KAKU Norihito

J-GLOBAL         Last updated: Jul 26, 2019 at 14:31
 
Avatar
Name
KAKU Norihito
Affiliation
Nagasaki University
Section
Hospital
Research funding number
40770491
ORCID ID
0000-0002-4086-4853

Research Areas

 
 

Awards & Honors

 
2018
Best Paper Award, Western Branch of JAID
 
2016
Branch Manager Award, Western Japan branch of Japanese Society of Chemotherapy
 
2015
Young Investigator Travel Award, International Society of Chemotherapy Infection and Cancer
 
2015
Student and Post-Doctoral Fellow Travel Grant, American Society for Microbiology
 
2015
ECCMID Travel Grant Award, European Society of Clinical Microbiology and Infectious Diseases
 
2014
ECCMID Travel Grant Award, European Society of Clinical Microbiology and Infectious Diseases
 
2014
Branch Manager Award, Western Japan branch of Japanese Society of Chemotherapy
 
2013
Best Presentation Award, MRSA Forum
 
2011
Young Investigator Award, Asian Pacific Society of Respirology
 

Published Papers

 
Nishimura F, Uno N, Kaku N, Morinaga Y, Hasegawa H, Yanagihara K
The Journal of Applied Laboratory Medicine      Jun 2019   [Refereed]
Yamashita Y, Nagaoka K, Kimura H, Suzuki M, Konno S, Fukumoto T, Akizawa K, Kaku N, Morinaga Y, Yanagihara K
Antimicrobial agents and chemotherapy      Jun 2019   [Refereed]
Kawamoto Y, Kosai K, Yamakawa H, Kaku N, Uno N, Morinaga Y, Hasegawa H, Yanagihara K
Journal of microbiological methods   160 154-156   May 2019   [Refereed]
Yamakawa H, Kosai K, Akamatsu N, Matsuda J, Kaku N, Uno N, Morinaga Y, Hasegawa H, Tsubouchi T, Kaneko Y, Miyazaki T, Izumikawa K, Mukae H, Yanagihara K
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   25(4) 240-246   Apr 2019   [Refereed]
Okada Y, Kaku N, Kosai K, Uno N, Morinaga Y, Hasegawa H, Yanagihara K
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   25(4) 262-266   Apr 2019   [Refereed]
Miyazaki T, Fukushima K, Hashiguchi K, Inoue Y, Mihara T, Sawai T, Suyama N, Kobayashi T, Kondo A, Fukuda Y, Harada Y, Sasaki E, Kaku N, Ide S, Takazono T, Saijo T, Kosai K, Morinaga Y, Nakamura S, Yamamoto K, Imamura Y, Izumikawa K, Yanagihara K, Kohno S, Mukae H.
Journal of Infection and Chemotherapy      Apr 2019   [Refereed]
肝炎およびレトロウイルス測定試薬8項目を用いた全自動化学発光免疫測定装置Alinity iの日常検査への導入検討
石原 香織, 宇野 直輝, 田浦 茉弥, 川良 洋城, 篠原 真歩, 坂本 啓, 賀来 敬仁, 森永 芳智, 長谷川 寛雄, 柳原 克紀
医学と薬学   76(4) 511-516   Mar 2019   [Refereed]
全自動化学発光免疫測定装置Alinity iシステム(以下、Alinity i)を用いたHBV・HCV・HIV・HTLV関連試薬8項目(HBs抗原、HBs抗体、HBe抗原、HBe抗体、HBc抗体、HCV抗体、HIV抗原・抗体、HTLV抗体)の基礎的性能評価、およびルーチン使用時におけるAlinity iの機器性能評価を行った。本検討においてAlinity iにおけるHBV・HCV・HIV・HTLV関連試薬8項目は良好な基礎性能を示した。またAlinity iはルーチン稼動において機器の操作...
