河畑 則文

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/25 19:13
 
アバター
研究者氏名
河畑 則文
 
カワバタ ノリフミ
eメール
norifumirs.tus.ac.jp
URL
https://home.norifumik.nagoya/
所属
東京理科大学
部署
理工学部 情報科学科
職名
助教
学位
博士(情報科学)(名古屋大学)
科研費研究者番号
50843116

プロフィール

2017年3月,名古屋大学大学院情報科学研究科情報システム学専攻博士課程後期課程修了.博士(情報科学).千葉大学フロンティア医工学センター特別研究員(2017年4月~2018年3月,医用画像工学に関する教育・研究に従事),名古屋大学未来社会創造機構技術補佐員(2018年4月~2019年3月,モビリティ社会の次世代交通・情報システムに関する研究補助に従事)を経て,2019年4月から,東京理科大学理工学部情報科学科助教.計算機科学(ソフトウェア工学,コンピュータグラフィックス,形式手法)に関する教育・研究に従事.現在に至る.

現在までに,多視点3D画像の符号化画質評価,画像・信号処理,カラー画像処理,医用画像工学,質感情報学に関する研究に従事.
映像情報メディア学会,電子情報通信学会,IEEE Signal Processing Society, 画像電子学会,情報処理学会,日本医用画像工学会,日本コンピュータ外科学会各会員.

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
東京理科大学 理工学部 情報科学科 助教
 
2018年4月
 - 
2019年3月
名古屋大学 未来社会創造機構 産学協同研究部門 交通・情報システム研究部門 技術補佐員
 
2017年4月
 - 
2018年3月
千葉大学 フロンティア医工学センター 特別研究員
 

学歴

 
2013年4月
 - 
2017年3月
名古屋大学 大学院 情報科学研究科 情報システム学専攻 博士課程
 
2011年4月
 - 
2013年3月
富山大学 大学院 理工学教育部 修士課程 知能情報工学専攻
 
2007年4月
 - 
2011年3月
富山大学 工学部 知能情報工学科
 
2004年4月
 - 
2007年3月
星稜高等学校  普通科
 

委員歴

 
2019年3月
 - 
現在
Multimedia Tools and Applications (MTAP)  Reviewer (4)
 
2019年2月
 - 
現在
Neurocomputing (NEUCOM)  Reviewer (4)
 
2019年1月
 - 
現在
MDPI Symmetry  Reviewer (1)
 
2018年7月
 - 
2019年3月
Recent Patents on Computer Science  Reviewer (5)
 
2018年7月
 - 
現在
Applied Sciences (ApplSci)  Reviewer (7)
 
2018年7月
 - 
現在
IEEE Access  Reviewer (7)
 
2018年6月
 - 
現在
Journal of Imaging (J. Imaging)  Reviewer (1)
 
2018年2月
 - 
現在
IEEE Transactions on Circuits and Systems II: Express Briefs (TCAS-II)  Reviewer (5)
 
2018年2月
 - 
現在
IEEE Transactions on Circuits and Systems I: Regular Papers (TCAS-I)  Reviewer (2)
 
2018年2月
 - 
現在
Journal of Imaging Science and Technology (JIST)  Reviewer (7)
 
2018年1月
 - 
現在
IEEE Transactions on Medical Imaging (TMI)  Reviewer (1)
 
2018年1月
 - 
現在
Signal Processing (SigPro)  Reviewer (1)
 
2017年12月
 - 
現在
SPIE Journal of Electronic Imaging (JEI)  Reviewer (1)
 
2017年12月
 - 
現在
IEEE Transactions on Image Processing (TIP)  Reviewer (17)
 
2017年11月
 - 
現在
EURASIP Journal on Image and Video Processing (JIVP)  Reviewer (3)
 
2017年9月
 - 
現在
IEEE Transactions on Multimedia (TMM)  Reviewer (19)
 
2017年6月
 - 
現在
IEEE Transactions on Circuits and Systems for Video Technology (TCSVT)  Reviewer (11)
 

受賞

 
2019年2月
The international society for optics and photonics SPIE Journal of Electronic Imaging Certificate of Appreciation
受賞者: Norifumi KAWABATA
 
for serving as a reviewer for Journal of Electronic Imaging during the calendar year of 2018
2018年4月
Elsevier Signal Processing Certificate of Outstanding Contribution in Reviewing
受賞者: Norifumi KAWABATA
 
In recognition of the contributions made to the quality of the journal
2018年2月
The international society for optics and photonics SPIE Journal of Electronic Imaging Certificate of Appreciation
受賞者: Norifumi KAWABATA
 
for serving as a reviewer for Journal of Electronic Imaging during the calendar year of 2017
2016年12月
名古屋大学 学業優秀かつ学位論文作成のため最大1年間授業料免除かつ在学期間延長
 
(平成28年度 前学期:全額免除, 後学期:半額免除)
2016年9月
電子情報通信学会 (ISS, HCG), 情報処理学会 第15回情報科学技術フォーラム (FIT2016) FIT奨励賞
 
「河畑則文,宮尾克,“S-CIELAB色空間を用いた多視点3DCG画像と5K画像の符号化画質評価に対する相互比較”,I-035, グラフィクス・画像, pp. 223-224」の論文発表に対する受賞.
2015年6月
電子情報通信学会東海支部 平成26年度電子情報通信学会東海支部 学生研究奨励賞(博士)
 
「8視点パララックスバリア方式における3DCG画像の符号化画質評価に関する研究」の業績に対する授与.

