Noriko Yamamoto-Mitani

J-GLOBAL         Last updated: Dec 15, 2018 at 14:08
 
Avatar
Name
Noriko Yamamoto-Mitani
E-mail
noriko-tkyumin.ac.jp

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Nakamura Y, Matsumoto H, Yamamoto-Mitani N, Suzuki M, Igarashi A
Health policy (Amsterdam, Netherlands)   122(12) 1377-1383   Dec 2018   [Refereed]
Igarashi A, Yamamoto-Mitani N, Morita K, Matsui H, Lai CKY, Yasunaga H
BMC health services research   18(1) 655   Aug 2018   [Refereed]
Saito Y, Igarashi A, Noguchi-Watanabe M, Takai Y, Yamamoto-Mitani N
Journal of nursing management   26(4) 393-402   May 2018   [Refereed]
Eltaybani S, Noguchi-Watanabe M, Igarashi A, Saito Y, Yamamoto-Mitani N
International journal of nursing studies   80 118-127   Apr 2018   [Refereed]
Horinuki F, Noguchi-Watanabe M, Takai Y, Yamahana R, Ohno N, Okada S, Mori SI, Yamamoto-Mitani N
Qualitative health research   28(3) 479-490   Feb 2018   [Refereed]
Noguchi-Watanabe M, Yamamoto-Mitani N, Takai Y
Global qualitative nursing research   5 2333393618788265   Jan 2018   [Refereed]
Yamamoto-Mitani N, Saito Y, Takaoka M, Takai Y, Igarashi A
Global qualitative nursing research   5 2333393618812189   Jan 2018   [Refereed]
Rakotonandrasana DH, Tsukahara T, Yamamoto-Mitani N
Tropical medicine and health   46 13   2018   [Refereed]
Iwasaki T, Yamamoto-Mitani N, Sato K, Yumoto Y, Noguchi-Watanabe M, Ogata Y
Journal of family nursing   23(4) 534-561   Nov 2017   [Refereed]
Hirao C, Mikoshiba N, Shibuta T, Yamahana R, Kawakami A, Tateishi R, Yamaguchi H, Koike K, Yamamoto-Mitani N
Japanese journal of clinical oncology   47(9) 786-794   Sep 2017   [Refereed]
Takai Y, Yamamoto-Mitani N, Ko A
Geriatrics & gerontology international   14(2) 481-489   Apr 2014   [Refereed]
Takai Y, Yamamoto-Mitani N, Ko A, Heilemann MV
Pain management nursing : official journal of the American Society of Pain Management Nurses   15(1) 236-245   Mar 2014   [Refereed]
Takai Y, Yamamoto-Mitani N, Okamoto Y, Fukahori H, Ko A, Tanaka M
Journal of advanced nursing   69(12) 2675-2685   Dec 2013   [Refereed]
Takai Y, Yamamoto-Mitani N, Suzuki M, Furuta Y, Sato A, Fujimaki Y
Archives of gerontology and geriatrics   57(3) 403-410   Nov 2013   [Refereed]
Kawakami A, Tanaka M, Nishigaki M, Naganuma M, Iwao Y, Hibi T, Sanada H, Yamamoto-Mitani N, Kazuma K
Journal of gastroenterology   48(9) 1006-1015   Sep 2013   [Refereed]
Takai Y, Yamamoto-Mitani N, Fukahori H, Kobayashi S, Chiba Y
Pain management nursing : official journal of the American Society of Pain Management Nurses   14(3) e59-66   Sep 2013   [Refereed]
Watanabe M, Yamamoto-Mitani N, Nishigaki M, Okamoto Y, Igarashi A, Suzuki M
BMC geriatrics   13 67   Jul 2013   [Refereed]
Takai Y, Yamamoto-Mitani N, Chiba Y, Nishikawa Y, Sugai Y, Hayashi K
Pain management nursing : official journal of the American Society of Pain Management Nurses   14(2) e1-9   Jun 2013   [Refereed]
Kayama M, Gregg MF, Asahara K, Yamamoto-Mitani N, Okuma K, Ohta K, Kinoshita Y
The Journal of nursing education   52(5) 283-289   May 2013   [Refereed]
Igarashi A, Yamamoto-Mitani N, Gushiken Y, Takai Y, Tanaka M, Okamoto Y
Archives of gerontology and geriatrics   56(1) 220-226   Jan 2013   [Refereed]
Chiba Y, Yamamoto-Mitani N, Kawasaki M
Journal of clinical nursing   21(9-10) 1314-1326   May 2012   [Refereed]
Weng HJ, Niu DM, Turale S, Tsao LI, Shih FJ, Yamamoto-Mitani N, Chang CC, Shih FJ
Journal of clinical nursing   21(1-2) 160-169   Jan 2012   [Refereed]
Ko A, Takasaki K, Chiba Y, Fukahori H, Igarashi A, Takai Y, Yamamoto-Mitani N
Journal of elder abuse & neglect   24(1) 1-16   2012   [Refereed]
Yamamoto-Mitani N, Katakura N, Fujita J, Shinohara Y, Sonoda Y, Hayashi K
International journal of older people nursing   6(3) 201-215   Sep 2011   [Refereed]
Hirano Y, Yamamoto-Mitani N, Ueno M, Takemori S, Kashiwagi M, Sato I, Miyata N, Kimata M, Fukahori H, Yamada M
Qualitative health research   21(2) 199-213   Feb 2011   [Refereed]
Tomura H, Yamamoto-Mitani N, Nagata S, Murashima S, Suzuki S
Journal of clinical nursing   20(3-4) 444-453   Feb 2011   [Refereed]
Fukahori H, Yamamoto-Mitani N, Sugiyama T, Sugai Y, Kai I
Japan journal of nursing science : JJNS   7(2) 136-147   Dec 2010   [Refereed]
Takai Y, Yamamoto-Mitani N, Okamoto Y, Koyama K, Honda A
Pain management nursing : official journal of the American Society of Pain Management Nurses   11(4) 209-223   Dec 2010   [Refereed]
Katakura N, Yamamoto-Mitani N, Ishigaki K
International journal of mental health nursing   19(2) 102-109   Apr 2010   [Refereed]
Takai Y, Yamamoto-Mitani N, Chiba Y, Nishikawa Y, Hayashi K, Sugai Y
Geriatrics & gerontology international   10(2) 145-153   Apr 2010   [Refereed]
Kobayashi S, Yamamoto-Mitani N, Nagata S, Murashima S
Japan journal of nursing science : JJNS   5(1) 31-40   Jun 2008   [Refereed]
Fukahori H, Matsui N, Mizuno Y, Yamamoto-Mitani N, Sugai Y, Sugishita C
Archives of gerontology and geriatrics   45(1) 73-86   Jul 2007   [Refereed]
Cadogan MP, Schnelle JF, Al-Sammarrai NR, Yamamoto-Mitani N, Cabrera G, Osterweil D, Simmons SF
Journal of the American Medical Directors Association   7(3 Suppl) S11-9, S10   Mar 2006   [Refereed]
Wallhagen MI, Yamamoto-Mitani N
Journal of transcultural nursing : official journal of the Transcultural Nursing Society / Transcultural Nursing Society   17(1) 65-73   Jan 2006   [Refereed]
Cadogan MP, Schnelle JF, Al-Sammarrai NR, Yamamoto-Mitani N, Cabrera G, Osterweil D, Simmons SF
Journal of the American Medical Directors Association   6(1) 1-9   Jan 2005   [Refereed]
When caregiving ends: the course of depressive symptoms after bereavement.