Kawamoto Y, Kosai K, Yamakawa H, Kaku N, Uno N, Morinaga Y, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Mukae H, Yanagihara K
Diagnostic microbiology and infectious disease   92(4) 275-278   Dec 2018   [Refereed]
Kaku N, Hashiguchi K, Iwanaga Y, Akamatsu N, Matsuda J, Kosai K, Uno N, Morinaga Y, Kitazaki T, Hasegawa H, Miyazaki T, Fukuda M, Izumikawa K, Mukae H, Yanagihara K
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   24(9) 734-738   Sep 2018   [Refereed]
新規免疫自動分析装置AccraseedによるTSH、FT4およびFT3測定試薬の基礎的検討
臼井 哲也, 南 惣一郎, 賀来 敬仁, 柳原 克紀
医学検査   67(4) 443-450   Jul 2018   [Refereed]
患者への速やかな治療の開始と患者への負担低減などの観点から診療前検査が普及している。今回検体の採取から結果報告までの迅速化の可能性を検討するために、測定時間が10分という自動化学発光酵素免疫分析装置Accuraseedを用いてTSH、FT4、FT3の基礎的検討を行った。また本装置とルーチン法のモジュラーおよびARCHITECT、ルミパルスの3機類の装置を用いて迅速性に関する比較検討を行ったので報告する。甲状腺3項目の基礎的検討として、再現性(同時、日差)、相関性、最小検出感度、直線性、共存...
Nishimura F, Morinaga Y, Akamatsu N, Matsuda J, Kaku N, Takeda K, Uno N, Kosai K, Hasegawa H, Yanagihara K
Japanese journal of infectious diseases   71(4) 281-285   Jul 2018   [Refereed]
パンヌスが原因であった大動脈弁位人工弁機能不全の2症例
古島 早苗, 尾長谷 喜久子, 恒任 章, 井手 愛子, 木村 由美子, 賀来 敬仁, 前村 浩二, 江石 清行, 柳原 克紀
超音波検査技術   43(3) 274-280   Jun 2018   [Refereed]
症例1:40代女性、4年前に他院にて二尖弁による大動脈弁狭窄症と診断され、大動脈弁置換術(CarboMedics 21mm)が施行された。胸部違和感を自覚したため近医受診したところ、収縮期雑音を指摘され、精査目的に当院紹介となった。心エコー図所見:大動脈弁最大通過血流速度5.0m/s、平均圧較差(MPG)58mmHg、有効弁口面積(EOA)0.77cm2、有効弁口面積係数(indexed EOA)0.45cm2/m2、Doppler velocty index(DVI)0.28、accel...
Yanagihara K, Akamatsu N, Matsuda J, Kaku N, Katsumata K, Kosai K
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   24(6) 492-495   Jun 2018   [Refereed]
感染症遺伝子検査についてのアンケート調査結果
柳原 克紀, 賀来 敬仁, 鈴木 広道, 仁井見 英樹, 三鴨 廣繁, 松本 哲哉, 舘田 一博
感染症学雑誌   92(3) 331-338   May 2018   [Refereed]
近年、遺伝子やプロテオミクスの解析技術が臨床応用され、従来から行われている検査よりも迅速に病原微生物の同定や薬剤耐性遺伝子の検出が可能となった。今回、感染症遺伝子検査の現状および要望を把握することを目的として、一般社団法人日本感染症学会の会員のうち、医師を対象にアンケート調査を行った。有効回答率は全体で4.5%、感染症専門医では13.8%であった、回答者の病床数500床以上に勤務している割合が最も高かった。感染症遺伝子検査の意義については、感染症診療で重要・必要であるという回答が93.4%...
Murata M, Kosai K, Yamauchi S, Sasaki D, Kaku N, Uno N, Morinaga Y, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Mukae H, Yanagihara K
Antimicrobial agents and chemotherapy   62(4)    Apr 2018   [Refereed]
Yamakawa H, Kosai K, Kawamoto Y, Akamatsu N, Matsuda J, Kaku N, Uno N, Morinaga Y, Hasegawa H, Yanagihara K
Journal of microbiological methods   145 47-49   Feb 2018   [Refereed]
Okada Y, Uno N, Sato S, Mori S, Sasaki D, Kaku N, Kosai K, Morinaga Y, Hasegawa H, Yanagihara K
Vaccine   35(42) 5662-5665   Oct 2017   [Refereed]
