とその下位能力を伸ばすかどうかを検討するために, 中学生を対象とした半年間隔の3波パネル研究を実施した.539名のデータに対して構造方程式モデル分析を行ったところ, 半年間で生じる短期的な効果については, 有意に正であったものはほとんどなかった.しかし, 1年間で生じる, より長期的な効果は, ウェブページ作成やメール使用の効果を中心として, しばしば有意に正であった.このことにより, 自由なインターネッ...
内藤 まゆみ, 鈴木 佳苗, 坂元 章
パーソナリティ研究   13(1) 67-78   2004年9月   [査読有り]
本研究は,合理的処理および直観的処理における個人差(Pacini & Epstein,1999)を測定する情報処理スタイル尺度(IPSI)の作成を目的とした.調査1(回答者290名)ではIPSI38項目の内容的妥当性を検討するため,確認的因子分析を行った.分析の結果,IPSIが合理性と直観性の2因子から構成されることが確認された.また,IPSIは十分な内的一貫性および再テスト信頼性を持つことが示された.他の尺度(曖昧さへの耐性と理論志向性,自尊心,社会的望ましさ)との相関はIPSIの収束的...
橿淵 めぐみ, 坂元 章, 小林 久美子, 安藤 玲子, 木村 文香, 足立 にれか, 内藤 まゆみ, 鈴木 佳苗, 高比良 美詠子, 坂元 桂, 毛利 瑞穂, 加藤 祥吾, 坂元 昂
日本教育工学雑誌   26(4) 377-383   2003年3月   [査読有り]
本研究では,学校におけるインターネット使用が,生徒の情報化社会レディネス(望ましい情報化社会に参画する態度)を高める効果があるのかどうか,インターネットを活用している3つの中学校と,活用していない2つの中学校を比較する準実験により検討した.約6カ月の間隔で,インターネット使用前に2回,使用後に1回,合計3回調査を行い,情報化社会レディネスの変化について分析した.その結果,インターネット活用校のほうが,非活用校よりも,情報化社会レディネスおよびその下位成分が高まることは示されなかった.教育プ...
内藤 まゆみ, 坂元 章, 毛利 瑞穂, 木村 文香, 橿淵 めぐみ他, 小林 久美子, 安藤 玲子, 鈴木 佳苗, 足立 にれか, 高比良 美詠子, 坂元 桂, 加藤 祥吾, 坂元 昂
日本教育工学雑誌   25(2) 63-72   2001年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Brown B. Bradford, Prinstein Mitchell J., 青年期発達百科事典編集委員会, 子安 増生, 二宮 克美 (担当:単訳, 範囲:スポーツへの参加)
丸善出版   2014年4月   
高崎経済大学附属産業研究所 (担当:分担執筆, 範囲:第5章 教員養成課程における子どもの抑うつ防止教育と地域の健康づくり)
日本経済評論社   2010年3月   ISBN:9784818820920
佐々木 茂, 味水 佑毅, 高崎経済大学附属地域政策研究センター (担当:分担執筆, 範囲:第17章 いのちを守る地域づくり)
勁草書房   2009年3月   ISBN:9784326301782
児童心理学の進歩2008年版
平木典子, 稲垣佳世子, 斉藤こずゑ, 高橋恵子, 氏家達夫, 湯川良三 (担当:分担執筆, 範囲:テレビとテレビゲーム)
2008年6月   ISBN:9784760899487
内田 伸子, 坂元 章 (担当:分担執筆, 範囲:オンライン・コミュニケーション――誰が,何を,どのように伝えるか)
金子書房   2007年4月   ISBN:9784760895229

講演・口頭発表等

 
内藤 まゆみ
日本パーソナリティ心理学会大会発表論文集   2009年11月9日   
事例で学ぶ心理・調査データの解析1 階層的重回帰分析(SPSS) [招待有り]
内藤まゆみ
お茶の水女子大学21世紀COEプログラム「ジェンダー研究のフロンティア」「誕生から死までの人間発達科学」共催 「2日でわかるパネル・データ分析」   2006年2月16日   
嫌なことが起きても「うつ」にならないのはどんな人か -状況要因とパーソナリティの交互作用が抑うつに及ぼす影響- [招待有り]
内藤 まゆみ
ワークショップ「縦断研究による因果関係の推定-縦断調査データの分析方法-」   2005年11月4日   日本パーソナリティ学会第14回大会
抑うつからの回復-合理的思考の効果とその過程-
内藤まゆみ
日本心理学会第69回大会小講演   2005年9月11日   
熊谷 倫子, 坂本 章, 小林 久美子, 足立 れにか, 内藤 まゆみ, 井出 久里恵, 坂本 桂, 高比良 美詠子, 米澤 宣義
日本教育工学会大会講演論文集   2003年10月11日   
内藤 まゆみ, 坂元 桂, 高比良 美詠子
日本性格心理学会大会発表論文集   2003年9月24日   
IT時代の癒し-ネットカウンセリングとは何か- [招待有り]
内藤 まゆみ
第2回社団法人日本マーケティング・リサーチ協会・日本グループダイナミックス学会共催講座 「インターネットの心理学-IT社会の企業戦略―」   2002年10月10日   
木下 まゆみ
日本行動計量学会第28回大会 特別セッション「臨床心理学における認知の計量」   2000年10月8日   
杉森 伸吉, 利根川 智子, 内藤 まゆみ, 松冨 名奈子
日本性格心理学会大会発表論文集   2000年3月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
抑うつ者の経験的-合理的情報処理に関する研究
科学研究費 特別研究員奨励費
研究期間: 2000年4月 - 2002年3月    代表者: 木下 まゆみ
こころの栄養としての砂糖-砂糖摂取によるストレス低減の検討-
農畜産業振興機構: 砂糖に関する学術調査委託
代表者: 木下 まゆみ