論文

 
Color Laparoscopic Image Diagnosis for Automatic Detection of Coded Defect Region (on peer-review)
Norifumi Kawabata and Toshiya Nakaguchi
6 pages   2019年11月   [査読有り]
Computational Classification of Texture Contents in the Shitsukan Research Database (on peer-review)
Norifumi Kawabata
4 pages   2019年11月   [査読有り]
Statistical Analysis of Questionnaire Survey on the Assessment of 3D Video Clips (Conditional Acceptance)
Norifumi Kawabata
13 pages   2019年   [査読有り]
Norifumi Kawabata
Proc. of The 2018 IEEE 7th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE2018)   7th(POS1A-3) 38-39   2018年10月   [査読有り]
We can come to approach on super-resolution processing based on deep learning by appearing deep learning tools. These performance are shown by applying the only deep learning theory for super-resolution processing. However, we consider that the op...
Norifumi Kawabata
Proc. of The Ninth International Workshop on Image Media Quality and its Applications (IMQA2018)   9th(PS10) 110-119   2018年9月   [査読有り]
Up to now, the diagnostic imaging was carried out based on manual handling by professional doctors and health care workers. However, it is enable to diagnose images automatically by development of the computer systems. Therefore, it is required fo...
Norifumi Kawabata
Proc. of The 21st International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2018)   21st(D3-3) 1-4   2018年1月   [査読有り]
In our previous studies, we studied on the multi-view 3D CG image quality evaluation including visible digital watermarking. Particularly, we verified for the multimedia evaluation including both the coded image quality and watermark quality. Actu...
Norifumi Kawabata
Proc. of The 24th International Display Workshops (IDW'17)   24th(3D5-1) 849-852   2017年12月   [査読有り]
In this paper, we assessed subjective quality of 3D CG images by H.265/HEVC with both multi-view parallax barrier and 5K high-definition retina, and then, we analyzed them, and classified by Support Vector Machine. Next, we assessed objective qual...
Norifumi Kawabata and Masaru Miyao
IEICE Transactions on Information and Systems   E100-D(07) 1448-1462   2017年7月   [査読有り]
Previously, it is not obvious to what extent was accepted for the assessors when we see the 3D image (including multi-view 3D) which the luminance change may affect the stereoscopic effect and assessment generally. We think that we can conduct a g...
Norifumi Kawabata and Yuukou Horita
IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing   4(2) 101-113   2016年12月   [査読有り]
Recently, the use of 3D video systems without glasses has increased, and therefore 3D image quality and presence evaluation is important. There are various stereo-logical image quality evaluation methods for multi-view 3D systems without glasses. ...
Norifumi Kawabata and Masaru Miyao
Proc. of The 31st International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2016)   31st(T2-6-3) 579-582   2016年7月   [査読有り]
In this paper, we experimented the subjective evaluation for 3D CG image including the gray scale region with 8 viewpoints parallax barrier method, and we analyzed this result statistically.
Next, we measured about the relation between the lumina...
Norifumi Kawabata and Masaru Miyao
Proc. of The Eighth International Workshop on Image Media Quality and its Applications (IMQA2016)   8th(OS1-3) 18-26   2016年3月   [査読有り]
We studied about the multi-view 3D image quality evaluation including the visible digital watermarking in the case of considering the coded degradation, the region, the resistance, and the number of viewpoints until now. As a result, the more we p...
Norifumi Kawabata and Masaru Miyao
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E98-A(08) 1696-1708   2015年8月   [査読有り]
Many previous studies on image quality assessment of 3D still images or video clips have been conducted. In particular, it is important to know the region in which assessors are interested or on which they focus in images or video clips, as repres...
Norifumi Kawabata and Masaru Miyao
Proc. of The 1st International Conference on Advanced Imaging (1st ICAI2015)   2015 632-635   2015年6月   [査読有り]
In this paper, we processed the contrast enhancement for multi-view 3D image, therefore, we changed luminance. Next, we generated image by composing each view image by coding H.265/HEVC. Then, we carried out the subjective evaluation about generat...
Norifumi Kawabata, Masaru Miyao, and Yuukou Horita
Proc. of The Seventh International Workshop on Image Media Quality and its Applications (IMQA2014)   7th(PS-9) 102-105   2014年9月   [査読有り]
Until now, there have been many studies about image quality for multi-viewpoint 3D images. Particularly, as represented by ROI (Region Of Interest), it becomes important that users are interested in or focused on what region or area. Also, in the ...
Norifumi Kawabata and Yuukou Horita
Proc. of The Sixth International Workshop on Image Media Quality and its Applications (IMQA2013)   6th(T1-2) 23-32   2013年9月   [査読有り]
Recently, we are able to watch 3D videos or movies increasingly without glasses. However, they are various stereological and evaluation methods for multi-view 3D with no glasses for image quality, and their display methods are not unified. In this...
Norifumi Kawabata, Keiji Shibata, Yasuhiro Inazumi, and Yuukou Horita
Proc. of The Fifth International Workshop on Image Media Quality and its Applications (IMQA2011)   5th(D-10) 88-90   2011年10月   [査読有り]
These days, we have a good chance to watch 3D movies at home or movie theater. However, there is various form of stereogram or display style, and these haven’t ever unified officially yet. In addition, there is no standardization for evaluating ob...