Higashino M, Murata M, Morinaga Y, Akamatsu N, Matsuda J, Takeda K, Kaku N, Kosai K, Uno N, Hasegawa H, Yanagihara K
Journal of medical microbiology   66(10) 1476-1482   Oct 2017   [Refereed]
Kosai K, Iwanaga Y, Akamatsu N, Okada Y, Kaku N, Uno N, Morinaga Y, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Mukae H, Yanagihara K
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   23(10) 674-677   Oct 2017   [Refereed]
高感度インフルエンザ抗原迅速検査システムの有用性
岩永 祐季, 小佐井 康介, 松田 淳一, 賀来 敬仁, 森永 芳智, 長谷川 寛雄, 宮崎 泰可, 泉川 公一, 迎 寛, 柳原 克紀
感染症学雑誌   91(5) 747-751   Sep 2017   [Refereed]
インフルエンザウイルスの検出において銀増幅により感度を高めたイムノクロマト法(IC法)の有用性を検討した。2014年12月から2015年1月迄に長崎大学病院においてインフルエンザ抗原検査が依頼された検体を対象に、従来法と銀増幅IC法で測定を行い、結果を比較した。解析対象となった203検体に対して両検査法の一致率は94.1%(191/203)であった。陽性率は銀増幅法15.8%(32/203)、従来法10.8%(22/203)であり前者で有意に高かった。本検討では従来法の結果のみを依頼者へ返...
Takeda K, Kaku N, Morinaga Y, Kosai K, Uno N, Imamura Y, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Mukae H, Yanagihara K
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   23(9) 598-603   Sep 2017   [Refereed]
Yanagihara K, Watanabe A, Aoki N, Matsumoto T, Yoshida M, Sato J, Wakamura T, Sunakawa K, Kadota J, Kiyota H, Iwata S, Kaku M, Hanaki H, Ohsaki Y, Fujiuchi S, Takahashi M, Takeuchi K, Takeda H, Ikeda H, Miki M, Nakanowatari S, Takahashi H, Utagawa M, Nishiya H, Kawakami S, Morino E, Takasaki J, Mezaki K, Chonabayashi N, Tanaka C, Sugiura H, Goto H, Saraya T, Kurai D, Katono Y, Inose R, Niki Y, Takuma T, Kudo M, Ehara S, Sato Y, Tsukada H, Watabe N, Honma Y, Mikamo H, Yamagishi Y, Nakamura A, Ohashi M, Seki M, Hamaguchi S, Toyokawa M, Fujikawa Y, Mitsuno N, Ukimura A, Miyara T, Nakamura T, Mikasa K, Kasahara K, Ui K, Fukuda S, Nakamura A, Morimura M, Yamashita M, Takesue Y, Wada Y, Sugimoto K, Kusano N, Nose M, Mihara E, Kuwabara M, Doi M, Watanabe Y, Tokuyasu H, Hino S, Negayama K, Mukae H, Kawanami T, Ota T, Fujita M, Honda J, Hiramatsu K, Aoki Y, Fukuoka M, Magarifuchi H, Nagasawa Z, Kaku N, Fujita J, Higa F, Tateyama M
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   23(9) 587-597   Sep 2017   [Refereed]
Takeda K, Kaku N, Morinaga Y, Kosai K, Uno N, Imamura Y, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Mukae H, Yanagihara K.
Journal of Infection and Chemotherapy   23(9) 589-603   Jul 2017   [Refereed]
Kaku N, Kosai K, Takeda K, Uno N, Morinaga Y, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Mukae H, Yanagihara K
Antimicrobial agents and chemotherapy   61(7)    Jul 2017   [Refereed]
Kaku N, Morinaga Y, Takeda K, Kosai K, Uno N, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Mukae H, Yanagihara K