Aneshensel CS, Botticello AL, Yamamoto-Mitani N
Journal of health and social behavior   45(4) 422-440   Dec 2004   [Refereed]
A minimum data set prevalence of pain quality indicator: is it accurate and does it reflect differences in care processes?
Cadogan MP, Schnelle JF, Yamamoto-Mitani N, Cabrera G, Simmons SF
The journals of gerontology. Series A, Biological sciences and medical sciences   59(3) 281-285   Mar 2004   [Refereed]
Yamamoto-Mitani N, Ishigaki K, Kuniyoshi M, Kawahara-Maekawa N, Hayashi K, Hasegawa K, Sugishita C
Quality of life research : an international journal of quality of life aspects of treatment, care and rehabilitation   13(1) 207-221   Feb 2004   [Refereed]
Yamamoto-Mitani N, Ishigaki K, Kawahara-Maekawa N, Kuniyoshi M, Hayashi K, Hasegawa K, Sugishita C
Research in nursing & health   26(5) 337-350   Oct 2003   [Refereed]
Pursuit of psychological well-being (ikigai) and the evolution of self-understanding in the context of caregiving in Japan.
Yamamoto-Mitani N, Wallhagen MI
Culture, medicine and psychiatry   26(4) 399-417   Dec 2002   [Refereed]
Patterns of family visiting with institutionalized elders: the case of dementia.
Yamamoto-Mitani N, Aneshensel CS, Levy-Storms L
The journals of gerontology. Series B, Psychological sciences and social sciences   57(4) S234-46   Jul 2002   [Refereed]
Yamamoto-Mitani N, Abe T, Okita Y, Hayashi K, Sugishita C, Kamata K
International journal of aging & human development   55(1) 71-95   2002   [Refereed]

Misc

 
【大学院で学ぶ意味-新たな看護を創るために】 修士修了の立場から スタートライン 看護師が働きやすい環境を考え続けたい
横山 麻美, 山本 則子
看護研究   48(4) 347-350   Jul 2015
【未来への提言】 日本老年看護学会会員の立場から 老年看護学研究の未来 2015〜2025年の重点課題と思うこと
山本 則子
老年看護学   20(1) 46-49   Jun 2015
首都圏における介護保険サービス利用の類型化 代表的一地域におけるpopulation-based cross-sectional study
五十嵐 歩, 山本 則子, 吉江 悟, 飯島 勝矢
日本老年医学会雑誌   52(Suppl.) 120-121   May 2015
コンビニエンスストアにおける高齢者支援に関するアンケート調査
鈴木 美穂, 五十嵐 歩, 山本 則子
日本老年医学会雑誌   52(Suppl.) 121-121   May 2015
クローン病患者の病状悪化の認識と受診判断遅れの可能性
栫井 万里絵, 田中 真琴, 斎藤 凡, 川上 明希, 山本 則子
日本慢性看護学会誌   9(1) 2-9   May 2015
情報通信技術(ICT)を用いた糖尿病患者向け自己管理支援システムの利用意向 患者を対象とした横断研究
澁田 朋未, 脇 嘉代, 李 花映, 富澤 修子, 山本 則子, 五十嵐 歩, 加藤 滋子, 藤田 英雄, 山内 敏正, 門脇 孝, 大江 和彦
糖尿病   58(Suppl.1) S-251   Apr 2015
慢性疼痛を抱える高齢者の認識と対処 質的研究
熊谷 里美, 高井 ゆかり, 岡本 有子, 山本 則子
日本慢性疼痛学会プログラム・抄録集   40回 99-99   Feb 2011
KONO Ayumi, TADAKA Etsuko, OKAMOTO Fumiko, KUNII Yuko, YAMAMOTO MITANI Noriko
Japanese journal of public health   56(9) 662-673   Sep 2009
目的 本研究の目的は、大都市の高層住宅地域と近郊農村地域に住む一人暮らし男性高齢者のセルフケアを確立するための課題を明らかにすることであり、男性高齢者のセルフケアを支援するケアプログラムを検討する際の基礎資料とする。方法 研究デザインは、質的研究である。高層住宅地域と近郊農村地域の各地域からPI(プライマリーインフォーマント)として、一人暮らし男性高齢者を各10人、KI(キーインフォーマント)として保健医療福祉専門職や地域住民各7人を対象とし、半構成的面接を実施した。男性高齢者のセルフケア...
Fukahori Hiroki, Ishigaki Kazuko, Ito Ryuko, Ikezaki Sumie, Usui Kimika, Okuno Sigeyo, Ono Sachiko, Hiyoshi Kazuko, Matsumura Naomi, Momose Yumiko, Yamamoto-Mitani Noriko, Watanabe Midori, Yamaguchi Kinuyo
journal of Japan Academy of Gerontological Nursing   15(1) 44-53   Jan 2011
高齢者ケア施設において医療処置を含むケアを安全に提供するために看護職に求められる役割は大きい。本研究は、全国の高齢者ケア施設の看護職61名を対象に、(1)医療処置を安全・確実に行うための工夫、(2)医療処置を介護職と連携して安全・確実に行うための工夫、(3)経験した危険な場面・失敗した場面、それぞれの特徴を明らかにすることを目的とした。吸引・排痰ケアなどの6つの医療処置について上記3つの質問を行い、自由記述にて得た回答に基づきカテゴリーを作成した。安全・確実に行うための工夫として"予防的な...
