Norio Ohmagari, M.D., M.Sc.,Ph.D.

J-GLOBAL         Last updated: May 10, 2019 at 20:36
 
Avatar
Name
Norio Ohmagari, M.D., M.Sc.,Ph.D.
Nickname
大曲 貴夫
Research funding number
20562557
ORCID ID
0000-0002-4622-8970

Published Papers

 
Takaya S, Kutsuna S, Kato Y, Ohmagari N
Internal medicine (Tokyo, Japan)   58(6) 897   Mar 2019   [Refereed]
Suzuki T, Kutsuna S, Tsuboi M, Ota M, Hayakawa K, Ohmagari N
Emerging infectious diseases   25(3) 603-604   Mar 2019   [Refereed]
Tsuboi M, Hayakawa K, Mezaki K, Katanami Y, Yamamoto K, Kutsuna S, Takeshita N, Ohmagari N
American journal of infection control   47(2) 208-210   Feb 2019   [Refereed]
Inagaki A, Moriyama Y, Morioka S, Wakimoto Y, Shida Y, Ohmagari N
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy      Feb 2019   [Refereed]
Ujihara T, Yamamoto K, Kitaura T, Katanami Y, Kutsuna S, Takeshita N, Hayakawa K, Ohmagari N
Internal medicine (Tokyo, Japan)      Feb 2019   [Refereed]
Ujiie M, Terada M, Kobayakawa M, Ohmagari N
Journal of travel medicine      Jan 2019   [Refereed]
Takaya S, Kato Y, Katanami Y, Yamamoto K, Kutsuna S, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Komaki-Yasuda K, Kano S, Ohmagari N
The American journal of tropical medicine and hygiene      Jan 2019   [Refereed]
Fujiya Y, Hayakawa K, Gu Y, Yamamoto K, Mawatari M, Kutsuna S, Takeshita N, Kato Y, Kanagawa S, Ohmagari N
PloS one   14(3) e0211786   2019   [Refereed]
Takaya S, Kutsuna S, Suzuki T, Komaki-Yasuda K, Kano S, Ohmagari N
The American journal of tropical medicine and hygiene   99(4) 967-969   Oct 2018   [Refereed]
Hayakawa K, Nagashima M, Kanehisa E, Watanabe R, Kunimatsu J, Ohta K, Mutoh Y, Hashimoto T, Katanami Y, Yamamoto K, Kutsuna S, Tayama N, Ohmagari N
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   24(12) 969-974   Dec 2018   [Refereed]
Moriyama Y, Ishikane M, Hayakawa K, Yamamoto K, Akazawa T, Sugiki Y, Ohmagari N
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy      Nov 2018   [Refereed]
Takeshita N, Anh NQ, Phuong DM, Thanh DV, Thuy PP, Huong MTL, Takahashi M, Ohmagari N
Japanese journal of infectious diseases      Oct 2018   [Refereed]
大曲貴夫
日本薬剤師会雑誌   70(9) 1125‐1128   Sep 2018
Katanami Y, Kutsuna S, Nagashima M, Takaya S, Yamamoto K, Takeshita N, Hayakawa K, Kato Y, Kanagawa S, Ohmagari N
Emerging infectious diseases   24(9) 1746-1748   Sep 2018   [Refereed]
馬渡 桃子, 早川 佳代子, 松永 展明, 杉木 優子, 山元 佳, 藤谷 好弘, 片浪 雄一, 忽那 賢志, 竹下 望, 大曲 貴夫
日本環境感染学会誌   33(3) 111-116   May 2018
【目的】末梢静脈カテーテル関連血流感染症(PCRBSI:peripheral venous catheter-related blood stream infection)の発生率のサーベイランスにおいて、カテーテル日を分母とする場合と比べ入院人日を分母としても評価が可能かどうか検討した。【方法】単一の急性期病院において2012年4月〜2015年9月までの入院人日と末梢静脈カテーテル日を医療情報システムより抽出し、両者の正規性を確認しPearsonの相関係数を求めた。また、入院人日とカテー...
大曲貴夫
日本化学療法学会雑誌   66(Supplement-A) 182   Apr 2018
二見茜, 堀成美, 忽那賢志, 大曲貴夫
日本渡航医学会誌   11(2) 100‐102-102   Mar 2018
メールアドレスで問い合わせのあったインバウンド受診相談対応69件を対象とした。地域別では、アジア44件(63.8%)、ヨーロッパ11件(15.9%)、中東4件(5.8%)、北米3件(4.4%)、オセアニア2件(2.9%)で、国別では中国の18件(26.19%)が最も多く、次いでモンゴルが12件(17.4%)、インドネシアが7件(10.1%)であった。診療科別では、人間ドックが23件(33.3%)と最も多く、次いで消化器内科が10件(17.49%)であった。診療可能と返答した20件中、実際に...
【性感染症-今、何が問題か】 性感染症 今、何が問題か
荒井 陽一, 荒川 創一, 川名 敬, 大曲 貴夫
日本医師会雑誌   146(12) 2457-2468   Mar 2018
Kamata K, Tokuda Y, Gu Y, Ohmagari N, Yanagihara K
PloS one   13(11) e0207017   2018   [Refereed]
Yamamoto S, Gu Y, Fujitomo Y, Kanai N, Yamahata Y, Saito H, Hashimoto T, Ohmagari N
Journal of general and family medicine   19(4) 127-132   Jul 2018   [Refereed]
Mawatari M, Kobayashi T, Yamamoto S, Takeshita N, Hayakawa K, Kutsuna S, Ohmagari N, Noguchi T, Kato Y
Tropical medicine and health   46 37   2018   [Refereed]
Matono T, Kato Y, Morita M, Izumiya H, Yamamoto K, Kutsuna S, Takeshita N, Hayakawa K, Mezaki K, Kawamura M, Konishi N, Mizuno Y, Kanagawa S, Ohmagari N
The American journal of tropical medicine and hygiene   95(1) 19-25   Jul 2016   [Refereed]
Yamamoto K, Hayakawa K, Nagamatsu M, Fujiya Y, Mawatari M, Kutsuna S, Takeshita N, Tamura S, Mezaki K, Ohmagari N
Japanese journal of infectious diseases   70(2) 201-202   Jun 2016   [Refereed]
Kitaura T, Takahashi M, Umeyama T, Takeshita N, Katanami Y, Takaya S, Yamamoto K, Kutsuna S, Hayakawa K, Kato Y, Yamauchi T, Narita Y, Miyazaki Y, Ohmagari N
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   24(7) 573-575   Jul 2018   [Refereed]
Katanami Y, Kutsuna S, Morita M, Izumiya H, Ohnishi M, Yamamoto K, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Kato Y, Ohmagari N
The American journal of tropical medicine and hygiene   95(3) 571-573   Jun 2016   [Refereed]
Katanami Y, Kutsuna S, Horino A, Hashimoto T, Mutoh Y, Yamamoto K, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Kato Y, Ohmagari N
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   23(4) 241-244   Apr 2017   [Refereed]
Matono T, Hayakawa K, Hirai R, Tanimura A, Yamamoto K, Fujiya Y, Mawatari M, Kutsuna S, Takeshita N, Mezaki K, Ohmagari N, Miyoshi-Akiyama T
BMC research notes   9(1) 197   Apr 2016   [Refereed]
Kutsuna S, Kato Y, Nakayama E, Taniguchi S, Takasaki T, Yamamoto K, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Ohmagari N
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   23(2) 114-116   Feb 2017   [Refereed]
Hayakawa K, Nagashima M, Ohta K, Ohmagari N, Tayama N
Japanese journal of infectious diseases   71(5) 365-367   May 2018   [Refereed]
[Unexpected Diseases in Two Patients with False-Positive Dengue Immunoglobulin M Antibody Test Results].