The Journal of antimicrobial chemotherapy   72(4) 1123-1128   Apr 2017   [Refereed]
Kawamoto Y, Morinaga Y, Kimura Y, Kaku N, Kosai K, Uno N, Hasegawa H, Yanagihara K
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   23(1) 51-55   Jan 2017   [Refereed]
Kosai K, Kaku N, Uno N, Saijo T, Morinaga Y, Imamura Y, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Mukae H, Yanagihara K
The open microbiology journal   11 92-97   2017   [Refereed]
Matsumoto N, Mori S, Hasegawa H, Sasaki D, Mori H, Tsuruda K, Imanishi D, Imaizumi Y, Hata T, Kaku N, Kosai K, Uno N, Miyazaki Y, Yanagihara K
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   462 166-173   Nov 2016   [Refereed]
Uno N, Araki N, Kaku N, Kosai K, Hasegawa H, Yanagihara K
Journal of microbiological methods   128 13-15   Sep 2016   [Refereed]
Kaku N, Morinaga Y, Takeda K, Kosai K, Uno N, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Mukae H, Yanagihara K
International journal of medical microbiology : IJMM   306(6) 421-428   Sep 2016   [Refereed]
サイトメガロウイルスモニタリングにおける抗原測定法とDNA定量法の比較検討
森 沙耶香, 森永 芳智, 西村 典孝, 村田 美香, 海端 悟, 佐々木 大介, 賀来 敬仁, 小佐井 康介, 宇野 直輝, 田口 潤, 長谷川 寛雄, 宮崎 泰司, 柳原 克紀
臨床病理   64(8) 881-886   Aug 2016   [Refereed]
PCR法によるサイトメガロウイルス(CMV)DNA定量の感度を検討した。化学療法または骨髄・末梢血幹細胞移植が施行された血液疾患患者の血漿検体を対象に、PCR法によるCMV DNA定量法の感度をC7-HRP法と比較した。その結果、PCR法は抗原測定法よりも早期かつ高感度にCMVを検出できることが明らかになった。2法の結果の一致率は66.0%で、PCR法はC7-HRP法よりも2倍高い陽性率を示した。
当院における血液培養検査推進キャンペーンとその効果
塚本 千絵, 小佐井 康介, 志岐 直美, 寺坂 陽子, 今村 政信, 賀来 敬仁, 田代 将人, 塚本 美鈴, 栗原 慎太郎, 泉川 公一, 迎 寛, 柳原 克紀
日本環境感染学会誌   31(4) 241-246   Jul 2016   [Refereed]
当院において適切な血液培養検査の推進キャンペーンを行い、その効果を評価した。キャンペーン内容は、院内スタッフや研修医・学生に対する講習、血液培養陽性症例の調査、院内感染対策会議における血液培養実施状況の報告、医師の指示に基づく看護師による採取の実施、採血手順の簡略化、マニュアルの改定などであった。調査は2009年1月から2014年12月までに提出された血液培養38,813検体を対象とし、提出セット数、複数セット採取率、コンタミネーション率、陽性率を算出した。血液培養の提出セット数は2009...
Migiyama Y, Yanagihara K, Kaku N, Harada Y, Yamada K, Nagaoka K, Morinaga Y, Akamatsu N, Matsuda J, Izumikawa K, Kohrogi H, Kohno S
Japanese journal of infectious diseases   69(2) 91-96   2016   [Refereed]
Morinaga Y, Yamano S, Akamatsu N, Kaku N, Nagaoka K, Migiyama Y, Harada Y, Hosogaya N, Yamamoto Y, Tasaki O, Yanagihara K, Kohno S
Japanese journal of infectious diseases   68(5) 376-380   2015   [Refereed]
Harada Y, Morinaga Y, Kaku N, Nakamura S, Uno N, Hasegawa H, Izumikawa K, Kohno S, Yanagihara K
Clinical microbiology and infection : the official publication of the European Society of Clinical Microbiology and Infectious Diseases   20(11) O831-9   Nov 2014   [Refereed]