鈴木 みずえ, 古田 良江, 高井 ゆかり, 佐藤 文美, 大城 一, 山本 則子, 金森 雅夫
老年看護学   19(1) 25-33   Nov 2014
本研究の目的は、観察法による日本語版アビー痛みスケール(APS-J)とセルフレポートによる疼痛の有症率と疼痛が認知症の行動・心理症状(BPSD)に及ぼす影響を明らかにすることである。2012年8〜10月に介護保険施設に入所する認知症高齢者131名(男性29名、女性102名)を対象に調査を実施した。セルフレポートである疼痛の有無で回答可能であった104名における疼痛の有症率は25.00%(26/104)、APS-Jによる痛みの有症率は25.95%(34/131)であった。APS-Jの「表情」...
認知症高齢者を在宅で介護する家族員が介護サービスを決定・利用する際のパターン
高井 ゆかり, 山本 則子
日本家族看護学会学術集会プログラム・抄録集   21回 150-150   Aug 2014
山田 律子, 山本 則子, 石垣 和子
Journal of nursing and social services   (16) 51-59   Dec 2009
訪問看護における高齢者の栄養管理質指標として、25項目よりなる質指標を開発し、その実用性を検討することを目的に全国の訪問看護師を対象に25項目の各項目について普段の実践の可否についてアンケート調査を行い、350名より回答を得た。その結果、25項目の実施率の平均値は76.7±19.6%で、71.7%の対象が本指標を看護実践上重要な点を網羅していると評価した。また、経管栄養の管理など「非経口栄養介入」6項目の実施率が84.9〜94.3%と高かった一方、「栄養管理体制づくり」の実践率は29.9%...
【博士論文を書くということ-あのときの問いといまの問い】 博士号の取得までとその後 看護学研究者のよりよい育成環境づくりをめざして
山本 則子
看護研究   47(4) 284-288   Jul 2014
認知症高齢者の痛みに関するアセスメントツールとケア介入
鈴木 みずえ, 山本 則子, 高井 ゆかり, 古田 良江, 鈴木 有希, 金森 雅夫
日本早期認知症学会誌   7(1) 53-58   Jun 2014
認知症高齢者に対して痛みのセルフレポートのみに頼る傾向のあるわが国では、認知症高齢者の痛みは放置されやすく、その結果、認知症の行動・心理症状を引き起こしている可能性が高い。欧米では言語的に痛みの訴えのできない高齢者に対する信頼性・妥当性のあるアセスメントツールが開発され、痛みのケアでは認知行動療法が効果的であった。欧米の認知症高齢者の痛みに関する文献から、わが国の認知症高齢者に対する痛みのアセスメント・ケアに関する有意義なエビデンスを明らかにした。
コンビニエンスストアにおける高齢者支援に関するインタビュー調査
鈴木 美穂, 山本 則子, 五十嵐 歩
日本老年医学会雑誌   51(Suppl.) 127-127   May 2014
クローン患者の受診判断の遅れと病状悪化の認識
栫井 万里絵, 田中 真琴, 斎藤 凡, 川上 明希, 山本 則子
日本慢性看護学会誌   8(1) A59-A59   May 2014
潰瘍性大腸炎患者が経口アミノサリチル酸製剤内服に際し実施する工夫とアドヒアランスとの関連
川上 明希, 田中 真琴, 国崎 玲子, 山本 則子
日本慢性看護学会誌   8(1) A69-A69   May 2014
超高齢社会を踏まえた医療体制の見直しに対応する看護教育の在り方 社会のニーズにこたえられる看護学教育とは
山本 則子, 永田 智子, 成瀬 昂, 西垣 昌和, 鈴木 美穂, 田中 真琴, 佐藤 美穂子, 長江 弘子, 本田 彰子, 福井 小紀子, 山田 雅子, 深堀 浩樹, 松浦 志野, 上野 桂子
日本看護科学学会学術集会講演集   33回 220-220   Dec 2013
高齢者訪問看護質指標を用いたインターネット訪問看護支援システム リハケアにおける看護師の自己評価
黒河内 仙奈, 酒井 郁子, 松平 裕佳, 山本 則子
日本看護科学学会学術集会講演集   33回 344-344   Dec 2013
高齢者長期療養施設に勤務する看護・介護職者に向けた慢性痛ケア基準の構築
高井 ゆかり, 山本 則子, 阿部 吉樹
日本看護科学学会学術集会講演集   33回 524-524   Dec 2013
在宅終末期ケア教育に関する全国看護系大学実態調査 シラバスからの検討
山本 則子, 永田 智子, 成瀬 昂, 西垣 昌和, 鈴木 美穂, 田中 真琴, 佐藤 美穂子, 長江 弘子, 本田 彰子, 福井 小紀子, 山田 雅子, 深堀 浩樹, 松浦 志野, 上野 桂子
日本看護科学学会学術集会講演集   33回 617-617   Dec 2013
高齢者訪問看護質指標(転倒予防)を用いたインターネットによる訪問看護支援システムの有効性 訪問看護師の自己評価からの分析
鈴木 みずえ, 上野 桂子, 中間 浩一, 深堀 浩樹, 山本 則子
コミュニティケア   15(8) 60-64   Jul 2013
【質的研究方法を用いた博士論文作成指導の技法-メンタリングプロセスに焦点を当てて】 博士論文作成指導におけるメンタリングプロセス 『Journal of Nursing Education』への投稿を通じて
萱間 真美, グレッグ 美鈴, 麻原 きよみ, 山本 則子, 大熊 恵子, 太田 喜久子, 木下 康仁
看護研究   46(4) 374-381   Jul 2013
【質的研究方法を用いた博士論文作成指導の技法-メンタリングプロセスに焦点を当てて】 質的研究の経験から 論文指導,学習のヒント
山本 則子
看護研究   46(4) 390-397   Jul 2013
質的研究方法による学位論文作成に際して看護系大学院生と指導教員が遭遇する困難 医学系研究科博士課程における聞きとりより
大熊 恵子, 関本 朋子, グレッグ 美鈴, 大川 貴子, 竹崎 久美子, 麻原 きよみ, 山本 則子, 太田 喜久子, 木下 康仁, 萱間 真美
看護研究   46(4) 418-428   Jul 2013
日本の看護系大学院の医学系研究科博士課程において,質的研究方法を用いた学位論文指導のプロセスの中で大学教員,学生が遭遇する困難とその困難に対する指導教員の対処および審査委員会等外的システムに対する働きかけを明らかにすることを目的に,看護系大学院2校の教員2名とその教員の指導を受けている博士課程の学生7名にインタビューを行ない,質的記述的に分析した。学生の困難として【質的研究に取り組むか迷う】【テーマとする概念の解釈に悩む】【対象者が見つからない】【インタビューが失敗だったのではないかと不安...