Matono T, Kutsuna S, Kato Y, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Ohmagari N
Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases   90(2) 125-128   Mar 2016   [Refereed]
Hayakawa K, Nagamatsu M, Mezaki K, Sugiki Y, Kutsuna S, Takeshita N, Yamamoto K, Mawatari M, Fujiya Y, Ohmagari N
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   23(2) 117-119   Feb 2017   [Refereed]
Matono T, Kato Y, Yotsu R, Ohmagari N
Lancet (London, England)   388(10041) 275   Feb 2016   [Refereed]
Tanizaki R, Ujiie M, Hori N, Kanagawa S, Kutsuna S, Takeshita N, Hayakawa K, Kato Y, Ohmagari N
Journal of travel medicine   23(3)    Mar 2016   [Refereed]
Tsuboi M, Kutsuna S, Kato Y, Nakayama E, Shibasaki K, Tajima S, Takasaki T, Katanami Y, Yamamoto K, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Ohmagari N
Emerging infectious diseases   22(9) 1683-1685   Sep 2016   [Refereed]
Tada T, Nhung PH, Miyoshi-Akiyama T, Shimada K, Tsuchiya M, Phuong DM, Anh NQ, Ohmagari N, Kirikae T
Antimicrobial agents and chemotherapy   60(11) 6853-6858   Nov 2016   [Refereed]
Kobayashi T, Kutsuna S, Hayakawa K, Kato Y, Ohmagari N, Uryu H, Yamada R, Kashiwa N, Nei T, Ehara A, Takei R, Mori N, Yamada Y, Hayasaka T, Kagawa N, Sugawara M, Suzaki A, Takahashi Y, Nishiyama H, Morita M, Izumiya H, Ohnishi M
The American journal of tropical medicine and hygiene   94(2) 289-291   Feb 2016   [Refereed]
Ishikane M, Kamiya H, Kawabata K, Higashihara M, Sugihara M, Tabuchi A, Kuwabara M, Yahata Y, Yamagishi T, Odagiri T, Sugiki Y, Ohmagari N, Matsui T, Oishi K
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   22(11) 777-779   Apr 2016   [Refereed]
Shinohara K, Kutsuna S, Takasaki T, Moi ML, Ikeda M, Kotaki A, Yamamoto K, Fujiya Y, Mawatari M, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Kato Y, Ohmagari N
Journal of travel medicine   23(1)    Jan 2016   [Refereed]
Yamamoto K, Ohmagari N
Internal medicine (Tokyo, Japan)   55(8) 1031   2016   [Refereed]
Yamamoto K, Ohmagari N
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(8) 1185   Apr 2018   [Refereed]
Tsuboi M, Hayakawa K, Yamasaki H, Katanami Y, Yamamoto K, Kutsuna S, Takeshita N, Kanagawa S, Ohmagari N, Kato Y
PLoS neglected tropical diseases   12(2) e0006297   Feb 2018   [Refereed]
Kutsuna S, Kato Y, Katanami Y, Yamamoto K, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Ohmagari N
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(3) 325-328   Feb 2018   [Refereed]
Matono T, Kutsuna S, Koizumi N, Fujiya Y, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Kato Y, Ohmagari N
Journal of travel medicine   22(6) 422-424   Nov 2015   [Refereed]
Matono T, Nagashima M, Mezaki K, Motohashi A, Kutsuna S, Hayakawa K, Ohmagari N, Kaku M
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   24(2) 153-155   Feb 2018   [Refereed]
Oshiro S, Tada T, Kameoka Y, Suzuki K, Ohmagari N, Miyoshi-Akiyama T, Kirikae T
Journal of microbiological methods   118 159-163   Nov 2015   [Refereed]
Yamamoto K, Kato Y, Shinohara K, Kutsuna S, Takeshita N, Hayakawa K, Iwagami M, Kano S, Watanabe S, Ohmagari N
The American journal of tropical medicine and hygiene   98(2) 505-507   Feb 2018   [Refereed]
Tada T, Nhung PH, Miyoshi-Akiyama T, Shimada K, Phuong DM, Anh NQ, Ohmagari N, Kirikae T
Antimicrobial agents and chemotherapy   59(11) 7090-7093   Nov 2015   [Refereed]
Hamasuna R, Le PT, Kutsuna S, Furubayashi K, Matsumoto M, Ohmagari N, Fujimoto N, Matsumoto T, Jensen JS
PloS one   13(6) e0198355   2018   [Refereed]
Komaki-Yasuda K, Vincent JP, Nakatsu M, Kato Y, Ohmagari N, Kano S
PloS one   13(1) e0191886   2018   [Refereed]
Tada T, Miyoshi-Akiyama T, Shimada K, Nga TT, Thu le TA, Son NT, Ohmagari N, Kirikae T
BMC infectious diseases   15(1) 433   Oct 2015   [Refereed]
Hashimoto T, Takaya S, Kutsuna S, Hayakawa K, Shiojiri D, Katanami Y, Yamamoto K, Takeshita N, Ohmagari N
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   24(1) 65-67   Jan 2018   [Refereed]
Hayakawa K, Takasaki T, Tsunemine H, Kanagawa S, Kutsuna S, Takeshita N, Mawatari M, Fujiya Y, Yamamoto K, Ohmagari N, Kato Y
International journal of infectious diseases : IJID : official publication of the International Society for Infectious Diseases   37 9-10   Aug 2015   [Refereed]
Kutsuna S, Yamamoto K, Takeshita N, Hayakawa K, Kato Y, Kanagawa S, Sugiki Y, Ohmagari N
Japanese journal of infectious diseases   71(1) 62-64   Jan 2018   [Refereed]
Comparison of clinical characteristics and laboratory findings of malaria, dengue, and enteric fever in returning travelers: 8-year experience at a referral center in Tokyo, Japan.