Yamada K, Morinaga Y, Yanagihara K, Kaku N, Harada Y, Uno N, Nakamura S, Imamura Y, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Kakeya H, Mikamo H, Kohno S
Pulmonary pharmacology & therapeutics   28(2) 165-170   Aug 2014   [Refereed]
Kaku N, Yanagihara K, Morinaga Y, Yamada K, Harada Y, Migiyama Y, Nagaoka K, Nakamura S, Izumikawa K, Kohno S
Antimicrobial agents and chemotherapy   58(7) 4131-4137   Jul 2014   [Refereed]
Kaku N, Yanagihara K, Morinaga Y, Yamada K, Harada Y, Migiyama Y, Nagaoka K, Matsuda J, Uno N, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Kakeya H, Yamamoto Y, Kohno S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   20(6) 350-355   Jun 2014   [Refereed]
Yamada K, Yanagihara K, Kaku N, Harada Y, Migiyama Y, Nagaoka K, Morinaga Y, Nakamura S, Imamura Y, Miyazaki T, Izumikawa K, Kakeya H, Hasegawa H, Yasuoka A, Kohno S
International journal of antimicrobial agents   42(3) 238-243   Sep 2013   [Refereed]
Yamada K, Yanagihara K, Kaku N, Harada Y, Migiyama Y, Nagaoka K, Morinaga Y, Nakamura S, Imamura Y, Miyazaki T, Izumikawa K, Kakeya H, Hasegawa H, Mikamo H, Kohno S
Antimicrobial agents and chemotherapy   57(8) 3883-3888   Aug 2013   [Refereed]
Kaku N, Yanagihara K, Morinaga Y, Sato T, Nakashima M, Sakai T, Tominaga H, Wakigawa F, Nagashima S, Fukuda M, Hashiguchi K, Kohno S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   19(1) 166-170   Feb 2013   [Refereed]
Kaku N, Yanagihara K, Morinaga Y, Izumikawa K, Nagashima S, Kakeya H, Yamamoto Y, Fukuda M, Takatani H, Fukuda M, Hashiguchi K, Kohno S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   19(1) 70-76   Feb 2013   [Refereed]
Kaku N, Seki M, Doi S, Hayashi T, Imanishi D, Imamura Y, Kurihara S, Miyazaki T, Izumikawa K, Kakeya H, Yamamoto Y, Yanagihara K, Tashiro T, Kohno S
Internal medicine (Tokyo, Japan)   49(24) 2697-2701   2010   [Refereed]
同一部位に合併した肺放線菌症と肺腺癌の1例
井手 昇太郎, 澤井 豊光, 賀来 敬仁, 永吉 洋介, 早田 宏, 河野 茂
日本呼吸器学会雑誌   47(9) 823-827   Sep 2009   [Refereed]
症例は64歳、男性。慢性咳嗽の精査目的で当科紹介となり、胸部CT上右下葉に結節影を認めたが、本人希望により経過観察としていた。初診7ヵ月後に結節の増大傾向を認めたため気管支鏡検査を施行したところ、気管支擦過および洗浄液の細胞診は陰性であったが、鏡検上は分岐を有する菌糸状のグラム陽性桿菌を認め、培養にて放線菌が分離された。肺放線菌症と診断しアモキシシリン1500mgの投与を開始したが、結節の縮小はみられず、CYFRAが上昇してきたため、治療4ヵ月後に胸腔鏡下針吸引細胞診を施行した。術中迅速診...
超音波検査が診断に有用であった側頭動脈炎の1例
賀来 敬仁, 吉岡 寿麻子, 福田 安雄, 藤田 真亨, 井手 理絵, 石田 裕子
佐世保市立総合病院紀要   33 23-27   Dec 2007   [Refereed]
62歳男。患者は発熱、両腓腹筋痛を自覚し近医を受診、炎症反応の高値が指摘された。抗菌薬で加療され、約1ヵ月後に解熱したが、精査を受けるも有意な所見は認められなかった。しかし約2ヵ月後、発熱、全身性関節痛をはじめ側頭部痛、開口障害、一過性黒内障の主訴が出現し、著者らの施設へ紹介となった。所見では炎症反応以外に有意な点は認められなかった。だが、視力障害が急激に進行しており、早期の治療の必要性から超音波検査を施行したところ、浅側頭動脈の狭窄と著明な血流低下がみられ、側頭動脈炎と診断された。治療と...