Misc

 
カラー腹腔鏡画像診断のためのコントラスト強調とSRCNN超解像処理の最適条件に関する考察(イメージング/画質改善, 発表予定)
河畑 則文, 中口 俊哉
日本医用画像工学会大会予稿集 (CD-ROM)   38(OP5-6) 10 pages   2019年7月
河畑 則文, 中口 俊哉
映像情報メディア学会技術報告. ME, メディア工学   43(5) 125-130   2019年2月
メディア工学分野問わず,画像の領域分割に関する研究が今までに多くなされてきた.それらの多くは,大きく分けて,ヒトによる主観的手法,コンピュータによる客観的手法が考えられる.特に,医用画像においては,場合により,医療従事者による画像診断のみでは見分けにくい部位や境界があり,工程や時間,緊急を要することも想定される.それゆえに,高性能なコンピュータシステムを用いて,医療従事者を支援可能な医療情報システムの開発が急務となっている.今までに,医用画像のテクスチャ解析に基づく画像処理手法が検討されて...
河畑 則文, 中口 俊哉
日本コンピュータ外科学会誌   20(4) 366-367   2018年11月
Previously, we analyzed color information of laparoscopic image for automatic detection of coded defect region, and then, we carried out a fundamental study on medical image diagnosis. As a result, in addition to coded image quality by Peak Signal...
河畑 則文, 中口 俊哉
電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像   118(286) 21-26   2018年11月
従来の人間の眼による判断に加えて,人工知能を積極的に活用した画像診断システムの開発が進められている.特に,腹腔鏡手術を始めとする外科手術支援を実現するには,情報工学,医工学の立場から,画像処理技術に基づく自動的な診断が必要である.医用画像における符号化欠損や劣化は工学的な画像と比べ,定量的な判断及び評価が難しく,客観的な符号化画質だけでなく,人間の視覚特性を考慮した色情報,そして,得られた画像情報に関して分類器パラメータを適用して,適切な画像診断を検討していく必要がある.本研究では,まず,...
河畑 則文
電子情報通信学会技術研究報告. IMQ, イメージ・メディア・クオリティ   118(256) 13-18   2018年10月
「質感」の定義には,多種多様な意味や解釈が存在している.それゆえに,定量的に評価できないかということで,質感の評価に関する研究が多くなされてきた.情報工学,画像工学,感性工学分野においては,今までに,主観評価を中心とした実験や質感に関する語句を用いた人間工学的研究がなされてきた.確かに,主観評価に基づく手法であれば,統計的予測は可能だが,ビッグデータに対してその都度適応していくことが難しく,質感の客観評価システムが必要である.特に,交通情報システム分野では,物体や道路の表面の質感をリアルタ...
河畑 則文
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (CD-ROM)   2018(ROMBUNNO. A-16-3) 135-135   2018年9月
「質感」は,「材質がもつ,視覚的・触覚的な感じ」と定義されている.一方,”Texture” は,(1) 織物の織り方,または織地,生地.(2) 木材・石材などの手触り.感触.または,質感.(3) コンピュータグラフィックスの3次元画像で,物体表面の質感を表現するために用いられる,と定義されている.このことから,質感は交通情報システムにおける路面状態でも応用可能だと推測できる.交通情報システムでは,リアルタイムに計測または評価可能なシステムが求められているため,質感の客観評価が必要とされる....
河畑 則文, 中口 俊哉
日本医用画像工学会大会予稿集 (CD-ROM)   37(OP6-5) 249-254   2018年7月
筆者らは,今までに腹腔鏡画像の医用画像診断に関して,PSNRを用いて符号化画質の観点から応用可能かと検討した.しかしながら,PSNRでは,カラー医用画像の色情報に関する影響が十分に測れていないことがあり,PSNRのみで符号化画質を判断するのは難しいという結論に至った.それゆえに,従来のPSNRによる評価に加えて,色情報を用いて複数の画像特徴を考慮していくことが必要である.医用画像における符号化欠損や劣化は,各々特性や性質,使用状況が異なるため,最終的に,コンピュータによる自動診断システムを...
河畑 則文
電子情報通信学会技術研究報告. IMQ, イメージ・メディア・クオリティ   118(65) 15-20   2018年5月
多視点画像は多くの視点を扱うため,単視点画像と比較して,1視点毎の画面解像度は低い.それゆえに,画像提示の際に,超解像処理がなされることが多い.低解像度画像から高解像度画像に変換する際に,出力データは,入力データより多くのデータを出力することになる.このことから,今までに,ニューラルネットワークを用いる手法が研究されており,更に,深層学習ツールの普及により,超解像処理に関して深層学習に基づくアプローチが可能になった.単に,超解像処理に深層学習理論を適用するだけでも性能は発揮されるが,アルゴ...
河畑 則文, 中口 俊哉
電子情報通信学会技術研究報告. IE, 画像工学   117(432) 77-82   2018年2月
医用画像における符号化欠損や劣化は,工学的な画像と比べ,各々特性や性質,使用状況が異なる.そのため,従来の人間の眼による判断に加え,コンピュータによる自動診断システムを構築する必要がある.一方,医学の分野では,CTやMRIの発展により,身体の断面画像を数十秒で撮影,取得可能になり,病変の早期検出を可能にした.特に,腹腔鏡手術等の外科手術支援のために,医工学的な画像処理技術に基づく新しい診断法が必要になってきた.本稿では,内視鏡で撮影された腹腔鏡動画像からフレーム静止画像として切り出した医用...
河畑 則文
電子情報通信学会技術研究報告. IMQ, イメージ・メディア・クオリティ   117(356) 7-12   2017年12月
現在,工学分野における多視点3D画像及び8K高精細画像の医療応用が急速に進んでおり,画像診断に関する研究は,医療,工学の双方からアプローチ可能な学際研究分野として,重要になってきている.従来,画像診断は主に,専門医師,医療従事者による手作業ベースがほとんどだった.しかしながら,コンピュータの発展により,自動化処理に基づいた画像診断が可能になり,情報工学分野からのアプローチが必要になってきた.多視点3D画像を生成するにあたって,正しく行えているかを支援し,欠損の検出及び修復が可能となれば,医...
河畑 則文
画像符号化シンポジウム / 映像メディア処理シンポジウム資料   32nd / 22nd(P-4-01) 130-131   2017年11月
For diagnostic imaging systems, in recent years, the research and development of automation systems are advanced by development of computer systems. Therefore, we are able to approach as medical engineering from engineering field. On the other han...
河畑 則文
電子情報通信学会技術研究報告. IMQ, イメージ・メディア・クオリティ   117(144) 15-20   2017年7月