Kutsuna S, Hayakawa K, Kato Y, Fujiya Y, Mawatari M, Takeshita N, Kanagawa S, Ohmagari N
Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases   Suppl 13 34-38   Jul 2015   [Refereed]
Kobayashi T, Hayakawa K, Mawatari M, Itoh M, Akao N, Yotsu RR, Sugihara J, Takeshita N, Kutsuna S, Fujiya Y, Kanagawa S, Ohmagari N, Kato Y
Tropical medicine and health   43(2) 149-153   Jun 2015   [Refereed]
Sherchan JB, Hayakawa K, Miyoshi-Akiyama T, Ohmagari N, Kirikae T, Nagamatsu M, Tojo M, Ohara H, Sherchand JB, Tandukar S
Antimicrobial agents and chemotherapy   59(6) 3424-3432   Jun 2015   [Refereed]
Sherchan JB, Morita M, Matono T, Izumiya H, Ohnishi M, Sherchand JB, Tandukar S, Laghu U, Nagamatsu M, Kato Y, Ohmagari N, Hayakawa K
The American journal of tropical medicine and hygiene   97(6) 1706-1709   Dec 2017   [Refereed]
Nhung PH, Miyoshi-Akiyama T, Phuong DM, Shimada K, Anh NQ, Binh NG, Thanh DV, Ohmagari N, Kirikae T
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   21(7-8) 617-619   Apr 2015   [Refereed]
Miyoshi-Akiyama T, Tada T, Ohmagari N, Viet Hung N, Tharavichitkul P, Pokhrel BM, Gniadkowski M, Shimojima M, Kirikae T
Genome biology and evolution   9(12) 3238-3245   Dec 2017   [Refereed]
Kutsuna S, Hayakawa K, Kato Y, Fujiya Y, Mawatari M, Takeshita N, Kanagawa S, Ohmagari N
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   21(3-4) 272-276   Apr 2015   [Refereed]
Binh NG, Hayakawa K, Co DX, Tuan ND, Anh NH, Thuy NT, Phuong DM, Huong NT, Thuy PT, Chau NQ, Nhung PH, Gam DT, Hai DT, Huong TT, Van Anh L, Takeshita N, Ohmagari N
International journal of infectious diseases : IJID : official publication of the International Society for Infectious Diseases   35 18-23   Mar 2015   [Refereed]
Tsuboi M, Kutsuna S, Maeki T, Taniguchi S, Tajima S, Kato F, Lim CK, Saijo M, Takaya S, Katanami Y, Kato Y, Ohmagari N
Emerging infectious diseases   23(11)    Nov 2017   [Refereed]
Kutsuna S, Kato Y, Moi ML, Kotaki A, Ota M, Shinohara K, Kobayashi T, Yamamoto K, Fujiya Y, Mawatari M, Sato T, Kunimatsu J, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Takasaki T, Ohmagari N
Emerging infectious diseases   21(3) 517-520   Mar 2015   [Refereed]
Mutoh Y, Koizumi N, Morino E, Hayakawa K, Kato Y, Ohmagari N
Japanese journal of infectious diseases   70(6) 669-671   Nov 2017   [Refereed]
Kutsuna S, Kato Y, Koizumi N, Yamamoto K, Fujiya Y, Mawatari M, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Ohmagari N
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   21(3-4) 218-223   Mar 2015   [Refereed]
Hashimoto T, Kutsuna S, Maeki T, Tajima S, Takaya S, Katanami Y, Yamamoto K, Takeshita N, Hayakawa K, Kato Y, Kanagawa S, Ohmagari N
Japanese journal of infectious diseases   70(6) 675-677   Nov 2017   [Refereed]
Tojo M, Mawatari M, Hayakawa K, Nagamatsu M, Shimada K, Mezaki K, Sugiki Y, Kuroda E, Takeshita N, Kutsuna S, Fujiya Y, Miyoshi-Akiyama T, Kirikae T, Ohmagari N
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   21(3-4) 212-214   Mar 2015   [Refereed]
Yamamoto K, Hayakawa K, Nagashima M, Shimada K, Kutsuna S, Takeshita N, Kato Y, Kanagawa S, Yamada K, Mezaki K, Kirikae T, Ohmagari N
BMC research notes   10(1) 634   Nov 2017   [Refereed]
Kawamura I, Ohmagari N, Tsukahara M, Kudo T, Kurai H
American journal of infection control   43(2) 185-187   Feb 2015   [Refereed]
Tada T, Nhung PH, Shimada K, Tsuchiya M, Phuong DM, Anh NQ, Ohmagari N, Kirikae T
International journal of infectious diseases : IJID : official publication of the International Society for Infectious Diseases   63 72-73   Oct 2017   [Refereed]
Shibata S, Tanizaki R, Watanabe K, Makabe K, Shoda N, Kutsuna S, Nagamatsu M, Oka S, Ohmagari N
Internal medicine (Tokyo, Japan)   54(24) 3237-3240   2015   [Refereed]
Suzuki T, Kutsuna S, Taniguchi S, Tajima S, Maeki T, Kato F, Lim CK, Saijo M, Tsuboi M, Yamamoto K, Morioka S, Ishikane M, Hayakawa K, Kato Y, Ohmagari N
Emerging infectious diseases   23(10)    Oct 2017   [Refereed]
Matono T, Takeshita N, Kutsuna S, Fujiya Y, Mawatari M, Hayakawa K, Kanagawa S, Ohmagari N, Kato Y
Internal medicine (Tokyo, Japan)   54(23) 3086-3086   2015   [Refereed]
Katanami Y, Kutsuna S, Taniguchi S, Tajima S, Takaya S, Yamamoto K, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Kato Y, Ohmagari N
Journal of travel medicine   24(5)    Sep 2017   [Refereed]
Mutoh Y, Hirai R, Tanimura A, Matono T, Morino E, Kutsuna S, Nagamatsu M, Ohmagari N, Hagiwara S
SpringerPlus   4(1) 385   2015   [Refereed]
Suzuki T, Mawatari M, Iizuka T, Amano T, Kutsuna S, Fujiya Y, Takeshita N, Hayakawa K, Ohmagari N
Internal medicine (Tokyo, Japan)   56(17) 2361-2365   Sep 2017   [Refereed]
Kutsuna S, Mezaki K, Nagamatsu M, Kunimatsu J, Yamamoto K, Fujiya Y, Mawatari M, Takeshita N, Hayakawa K, Kato Y, Kanagawa S, Ohmagari N
Internal medicine (Tokyo, Japan)   54(14) 1815-1818   2015   [Refereed]
Ainoda Y, Takeshita N, Hase R, Mikawa T, Hosokawa N, Kawamura I, Kurai H, Abe M, Kimura M, Araoka H, Fujita T, Totsuka K, Mezaki K, Sekiya N, Ohmagari N
Japanese journal of infectious diseases   70(4) 405-407   Jul 2017   [Refereed]
Kutsuna S, Kawabata H, Ohmagari N
Internal medicine (Tokyo, Japan)   54(6) 691-691   2015   [Refereed]
Hashimoto T, Kutsuna S, Tajima S, Nakayama E, Maeki T, Taniguchi S, Lim CK, Katanami Y, Takeshita N, Hayakawa K, Kato Y, Ohmagari N
Emerging infectious diseases   23(7) 1223-1225   Jul 2017   [Refereed]
Tanizaki R, Kato Y, Iwagami M, Kutsuna S, Ujiie M, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Kano S, Ohmagari N
Tropical medicine and health   42(4) 149-153   Dec 2014   [Refereed]
Tada T, Tsuchiya M, Shimada K, Nga TTT, Thu LTA, Phu TT, Ohmagari N, Kirikae T
BMC infectious diseases   17(1) 467   Jul 2017   [Refereed]
Kutsuna S, Kobayashi T, Kato Y, Fujiya Y, Mawatari M, Ujiie M, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Mizuno Y, Kano S, Ohmagari N
Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases   88(6) 833-839   Nov 2014   [Refereed]
Inoue K, Hagiwara A, Kimura A, Ohmagari N
BMJ case reports   2017    Jul 2017   [Refereed]
[Second Japanese case of relapsing fever].