Misc

 
【抗菌薬耐性(AMR)と闘う】次世代感染症診断法
太田 賢治, 賀来 敬仁, 柳原 克紀
医学のあゆみ   269(6) 475-479   May 2019   [Invited]
抗菌薬耐性(AMR)対策において、より迅速かつ正確に原因微生物を同定し、薬剤耐性を検出することは、個々の症例に対する治療の最適化のみならず、抗菌薬適正使用の観点からも非常に重要な課題である。質量分析装置(MALDI-TOF MS)は、従来法である分離培養法および生化学的同定法と比較して、より短時間で同定結果が得ることができる。また、全自動核酸抽出増幅検査機器は培養困難な微生物に加え、薬剤耐性遺伝子や毒素遺伝子の検出も可能である。さらに、対象微生物の全ゲノムを解析することができる次世代シーク...
遺伝子検査の導入による新しい感染症診療
柳原 克紀, 森永 芳智, 岩永 祐季, 山川 壽美, 岡田 侑也, 木村 由美子, 赤松 紀彦, 賀来 敬仁, 宇野 直輝, 小佐井 康介
日本化学療法学会雑誌   66(6) 729-737   Nov 2018   [Refereed][Invited]
感染症診療における微生物検査に、遺伝子検査の導入が進んでいる。これまで行われてきた研究レベルの解析で課題であった標準化・簡素化の課題が整理され、臨床検査として業務に取り入れやすくなった。遺伝子検査は高い特異性と優れた検出感度をもたらすだけでなく、培養を基本とする検査が苦手としていたウイルス、寄生虫、細菌関連毒素など検出対象を拡げることにもつながる。過剰診断の可能性やコスト面での課題はこれから理解を深めるべき点であるものの、早期により正確に診断できるため、感染症治療効果や抗菌薬の適正使用への...
【多剤耐性グラム陰性菌対策を見直す-『薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン』に向けて】 多剤耐性グラム陰性菌における抗菌薬適正使用 多剤耐性緑膿菌(MDRP)
賀来 敬仁
感染と抗菌薬   21(2) 93-97   Jun 2018   [Invited]
緑膿菌は水まわりを中心に生活環境中に広く存在する菌である。緑膿菌は複数の耐性メカニズムを獲得することで多剤耐性緑膿菌(MDRP)となる。MDRP感染症に有効な抗菌薬としてコリスチンがあるが、海外ではコリスチン耐性菌の報告もある。そのため、コリスチンについては他の抗菌薬との併用療法が推奨されている。コリスチン以外の薬剤の併用療法が有効であったとの報告もあるため、検出された菌株の薬剤感受性試験結果を活用して抗菌薬を選択することが重要である。(著者抄録)
【今あらためて問われる抗菌薬の適正使用】 各種抗菌薬の特徴と適正使用 キノロン系
太田 賢治, 賀来 敬仁, 柳原 克紀
臨牀と研究   95(5) 468-472   May 2018   [Invited]
【呼吸不全をきたしうるウイルス感染症】 ウイルスによる呼吸器感染症の診断
賀来 敬仁, 柳原 克紀
人工呼吸   35(1) 33-38   May 2018   [Invited]
【適正抗菌薬療法 最新マニュアル】 《領域別に考える適正抗菌薬療法》 呼吸器内科
太田 賢治, 賀来 敬仁, 柳原 克紀
Modern Physician   38(3) 253-256   Mar 2018   [Invited]
<ポイント>CAPとNHCAP/HAPに大別し、患者背景や基礎疾患を元に肺炎の原因微生物を推定する。CAPの初期治療はスルバクタム・アンピシリンまたはセフトリアキソンを基本に考える。NHCAP/HAPの初期治療は重症度と耐性リスクをアセスメントし、方針(escalation治療、de-escalation単剤/多剤治療)を決定する。原因微生物ごとに問題となっている耐性と治療法を知る。(著者抄録)
【感染症領域におけるDDSの活用】 呼吸器感染症における吸入療法
賀来 敬仁, 柳原 克紀
Drug Delivery System   33(1) 26-32   Jan 2018   [Invited]
呼吸器領域では喘息や慢性閉塞性肺疾患において、ステロイドやβ2刺激薬、抗コリン薬で吸入療法が用いられている。一方で、同じように気道における炎症を主体とする呼吸器感染症では、インフルエンザウイルス感染症で吸入療法が行われているものの、細菌感染症ではほとんど行われていない。しかし、薬剤耐性菌による呼吸器感染症が世界的な問題となっており、気道における薬剤濃度を高め、かつ有害事象をできるだけ少なくする目的で呼吸器感染症における吸入療法が見直されている。近年では新たなデバイスの開発もあり、人工呼吸器...
呼吸器感染症の遺伝子検査