今までに,可視型電子透かしを考慮した多視点3DCG画像の品質評価について研究を行い,特に,画像符号化と透かしを考慮したマルチメディア品質の評価について検証してきた.実際に,透かし処理を行う際に,透かしの画像品質がいつも良いとは限らず,状況に応じて,透かしの符号化画質を変化させる必要がある.本研究では,8視点パララックスバリア方式における3DCG画像において,事前にH.265/HEVC符号化を行った透かし用画像を周波数領域変換により,埋め込むことにより,画像を生成した.その生成画像に対して,...
河畑 則文
3次元画像コンファレンス講演論文集   2017(2-3) 1-4   2017年7月   [査読有り]
Previously, I studied about multi-view 3D CG image quality evaluation including visible digital watermarking by regions, however, it is not clear to affect the evaluation results in case the background region is color or gray scale. Therefore, I n...
河畑 則文, 宮尾 克
電子情報通信学会技術研究報告. IMQ, イメージ・メディア・クオリティ   116(369) 13-18   2016年12月
2020年の東京オリンピックに向けて,4K画質の一般放送が開始されることが予想されており,高精細画像の品質評価は重要になってきている.一方,画面解像度の向上により,3D映像の品質も向上することになり,裸眼3D, 多視点3D映像の評価に関する研究が進められている.我々は今までに,多視点3D画像の符号化画質評価に関する研究を行ってきた.一方で,高精細ディスプレイにおいても研究が行われているが,画面解像度,視点数,色情報を含めて相互関係が明らかではない.本稿では,8視点パララックスバリア方式にお...
河畑 則文, 宮尾 克
画像符号化シンポジウム / 映像メディア処理シンポジウム資料   31st / 21st(P-2-19) 98-99   2016年11月
Actually, the image quality of watermarking is not always better in case we carried out the visible digital watermarking. Therefore, depending on the situation, we need to change the coded image quality of watermarking. It is known from previous s...
河畑 則文, 宮尾 克
情報科学技術フォーラム講演論文集   15(3) 223-224   2016年9月
2020年の東京オリンピックに向けて,4K画質の一般放送が開始されることが予想される.これにより,3D映像の品質もまた向上することになり,付加価値として,裸眼3Dを中心として再注目され,多視点3D映像の研究開発が進められている.我々は今までに,多視点3D画像の符号化画質評価に関する研究を行ってきたが,高精細ディスプレイにおける符号化画質との違いが画面解像度,視点数,色情報を含めて明らかになっていない.本稿では,まず,8視点パララックスバリア方式において,H.265/HEVCで符号化させた3...
KAWABATA Norifumi and MIYAO Masaru
IEICE Tech. Rep. IMQ, Image Media Quality   116(68) 1-6   2016年5月
Previously, we studied about multi-view 3D CG image quality evaluation including visible digital watermarking by regions. As a result, it becomes clear that there was the mutual relationship between the watermarking by regions and the coded image ...
河畑 則文, 宮尾 克
電子情報通信学会技術研究報告. IMQ, イメージ・メディア・クオリティ   115(493) 97-102   2016年3月
評定者が画像のどの部分に着目しているかは重要であり,複数の物理的要因を考慮して評価する必要がある.我々は今までに,画像領域別の符号化画質を考慮した多視点3D画像の品質評価を研究してきた.しかしながら,画像領域別に可視型電子透かしを考慮していなかった.符号化画質と領域別に透かし処理を行った場合の評価やコンテンツと合わせた相互関係は明らかでなく,画像領域別に可視型電子透かしを考慮し,符号化画質やコンテンツとの関係を明らかにする必要がある.本稿では,まず,領域別の3DCG画像と透かし画像に対して...
河畑 則文, 宮尾 克
電子情報通信学会技術研究報告. IE, 画像工学   115(220) 27-32   2015年9月
我々は符号化画質や領域,耐性,視点数を変化させて,電子透かしを考慮した多視点3D画像の品質評価を今までに研究してきた.結果として,画像メディアに依存せず,低周波数領域に透かすほど評価が高い傾向にあった.しかしながら,画像を透かす際に,色情報を考慮していなかった.実際に,RGB分解した画像を透かす際に周波数領域の高低によってどのように評価に影響するかは明らかでない.それゆえに,符号化画質を含めて,電子透かしと色情報との関係を明らかにする必要がある.本稿では,8視点パララックスバリア方式におい...
河畑 則文, 宮尾 克
映像情報メディア学会年次大会講演予稿集 (CD-ROM)   2015(32B-2) 32B-2-1-32B-2-2   2015年8月
In this paper, we experimented the subjective evaluation for 3D CG image including the gray scale region with 8 viewpoints parallax barrier method, and we analyzed this result statistically. Next, we measured about the relation between the luminan...
KAWABATA Norifumi and MIYAO Masaru
IEICE Tech. Rep. IMQ, Image Media Quality   115(48) 17-22   2015年5月
Previously, there were many studies about the image quality evaluation based on S-CIELAB color space including the spatial frequency characteristics of human vision system. It is not obvious to what extent was accepted for the assessors when we se...
河畑 則文, 宮尾 克
電子情報通信学会総合大会講演論文集 (CD-ROM)   2015(ROMBUNNO. A-21-2) 292-292   2015年3月
4K(QFHD)TVの登場により,3D画像もまた付加価値として再注目されてきた.画像評価の中で,色情報は重要な要素の一つであり,今までに,従来のCIELAB色空間に加えて,視覚の空間周波数特性を考慮したS-CIELAB色空間が提案されてきた.これを用いて,2D画像や2眼式3D画像の品質評価や色差の評価は多く研究されてきた.一方,多視点3D画像は画素配置や視点数を考慮する必要がある.それゆえに,色情報による評価は明らかでなく,符号化劣化と色差の関係は明らかでない.本研究では,8視点パララック...
河畑 則文, 宮尾 克
電子情報通信学会技術研究報告. IMQ, イメージ・メディア・クオリティ   114(485) 107-112   2015年3月