Kutsuna S, Kawabata H, Shiga N, Ujiie M, Takeshita N, Hayakawa K, Kato Y, Kanagawa S, Ohmagari N
Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases   88(5) 713-714   Sep 2014   [Refereed]
Mawatari M, Hayakawa K, Fujiya Y, Yamamoto K, Kutsuna S, Takeshita N, Ohmagari N
BMC research notes   10(1) 336   Jul 2017   [Refereed]
Tojo M, Tada T, Shimojima M, Tanaka M, Narahara K, Miyoshi-Akiyama T, Kirikae T, Ohmagari N
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   20(9-10) 586-588   Sep 2014   [Refereed]
Katanami Y, Hashimoto T, Takaya S, Yamamoto K, Kutsuna S, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Ohmagari N
Emerging infectious diseases   23(5) 827-829   May 2017   [Refereed]
Kobayashi T, Hayakawa K, Mawatari M, Mezaki K, Takeshita N, Kutsuna S, Fujiya Y, Kanagawa S, Ohmagari N, Kato Y, Morita M
BMC infectious diseases   14(1) 404   Jul 2014   [Refereed]
Honda H, Ohmagari N, Tokuda Y, Mattar C, Warren DK
Clinical infectious diseases : an official publication of the Infectious Diseases Society of America   64(suppl_2) S119-S126   May 2017   [Refereed]
Ohmagari N, Kurai H, Yamagishi Y, Mikamo H
American journal of infection control   42(7) 739-743   Jul 2014   [Refereed]
Miyoshi-Akiyama T, Sherchan JB, Doi Y, Nagamatsu M, Sherchand JB, Tandukar S, Ohmagari N, Kirikae T, Ohara H, Hayakawa K
mSphere   2(3)    May 2017   [Refereed]
Hayakawa K, Miyoshi-Akiyama T, Kirikae T, Nagamatsu M, Shimada K, Mezaki K, Sugiki Y, Kuroda E, Kubota S, Takeshita N, Kutsuna S, Tojo M, Ohmagari N
Antimicrobial agents and chemotherapy   58(6) 3441-3450   Jun 2014   [Refereed]
Tsuboi M, Koizumi N, Hayakawa K, Kanagawa S, Ohmagari N, Kato Y
Emerging infectious diseases   23(3) 548-549   Mar 2017   [Refereed]
Uemura H, Hayakawa K, Shimada K, Tojo M, Nagamatsu M, Miyoshi-Akiyama T, Tamura S, Mesaki K, Yamamoto K, Yanagawa Y, Sugihara J, Kutsuna S, Takeshita N, Shoda N, Hagiwara A, Kirikae T, Ohmagari N
International journal of infectious diseases : IJID : official publication of the International Society for Infectious Diseases   23 53-55   Jun 2014   [Refereed]
Takaya S, Kutsuna S, Nakayama E, Taniguchi S, Tajima S, Katanami Y, Yamamoto K, Takeshita N, Hayakawa K, Kato Y, Kanagawa S, Ohmagari N
Emerging infectious diseases   23(1) 156-158   Jan 2017   [Refereed]
Ueda Y, Yamamoto K, Watanabe K, Yamashita H, Ohmagari N, Mimori A
Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases   88(3) 282-287   May 2014   [Refereed]
Matono T, Kutsuna S, Kato Y, Katanami Y, Yamamoto K, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Kaku M, Ohmagari N
PloS one   12(6) e0179814   2017   [Refereed]
Fujita T, Endo M, Gu Y, Sato T, Ohmagari N
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   20(3-4) 213-216   Mar 2014   [Refereed]

Misc

 
【抗菌薬選択の実際-AMR(薬剤耐性)対策は日々の診療から】 感染症診療と抗菌薬適正使用
上原 由紀, 大曲 貴夫, 原田 壮平, 福井 早矢人
内科   122(1) 147-156   Jul 2018
堀成美, 小山内泰代, 高畑華子, 稲岡季実子, 明石雅子, 忽那賢志, 大曲貴夫
日本渡航医学会学術集会プログラム抄録集   22nd 100   Jun 2018
【関節リウマチ治療における生物学的製剤を使いこなすためには】 帯状疱疹の対策と予防
太田 雅之, 大曲 貴夫
リウマチ科   59(6) 603-608   Jun 2018
内科懇話会 国際感染症とその対策
大曲 貴夫
日本医事新報   (4913) 47-51   Jun 2018
「抗微生物薬適正使用の手引き」について
大曲 貴夫
呼吸器内科   33(6) 590-594   Jun 2018
薬剤耐性(AMR)対策と渡航医学
大曲 貴夫
日本渡航医学会誌   12(Suppl.) 31-31   Jun 2018
国内の医療機関における帰国後診療の体制に関する調査結果報告
守山 祐樹, 忽那 賢志, 大曲 貴夫
日本渡航医学会誌   12(Suppl.) 79-79   Jun 2018
渡航受診希望者への訪日前の受入れ可否相談導入後の評価
堀 成美, 小山内 泰代, 高畑 華子, 稲岡 季実子, 明石 雅子, 忽那 賢志, 大曲 貴夫
日本渡航医学会誌   12(Suppl.) 100-100   Jun 2018
遷延する高熱、全身の発疹、前房部ぶどう膜炎に続発する好酸球増多を呈したトキソカラ症
藤原 翔, 山元 佳, 忽那 賢志, 竹下 望, 早川 佳代子, 加藤 康幸, 中村 ふくみ[内山], 大曲 貴夫
感染症学雑誌   92(3) 484-484   May 2018
薬剤耐性に関する日本国民の知識と理解
鎌田 一宏, 徳田 安春, 具 芳明, 大曲 貴夫
感染症学雑誌   92(3) 496-496   May 2018
藤友結実子, 田中知佳, 日馬由貴, 松永展明, 具芳明, 大曲貴夫
日本化学療法学会雑誌   66(Supplement-A) 211   Apr 2018
具芳明, 具芳明, 藤友結実子, 藤友結実子, 添田博, 添田博, 中浜力, 中浜力, 前崎繁文, 前崎繁文, 前田真之, 前田真之, 松本哲哉, 松本哲哉, 宮入烈, 宮入烈, 大曲貴夫, 大曲貴夫
日本化学療法学会雑誌   66(Supplement-A) 205   Apr 2018