賀来 敬仁, 柳原 克紀
呼吸器内科   32(5) 476-480   Nov 2017   [Invited]
【呼吸器疾患とマイクロバイオーム】 高齢者肺炎とマイクロバイオーム
賀来 敬仁, 柳原 克紀
THE LUNG-perspectives   25(2) 175-178   May 2017   [Invited]
我が国では高齢化の進行に伴って肺炎の死亡者数が増加している。高齢者での肺炎では、口腔・咽頭分泌物を微量に誤嚥する不顕性誤嚥が関与する誤嚥性肺炎が多い。そのため、高齢者における誤嚥性肺炎ではその発症に口腔内・咽頭常在細菌叢が強く関与していると考えられ、口腔ケアなどで予防することが重要である。近年、遺伝子解析技術が発達し、これまで検出できなかった細菌も遺伝子検査で検出可能となっており、Prevotella属、Fusobacterium属、Veillonella属、Clostridium属などの...
感染症の迅速診断の最新知見
太田 賢治, 賀来 敬仁, 柳原 克紀
最新医学   72(5) 755-761   May 2017   [Invited]
技術の発展とともに感染症の検査も進化を続け,次の世代へと移り変わりつつある.全自動核酸増幅検査により簡便かつ正確に病原微生物や薬剤耐性遺伝子を検出することができ,質量分析機器は従来法に取って代わる細菌同定法となってきている.新たな検査法/機器の測定対象と特徴,限界を把握し,診療のみならず研究,感染制御に役立てることが期待される.(著者抄録)
感染症検査の自動化 全自動核酸抽出増幅検査システムについて
賀来 敬仁, 柳原 克紀
日本臨床検査自動化学会会誌   42(2) 170-173   Apr 2017   [Invited]
【抗菌薬の使いかた 最適な治療で薬剤耐性対策を】 トピックス 迅速化が進む感染症検査
賀来 敬仁, 柳原 克紀
Medical Practice   34(3) 449-451   Mar 2017   [Invited]
【肺炎への最新アプローチ-ジェネラリストの立場とスペシャリストの視点から】 治療 抗菌薬の使い分けや適応の基本的な考え方 キノロン系薬の選択
太田 賢治, 賀来 敬仁, 柳原 克紀
Medicina   54(1) 80-83   Jan 2017   [Invited]
<Point>レスピラトリーキノロンは,非定型病原体に対するカバーと優れたバイオアベイラビリティをもつため,外来での肺炎治療のempiric therapyとして有用である.definitive therapyとしてキノロン系抗菌薬が用いられる場面は,レジオネラ肺炎,緑膿菌肺炎に対してである.緑膿菌に対しては特にシプロフロキサシンが有効である.キノロン系抗菌薬は結核菌に抗菌活性があるため,常に結核の可能性を考慮して使用する.(著者抄録)
話題の感染症と検査 エボラウイルス病(エボラ出血熱)
柳原 克紀, 佐々木 大介, 赤松 紀彦, 賀来 敬仁, 小佐井 康介
臨床病理   64(9) 1025-1032   Sep 2016   [Refereed][Invited]
【臨床検査の最新情報】 遺伝子検査の進歩 細菌感染症の遺伝子検査、質量分析検査
賀来 敬仁, 柳原 克紀
臨牀と研究   93(8) 1045-1049   Aug 2016   [Invited]
【DDS技術の医療応用への新展開】 感染症領域におけるDDS技術の応用
賀来 敬仁, 柳原 克紀
BIO Clinica   30(7) 640-644   Jul 2015   [Invited]
薬剤耐性菌などの新たな脅威の出現、高齢化による肺炎をはじめとした感染症での死亡者数の増加にも関わらず、新規抗菌薬の開発は停滞している。そのため、これからは既存薬剤の有効活用が必要となる。既存の抗菌薬の有効活用のためにはPK/PD理論などを用いた抗菌薬の適正使用が重要であるが、副作用の問題などから十分な量の薬剤投与を行えないことが多い。そこで、副作用の軽減、薬物動態改善、服薬アドヒアランス向上などを目的としてDDS技術が応用されている。(著者抄録)
【感染症診療update】 (II章)主要な臓器感染症 肺炎 院内肺炎
賀来 敬仁, 柳原 克紀
日本医師会雑誌   143(特別2) S142-S147   Oct 2014   [Invited]
【呼吸器感染症の実地診療 最近の臨床上の進歩と課題の克服】 実地医家が遭遇する診断上の課題の克服と実際 肺炎の迅速診断法 実地医家が実施すべき重要な検査のすすめかた
賀来 敬仁, 柳原 克紀
Medical Practice   30(10) 1704-1708   Oct 2013   [Invited]

