片山昇

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/31 17:11
 
アバター
研究者氏名
片山昇
 
カタヤマ ノボル
URL
https://sites.google.com/site/katayamaswebsite/
所属
小樽商科大学
部署
商学部 一般教育等
職名
准教授
学位
博士(農学)(鹿児島大学), 修士(理学)(神戸大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
小樽商科大学 商学部 准教授
 
2017年4月
 - 
2018年3月
立命館大学 理工学部 非常勤講師
 
2016年7月
 - 
2018年3月
龍谷大学 理工学部 研究補助員
 
2016年5月
 - 
2018年3月
京都大学 生態学研究センター 研究員
 
2012年10月
 - 
2016年4月
北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター 学術研究員
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2004年3月
鹿児島大学大学院 連合農学研究科博士後期課程 生物環境保全学専攻
 
1999年4月
 - 
2001年3月
神戸大学大学院 自然科学研究科博士前期課程 生物学専攻
 
1995年4月
 - 
1999年3月
神戸大学 理学部 生物学科
 

論文

 
Hosseini Afsane, Hosseini Mojtaba, Katayama Noboru, Mehrparvar Mohsen
EUROPEAN JOURNAL OF ENTOMOLOGY   114 106-112   2017年   [査読有り]
Katayama N, Makoto K, Kishida O
Proceedings. Biological sciences   283(1839)    2016年9月   [査読有り]
Toju H, Kishida O, Katayama N, Takagi K
PloS one   11(11) e0165987   2016年11月   [査読有り]
Yamawo Akira, Tokuda Makoto, Katayama Noboru, Yahara Tetsukazu, Tagawa Jun
EVOLUTIONARY BIOLOGY   42(2) 191-198   2015年6月   [査読有り]
Katayama N, Kishida O, Sakai R, Hayakashi S, Miyoshi C, Ito K, Naniwa A, Yamaguchi A, Wada K, Kowata S, Koike Y, Tsubakimoto K, Ohiwa K, Sato H, Miyazaki T, Oiwa S, Oka T, Kikuchi S, Igarashi C, Chiba S, Akiyama Y, Takahashi H, Takagi K
PloS one   10(12) e0146228   2015年12月   [査読有り]
KATAYAMA Noboru, HEMBRY David H., HOJO Masaru K., SUZUKI Nobuhiko
Ecol Res   28(5) 919-926   2013年9月   [査読有り]
Nosaka Megumi, Katayama Noboru, Kishida Osamu
OIKOS   124(2) 225-234   2015年2月   [査読有り]
Katayama Noboru, Silva Alessandro O., Kishida Osamu, Ushio Masayuki, Kita Satoshi, Ohgushi Takayuki
ECOLOGICAL ENTOMOLOGY   39(4) 511-518   2014年8月   [査読有り]
Whitaker Melissa R. L., Katayama Noboru, Ohgushi Takayuki
ARTHROPOD-PLANT INTERACTIONS   8(3) 213-220   2014年6月   [査読有り]
KATAYAMA Noboru, SILVA Alessandro Oliveria, KISHIDA Osamu, OHGUSHI Takayuki
Ecol Entomol   38(6) 627-630   2013年12月   [査読有り]

Misc

 
天然更新によるトドマツ人工林複層化への試み
坂井励, 吉田俊也, 小塚力, 高木健太郎, 岸田治, 片山昇 高橋廣行, 浪花愛子, 伊藤欣也, 実吉智香子, 五十嵐満, 和田克法, 大岩敏昭, 永井義隆, 古和田四郎, 小池義信, 椿本勝博, 大岩健一, 佐藤博和, 宮崎徹, 大岩真一, 岡翼
北方森林保全技術   32 1-11   2015年3月
アリと共生するアブラムシ
片山昇
自然保護   519 40-42   2009年9月   [依頼有り]
花外蜜腺をもつ植物とアリの相互作用
片山昇
京都大学生態学研究センターニュース   93 20-23   2006年9月

書籍等出版物

 
花外蜜腺−その生態的意義について−
片山昇 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 467-474,)
エヌ・ティ・エス   2006年8月   

講演・口頭発表等

 
日本とアメリカのセイタカアワダチソウにおける個体群ベースの形質比較
片山昇, 内海俊介, 安東義乃, 徳田誠, 安達修平, K. Dixon, T. Craig, 大串隆之
第65回日本生態学会大会   2018年3月17日   
繁殖干渉は競争関係にあるマメゾウムシ2種の個体群動態を左右するか?
片山昇, 京極大助, 天井弘基, 有川哲平, 川瀬貴礼, 近藤倫生
第61回日本応用動物昆虫学会大会   2017年3月28日   
継続的なタケノコの収穫がチシマザサ個体群の状態とタケノコ生産に及ぼす影響
片山昇, 岸田治, 高木健太郎
日本生態学会第63回全国大会   2017年3月16日   
人為的撹乱に対するタケノコの応答~収穫することで生産性は高まる
片山昇
竹林景観ネットワーク第19回研究集会   2017年1月28日   
An aquatic vertebrate can utilize amino acids from environmental water
片山昇, 小林真, 岸田治
第32回個体群生態学会大会   2016年11月3日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
生態学的アプローチに基づく山菜の撹乱応答の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤C)
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 片山昇
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 片山 昇
アリーアブラムシー共生細菌による複合共生系の解明
文部科学省: 特別研究員奨励費(PD)
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 片山昇