抗ウイルス療法を受けるB型・C型慢性肝炎患者の服薬アドヒアランスと関連要因の探索
郷 洋文, 正木 尚彦, 田中 真琴, 鈴木 美穂, 山本 則子, 島田 恵
日本慢性看護学会誌   7(1) A93-A93   May 2013
潰瘍性大腸炎(UC)患者に対する症状悪化時の対処指示 診療経験豊富な医師への面接調査
田中 真琴, 川上 明希, 山本 則子
日本慢性看護学会誌   7(1) A94-A94   May 2013
田高 悦子, 河野 あゆみ, 国井 由生子, 岡本 双美子, 山本 則子
日本地域看護学会誌   15(3) 4-11   Mar 2013
大都市の独り暮らし男性高齢者の社会的孤立にかかわる課題を明らかにすることを目的に、大都市在住の配偶者と死別した独り暮らし男性高齢者20名(70〜93歳、平均年齢79.5±4.8歳。平均独居期間8.4年)を対象に半構成的面接を行った。内容分析の結果、対象の社会的孤立にかかわる「強み」のテーマとして「できるだけ自分自身で頑張りたい」などの【自律性】、「弱み」のテーマとして【孤独感】、「地域性」のテーマとして【近隣との関係性と慣習】がそれぞれ明らかになった。また、【近隣との関係性と慣習】について...
高齢者訪問看護の質指標の開発 終末期ケアに関する改訂版の作成
川上 千春, 本田 彰子, 永野 みどり, 岡本 有子, 遠藤 貴子, 緒方 泰子, 山本 則子
日本看護評価学会学術集会講演抄録集   3回 33-33   Feb 2013
高齢者訪問看護の質指標の開発 排尿ケアに関する改訂版の作成
岡本 有子, 遠藤 貴子, 本田 彰子, 永野 みどり, 川上 千春, 緒方 泰子, 山本 則子
日本看護評価学会学術集会講演抄録集   3回 34-34   Feb 2013
高齢者訪問看護の質指標の開発 褥瘡ケア・スキンケアに関する改訂版の作成
永野 みどり, 緒方 泰子, 本田 彰子, 岡本 有子, 遠藤 貴子, 川上 千春, 山本 則子
日本看護評価学会学術集会講演抄録集   3回 35-35   Feb 2013
見逃されてきた高齢者の慢性痛を考える 慢性痛の影響とアセスメント・ケア
高井 ゆかり, 山本 則子, 鈴木 みずえ, 阿部 吉樹, 齊田 綾子, 河端 裕美
日本看護科学学会学術集会講演集   32回 176-176   Nov 2012
療養中の高齢者への「おしゃれ」に関するケア 訪問看護師・訪問介護員へのインタビューをもとに
猿子 響子, 松浦 志野, 岡本 有子, 五十嵐 歩, 高 紘子, 山本 則子
日本看護科学学会学術集会講演集   32回 210-210   Nov 2012
在宅高齢者への胃ろう造設時における家族の意思決定
宮下 綾, 五十嵐 歩, 岡本 有子, 松浦 志野, 高 紋子, 山本 則子
日本看護科学学会学術集会講演集   32回 214-214   Nov 2012
在宅介護における家族介護者の健康状態の実態とその関連要因
樋口 実果, 笹井 靖子, 岡本 有子, 五十嵐 歩, 松浦 志野, 高 紋子, 山本 則子
日本看護科学学会学術集会講演集   32回 215-215   Nov 2012
訪問看護師の学習意欲と学習障壁に及ぼす要因の分析
野田 亜紗実, 高 紋子, 岡本 有子, 五十嵐 歩, 松浦 志野, 山本 則子
日本看護科学学会学術集会講演集   32回 216-216   Nov 2012
炎症性腸疾患専門医における潰瘍性大腸炎患者の服薬状況アセスメントと服薬支援の実態
田中 真琴, 川上 明希, 山本 則子
日本看護科学学会学術集会講演集   32回 224-224   Nov 2012
病棟看護師の退院支援実践に関する自己評価尺度の開発 信頼性、妥当性の検討
坂井 志麻, 山本 則子, 水野 敏子
日本看護科学学会学術集会講演集   32回 248-248   Nov 2012
看護系大学院における質的研究方法を用いた学位論文の指導プロセスの実際
廣田 朋子, グレッグ 美鈴, 大熊 恵子, 麻原 きよみ, 山本 則子, 太田 喜久子, 大川 貴子, 萱間 真美
日本看護科学学会学術集会講演集   32回 421-421   Nov 2012
退院支援に関する病棟看護師への教育と実践の実態調査
城島 華子, 坂井 志麻, 五十嵐 歩, 岡本 有子, 高 紋子, 松浦 志野, 山本 則子
日本看護科学学会学術集会講演集   32回 507-507   Nov 2012
【家族の研究・理解・支援:家族看護学を考える(2)】 認知症高齢者の社会資源活用のための家族支援技術 介護支援専門員へのインタビューより
山本 則子, 岡本 有子, 高井 ゆかり, 近藤 ゆり子, 千原 明美, 辻村 真由子
保健の科学   54(9) 597-601   Sep 2012
在宅看取り支援に関する調査(その1) 訪問看護・訪問介護・居宅介護支援各事業所への実態調査
山本 則子, 五十嵐 歩, 岡本 有子, 高 紋子, 松浦 志野, 栗延 孟, 柴崎 祐美, 高野 龍昭, 吉澤 明孝
老年社会科学   34(2) 256-256   Jun 2012
在宅看取り支援に関する調査(その2) 在宅看取り経験と自信、他職種への期待
松浦 志野, 山本 則子, 五十嵐 歩, 岡本 有子, 高 紋子, 栗延 孟, 佐藤 美穂子, 柴崎 祐美, 石川 陽子
老年社会科学   34(2) 257-257   Jun 2012
在宅看取りにおける職種間の連携の実態(その1) 訪問看護師・訪問介護員・介護支援専門員への郵送調査
栗延 孟, 山本 則子, 岡本 有子, 五十嵐 歩, 松浦 志野, 高 紋子, 佐藤 美穂子, 上野 まり, 柴崎 祐美, 板倉 裕子
老年社会科学   34(2) 260-260   Jun 2012
在宅看取りにおける職種間連携の実態(その2) 訪問看護師・訪問介護員・介護支援専門員へのグループインタビュー
岡本 有子, 山本 則子, 五十嵐 歩, 高 紋子, 松浦 志野, 木村 浩子, 松川 友紀, 栗延 孟, 柴崎 祐美, 宇都宮 宏子
老年社会科学   34(2) 261-261   Jun 2012
日本の看取りはどう変わるのか 高齢者が急増する時代の終末期医療を考えるヒント
大井 玄, 山本 則子
看護管理   22(2) 83-89   Feb 2012
高齢者訪問看護質指標を用いたインターネット訪問看護支援システムの有効性検討 認知症ケア・家族支援
山本 則子, 本田 彰子, 岡本 有子, 高井 ゆかり, 松浦 志野, 深堀 浩樹, 柴崎 美紀, 大木 正隆, 鈴木 祐恵, 金川 克子, 石垣 和子