賀来敬仁, 賀来敬仁, 赤松紀彦, 松田淳一, 小佐井康介, 小佐井康介, 大曲貴夫, 泉川公一, 山本善裕, 三鴨廣繁, 賀来満夫, 大石和徳, 柳原克紀, 柳原克紀
日本化学療法学会雑誌   66(Supplement-A) 217   Apr 2018
築地淳, 早川佳代子, 加藤康幸, 大曲貴夫, 清水博之, 工藤誠, 金子猛, 中島秀明
日本化学療法学会雑誌   66(Supplement-A) 388   Apr 2018
山元佳, 目崎和久, 太田雅之, 高谷紗帆, 片浪雄一, 大曲貴夫
日本化学療法学会雑誌   66(Supplement-A) 371   Apr 2018
日馬由貴, 田中知佳, 木村有希, 石金正裕, 具芳明, 桑原健, 大曲貴夫
日本化学療法学会雑誌   66(Supplement-A) 319   Apr 2018
石金正裕, 石金正裕, 大石和徳, 大曲貴夫
日本化学療法学会雑誌   66(Supplement-A) 294   Apr 2018
田中知佳, 日馬由貴, 木村有希, 石金正裕, 足立遼子, 具芳明, 大曲貴夫
日本化学療法学会雑誌   66(Supplement-A) 370   Apr 2018
大曲貴夫, 大曲貴夫, 末永裕之, 岩田敏, 大久保憲, 大石和徳, 洪愛子, 八木哲也
日本病院会雑誌   65(4) 424‐427   Apr 2018
風しんの国内排除をすすめるための風しんに関する特定感染症予防指針の改訂
大曲 貴夫, 末永 裕之, 岩田 敏, 大久保 憲, 大石 和徳, 洪 愛子, 八木 哲也, 日本病院会感染症対策委員会
日本病院会雑誌   65(4) 424-427   Apr 2018
日本のAMR対策アクションプラン
大曲 貴夫
感染と消毒   25(1) 10-15   Apr 2018
薬剤耐性菌が世界中に拡大し問題となっている一方で、新規抗微生物薬の開発は停滞している。薬剤耐性(AMR)の問題が大きくなれば、高度な医療に用いるべき抗微生物薬も枯渇するため、高度医療の継続そのものが難しくなる。日本では、2016年4月にAMR対策行動計画が発表された。下記のAMR対策行動計画の6つの領域について概説した。1)普及啓発・教育、2)動向調査・監視、3)感染予防・管理、4)抗微生物薬の適正使用、5)研究開発・創薬、6)国際協力、として述べた。
耐性菌対策Up to Date-薬剤耐性アクションプランをうけて- AMR臨床リファレンスセンターの展開
大曲 貴夫
日本化学療法学会雑誌   66(Suppl.A) 182-182   Apr 2018
全国の診療所医師を対象とした抗菌薬適正使用に関するアンケート調査
具 芳明, 藤友 結実子, 添田 博, 中浜 力, 前崎 繁文, 前田 真之, 松本 哲哉, 宮入 烈, 大曲 貴夫, 日本化学療法学会・日本感染症学会合同外来抗菌薬適正使用調査委員会
日本化学療法学会雑誌   66(Suppl.A) 205-205   Apr 2018
薬剤耐性(AMR)対策に関する教育事業としての小学校での出張授業
藤友 結実子, 田中 知佳, 日馬 由貴, 松永 展明, 具 芳明, 大曲 貴夫
日本化学療法学会雑誌   66(Suppl.A) 211-211   Apr 2018
医療機関における薬剤耐性菌の現状
賀来 敬仁, 赤松 紀彦, 松田 淳一, 小佐井 康介, 大曲 貴夫, 泉川 公一, 山本 善裕, 三鴨 廣繁, 賀来 満夫, 大石 和徳, 柳原 克紀
日本化学療法学会雑誌   66(Suppl.A) 217-217   Apr 2018
医療機関等における感染症集団発生時の緊急対応方法 IRS(Infectious diseases Response Service)から得られた知見
石金 正裕, 大石 和徳, 大曲 貴夫, 堀 成美
日本化学療法学会雑誌   66(Suppl.A) 294-294   Apr 2018
適切な感染症診療を行うための社会保険診療報酬支払基金による「審査情報提供事例」の利用
日馬 由貴, 田中 知佳, 木村 有希, 石金 正裕, 具 芳明, 桑原 健, 大曲 貴夫
日本化学療法学会雑誌   66(Suppl.A) 319-319   Apr 2018
医事課ファイルを用いた抗菌薬使用量調査の有用性の検討
田中 知佳, 日馬 由貴, 木村 有希, 石金 正裕, 足立 遼子, 具 芳明, 大曲 貴夫, 早川 佳代子, 桑原 健, 増田 純一
日本化学療法学会雑誌   66(Suppl.A) 370-370   Apr 2018
簡易的に血液培養汚染率の上昇を検知する指標についての検討
山元 佳, 目崎 和久, 太田 雅之, 高谷 紗帆, 片浪 雄一, 大曲 貴夫
日本化学療法学会雑誌   66(Suppl.A) 371-371   Apr 2018
デング熱とHO-1
築地 淳, 早川 佳代子, 加藤 康幸, 大曲 貴夫, 清水 博之, 工藤 誠, 金子 猛, 中島 秀明, 矢部 彩, 新海 正晴
日本化学療法学会雑誌   66(Suppl.A) 388-388   Apr 2018
村松有紀, 村松有紀, 三鴨廣繁, 犬塚和久, 大曲貴夫, 奥平正美, 笠井正志, 日馬由貴, 松島由実, 村木優一, 八木哲也
Infection Control   27(3) 285‐288   Mar 2018
鈴木哲也, 大曲貴夫
Advances in Aging and Health Research   2017 33‐37   Mar 2018
【いまさら誰にも聞けない!ICTのための血液培養の取り方と使い方】 血液培養の質を評価し、向上させるために 診療の質向上に向けての試み
村松 有紀, 三鴨 廣繁, 犬塚 和久, 大曲 貴夫, 奥平 正美, 笠井 正志, 日馬 由貴, 松島 由実, 村木 優一, 八木 哲也, 東海血流感染ネットワーク血流感染マネジメントバンドル作成ワーキンググループ
INFECTION CONTROL   27(3) 285-288   Mar 2018
自施設の血液培養検査の現状を把握するツールとして、「血流感染マネジメントバンドル2017」がある。バンドルの項目をチェックすることで遵守率を出すことができるため、自施設の現状を把握でき、改善すべき項目を明らかにすることができる。このようなツールを活用して、自施設の血液培養検査の現状を把握し、評価・改善することが、血液培養検査の質の向上につながる。(著者抄録)
巨大糞石を侵入門戸とした腸内細菌菌血症、椎体炎の1例
稲垣 文音, 守山 祐樹, 森岡 慎一郎, 大曲 貴夫
日本内科学会関東地方会   640回 51-51   Mar 2018
【高齢者の感染症とその対策】 高齢者の抗菌薬治療
鈴木 哲也, 大曲 貴夫
Advances in Aging and Health Research   2017 33-37   Mar 2018
耐性菌による呼吸器感染症:薬剤耐性菌(AMR)対策アクションプランをふまえて AMRアクションプラン発表後の影響
大曲 貴夫
日本呼吸器学会誌   7(増刊) 16-16   Mar 2018
非結核性抗酸菌症・インターネット・サーベイの現状報告
伊藤 明広, 石田 直, 大石 和徳, 大曲 貴夫, 川名 明彦, 関 雅文, 舘田 一博, 藤田 次郎, 渡辺 彰, 門田 淳一, 菊地 利明, 丸山 貴也, 山田 充啓, 日本呼吸器学会インターネット・サーベイランスワーキング委員会
日本呼吸器学会誌   7(増刊) 223-223   Mar 2018
インフルエンザ・インターネットサーベイの現状報告
石田 直, 大石 和徳, 大曲 貴夫, 川名 明彦, 関 雅文, 舘田 一博, 藤田 次郎, 渡辺 彰, 門田 淳一, 菊地 利明, 丸山 貴也, 山田 充啓, 日本呼吸器学会インフルエンザ・インターネットサーベイランスワーキング委員会
日本呼吸器学会誌   7(増刊) 262-262   Mar 2018
日本呼吸器学会インフルエンザ・インターネットサーベイの現況
石田 直, 大石 和徳, 大曲 貴夫, 川名 明彦, 関 雅文, 舘田 一博, 藤田 次郎, 渡辺 彰, 門田 淳一, 日本呼吸器学会インフルエンザ・インターネットサーベイランスワーキング委員会
日本内科学会雑誌   107(Suppl.) 174-174   Feb 2018
抗菌薬適正使用支援プログラムをめぐる新しい展開 当院ASTによるカルバペネム処方後監査における薬剤師の役割と支援効果に関する検討
足立 遼子, 原 量平, 大橋 裕丈, 赤沢 翼, 増田 純一, 高谷 紗帆, 片浪 雄一, 山元 佳, 忽那 賢志, 大曲 貴夫
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   33回 14-15   Feb 2018
