基本情報

所属
慶應義塾大学 医学部 医療政策・管理学教室 特任准教授
東京大学 大学院医学系研究科 国際保健政策学教室 特任助教
世界栄養報告 独立専門家パネル
ビル&メリンダ・ゲイツ財団 日本事務所 コンサルタント
SEEK Development  コンサルタント
公益財団法人東京財団政策研究所 主席研究員
学位
博士(疫学・生物統計)(2019年2月 インペリアル・カレッジ・ロンドン公衆衛生大学院)
修士(保健学)(2013年3月 東京大学)
学士(薬学)(2011年3月 東京大学)

ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-2963-7297
J-GLOBAL ID
201901009957232682
researchmap会員ID
B000371063

2011年東京大学薬学部薬科学科卒業後、2013年同大大学院国際保健学専攻修士課程修了。国連開発計画(UNDP)タジキスタン事務所、世界保健機関(WHO)ジュネーブ本部でのインターンを経て、2016年インペリアル・カレッジ・ロンドン公衆衛生大学院疫学・統計学教室博士課程修了(2019年博士号取得)。同年、東京大学大学院国際保健政策学教室助教に着任(2019年より非常勤)。2019年慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室特任准教授に着任。

2018年よりビル&メリンダ・ゲイツ財団日本事務所コンサルタント、2019年よりドイツのグローバルヘルス政策アドバイザリー組織SEEK Developmentコンサルタント、日本国際交流センター(JCIE)が幹事組織を務める「保健分野のODAのあり方を考える特別委員会」メンバー、2021年より世界保健機関(WHO)健康開発総合研究センター(WHO神戸センター)の研究アドバイザーを務める。同年、栄養サミットのコミットメントを追跡評価するグローバル栄養報告(Global Nutrition Report)の専門家パネルに就任、また同年東京財団政策研究所の主席研究員に就任。

2011年の福島原子力発電所事故直後から被災地に入り、事故からの復興支援調査・提言活動に現在も従事している。また米国ワシントン大学保健指標・保健評価研究所(IHME)との連携のもと、世界の疾病負荷研究(Global Burden of Disease)に日本のフォーカルポイントとして参画している。2020年より​政府及び自治体の新型コロナウイルス感染症対策に従事している。超過死亡ダッシュボードの立ち上げや、SNSを通した個別情報提供システム「新型コロナ対策パーソナルサポート(行政)」の運用を行った(34の都道府県で展開)。またGoogleが公開した「COVID-19 予測モデル(日本版)」の監修を務めた。専門はグローバルヘルス政策、グローバルヘルス外交、政府開発援助、保健政策、疾病負荷、疫学、生物統計学、災害保健等。


論文

  171

書籍等出版物

  3

共同研究・競争的資金等の研究課題

  15