日本看護科学学会学術集会講演集   31回 333-333   Dec 2011
看護助手の捉える看護助手-患者間のコミュニケーション
山本 紘子, 岡本 有子, 高井 ゆかり, 山本 則子
日本看護科学学会学術集会講演集   31回 368-368   Dec 2011
病棟看護師の退院支援プロセスにおける自己評価尺度の開発 退院支援プロセスの構成概念の抽出
坂井 志麻, 山本 則子, 水野 敏子
日本看護科学学会学術集会講演集   31回 405-405   Dec 2011
介護老人保健施設の入所高齢者における動作時の疼痛有症率と関連要因
高井 ゆかり, 山本 則子
日本看護科学学会学術集会講演集   31回 419-419   Dec 2011
Advanced Practice Nurseと経済評価 文献レビュー
渡邊 ともね, 高井 ゆかり, 岡本 有子, 山本 則子
日本看護科学学会学術集会講演集   31回 553-553   Dec 2011
病棟・外来看護の一元化に関する意識調査
山口 直子, 津久井 真智子, 中澤 和美, 篠原 まり子, 山本 さゆり, 霜田 陽子, 篠原 町恵, 鈴木 悦子, 山本 則子, 野池 実恵子
国立病院総合医学会講演抄録集   65回 597-597   Oct 2011
意思決定能力のない終末期高齢者への延命処置(胃瘻)と患者の代理者となる家族への支援方法の検討
野口 忍, 山本 則子
死の臨床   34(2) 224-224   Aug 2011
Successful agingのための多職種連携 老年看護学が目指すSuccessful aging
山本 則子
老年社会科学   33(2) 179-179   Jun 2011
佐藤 泉, 山本 則子, 竹森 志穂, 平野 優子, 宮田 乃有, 深堀 浩樹, 上野 まり, 柏木 聖代, 木全 真理, 山田 雅子
日本看護科学会誌   31(1) 68-76   Mar 2011
目的:在宅高齢者終末期の時期別期間とこの間に実施された訪問看護の頻度と体制について,がんとがん以外の事例を比較しつつ明らかにする.方法:「良い」看護を提供していると判断される訪問看護ステーションの看護師31名から65歳以上のがん・がん以外の事例1件ずつ聴取し,終末期期間を分け「開始期」「維持期」「悪化期」「臨死期」について分析した.各期の期間・訪問頻度等を集計しがんとがん以外の事例を統計的に比較検討した.結果:がん以外の事例はがん事例に比べ開始期と悪化期が有意に長く,長さは多様だった.訪問...
家族看護学のための事例研究をどう書くか
山本 則子
家族看護学研究   16(3) 185-190   Mar 2011
訪問看護における認知症ケアの構造化
奥村 朱美, 山本 則子, 小林 小百合, 岡本 有子, 深堀 浩樹
日本在宅ケア学会誌   14(2) 26-33   Feb 2011
本研究は、訪問看護の認知症ケア構造の概念化を目的に、訪問看護師12人に半構成的面接を行い、グラウンデッド・セオリー・アプローチを参考とし分析した。協力者のうち女性は11人、看護師経験年数は平均17.2年、訪問看護師経験年数は平均8.8年であった。事例13人のうち、女性9人、年齢は60〜80代、要介護度は2〜5であった。訪問看護師の認知症ケアには、1)家に入れてもらう、2)継続して家に入れてもらえる状況をつくる、3)生活上の問題を解決する、4)療養者に楽しみをつくる、5)サービスを利用しなが...
病院・診療所における摂食・嚥下障害患者への病棟管理体制に関する調査
千葉 由美, 市村 久美子, 山田 律子, 山本 則子
日本看護科学学会学術集会講演集   30回 211-211   Dec 2010
家族看護(学)のあり方と今後の学会活動の課題に関する見解のまとめ
山本 則子, 荒木 暁子, 前原 邦江, 荻野 雅, 森山 美和子, 中村 由美子, 深堀 浩樹
家族看護学研究   16(1) 33-36   Aug 2010
【看護学を知りたい! 医師のための看護学入門】 【チーム医療における看護実践】 家族看護
山本 則子
JIM: Journal of Integrated Medicine   20(7) 506-508   Jul 2010
在宅療養者を支える家族介護者の他者へのケアの委譲 家族介護者に関する質的研究のメタ統合から
辻村 真由子, 篠原 裕子, 藤田 淳子, 片倉 直子, 石垣 和子, 山本 則子, 小笹 優美, 磯部 有紀子, 園田 芳美, 黒河内 仙奈
千葉大学看護学部紀要   (32) 31-36   Mar 2010
在宅療養者を支える家族介護者の他者へのケアの委譲に関わる認識と行動を、1980〜2006年に本学(大学院看護学科)に提出された学位論文13件を対象に、メタ統合の手法を参考にした分析から検討した。その結果、家族介護者の他者へのケアの委譲に関わる認識と行動のプロセスとして、1)介護を抱え込む、2)ひとりで介護をやってゆける、3)拘束的思考から脱却する、4)他者にケアを委譲する、の4つが明らかになった。
認知症高齢者の攻撃行動に対するケア提供者の認識と対処
高 紋子, 山本 則子, 岡本 有子, 高崎 絹子
高齢者虐待防止研究   6(1) 71-82   Mar 2010
療養病床を有する病院で認知症高齢者にケアを提供している看護師・准看護師・介護職員14人を対象に、認知症高齢者からの攻撃行動に対するケア提供者の認識と対処方法について、グループインタビューを実施した。分析の結果、認知症高齢者の攻撃行動はケア提供者との「つながり」をもつため、ケア提供者の対処行動も攻撃行動を受けたあとに認知症高齢者と「つながり」をもつための行動という解釈ができた。攻撃行動を起こさないためにケア提供者が体得している技術は、「高齢者とのつながりを構築する」「高齢者とのつながりを保つ...
認知症高齢者とその家族が望む入院生活
山縣 千尋, 千葉 由美, 山本 則子
千葉県立保健医療大学紀要   1(1) 3-10   Mar 2010
認知症高齢者とその家族が望む入院生活を明らかにすることを目的に、認知症高齢者(MMSE≧18)とその家族5組10名を対象に半構成的面接を行った。内容分析の結果、認知症高齢者の入院生活についての家族の思いとして、【接しやすさと気遣いが嬉しい】【医療や看護を患者一人ひとりに合わせてもらえることが嬉しい】【患者の自立につながるようにしてあげたい】【安全と信頼のある医療を受けさせてあげたい】【これから先の不安を軽減したい】【患者のために何かしたい】【周囲に迷惑をかけたくない】【面会に行きやすいのが...