効果的な抗菌薬適正使用支援を押し進めるために必要なエレメントは? 療養型医療機関での抗菌薬適正使用支援の推進に必要なエレメント
森岡 慎一郎, 大曲 貴夫
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   33回 40-40   Feb 2018
AMRアクションプラン 日本の戦略
大曲 貴夫
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   33回 84-84   Feb 2018
ナショナールデータベースを用いた抗菌薬使用量動向調査 卸データとの比較、年齢階級別の解析
山崎 大輔, 田辺 正樹, 村木 優一, 大曲 貴夫, 八木 哲也
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   33回 154-155   Feb 2018
東海地区9施設における血流感染マネジメントバンドル2017を用いた抗菌薬適正使用の遵守状況
奥平 正美, 犬塚 和久, 大曲 貴夫, 笠井 正志, 日馬 由貴, 松島 由実, 村木 優一, 村松 有紀, 八木 哲也, 三鴨 廣繁, 東海血流感染ネットワーク
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   33回 182-182   Feb 2018
血流感染マネジメントバンドル2017の実用性の検証
村松 有紀, 犬塚 和久, 大曲 貴夫, 奥平 正美, 笠井 正志, 日馬 由貴, 松島 由実, 村木 優一, 八木 哲也, 三鴨 廣繁, 東海血流感染ネットワーク
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   33回 210-210   Feb 2018
短期外国人臨床研修員に対し麻疹・風疹・ムンプス・水痘の免疫獲得を求める国際医療研究センターの取組みと課題
法月 正太郎, 田中 豪人, 山元 佳, 杉木 優子, 大曲 貴夫
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   33回 281-282   Feb 2018
結核感染拡大防止に対する体制の確立
杉木 優子, 大曲 貴夫, 早川 佳代子, 忽那 賢志, 山元 佳, 片浪 雄一, 高谷 沙帆, 安藤 尚克, 堀井 久美
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   33回 304-304   Feb 2018
小児領域血流感染症の診断・治療における問題点 血流感染マネジメントバンドル2017を振り返る
日馬 由貴, 笠井 正志, 犬塚 和久, 大曲 貴夫, 奥平 正美, 松島 由実, 村木 優一, 村松 有紀, 八木 哲也, 三鴨 廣繁, 東海血流感染ネットワーク
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   33回 314-314   Feb 2018
届出制の特定抗菌薬使用届の提出率向上に対する取り組み
奥 沙耶佳, 原 量平, 大橋 裕丈, 赤沢 翼, 足立 遼子, 海老原 卓志, 増田 純一, 山元 佳, 忽那 賢志, 大曲 貴夫
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   33回 350-350   Feb 2018
臨床検査部門における問題点 血流感染ネットワーク血流感染マネジメントバンドル2017を振り返る
犬塚 和久, 奥平 正美, 大曲 貴夫, 笠井 正志, 日馬 由貴, 松島 由美, 村木 優一, 村松 有紀, 八木 哲也, 三鴨 廣繁, 東海血流感染ネットワーク
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   33回 496-496   Feb 2018
看護部門・ICT部門における課題 血流感染ネットワーク血流感染マネジメントバンドル2017を振り返る
松島 由実, 村松 有紀, 犬塚 和久, 大曲 貴夫, 奥平 正美, 笠井 正志, 日馬 由貴, 村木 優一, 八木 哲也, 三鴨 廣繁, 東海血流感染ネットワーク
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   33回 497-498   Feb 2018
杉木優子, 大曲貴夫, 早川佳代子, 忽那賢志, 山元佳, 片浪雄一, 高谷沙帆, 安藤尚克, 堀井久美
日本環境感染学会総会・学術集会(Web)   33rd ROMBUNNO.O66‐1 (WEB ONLY)   2018
西尾洋人, 森岡慎一郎, 鈴木哲也, 高谷紗帆, 柳澤直宏, 永井雄三, 宮崎秀幹, 猪狩亨, 大曲貴夫
日本内科学会関東支部関東地方会   644th 34   2018
大曲貴夫
日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集   9th 137   2018
法月正太郎, 田中豪人, 山元佳, 杉木優子, 大曲貴夫
日本環境感染学会総会・学術集会(Web)   33rd ROMBUNNO.O57‐6 (WEB ONLY)   2018
村松有紀, 犬塚和久, 大曲貴夫, 奥平正美, 笠井正志, 日馬由貴, 松島由実, 村木優一, 八木哲也, 三鴨廣繁
日本環境感染学会総会・学術集会(Web)   33rd ROMBUNNO.O26‐5 (WEB ONLY)   2018
山崎大輔, 田辺正樹, 村木優一, 大曲貴夫, 八木哲也
日本環境感染学会総会・学術集会(Web)   33rd ROMBUNNO.O3‐3 (WEB ONLY)   2018
松島由実, 村松有紀, 犬塚和久, 大曲貴夫, 奥平正美, 笠井正志, 日馬由貴, 村木優一, 八木哲也, 三鴨廣繁
日本環境感染学会総会・学術集会(Web)   33rd ROMBUNNO.2‐P26‐6 (WEB ONLY)   2018
足立遼子, 原量平, 大橋裕丈, 赤沢翼, 増田純一, 高谷紗帆, 片浪雄一, 山元佳, 忽那賢志, 大曲貴夫
日本環境感染学会総会・学術集会(Web)   33rd ROMBUNNO.SY5‐2 (WEB ONLY)   2018
犬塚和久, 奥平正美, 大曲貴夫, 笠井正志, 日馬由貴, 松島由美, 村木優一, 村松有紀, 八木哲也, 三鴨廣繁
日本環境感染学会総会・学術集会(Web)   33rd ROMBUNNO.2‐P26‐1 (WEB ONLY)   2018
日馬由貴, 笠井正志, 犬塚和久, 大曲貴夫, 奥平正美, 松島由実, 村木優一, 村松有紀, 八木哲也, 三鴨廣繁
日本環境感染学会総会・学術集会(Web)   33rd ROMBUNNO.1‐P2‐1 (WEB ONLY)   2018
大曲貴夫
日本環境感染学会総会・学術集会(Web)   33rd ROMBUNNO.EL22 (WEB ONLY)   2018
森岡慎一郎, 大曲貴夫
日本環境感染学会総会・学術集会(Web)   33rd ROMBUNNO.SY18‐4 (WEB ONLY)   2018
稲垣文音, 守山祐樹, 森岡慎一郎, 大曲貴夫
日本内科学会関東支部関東地方会   640th 51   2018
奥沙耶佳, 原量平, 大橋裕丈, 赤沢翼, 足立遼子, 海老原卓志, 増田純一, 山元佳, 忽那賢志, 大曲貴夫
日本環境感染学会総会・学術集会(Web)   33rd ROMBUNNO.1‐P13‐5 (WEB ONLY)   2018
奥平正美, 犬塚和久, 大曲貴夫, 笠井正志, 日馬由貴, 松島由実, 村木優一, 村松有紀, 八木哲也, 三鴨廣繁
日本環境感染学会総会・学術集会(Web)   33rd ROMBUNNO.O14‐1 (WEB ONLY)   2018
【グローバル化・温暖化と感染症対策】 ボーダーレス時代における感染対策
大曲 貴夫
小児科臨床   70(増刊) 2122-2126   Dec 2017
多項目自動血球分析装置XN-30による熱帯熱マラリア患者原虫血症評価
駒木 加奈子[安田], 鈴木 裕義, 阿部 信彦, 内橋 欣也, 大曲 貴夫, 狩野 繁之
Clinical Parasitology   28(1) 48-50   Dec 2017
熱帯熱マラリアと診断された患者3名より採取した11検体を用いて、多項目自動血球分析装置XN-30による原虫血症の検出評価を行った。いずれの患者例でも初日から治療終了時までの血液検体をXN-30によって測定することで得られたスキャッタグラムを並べると、赤いドットで示された感染赤血球が抗マラリア薬によって減少していく様子が視覚的なイメージとして得られた。今回測定した11検体について、LM、PD、いずれの測定モードにおいても、XN-30によって測定された寄生率は顕微鏡観察結果とよく一致し、その相...
