Nobuya Kimura

J-GLOBAL         Last updated: May 9, 2019 at 08:23
 
Avatar
Name
Nobuya Kimura
E-mail
n-kimurarakuno.ac.jp
Affiliation
Rakuno Gakuen University
Section
College of Agriculture,Food and Environment SciencesDepartment of Food Science and Human Wellness
Research funding number
20826995

Research Interests

 
 

Published Papers

 
Kimura Nobuya, Saeki Kazuko, Hirano Michiyo
Japanese Journal of Public Health Nursing   5(2) 126-135   Aug 2016
<p>Objectives: We examined the items important for the community assessment of nutrition and dietary habits as recognized by public health nurses for use in the development of assessment tools for health promotion policies.</p><p>Methods: An anony...
在宅で療養する小児と家族を支える在宅ケアシステムに関するわが国の研究動向
渡邊 美佳, 石田 大起, 木村 宣哉, 進藤 ゆかり
北海道公衆衛生学雑誌   27(2) 181-189   Mar 2014
小児在宅ケアシステムに関する文献を医中誌Web版とCiNiiから78編、ハンドリサーチより5編・計83編収集し、在宅療育児とその家族を支える在宅ケアシステムに関する日本の研究動向を概観した。その結果、小児在宅ケアシステムに関する研究は少なく、在宅療養児の家族や医療依存度の高い児を取り巻く環境に研究が集中していた。また、小児の在宅療養を様々な関連分野から多角的に捉えようとした研究は少なく、医療・福祉・教育など小児在宅療養関係者の様々な視点から、現状と課題を把握して解決策を模索し、介入していく...
Kuramitsu Mina, Kimura Nobuya, Fujita Naoto, Kawaharada Mariko
Japanese Journal of Public Health Nursing   2(1) 20-28   2014
Purpose: The objective of this ecological study was to elucidate the relationship between disability-free life expectancy (DFLE) and community health activities and related parameters.<br/>Methods: One hundred and seventy-nine municipalities in Ho...
東京保健所長会方式を参考にした北海道市区町村の改変版平均寿命の検討 健康寿命算出に向けて
木村 宣哉, 蔵満 美奈, 藤田 直人, 河原田 まり子
北海道公衆衛生学雑誌   26(2) 107-113   Mar 2013
健康寿命の算出を行う際、対象自治体の規模が小さいと、算出の基盤となる平均寿命の誤差が大きくなり、市町村の多くが人口1万人未満の北海道では健康寿命の算出が難しい。東京保健所長会方式(以下T方式)は、市区町村の行政的需要に応えるために健康寿命の計算方法を改善したものであり、人口1万人未満の市区町村においても5%以上の較差はみられないと報告されていることから、北海道の小規模な自治体における平均寿命の誤差を縮小できる可能性がある。しかし、T方式での計算に用いている年齢区分は、北海道で公開されている...