社会貢献活動

文化庁日本語教育研究協議会(大阪会場)


主催者・責任者
文化庁

第1分科会「日本語教育の応用:音声教育」
コーディネータ:土岐哲(大阪大学教授)
王伸子(専修大学助教授)
地域社会で生活する外国人が急増している中で,「異なる言語(音声)背景を持った人々との間でなされるコミュニケーション場面において,より有効と考えられる日本語の発音(発声)法や音声習得の工夫とは」という視点から,日本語の音声教育の在り方について協議する。