日本におけるAMR対策
大曲 貴夫
日本臨床微生物学雑誌   28(Suppl.1) 141-141   Dec 2017
血流感染マネジメントバンドル 血流感染マネジメントバンドルの構造と狙い
大曲 貴夫
日本臨床微生物学雑誌   28(Suppl.1) 295-295   Dec 2017
国内で初めて検出されたOXA-232型カルバペネマーゼ産生Klebsiella pneumoniaeについて
田村 沙枝子, 原田 崇浩, 目崎 和久, 秋山 徹, 早川 佳代子, 大曲 貴夫
日本臨床微生物学雑誌   28(Suppl.1) 350-350   Dec 2017
結核菌群およびリファンピシン(RIF)耐性遺伝子検出キットXpert MTB/RIFの導入効果について
百田 尭史, 本橋 亜耶乃, 田村 沙枝子, 原田 崇浩, 目崎 和久, 大曲 貴夫
日本臨床微生物学雑誌   28(Suppl.1) 428-428   Dec 2017
Lecythophora hoffmanniiによる真菌血症の1例
本橋 亜耶乃, 百田 尭史, 田村 沙枝子, 原田 崇浩, 目崎 和久, 長島 麻希, 中村 茂樹, 宮崎 義継, 大曲 貴夫
日本臨床微生物学雑誌   28(Suppl.1) 495-495   Dec 2017
ICDのホンネ(第5回) 『感染対策を担うことで現場のリーダーに』
大曲 貴夫
J-IDEO   1(5) 732-733   Nov 2017
デング熱国内感染疑い症例の後方視的検討
篠原 浩, 忽那 賢志, 加藤 康幸, 山元 佳, 藤谷 好弘, 馬渡 桃子, 竹下 望, 早川 佳代子, 金川 修造, 大曲 貴夫
感染症学雑誌   91(6) 930-935   Nov 2017
背景:2014年、60年以上なかったデング熱の国内感染が東京都を中心に発生した。社会におけるデング熱に対する不安の高まりの中で、医療機関においては、発熱等の主訴を呈し受診した患者の中からどのようにデング熱とその他の疾患を鑑別するかに苦慮した。方法:デング熱疑いとして他院から紹介された、もしくはデング熱が心配で当科外来を直接受診した、3ヵ月以内に渡航歴のない患者を"デング熱国内感染疑い"症例と定義した。平成26年8月25日から9月26日(8月27日に厚生労働省が国内感染デング熱症例について第...
国際的なパンデミック対策と我が国の健康危機管理 国際的なパンデミック対策の状況
大曲 貴夫
国立病院総合医学会講演抄録集   71回 807-807   Nov 2017
大曲 貴夫
公衆衛生   81(10) 792-796   Oct 2017
医学と医療の最前線 薬剤耐性(AMR)対策 アクションプラン2016-2020
大曲 貴夫
日本内科学会雑誌   106(10) 2259-2264   Oct 2017
薬剤耐性(AMR)への対策〜国民啓発会議からの提言を受けて〜 医療分野におけるAMR対策としてのサーベイランスと教育・啓発
大曲 貴夫
日本公衆衛生学会総会抄録集   76回 100-100   Oct 2017
Clostridium difficile毒素遺伝子検査を踏まえた検査アルゴリズム
賀来 満夫, 三鴨 廣繁, 柳原 克紀, 石井 良和, 大楠 清文, 大塚 喜人, 大曲 貴夫, 國島 広之, 鈴木 広道, 細川 直登, 柳沢 英二, 一般社団法人日本臨床微生物学会,感染症領域新規検査検討委員会
日本臨床微生物学雑誌   27(4) 222-226   Sep 2017
【感染症診療を変える新しい診断技術・検査法】 臨床応用される注目の検査法 Verigeneシステム
大曲 貴夫
化学療法の領域   33(10) 1989-1993   Sep 2017
全自動核酸増幅システムは,患者の生検体もしくは培養途中の検体中の微生物の核酸を増幅することで,微生物名,抗微生物薬耐性,病原因子を決定する遺伝子の情報を検出する。短時間で結果が得られるため,病原微生物の診断過程を従来法よりも迅速に・高感度で・簡便に行える可能性がある。最適治療が迅速に開始されることで患者の予後を改善するばかりでなく,医療資源の適正使用を促すことで医療費の削減に貢献する可能性がある。Verigeneシステムはこのような全自動核酸増幅システムのひとつであり,欧米の医療現場ではす...
休日・夜間の外国人患者対応及び医療通訳に関する基礎調査
堀 成美, 忽那 賢志, 大曲 貴夫
日本渡航医学会誌   11(1) 35-36   Sep 2017
訪日外国人旅行者の受け入れが可能な医療機関として観光庁に選定された332施設に質問紙を送付し、「英語以外の言語への対応」「夜間・休日における英語以外の言語への対応」「医療機関内で対応が難しい言語の患者が受診した際の医療機関以外の通訳活用」などについて調査した。158施設から有効回答が得られた。平日昼間に英語以外の言語への対応が可能な施設は、言語別に中国語59施設、韓国語30施設、スペイン語19施設、ポルトガル語18施設、フランス語5施設、ロシア語5施設、タガログ語5施設などであった。夜間・...