周波数領域変換による可視型電子透かしの品質評価が今までに多く研究されてきた.これらの多くは,2D画像やステレオ画像を扱っており,多視点3D画像は考慮していなかった.従来から,電子透かしは,多種多様なメディアに対応する必要があるとされ,検証する必要がある.今までに,我々は電子透かしを考慮して,符号化劣化領域と視点数を変化させた多視点3D画像の品質評価を行ってきた.しかしながら,周波数領域変換の際に,透かし位置を考慮していなかった.それゆえに,透かし位置の周波数領域を含めて符号化画質と耐性の関...
河畑 則文, 宮尾 克
電子情報通信学会技術研究報告. IMQ, イメージ・メディア・クオリティ   114(386) 39-44   2014年12月
著作権保護やセキュリティ保護のために,画像や動画像シーケンスに対する電子透かしの研究が今までに多く行われてきている.その中で,特に,ウェーブレット変換による電子透かしを考慮した画像の品質評価が行われてきた.これらの多くは,2D画像やステレオ画像を扱っているが,多視点3D画像による可視型電子透かしに関する品質評価は行われていない.多くの視点が存在する多視点3D画像では,正しくない画像が透かしとして含まれる可能性がある.それゆえに,符号化劣化や符号化領域,視点数を含めて,主観品質と耐性の関係を...
河畑 則文, 宮尾 克
画像符号化シンポジウム資料   29th(P4-06) 65-66   2014年11月
In recent years, there were many studies about quality metrics or look-at-point for multi-viewpoint 3D images. Since there are much viewpoints for multi-viewpoint 3D images, we need to consider about digital watermarking, in addition to the coded ...
河畑 則文, 宮尾 克
電子情報通信学会技術研究報告. IMQ, イメージ・メディア・クオリティ   114(171) 25-30   2014年8月
今までに,多視点3Dカラー画像の品質評価やROI (Region Of Interest)について多くの研究がなされてきた.特に,多視点3D画像では,視点数が多く存在するため,画像中のある領域がカラーまたはグレースケールによって,ユーザーはどこに着目しているかは明らかでなかった.また,今までに,多視点3D画像中の背景または物体領域を区別して符号化劣化させた研究事例はあるが,それに加えて,背景領域がグレースケールである場合に,ユーザーの注視環境や主観品質に関して影響するのかは明らかでなかった...
河畑 則文, 宮尾 克, 堀田 裕弘
電子情報通信学会技術研究報告. IMQ, イメージ・メディア・クオリティ   114(35) 25-30   2014年5月
今までに,多視点3D静止画像に関する画像品質について,多くの研究がなされてきた.特に,ROI (Region Of Interest)に代表されるように,ユーザーが3D画像のどこに着目しているのか,関心があるのかといったことが重要になっている.また,多視点3D画像においては,視点数が多く存在するため,ユーザーが物体に着目しているか,背景に着目しているのかが,明らかでなかった.今までに,2D映像や2眼式3D映像において,符号化劣化を考慮した研究事例が見られる.しかしながら,多視点可能な3D画...
河畑 則文, 宮尾 克
電子情報通信学会技術研究報告. IMQ, イメージ・メディア・クオリティ   113(350) 27-32   2013年12月
今までに,映像の視覚疲労や映像酔いについて,多くの研究がなされてきた.一方で,近年の3D映像を視聴する機会の増加により,3D映像に関する疲労評価や画質評価が重要になってきている.今までに,性別や視力矯正,ユーザー体験を含む個人特性を考慮した3D映像の評価は具体的に行われていない.本稿では,まず,168名の評定者に対して,3D映像に関するアンケート調査を行った.次に,評定者の中の92名に対して,3種類の3Dディスプレイ(レンチキュラレンズ,偏光メガネ,アクティブシャッターメガネ)方式において...
河畑 則文, 堀田 裕弘
電子情報通信学会技術研究報告. IMQ, イメージ・メディア・クオリティ   113(45) 19-24   2013年5月
近年,メガネ無しで3D映像を見ることができるようになってきたが,多視点裸眼3Dにおける立体方式や評価方法は様々であり,その表示方式は統一されていない.本論文では,8視点レンチキュラレンズ方式における3DCG画像を提示した時に,ユーザーがどの程度のカメラ間隔,視点数であれば,満足できるか,そして,どの程度の符号化劣化であれば,邪魔にならないか,気にならないかを主観評価実験により,統計的に分析した.
河畑 則文, 柴田 啓司, 稲積 泰宏, 堀田 裕弘
電子情報通信学会技術研究報告. IMQ, イメージ・メディア・クオリティ   112(234) 17-22   2012年10月
近年、多視点裸眼3DCG映像コンテンツの画質及び臨場感の評価はユーザーが実生活で快適に視聴できる指標として,より重要になってきている.多視点の裸眼3Dにおいて,カメラの視点数が増えるにつれて,符号化劣化のパターンが増加し,ユーザーの満足度に影響する恐れがある.確かに、今までに符号化劣化を考慮した裸眼3Dの主観評価実験は多く研究されてきた.しかし,多視点裸眼3D視点毎の符号化劣化を考慮した画質評価は行われていないし,ある視点に符号化劣化が発生した場合にユーザーの評価に影響するかは具体的に研究...
河畑 則文, 柴田 啓司, 稲積 泰宏, 堀田 裕弘
電子情報通信学会技術研究報告. IE, 画像工学   111(478) 109-114   2012年3月
最近,メガネ有りの3Dディスプレイの立体方式や表示方式は決められつつあるが,メガネ無しの場合は様々で評価基準や方法は統一されていない.また,評価用映像は自然映像を用いることが多くCG映像における評価はあまり行われていないし,これらの映像を視聴する際の臨場感評価はあまり行われていない.本稿では,メガネ無しの立体方式であるレンチキュラレンズ方式においてカメラの間隔や視点数により視聴者がどの程度の臨場感で満足するかを立体感,質感,包囲感に分けて調査し,その結果を考察した.
河畑 則文, 柴田 啓司, 稲積 泰宏, 堀田 裕弘
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2011(ROMBUNNO. A-21-4) 239-239   2011年9月
現在,ディスプレイの立体方式や表示方式は様々な種類があり,統一されていない.また,視聴する際に,どの程度の奥行きやクロストークが許容できるかといった具体的な指標も正式に統一されていない.これまでに,3D自然映像を用いた評価実験や評価モデルは多く研究されているが,3DCG映像に必要な評価項目によるモデルはあまり研究されていない.本稿では,視聴者が許容できる臨場感,奥行き,自然さ,クロストークがどの程度かを把握するために,8視点レンチキュラレンズ方式による3DCG画像の評価実験を行い,各々の評...
河畑 則文, 柴田 啓司, 稲積 泰宏, 堀田 裕弘
電子情報通信学会技術研究報告. IMQ, イメージメディアクウォリティ   2010(4) 11-15   2011年3月
最近,自宅や映画館において,3D映像を視聴する機会が増加してきている.しかし,ディスプレイの立体方式や表示方式は様々であり,正式には統一されていない.また,立体映像の画質評価基準も明確に定められていない.本稿では,立体映像の臨場感や奥行きが視聴者にとってどの程度が適当かを知り,よりよい視聴環境を構築するために,アクティブシャッターメガネ方式による3DCG映像の画質評価を行い,どのような傾向があるかを検証した.また,3DCG映像と2DCG映像,そして,3D自然映像の比較も行い,結果を考察した.

