岩谷 將

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/30 15:25
 
アバター
研究者氏名
岩谷 將
 
イワタニ ノブ
所属
北海道大学
部署
大学院法学研究科
職名
教授
学位
博士(法学)(慶應義塾大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
北海道大学 法学研究科(兼)法学部 教授
 
2016年2月
 - 
2016年3月
防衛省防衛研究所戦史研究センター(兼)外務省大臣官房国際文化協力室 主任研究官(兼)外務事務官
 
2013年4月
 - 
2016年2月
防衛省防衛研究所 戦史研究センター 主任研究官
 
2012年4月
 - 
2013年3月
防衛省防衛研究所 戦史研究センター 教官
 
2010年4月
 - 
2012年3月
防衛省防衛研究所 企画部企画調整課(兼)戦史研究センター 情報発信調整官(兼)教官
 

受賞

 
2009年
第8回井植記念「アジア太平洋研究賞」佳作 中国国民党訓政体制の研究
 

論文

 
日中戦争拡大過程の再検証
岩谷 將
軍事史学   53(2) 4-27   2017年9月   [査読有り]
From Marco Polo Bridge to Shanghai: Initial Phase of the Sino-Japanese War Revisited
岩谷將
戦史研究年報   (19) 97-107   2016年3月
華北における日本軍の治安戦
岩谷將
戦史研究年報   (19) 1-16   2016年3月   [査読有り]
陶德曼調停中的蔣介石與孔祥熙
岩谷 將
呉景平『 宋氏家族与近代中国的変遷』東方出版社   216-237   2015年
日中戦争初期中国的対日方針—以陶德曼調停中孔祥熙的活動為中心
岩谷將
劉傑・川島真編『『対立与共存的歴史認識:中日関係150年』中国社会科学文献出版社   303-334   2015年

Misc

 
国民政府と日本―対立の背景
岩谷 將
ハンドブック近代中国外交史 : 明清交替から満洲事変まで   202-207   2019年
1937年後半の中国の対日方針とソ連
岩谷 將
日中戦争と中ソ関係: 1937年ソ連外交文書邦訳・解題・解説   295-300   2018年
歴史研究と歴史戦
岩谷 將
三田評論   (1215) 48-48   2017年10月
日中戦争における和平工作
岩谷 將
昭和史講義2: 専門研究者が見る戦争への道   165-182   2016年7月
蔣介石日記-2009年夏之回憶
岩谷 將
走近蔣介石——蔣介石日記探秘   135-138   2016年7月

書籍等出版物

 
東京大学出版会   2018年9月   ISBN:413020307X
国書刊行会   2018年3月   ISBN:4336062579