園芸作業をとりいれた精神障害者に対する社会復帰プログラムに必要な『手続き』とその活用可能性の検討
片倉 直子, 野田 勝二, 大釜 敏正, 小宮山 政敏, 本田 彰子, 根本 敬子, 山本 則子, 石垣 和子
千葉県立保健医療大学紀要   1(1) 35-42   Mar 2010
学際チームによる園芸作業を取り入れた在宅精神障害者に対する社会復帰プログラムに必要な準備や方法などの「手続き」を明らかにすることを目的に、精神障害者小規模通所授産施設と家族会の運営する共同作業所の利用者8名へインタビューを行うとともに、園芸学・看護学などの教員、園芸専門技術職員、社会施設職員、利用者の家族の計11名を対象にグループインタビューを行った。その結果、社会復帰プログラムの「手続き」は、プログラム提供側の精神障害者に対する肯定的な態度形成を基盤に、利用者が近づきやすい人間をメンバー...
在宅介護をする家族員間にみられる介護の分担
藤野 希, 千葉 由美, 山本 則子
日本在宅ケア学会誌   13(2) 101-108   Feb 2010
複数の家族員による介護の分担状況を把握することを目的に、訪問看護ステーション2ヶ所の高齢利用者の主介護者8名(続柄:娘4名、妻2名、嫁1名、夫1名)を対象に半構成的面接を行った。内容分析の結果、介護の分担として、「主介護者の都合にあわせ副介護者が分担」「副介護者が定期的に分担する」「副介護者の分担頻度が高い」の【時間的分担】と「副介護者は分担する内容を明確にもつ」「副介護者は主介護者の代わりが果たせる」よりなる【内容的分担】の2つに分類できた。
特別養護老人ホームに入所中の高齢者における疼痛有症率とその関連要因
高井 ゆかり, 西川 裕理, 千葉 由美, 山本 則子
日本看護科学学会学術集会講演集   29回 483-483   Nov 2009
訪問看護師の精神科看護に対するイメージとその背景
梶原 理絵, 新井 香奈子, 中野 康子, 新井 信之, 山本 則子, 大谷 利恵
日本看護科学学会学術集会講演集   29回 490-490   Nov 2009
訪問看護ステーションの看護師が感じる精神科訪問看護の困難さとその背景
大谷 利恵, 新井 信之, 山本 則子, 新井 香奈子, 中野 康子, 梶原 理絵, 大向 征栄
日本病院・地域精神医学会総会抄録集   52回 105-105   Sep 2009
訪問看護ステーション管理者の離職意向に関連する要因 1県内の訪問看護ステーション調査より
武田 彩子, 岡本 有子, 葛西 好美, 杉原 幸子, 内田 明子, 馬場 陽子, 山本 則子
日本在宅ケア学会誌   13(1) 38-45   Sep 2009
A県内の訪問看護ステーション96件を対象に、訪問看護ステーション管理者の離職意向に関連する要因について質問紙調査を実施した。その結果、管理者の7割以上が離職を考えたことがあると回答した。管理者の年収が400万未満または600万以上の場合、離職意向をもつ割合が低かった。また、「管理者・スタッフの勤務時間」と「予算の大枠づくり」の裁量権が管理者にない場合や、給与体系の開示・明確化がなされていない場合に、離職意向が高かった。因子分析の結果抽出された管理者の困難に関する4因子のうち、「訪問看護提供...
【質的研究方法を用いた看護学の学位論文評価基準の作成 大学院博士課程における質的研究方法の教育】 意義あるおもしろい質的研究論文を仕上げるための工夫
山本 則子
看護研究   42(5) 347-355   Sep 2009
介護療養病床における身体抑制に関する全国調査
千葉 由美, 山本 則子
日本老年医学会雑誌   46(Suppl.) 93-93   May 2009
山本 則子, 藤田 淳子, 篠原 裕子, 園田 芳美, 石垣 和子
訪問看護と介護   14(4) 310-316   Apr 2009
著者らが先行研究で開発した高齢者訪問看護における家族支援の質指標を修正し(従来の「指標の内容を実践しているか」の質問に対する2件分法(「はい」「いいえ」)を、4件分法(「必ずできている」「おおむねできている」「あまりできていない」「全くできていない」)に変更。それぞれ4点〜1点とする)、その妥当性を検討することを目的に、C県内の訪問看護ステーションを対象に上記の修正版指標を用いてアンケート調査を行い、60の訪問看護ステーションから255名の回答を得た。その結果、合計得点は正規分布し、年齢お...
三輪 真理, 辻村 真由子, 鈴木 育子, 石垣 和子, 山本 則子
日本看護技術学会誌   8(1) 84-92   Apr 2009
摘便終了後の便失禁は在宅療養者と家族の大きな負担である。本研究は、摘便後の便失禁を防ぐ方法として実践家が用いる技術を明文化し、その有効性を実証的に検討した。便失禁を予防する技術を看護師4名・家族介護者1名から聞き取ってまとめ、訪問看護師8名にこのまとめに基づいて摘便を実施してもらい、実践からデータ収集して検討した。12名の療養者への計68摘便のデータを得た。(1)まとめに基づいた摘便の実施により便失禁は減少しなかった。(2)「粘液が出る」という摘便終了の目安がみられた摘便では、みられなかっ...
大学院における老年看護学教育の実態
堀内 ふき, 小西 美智子, 石垣 和子, 井上 郁, 金川 克子, 北川 公子, 桑田 美代子, 山本 則子, 研究・教育活動推進委員会
老年看護学   13(2) 112-114   Mar 2009
大学院における老年看護学教育の実態を把握することを目的に、平成20年度において看護系大学院教育を実施していた全大学107校の老年看護担当者を対象にアンケート調査を行い63校より回答を得た。その結果、老年看護領域の大学院教育を実施していると回答したのは50校(79.4%)で、そのうち、老人看護専門看護師(CNS)教育を実施していると回答したのは13校(26%)であり、CNS教育課程を進めるための困難として「教員がいない」「適切な実習機関がない」が多く挙げられた。
都内医療機関における身体抑制 現状と関連要因の検討
西嶋 梓, 千葉 由美, 佐々木 晶世, 山本 則子
高齢者虐待防止研究   5(1) 94-102   Mar 2009
東京都内の医療機関において、身体抑制の現状および身体抑制低減のための取り組みについて検討した。68施設から回答を対象とした。抑制を全く行っていないのは3施設(4.4%)のみで、「身体抑制率(身体抑制を受けている患者数を病棟の入院患者数で割った値)」は0.25±0.25であった。抑制率の高い施設は、低い施設よりも日勤帯での病棟看護師が少なく、認知症やせん妄を有する患者の割合・認知症やせん妄があり、持続的にドレーンやカテーテルを留置している患者の割合が高かった。また、18〜24時の勤務者数の不...