講演・口頭発表等

 
Color Laparoscopic Image Diagnosis for Automatic Detection of Coded Defect Region (on peer-review)
Norifumi Kawabata and Toshiya Nakaguchi
2019年11月   
Computational Classification of Texture Contents in the Shitsukan Research Database (on peer-review)
Norifumi Kawabata
2019年11月   
カラー腹腔鏡画像診断のためのコントラスト強調とSRCNN超解像処理の最適条件に関する考察(発表予定)
河畑 則文, 中口 俊哉
第38回日本医用画像工学会大会 (JAMIT2019)   2019年7月26日   日本医用画像工学会
画像領域別のテクスチャ解析に基づく腹腔鏡画像の領域分割に関する基礎検討
河畑 則文, 中口 俊哉
メディア工学 (ME) 研究会   2019年2月19日   映像情報メディア学会
画像領域別のテクスチャ解析に基づく腹腔鏡画像の医用画像診断への応用
河畑 則文, 中口 俊哉
第27回日本コンピュータ外科学会大会   2018年11月11日   日本コンピュータ外科学会
河畑 則文
第27回日本コンピュータ外科学会大会   2018年11月9日   日本コンピュータ外科学会
符号化欠損領域の自動検出を想定した腹腔鏡画像の色情報解析と医用画像診断における改善と効率的な分類器パラメータの適用
河畑 則文, 中口 俊哉
医用画像 (MI) 研究会   2018年11月6日   電子情報通信学会
質感研究データベースにおけるHEVC画像品質のテクスチャ解析結果に基づく質感種別の分類方法に関する検討
河畑 則文
イメージ・メディア・クオリティ (IMQ) 研究会   2018年10月19日   電子情報通信学会
HEVC Image Quality Assessment of the Multi-view and Super-resolution Images Based on CNN
Norifumi Kawabata
2018 IEEE 7th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE2018)   2018年10月9日   IEEE Consumer Electronics Society
Image Diagnosis for Coded Defect Detection on Multi-view 3D Images
Norifumi Kawabata
The Ninth International Workshop on Image Media Quality and its Applications (IMQA2018)   2018年9月28日   IEICE
質感研究データベースにおけるHEVC画像品質のテクスチャ解析
河畑 則文
2018年電子情報通信学会ソサイエティ大会   2018年9月14日   電子情報通信学会
符号化欠損領域情報の自動検出を想定した腹腔鏡画像の色情報解析と医用画像診断に関する考察
河畑 則文, 中口 俊哉
第37回日本医用画像工学会大会 (JAMIT2018)   2018年7月26日   日本医用画像工学会
CNNの構造に基づいた多視点超解像画像の最適設計と符号化画質評価
河畑 則文
イメージ・メディア・クオリティ (IMQ) 研究会   2018年5月25日   電子情報通信学会
符号化欠損領域情報の自動検出を想定した医用画像診断の基礎検討
河畑 則文, 中口 俊哉
画像工学 (IE) 研究会   2018年2月15日   電子情報通信学会
Multi-view 3D CG Image Quality Evaluation and Analysis for Application Procedure between H.265/HEVC and Watermarking
Norifumi Kawabata
The 21st International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2018)   2018年1月9日   IEEE
多視点3DCG画像のある視点における符号化欠損領域検出を想定した画像診断の検討
河畑 則文
イメージ・メディア・クオリティ (IMQ) 研究会   2017年12月15日   電子情報通信学会
Image Quality Assessment of Multi-view 3D CG Images and 5K High Definition Images Based on S-CIELAB Color Space
Norifumi Kawabata
The 24th International Display Workshops (IDW'17)   2017年12月8日   ITE
多視点3DCG画像の符号化欠損領域検出を想定した画像診断の検討
河畑 則文
第32回画像符号化シンポジウム/第22回映像メディア処理シンポジウム (PCSJ/IMPS2017)   2017年11月21日   電子情報通信学会
多視点裸眼3DCG画像の品質評価におけるH.265/HEVC符号化と可視型電子透かしの適用順序に関する考察
河畑 則文
イメージ・メディア・クオリティ (IMQ) 研究会   2017年7月21日   電子情報通信学会
画像領域別に可視型電子透かしを考慮した多視点3DCG画像の背景色の違いに関する評価比較
河畑 則文
3次元画像コンファレンス2017   2017年7月6日   日本医用画像工学会
S-CIELAB色空間を用いた多視点3DCG画像と5K画像の符号化画質評価に対する分類アルゴリズムの適用
河畑 則文, 宮尾 克
イメージ・メディア・クオリティ (IMQ) 研究会   2016年12月16日   電子情報通信学会
H.265/HEVC符号化画像透かしにおける多視点3DCG画像の品質評価
河畑 則文, 宮尾 克
第31回画像符号化シンポジウム/第21回映像メディア処理シンポジウム (PCSJ/IMPS2016)   2016年11月16日   電子情報通信学会
S-CIELAB色空間を用いた多視点3DCG画像と5K画像の符号化画質評価に対する相互比較
河畑 則文, 宮尾 克
第15回情報科学技術フォーラム (FIT2016)   2016年9月7日   電子情報通信学会・情報処理学会
Multi-view 3D CG Image Quality Assessment for Contrast Enhancement Including S-CIELAB Color Space in case the Background Region is Gray Scale
Norifumi Kawabata and Masaru Miyao
The 31st International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2016)   2016年7月12日   IEICE
Multi-view 3D CG Image Quality Assessment by Using S-CIELAB Color Space Including Visible Digital Watermarking by Regions in case the Background Region is Gray Scale