エボラ出血熱に世界はどう対峙したか
大曲 貴夫
日本救急医学会雑誌   28(9) 399-399   Sep 2017
【糖尿病と感染症】 糖尿病と新興・再興感染症
大曲 貴夫
Diabetes Frontier   28(4) 407-411   Aug 2017
【重症感染症の集中治療-成功に導く管理ポイント】 感染経路別予防策のエビデンスの実践
大曲 貴夫
日本医事新報   (4866) 36-41   Jul 2017
<Point>▼感染防止対策の基本は、標準予防策を徹底しつつ、原因微生物の性質に基づく感染経路別予防策を行うことである▼エボラ出血熱などの出血熱に対しては、空気予防策を含む最大限の対策を行う▼中東呼吸器症候群(MERS)や鳥インフルエンザA(H7N9)に対しては、飛沫予防策と接触予防策を基本とし、気管内挿管などのエアロゾルが生じる手技の際には空気予防策も行う(著者抄録)
【薬剤耐性(AMR)対策アクションプランの背景と方向性】 薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン2016-2020の背景
大曲 貴夫
臨床と微生物   44(4) 291-295   Jul 2017
薬剤耐性菌が世界中で問題となっている一方で、新規抗微生物薬の開発は停滞しており、近い将来には治療に必要な抗微生物薬が枯渇する可能性がある。我が国では2016年4月に薬剤耐性(AMR)対策アクションプランが制定された。(著者抄録)
海外渡航中の行動聴取が早期診断と早期治療に有用であったレプトスピラ症
上迫 隼太, 山元 佳, 片浪 雄一, 忽那 賢志, 竹下 望, 早川 佳代子, 加藤 康幸, 大曲 貴夫
日本内科学会関東地方会   634回 33-33   Jul 2017
山元 佳, 大曲 貴夫
日本臨床麻酔学会誌   37(4) 506-512   Jul 2017
新興感染症とは,過去20年以内に増加したか今後増加の恐れがある感染症とされるが,1970年代以降に発見された感染症が包含されて議論されることが多い.重症熱性血小板減少症候群のように国内で発見された感染症もあるが,主な新興感染症は輸入感染症としての側面を持っている.新興感染症以外のマラリアやデング熱などの輸入感染症に関しても,海外からの旅行者の増加により考慮する場面も増えてくることが予測される.本稿では新興感染症を含めた代表的な輸入感染症について,その感染経路や臨床像などを解説した.(著者抄録)
森岡 慎一郎, 桑江 芙美子, 大曲 貴夫
日本環境感染学会誌   32(4) 201-209   Jul 2017
これまでに本邦の療養病床を有する病院での薬剤耐性菌の疫学的検討や感染症診療への介入に関する報告はない。今回、療養病床を有する病院における薬剤耐性菌の現状を報告し、感染症診療への介入による診療の質の推移を評価した。介入内容は、グラム染色検査を活用した院内コンサルテーション、勉強会を通じた集団教育等であり、介入前(2015年4月〜9月)と介入後(2016年4月〜9月)の抗菌薬使用量、主な微生物の薬剤耐性率、血液培養採取状況等を後方視的に比較検討した。介入前後でcefmetazoleの抗菌薬使用...
【薬剤耐性(AMR)対策】 AMRの問題が医療現場にどのような影響を及ぼすか
大曲 貴夫, 難波 吉雄
医療の質・安全学会誌   12(3) 301-303   Jul 2017
抗微生物薬適正使用の手引き(第一版)
大曲 貴夫, 金子 心学, 北原 隆志, 具 芳明, 坂本 史衣, 徳田 安春, 林 淑朗, 本田 仁, 宮入 烈, 山本 舜悟, 笠井 正志, 堀越 裕歩, 浅沼 一成, 野田 博之, 高倉 俊二, 松浦 祐史, 齋藤 浩輝, 前田 悟, 新海 恭子, 厚生労働省健康局結核感染症課,微生物薬適正使用(AMS)等に関する作業部会
医療の質・安全学会誌   12(3) 356-380   Jul 2017
多項目自動血球分析装置XN-30による熱帯熱マラリア患者原虫血症評価
駒木 加奈子[安田], 鈴木 裕義, 阿部 信彦, 内橋 欣也, 大曲 貴夫, 狩野 繁之
日本臨床寄生虫学会大会プログラム・講演要旨   28回 28-28   Jun 2017
輸入呼吸器感染症(MERS、インフルエンザを含む)の患者管理と感染制御
大曲 貴夫
日本臨床寄生虫学会大会プログラム・講演要旨   28回 46-46   Jun 2017
生物学的製剤使用中に発症した、多発脳膿瘍、腎膿瘍を伴う播種性ノカルジア症の1例
大岸 誠人, 北浦 剛, 片浪 雄一, 山元 佳, 忽那 賢志, 竹下 望, 早川 佳代子, 大曲 貴夫
日本内科学会関東地方会   632回 35-35   May 2017
【国際的に脅威となる感染症とその対策】 国際的に脅威となる感染症とその対策
大曲 貴夫, 大石 和徳, 賀来 満夫
日本医師会雑誌   146(2) 213-222   May 2017
河村 一郎, 関谷 紀貴, 荒岡 秀樹, 根井 貴仁, 原田 壮平, 倉井 華子, 片浪 雄一, 杉木 優子, 坂本 史衣, 大曲 貴夫
日本環境感染学会誌   32(3) 135-140   May 2017
我が国では、医療施設が実施するメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)サーベイランスにおいて国際的な指標に関するベンチマークが存在しない。本研究では、米国疾病対策センターが公開する耐性菌サーベイランス方法を用いて、国内7施設におけるMRSA感染対策に有用な疫学的指標を算出した。結果として、2015年度のMRSA感染・保菌発生率は1,000延べ入院患者日数あたり0.26件、MRSA血流感染発生率は1,000延べ入院患者日数あたり0.04件であった。MRSA血流感染100件あたりの30日全死因...
ベトナム三次医療機関1施設(バクマイ病院、ハノイ市)ICUにおける院内感染血流感染症の疫学的所見の検討 前向きコホート研究
石金 正裕, 竹下 望, 永松 麻希, 早川 佳代子, 大曲 貴夫, Nguyen Quoc Anh, Doan Mai Phuong, Do Van Thanh, Pham Thi Phuong Thuy
感染症学雑誌   91(3) 528-529   May 2017
Helicobacter cinaediの関与を疑った再発性皮膚病変
山元 佳, 永松 麻希, 竹内 廉, 忽那 賢志, 竹下 望, 早川 佳代子, 加藤 康幸, 金川 修造, 大曲 貴夫
感染症学雑誌   91(3) 416-419   May 2017
26歳女。急性リンパ性白血病に対しJALSG ALL202-Uプロトコールにより完全寛解が得られ維持療法中、右下腿の紅斑が出現した。血液培養からHelicobacter cinaediが検出され、アモキシシンとドキシサイクリンを計28日投与して紅斑は消失した。ST合剤とアシクロビル予防投与を化学療法終了と同時に終了し、その後に妊娠・出産したが、産後2ヵ月で両下腿の紅斑が出現し、39.6℃の発熱も認めたため救急外来を受診した。血液培養の21日間延長培養と便培養にてH.cinaediはいずれも...
当院におけるBacillus subtilis菌血症の症例報告および自験例10例の臨床的検討
橋本 武博, 早川 佳代子, 目崎 和久, 忽那 賢志, 竹下 望, 山元 佳, 片浪 雄一, 大曲 貴夫
感染症学雑誌   91(2) 151-154   Mar 2017
59歳男。当院受診の3日前に悪寒戦慄を伴う39℃台の発熱が出現し、近医受診した。セフカペンピボキシルとアセトアミノフェンを投与されたが改善せず、当院を受診した。血液培養でグラム陽性桿菌が検出され、入院となった。バンコマイシンの投与を開始し、入院2日目に解熱した。細菌同定検査キットによりB.subtilisが同定された。入院6日目に血液培養陰性化を確認し、薬剤感受性検査の結果に基づいて入院8日目から抗菌薬をレボフロキサシンに変更した。経過良好で14日目に退院となり、以後再燃は認めていない。当...
「中東呼吸器症候群(MERS)等の急性呼吸器感染症の初動と院内感染対策強化のための講習会」から得られた知見
石金 正裕, 堀 成美, 西塚 至, 島田 智恵, 松井 珠乃, 賀来 満夫, 大曲 貴夫, 林 淑朗
感染症学雑誌   91(臨増) 254-254   Mar 2017