Conference Activities & Talks

 
Influence of antimicrobial prophylaxis in surgery and effect of probiotics on the gut microbiome: a randomized controlled study
KAKU Norihito
ECCMID 2019   14 Apr 2019   
Molecular epidemiological analysis of methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) by PCR-based ORF Typing (POT) method
Norihito Kaku, Kosuke Kosai, Naoki Uno, Yoshitomo Morinaga, Hiroo Hasegawa, Katsunori Yanagihara
APCCMI 2016   1 Dec 2016   
Efficacy Of OP0595, a Novel Serine-beta-lactamase Inhibitor, In a Mouse Pneumonia Model Caused By ESBL-producing K. pneumoniae
Norihito Kaku, Kosuke Kosai, Kazuaki Takeda, Yoshitomo Morinaga, Taiga Miyazaki, Koichi Izumikawa, Hiroshi Mukae, Katsunori Yanagihara
11 Jun 2016   
Antimicrobial activity of OP0595 in combinations with cefepime against ESBL-producing K. pneumoniae in a pneumonia mouse model
Norihito Kaku, Kosuke Kosai, Kazuaki Takeda, Yoshitomo Morinaga, Taiga Miyazaki, Koichi Izumikawa, Hiroshi Mukae, Katsunori Yanagihara
ECCMID 2016   11 Apr 2016   
Comparison of ME1100, an Arbekacin Inhalation Solution, and Amikacin in a Murine Model of Ventilator-associated Pneumonia Caused by P. aeruginosa
Norihito Kaku, Yoshitomo Morinaga, Kazuaki Takeda, Kosuke Kosai, Yoshifumi Imamura, Taiga Miyazaki, Koichi Izumikawa, Katsunori Yanagihara
ICAAC 2015   18 Sep 2015   
In Vivo Efficacy of Tedizolid in a Murine Model of Methicillin-resistant Staphylococcus aureus Hematogenous Pulmonary Infection
Norihito Kaku, Kazuaki Takeda, Kosuke Kosai, Yoshitomo Morinaga, Shigeki Nakamura, Taiga Miyazaki, Koichi Izumikawa, Katsunori Yanagihara
ECCMID 2015   27 Apr 2015   
In Vivo Efficacy of Tedizolid (TR-701), a Novel Oxazolidinone, Against Methicillin-resistant Staphylococcus aureus in a Murine Model of Hematogenous Pulmonary Infection
Norihito Kaku, Katsunori Yanagihara, Kazuaki Takeda, Kosuke Kosai, Yoshitomo Morinaga, Shigeki Nakamura, Taiga Miyazaki, Koichi Izumikawa, Shigeru Kohno
ICAAC 2014   8 Sep 2014   
Comparison of ME1100, an Arbekacin Inhalation Solution, and amikacin in a Murine Model of Ventilator-associated Pneumonia caused by P. aeruginosa
Norihito Kaku, Katsunori Yanagihara, Kazuaki Takeda, Kosuke Kosai, Yoshitomo Morinaga, Shigeki Nakamura, Taiga Miyazaki, Koichi Izumikawa, Shigeru Kohno
ICAAC 2014   6 Sep 2014   
In vivo and in vitro efficacy of preventive use of azithromycin in pneumonia caused by Pseudomonas aeruginosa
Norihito Kaku, Katsunori Yanagihara, Yosuke Harada, Yoshitomo Morinaga, Naoki Uno, Hiroo Hasegawa, Koichi Izumikawa, Shigeru Kohno
10 May 2014   
Effect of linezolid on MUC5AC expression induced by methicillin-resistant Staphylococcus aureus in human airway epithelial cells
Norihito Kaku, Katsunori Yanagihara, Yoshitomo Morinaga, Yosuke Harada, Yohei Migiyama, Kentaro Nagaoka, Koichi Izumikawa, Hiroo Hasegawa, Koichi Izumikawa, Hiroshi Kakeya, Shigeru Kohno
ICC and APCCMI 2013   6 Jun 2013   
Effect of linezolid on MUC5AC expression induced by methicillin-resistant Staphylococcus aureus in human airway epithelial cells
Norihito Kaku, Katsunori Yanagihara, Yosuke Harada, Yohei Migiyama, Kentaro Nagaoka, Koichi Yamada, Yoshitomo Morinaga, HIroo Hasegawa, Koichi Izumikawa, HIroshi Kakeya, Shigeru Kohno
ECCMID 2013   27 Apr 2013   
Clinical differences between healthcare-associated and community-acquired pneumonia in a community hospital in Japan
Norihito Kaku, Kohji Hashiguchi, Katsunori Yanagihara, Seiji Nagashima, Minoru Fukuda, HIrsohi Takatani, Masaaki Fukuda, Shigeru Kohno
APSR 2011   4 Nov 2011