KAWABATA Norifumi and MIYAO Masaru
Image Media Quality Technical Meeting   2016年5月27日   IEICE
Multi-view 3D CG Image Quality Evaluation Including Visible Digital Watermarking Based on Color Information
Norifumi Kawabata and Masaru Miyao
The Eighth International Workshop on Image Media Quality and its Applications (IMQA2016)   2016年3月10日   IEICE
画像領域別に可視型電子透かしを考慮した多視点3DCG画像の品質評価
河畑 則文, 宮尾 克
イメージ・メディア・クオリティ (IMQ) 研究会   2016年3月7日   電子情報通信学会
色情報に基づいた可視型電子透かしを考慮した8視点裸眼3DCG画像の品質評価
河畑 則文, 宮尾 克
画像工学 (IE) 研究会   2015年9月10日   電子情報通信学会
グレースケール領域を含む8視点裸眼3DCG画像の符号化画質評価
河畑 則文, 宮尾 克
2015年映像情報メディア学会年次大会   2015年8月28日   映像情報メディア学会
3D CG Image Quality Assessment for the Luminance Change by Contrast Enhancement Including S-CIELAB Color Space with 8 Viewpoints Parallax Barrier Method
Norifumi Kawabata and Masaru Miyao
The 1st International Conference on Advanced Imaging (1st ICAI2015)   2015年6月18日   ITE
3D CG Image Quality Metrics for the Contrast Enhancement of the Object Region Including S-CIELAB Color Space with 8 Viewpoints Parallax Barrier Method
KAWABATA Norifumi and MIYAO Masaru
Image Media Quality Technical Meeting   2015年5月22日   IEICE
S-CIELAB色空間を用いた8視点裸眼3DCG画像の符号化画質評価
河畑 則文, 宮尾 克
2015年電子情報通信学会総合大会   2015年3月10日   電子情報通信学会
周波数領域変換による可視型電子透かしの位置を考慮した8視点裸眼3DCG画像の品質評価
河畑 則文, 宮尾 克
イメージ・メディア・クオリティ (IMQ) 研究会   2015年3月4日   電子情報通信学会
可視型電子透かしを考慮した8視点裸眼3DCG画像の品質評価
河畑 則文, 宮尾 克
イメージ・メディア・クオリティ (IMQ) 研究会   2014年12月20日   電子情報通信学会
電子透かしを考慮した8視点裸眼3DCG画像の品質評価
河畑 則文, 宮尾 克
第29回画像符号化シンポジウム (PCSJ/IMPS2014)   2014年11月13日   電子情報通信学会
3D CG Image Quality Metrics Including the Coded Degradation by Regions with 8 Viewpoints Parallax Barrier Method
Norifumi Kawabata, Masaru Miyao and Yuukou Horita
The Seventh International Workshop on Image Media Quality and its Applications (IMQA2014)   2014年9月3日   IEICE
8視点パララックスバリア方式における領域別に符号化劣化させた3DCG画像中の背景領域がグレースケールである場合の主観品質評価
河畑 則文, 宮尾 克
イメージ・メディア・クオリティ (IMQ) 研究会   2014年8月1日   電子情報通信学会
8視点パララックスバリア方式における3DCG画像中の物体または背景領域に符号化劣化が生じた場合の主観品質に関する評価実験
河畑 則文, 宮尾 克, 堀田 裕弘
イメージ・メディア・クオリティ (IMQ) 研究会   2014年5月16日   電子情報通信学会
3D映像の評価に関するアンケート結果の統計的分析
河畑 則文, 宮尾 克
イメージ・メディア・クオリティ (IMQ) 研究会   2013年12月13日   電子情報通信学会
Statistical Analysis and Consideration of Subjective Evaluation of 3D CG Images with 8 Viewpoints Lenticular Lens Method
Norifumi Kawabata and Yuukou Horita
The Sixth International Workshop on Image Media Quality and its Applications (IMQA2013)   2013年9月12日   IEICE
8視点レンチキュラレンズ方式による3DCG画像の主観評価値における統計的分析
河畑 則文, 堀田 裕弘
イメージ・メディア・クオリティ (IMQ) 研究会   2013年5月17日   電子情報通信学会
8視点レンチキュラレンズ方式を用いた3DCG画像のある視点に符号化劣化が生じた場合の画質評価
河畑 則文, 柴田 啓司, 稲積 泰宏, 堀田 裕弘
イメージ・メディア・クオリティ (IMQ) 研究会   2012年10月12日   電子情報通信学会
8視点レンチキュラレンズ方式を用いた3DCG映像のカメラ間隔と視点数による画質評価
河畑 則文, 柴田 啓司, 稲積 泰宏, 堀田 裕弘
画像工学 (IE) 研究会   2012年3月12日   電子情報通信学会
Image Quality Evaluation of 3D CG Images with 8 Viewpoints Lenticular Lens Method
Norifumi Kawabata, Keiji Shibata, Yasuhiro Inazumi, and Yuukou Horita
The Fifth International Workshop on Image Media Quality and its Applications (IMQA2011)   2011年10月5日   IEICE
8視点レンチキュラレンズ方式による3DCG画像の画質評価
河畑 則文, 柴田 啓司, 稲積 泰宏, 堀田 裕弘
2011年電子情報通信学会ソサイエティ大会   2011年9月15日   電子情報通信学会
アクティブシャッターメガネ方式による3DCG映像の画質評価
河畑 則文, 柴田 啓司, 稲積 泰宏, 堀田 裕弘
イメージメディアクウォリティ (IMQ) 研究会   2011年3月18日   電子情報通信学会