高齢者訪問看護質指標(家族支援)の開発 看護記録を用いた訪問看護実践評価の試み
山本 則子, 片倉 直子, 藤田 淳子, 篠原 裕子, 園田 芳美, 石垣 和子
家族看護学研究   14(3) 30-40   Feb 2009
著者らは高齢者への訪問看護における家族支援のプロセスに着目した質指標(高齢者訪問看護質指標(家族支援))を開発しており、今回、この指標の実践内容が現場の訪問看護師によってどの程度実践されているのかを明らかにすることを目的に、D県内の訪問看護ステーション2ヶ所の訪問看護師10名と、65歳以上の利用者のうち家族がいる利用者60名を対象に、看護記録をもとに検討した。その結果、質指標の看護記録への記載率は指標により0〜87.5%とばらつきがあり、家族との関係構築や一部アセスメント、家族に対する傾聴...
看護基礎教育における家族看護学教育の実態に関する調査報告
山本 則子, 荒木 暁子, 前原 邦江, 荻野 雅, 中村 由美子, 深堀 浩樹, 森山 美知子
家族看護学研究   14(3) 66-74   Feb 2009
看護基礎教育における家族看護学教育の実態を明らかにすることを目的に、全国の看護基礎教育機関(4年制大学、短期大学、専門学校)のカリキュラム担当者を対象にアンケート調査を行い、174校(4年制大学49校、短期大学6校、専門学校119校)より有効回答を得た。その結果、全体の7割以上の学校で家族看護学を教育していたが、その教授方法と内容、教育時間数は学校により大きな差があり、その内容は患者の背景としての家族の状況理解を目指す学校から、家族システム看護の実践を教授・実習する学校まで幅広いことが分か...
The Japanese journal of nursing research   42(5) 347-355   2009
Yamamoto-Mitani Noriko, Katakura Naoko, Fujita Junko, Shinohara Yuko, Sonoda Yoshimi, Ban Mayumi, Suzuki Sachie, Kanagawa Katsuko, Ishigaki Kazuko
老年看護学   13(1) 73-82   Nov 2008
本研究の目的は、高齢者訪問看護質指標(認知症ケア)開発の一環として、質指標を用いた看護記録からの訪問看護実践の評価を試み、合わせてこのような看護記録を用いた評価の妥当性を検討することである。2ステーションの看護師10名と65歳以上の認知症のある利用者23名分の看護記録を対象とした。質指標の記載率は指標により開きがみられ、記載率の高い指標は「周囲からの情報収集」「保険・サービスなどのアセスメント」等、低い指標は「手段的日常生活動作(IADL)のアセスメント」「表情から読み取る」「早期受診への...
アルツハイマー型認知症者を対象とした在宅認知リハビリテーションの試み
山本 則子, 松岡 恵子, 藤井 正子
お茶の水看護学雑誌   3(1) 1-7   Nov 2008
アルツハイマー型認知症者とその家族を対象として、注意力・記憶・遂行機能に焦点をあてた練習帳形式の在宅認知リハビリテーションを試み、その実施可能性と効果を探索することを目的として調査を実施した。対象は、アルツハイマー型認知症者とその主介護者15組である。自宅で家族と共に4ヵ月間の練習帳実施を試み、その前後で認知機能と家族の介護負担感などの質問紙調査結果を比較した。4ヵ月の試みの結果、15名中9名が最後まで実施できた。この9名は中断した6名より全般的精神機能(Mini-Mental State...
ケアマネジメントに関わる看護職者の役割発揮を促すための支援方法 倫理的ジレンマに焦点をあてて
伊藤 隆子, 石垣 和子, 山本 則子
日本看護科学学会学術集会講演集   28回 225-225   Nov 2008
訪問看護師が実践する高齢者ターミナルケアの構造化 ターミナルケアの概要
深堀 浩樹, 平野 優子, 柏木 聖代, 佐藤 泉, 上野 まり, 竹森 志穂, 宮田 乃有, 青山 美紀子, 高 紋子, 橋植 斉実, 木全 真理, 川添 高志, 山田 雅子, 山本 則子
日本看護科学学会学術集会講演集   28回 273-273   Nov 2008
訪問看護師が実践する高齢者ターミナルケアの構造化 ターミナル各期の見極めと訪問頻度の変化
佐藤 泉, 竹森 志穂, 平野 優子, 宮田 乃有, 深堀 浩樹, 青山 美紀子, 高 紋子, 橋植 斉実, 上野 まり, 柏木 聖代, 木全 真理, 川添 高志, 山田 雅子, 山本 則子
日本看護科学学会学術集会講演集   28回 274-274   Nov 2008
訪問看護師が実践する高齢者ターミナルケアの構造化 日常生活の支援
宮田 乃有, 佐藤 泉, 青山 美紀子, 深堀 浩樹, 高 紋子, 橋植 斉実, 上野 まり, 柏木 聖代, 竹森 志穂, 平野 優子, 木全 真理, 川添 高志, 山田 雅子, 山本 則子
日本看護科学学会学術集会講演集   28回 274-274   Nov 2008
訪問看護師が実践する高齢者ターミナルケアの構造化 症状緩和
竹森 志穂, 橋植 斉実, 高 紋子, 上野 まり, 柏木 聖代, 佐藤 泉, 平野 優子, 宮田 乃有, 深堀 浩樹, 青山 美紀子, 木全 真理, 川添 高志, 山田 雅子, 山本 則子
日本看護科学学会学術集会講演集   28回 275-275   Nov 2008
訪問看護師が実践する高齢者ターミナルケアの構造化 看取りの意思決定と死の準備支援
平野 優子, 橋植 斉実, 上野 まり, 竹森 志穂, 柏木 聖代, 佐藤 泉, 宮田 乃有, 深堀 浩樹, 青山 美紀子, 高 紋子, 木全 真理, 川添 高志, 山田 雅子, 山本 則子
日本看護科学学会学術集会講演集   28回 275-275   Nov 2008
訪問看護師が実践する高齢者ターミナルケアの構造化 家族への死別の支援
高 紋子, 柏木 聖代, 深堀 浩樹, 佐藤 泉, 平野 優子, 宮田 乃有, 青山 美紀子, 竹森 志穂, 橋植 斉実, 上野 まり, 木全 真理, 川添 高志, 山田 雅子, 山本 則子
日本看護科学学会学術集会講演集   28回 276-276   Nov 2008
訪問看護師が実践する高齢者ターミナルケアの構造化 死亡時の支援
柏木 聖代, 宮田 乃有, 深堀 浩樹, 青山 美紀子, 竹森 志穂, 高 紋子, 橋植 斉実, 上野 まり, 佐藤 泉, 平野 優子, 木全 真理, 川添 高志, 山田 雅子, 山本 則子
日本看護科学学会学術集会講演集   28回 276-276   Nov 2008
訪問看護師が実践する高齢者ターミナルケアの構造化 在宅ケア体制の形成と連携
上野 まり, 青山 美紀子, 竹森 志穂, 高 紋子, 橋植 斉実, 佐藤 泉, 平野 優子, 柏木 聖代, 宮田 乃有, 深堀 浩樹, 木全 真理, 川添 高志, 山田 雅子, 山本 則子
