野間 久史

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/15 13:41
 
アバター
研究者氏名
野間 久史
 
ノマ ヒサシ
URL
http://www.ism.ac.jp/~noma/
所属
統計数理研究所
部署
データ科学研究系
職名
准教授
学位
博士(社会健康医学)

プロフィール

情報・システム研究機構統計数理研究所准教授。2011年、京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻修了。博士(社会健康医学)。日本学術振興会特別研究員、情報・システム研究機構統計数理研究所助教を経て、'16年より現職。鳥取大学医学部附属病院教育研究顧問,横浜市立大学医学部客員准教授などを兼務。専門は、医療統計学・データサイエンス。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
統計数理研究所 データ科学研究系 准教授
 
2012年4月
 - 
2016年3月
統計数理研究所 データ科学研究系 助教
 
2011年12月
 - 
2012年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 

論文

 
Exploratory analyses of effect modifiers in the antidepressant treatment of major depression: Individual-participant data meta-analysis of 2803 participants in seven placebo-controlled randomized trials
Noma, H., Furukawa, T. A., Maruo, K., Imai, H., Shinohara, K., Tanaka, S., Ikeda, K., Yamawaki, S., Cipriani, A.
Journal of Affective Disorders      2019年3月   [査読有り]
Individual, group, telephone, self-help and internet-based cognitive behavior therapy for adult depression: A network meta-analysis of delivery methods
Cuijpers, P., Noma, H., Karyotaki, E., Cipriani, A., Furukawa, T. A.
JAMA Psychiatry      2019年2月   [査読有り]
Efficient two-step multivariate random effects meta-analysis of individual participant data for longitudinal clinical trials using mixed effects models
Noma, H., Maruo, K., Gosho, M., Levine, S. Z., Goldberg, Y., Leucht, S., Furukawa, T. A.
BMC Medical Research Methodology   19 33   2019年2月   [査読有り]
Prediction intervals for random-effects meta-analysis: a confidence distribution approach
Nagashima, K., Noma, H., Furukawa, T. A.
Statistical Methods in Medical Research      2018年4月   [査読有り]
Noma, H., Nagashima, K., Maruo, K., Gosho, M., and Furukawa, T. A.
Statistics in Medicine   37 1178-1190   2018年3月   [査読有り]

Misc

 
臨床研究・疫学研究における傾向スコアを用いた統計解析
野間久史
医学のあゆみ   267 413-419   2018年11月   [依頼有り]
臨床研究の計画・解析・報告における生物統計の基礎
野間久史
薬理と治療   45 1615-1626   2017年10月   [依頼有り]
医学研究における交絡と回帰モデルによるバイアスの調整
野間久史
実験医学増刊:生命科学で使えるはじめての数理モデルとシミュレーション   35 70-74   2017年3月   [依頼有り]
医学研究におけるメタアナリシス:科学的根拠に基づく医療におけるエビデンス統合の方法
野間久史
岩波データサイエンス   5 130-142   2017年2月   [依頼有り]
メタアナリシスのエビデンスを正しく読み解くために ~アカデミアの生物統計家の立場から~(講演記録:第35回日本臨床薬理学会学術総会シンポジウム「メタアナリシスの結果は信じてよいか」)
野間久史
薬理と治療   43 615-620   2015年5月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
プレシジョン・メディシン―ビッグデータの構築・分析から臨床応用・課題まで
榊佳之,松原謙一,佐藤孝明 (担当:分担執筆)
エヌ・ティー・エス   2018年11月   
Frontiers of Biostatistical Methods and Applications in Clinical Oncology
Matsui, S, Crowley, J. (担当:分担執筆)
Springer   2017年10月   
欠測データの統計科学:医学と社会科学への応用
高井啓二,星野崇宏,野間久史 (担当:共著)
岩波書店   2016年4月   
Design and Analysis of Clinical Trials for Predictive Medicine
Matsui, S., Buyse, M., Simon, R (担当:分担執筆)
Chapman and Hall/CRC   2015年4月   
Statistical Diagnostics for Cancer
Emmert-Streib, F., Dehmer, M. (eds) (担当:分担執筆)
Wiley-VCH   2013年1月   

競争的資金等の研究課題

 
高齢者2型糖尿病における認知症予防のための多因子介入研究―パイロット研究―
日本医療研究開発機構: 長寿・障害総合研究事業
研究期間: 2017年10月 - 2020年3月    代表者: 櫻井孝
統合された科学的根拠に基づく日本人のためのがんリスク評価モデルの開発とその革新的改善に資する疫学研究の推進
日本医療研究開発機構: 革新的がん医療実用化研究事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 岩崎基
患者特性に応じた薬物療法・精神療法の個別化医療とその臨床試験プロトコルの開発研究
日本医療研究開発機構: 障害者対策総合研究開発事業
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 古川壽亮
大規模コホートの疾病横断的ゲノム解析に基づく個別化予防に資するエビデンスの構築
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 津金昌一郎
セミパラメトリック統計理論と臨床研究・臨床試験の効率化のための統計的推測手法
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 野間久史