担当経験のある科目

 
 

Works

 
医用画像処理に関する MATLABコードの最適設計
コンピュータソフト   2017年4月 - 現在
電子透かし・情報ハイディングに関する MATLABコードの最適設計
コンピュータソフト   2014年9月 - 現在
多視点3次元画像処理のための MATLABコードの最適設計
コンピュータソフト   2011年4月 - 現在
カラーイメージング科学のための MATLABコードの最適設計
コンピュータソフト   2010年12月 - 現在
画質評価実験に役立つ電子アンケートシステムの Windowsアプリケーション開発
コンピュータソフト   2012年4月 - 2013年2月
多視点裸眼3Dディスプレイに提示するための3DCG画像・映像及び3次元画像・映像の編集・制作(カメラ,アニメーション,レンダリング)
芸術活動   2010年5月 - 2017年1月
携帯電話用 iアプリの Javaアクションゲーム開発
コンピュータソフト   2009年4月 - 2010年2月

競争的資金等の研究課題

 
Multi-view 3D CG Image Quality Evaluation and Analysis for Application Procedure between H.265/HEVC and Watermarking (IWAIT2018)
電気通信普及財団: 平成29年度12月期 電気通信普及財団海外渡航旅費援助
研究期間: 2017年12月 - 2018年1月    代表者: 河畑 則文
Multi-view 3D CG Image Quality Assessment for Contrast Enhancement Including S-CIELAB Color Space in case the Background Region is Gray Scale (ITC-CSCC2016)
映像情報メディア学会: 国際会議学生発表援助
研究期間: 2016年7月 - 2016年7月    代表者: 河畑 則文
S-CIELAB色空間を用いた8視点パララックスバリア方式における3DCG画像の符号化画質評価に関する研究
名古屋大学: 博士研究助成
研究期間: 2015年8月 - 2016年3月    代表者: 河畑 則文
8視点パララックスバリア方式における3DCG画像の主観品質と注視領域に関する研究
名古屋大学: 博士研究助成
研究期間: 2014年10月 - 2015年3月    代表者: 河畑 則文
3D映像の評価に関するアンケート結果の統計的分析
名古屋大学: 卓越した大学院拠点形成支援補助金による研究アシスタント
研究期間: 2013年10月 - 2014年3月    代表者: 河畑 則文

社会貢献活動

 
名大テクノフェア2013
【運営参加・支援】  名古屋大学大学院工学研究科・大学院情報科学研究科など  名大テクノフェア2013  2013年9月5日 - 2013年9月6日
研究室の成果の公開及び発表を行い,社会貢献を行った.
大規模実験2013
【出演, 運営参加・支援, 実演】  名古屋大学大学院情報科学研究科  大規模実験2013  2013年8月29日 - 2013年9月4日
大規模実験の運営に参加し,3D映像の人間工学,ユーザビリティに関して,大規模にデータ収集を行い,人間工学研究における社会貢献を行った.
理工学ジョイントフェスタ(夢大学 in 工学部2012)
【出演, 助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援, 実演】  富山大学工学部  夢大学 in 工学部2012  2012年9月28日 - 2012年9月30日
3Dディスプレイ及びコンテンツに関する研究デモの展示及び説明を行い,当該分野における社会貢献を行うとともに,2011年~2012年の研究成果を公開した.
2012年電子情報通信学会ソサイエティ大会受付係
【情報提供, 運営参加・支援】  電子情報通信学会  2012年電子情報通信学会ソサイエティ大会  (富山大学五福キャンパス)  2012年9月10日 - 2012年9月14日
2012年電子情報通信学会ソサイエティ大会の受付係を担当し,大会運営に貢献した.
夢大学 in 工学部2011
【出演, 助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援, 実演】  富山大学工学部  夢大学 in 工学部2011  2011年9月30日 - 2011年10月1日
3Dディスプレイ及びコンテンツに関する研究デモの展示及び説明を行い,当該分野における社会貢献を行うとともに,2010年~2011年の研究成果を公開した.
MEX金沢2011
【出演, 情報提供, 実演】  石川県  機械工業見本市金沢  (石川県産業展示館)  2011年5月18日 - 2011年5月21日
8視点レンチキュラレンズディスプレイに関する研究デモの展示及び説明を行い,当該分野における社会貢献を行った.
夢大学 in 工学部2010
【運営参加・支援】  富山大学工学部  夢大学 in 工学部2010  2010年10月1日 - 2010年10月2日
3Dディスプレイ及びコンテンツに関する研究デモの展示及び説明補助を行い,当該分野における社会貢献を行った.