日本看護科学学会学術集会講演集   28回 277-277   Nov 2008
地域特性からみた一人暮らし男性高齢者の自立支援ニーズの検討(第1報) 地域特性
国井 由生子, 田高 悦子, 河野 あゆみ, 岡本 双美子, 山本 則子
日本公衆衛生学会総会抄録集   67回 509-509   Oct 2008
地域特性からみた一人暮らし男性高齢者の自立支援ニーズの検討(第2報) 対象の特性
岡本 双美子, 河野 あゆみ, 田高 悦子, 国井 由生子, 山本 則子
日本公衆衛生学会総会抄録集   67回 509-509   Oct 2008
地域特性からみた一人暮らし男性高齢者の自立支援ニーズの検討(第3報) セルフケア
河野 あゆみ, 田高 悦子, 山本 則子, 岡本 双美子, 国井 由生子
日本公衆衛生学会総会抄録集   67回 509-509   Oct 2008
地域特性からみた一人暮らし男性高齢者の自立支援ニーズの検討(第4報) 地域交流
田高 悦子, 国井 由生子, 河野 あゆみ, 岡本 双美子, 山本 則子
日本公衆衛生学会総会抄録集   67回 509-509   Oct 2008
YAMAMOTO MITANI Noriko, OKAMOTO Yuko, TSUJIMURA Mayuko, KANAGAWA Katsuko, MASAKI Harue, SUZUKI Mizue, YAMADA Ritsuko, SUZUKI Ikuko, NAGANO Midori, OGATA Yasuko, OKADA Shinobu, HONDA Akiko, AKANUMA Tomoko, NEMOTO Keiko, FUKADA Junko, ISHIGAKI Kazuko
Journal of Japan Academy of Nursing Science   28(2) 37-45   Jun 2008
目的:高齢者訪問看護の質指標(16領域483指標)開発の一部として,全国の訪問看護ステーションで働く看護師を対象に,指標に関する実践の自己評価や指標についての意見を調査した.方法:全国5,322ヶ所の訪問看護ステーションに10,644通の調査票を郵送し回答を得た.結果:回答は3,068通(29.7%)あった.全領域で平均7割程度の指標が実施していると回答されていた.指標への「はい(=実施している)」という回答率は摂食・嚥下障害ケアや口腔ケアが低く,清潔ケア等が比較的高かった.情報収集,精神...
日本に定住するベトナム人の子育て体験 文化の相違に焦点をあてて
白石 澄江, 山本 則子, 石垣 和子
日本公衆衛生学会総会抄録集   67回 653-653   Oct 2008
正木 治恵, 山本 信子, 山本 則子, 石垣 和子
日本糖尿病教育・看護学会誌   12(2) 136-144   Sep 2008
高齢者訪問看護における糖尿病ケアの質評価指標を作成することを目的として、次の3段階からなる調査を実施した。(1)訪問看護における糖尿病ケアに関する日本の看護実践の文献レビュー、ならびに訪問看護ステーション1施設でのインタビュー調査から、糖尿病専門外来ケアの経験を有する研究者2名が質評価指標原案を作成した。(2)高齢者訪問看護のエキスパート7名と研究班15名で討議し、質評価指標原案の内容妥当性について討議した。(3)全国の訪問看護ステーションで働く看護師を対象に、糖尿病ケアの実践内容に関する...
Yamamoto-Mitani Noriko, Fujita Junko, Shinohara Yuko, Sonoda Yoshimi, Ban Mayumi, Kanagawa Katsuko, Ishigaki Kazuko
老年看護学   12(2) 52-59   Mar 2008
私達は高齢者訪問看護認知症ケア質指標を開発し、実務者による自己評価を基に修正を試みてきた。本研究では、修正版質指標を用いてA県の訪問看護師を対象に調査を実施し質指標としての適用可能性を検討した。48の認知症ケア質指標に4件法で自己評価を得た。255件の回答を得て、指標ごとの回答傾向を検討し、合計得点の分布や属性との関連を検討した。最も実施程度の高い指標は「急がせない聞き取り」で、「視聴覚・理解力への配慮」「心身の異常の早期発見」も高かった。最も実施程度の低い指標は「地域住民への働きかけ」で...
EBNにおける質的研究 質的研究とエビデンス・ベースド・ナーシング(EBN)
Thompson Carl, 山本 則子
EB NURSING   8(4) 496-503   Sep 2008
高齢者訪問看護における家族支援質指標の適用可能性の検討 全国調査をもとに
岡本 有子, 鈴木 育子, 岡田 忍, 石垣 和子, 山本 則子
家族看護学研究   13(3) 93-102   Feb 2008
著者らが先に開発した高齢者訪問看護家族支援質指標(指標)の現場での適用可能性を検討することを目的に、全国の訪問看護ステーションで働く訪問看護師を対象に指標についてアンケート調査を実施し、375ヶ所の訪問看護師より回答を得た。指標は「アセスメント」(3指標)、「支援方法」(27指標)、「フォローアップ」(2指標)の計32指標よりなり、調査の結果、時間的制約や個人の能力不足から「ここまではできないと思う指標が多い」と回答した訪問看護師が4割以上いた一方、内容については「現場ではあたりまえと感じ...

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(A))
Project Year: 2008 - 2012    Investigator(s): Noriko YAMAMOTO-MITANI
We have developed and field-tested a web-based support system for homecare nursing using gerontological homecare nursing quality indicators. This system enabled bi-directional communication between practicing nurses and researchers, and changes am...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2005 - 2006
The purpose of this study was to elucidate the process of social service use by the older adults with dementia and their family and to conceptualize effective support for them. We have recruited study participants through various social service ag...