Nobuyuki Mitsui

J-GLOBAL         Last updated: Oct 19, 2018 at 07:28
 
Avatar
Name
Nobuyuki Mitsui
E-mail
nmitsuimed.hokudai.ac.jp
Affiliation
Hokkaido University Graduate School of Medicine
Section
Department of psychiatry
Job title
Assisstant professer
Degree
PhD(Hokkaido University)
Other affiliation
Hokkaido University

Profile

I am belonging in a section of clinical psychopathology. I study about the association of personality and suicidality.

Research Areas

 
 

Education

 
Apr 2009
 - 
Mar 2013
Graduate school of Medicine, Hokkaido University
 
Apr 1997
 - 
Mar 2003
School of Medicine, Hokkaido University
 

Published Papers

 
Mitsui N, Asakura S, Takanobu K, Watanabe S, Toyoshima K, Kako Y, Ito YM, Kusumi I
PloS one   13(7) e0201047   2018   [Refereed]
Toyoshima K, Fujii Y, Mitsui N, Kako Y, Asakura S, Martinez-Aran A, Vieta E, Kusumi I
Psychiatry research   254 85-89   Aug 2017   [Refereed]
Mitsui N, Nakai Y, Inoue T, Udo N, Kitagawa K, Wakatsuki Y, Kameyama R, Toyomaki A, Ito YM, Kitaichi Y, Nakagawa S, Kusumi I
PloS one   12(6) e0179952   2017   [Refereed]
Toda H, Inoue T, Tsunoda T, Nakai Y, Tanichi M, Tanaka T, Hashimoto N, Nakato Y, Nakagawa S, Kitaichi Y, Mitsui N, Boku S, Tanabe H, Nibuya M, Yoshino A, Kusumi I
Neuropsychiatric disease and treatment   11 2079-2090   2015   [Refereed]
[A multicenter study regarding schizophrenia patients' notification of the diagnosis].
Kako Y, Okubo R, Shimizu Y, Mitsui N, Tanaka T, Kusumi I
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   116(10) 813-824   2014   [Refereed]

Misc

 
岡 松彦, 板橋 彩, 森川 一史, 大宮 友貴, 梅津 弘樹, 三井 信幸
精神医学   60(6) 681-686   Jun 2018
<文献概要>統合失調症の発症や経過においてエストロゲンは保護的に作用し,閉経などによりエストロゲンが低下すると症状が増悪することがある。症例は53歳女性,統合失調症。27歳時に幻覚妄想状態で発症し,37歳時より加療開始されたが,44歳時に服薬通院を自己中断した。約9年間の無治療期間の後に緊張病性興奮を呈し,当科入院後に亜昏迷状態に陥った。Olanzapineを開始して一度亜昏迷を脱したものの,以後約1か月ごとに緊張病症状を呈し1週間程度で自然軽快することを繰り返した。ホルモン補充療法を開始...
金子 恭昌, 金子 真由美, 渡邊 智恵, 堀 利奈, 梅津 弘樹, 岡 松彦, 荒井 勇輝, 三井 信幸
精神医学   59(12) 1129-1134   Dec 2017
うつ病に対する行動活性化療法(behavioral activation;BA)の治療効果には数多くの報告がある。今回,我々は反復性うつ病性障害の30代男性にBAを導入した。些細な負荷から症状が再燃し,行動を起こすことに躊躇する傾向がみられたが,粘り強くBAを継続した。その結果,抑うつ症状が改善し,さらには自己効力感の向上も認められた。これらはBAの特徴であるACTIONモデルに基づいた行動から得られた成功体験や達成経験によるものと考えられる。BAの適応の1つに「自己効力感を高めたい時」が...
大学生のK-10およびPHQ-9に対する自尊感情および絶望感の影響について
石原 可愛, 三井 信幸, 朝倉 聡, 武田 弘子, 川島 るい, 小西 優佳, 藤岡 大輔, 橋野 聡
全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   55回 112-112   Nov 2017
大学生の大うつ病エピソードおよび自殺念慮の予測に関する研究
三井 信幸, 朝倉 聡, 豊島 邦義, 藤井 泰, 賀古 勇輝, 久住 一郎
日本うつ病学会総会・日本認知療法・認知行動療法学会プログラム・抄録集   14回・17回 266-266   Jul 2017
食行動異常にて発症し摂食障害との鑑別を要した統合失調症の一例
袴田 里実, 三井 信幸, 前田 珠希, 豊島 邦義, 藤井 泰, 賀古 勇輝, 柳生 一自, 須山 聡, 斎藤 卓弥, 久住 一郎
心身医学   57(6) 651-651   Jun 2017