Noriko Katsu

J-GLOBAL         Last updated: Nov 15, 2018 at 12:50
 
Avatar
Name
Noriko Katsu
Affiliation
The University of Tokyo
Section
Graduate School of Arts and Sciences
Research funding number
30779955
ORCID ID
0000-0002-6056-8197

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Noriko Katsu, Kazunori Yamada, Masayuki Nakamichi
Ethology      Feb 2018   [Refereed]
Noriko Katsu, Kazunori Yamada, Masayuki Nakamichi
Animal Behaviour   123 267   Jan 2017   [Refereed]
KATSU Noriko, SUZUMURA Takafumi, YAMADA Kazunori, NAKAMICHI Masayuki
Primate Res.   30(1) 163-172   2014
Here, we have reported two cases of diurnal stillbirths in free-ranging groups of Japanese macaques (Macaca fuscata), Arashiyama and Koshima groups. One infant was born prematurely and in breech position, while the other seemed to be a full...

Misc

 
勝野吏子, 山田一憲, 中道正之
霊長類研究   33(Supplement) 63   Jul 2017
勝野吏子, 勝野吏子, 勝野吏子, 山田一憲, 中道正之
日本動物行動学会大会発表要旨集   36th P.53   2017
勝野吏子, 山田一憲, 中道正之
霊長類研究   32(Supplement) 32   Jun 2016
勝野吏子, 山田一憲, 中道正之
霊長類研究   31(Supplement) 41   Jun 2015
勝野吏子, 山田一憲, 中道正之
霊長類研究   30(Supplement) 33-34   Jun 2014
勝野吏子, 鈴村崇文, 山田一憲, 中道正之
霊長類研究   30(1) 163-172   Jun 2014
勝野吏子, 山田一憲, 中道正之
霊長類研究   29(Supplement) 105   Sep 2013
勝野吏子, 山田一憲, 中道正之
日本動物心理学会大会プログラム   73rd 68   Aug 2013
勝野吏子, 山田一憲, 中道正之
日本心理学会大会発表論文集   77th 923   Aug 2013
勝野吏子, 山田一憲, 中道正之
動物心理学研究   62(2) 230   Jan 2013
勝野吏子, 山田一憲, 中道正之
日本動物行動学会大会発表要旨集   32nd 68   2013
勝野吏子, 山田一憲, 中道正之
日本心理学会大会発表論文集   76th 927   Aug 2012
KATSU Noriko, YAMADA Kazunori, NAKAMICHI Masayuki
Program and abstracts of PSJ   28(0)    2012
平静な状態で使用される音声であるコンタクトコールには、近距離の交渉において使用されるものがあり、マカクやヒヒではcooやgirney、gruntといった音声がこれに相当する。これらのコンタクトコールは、成体では親和的な意図を伝達する機能があるとされている(Silk et al., 2000; Whitham et al., 2007)。ベルベットモンキーにおける研究では、異なる種類の警戒音をそれぞれ文脈に特異的に使用し、発達に伴って文脈に適した警戒音の使用を習得することが報告されている(S...
KATSU Noriko, YAMADA Kazunori, NAKAMICHI Masayuki
Primate Research Supplement   27(0) 33-33   2011
 [目的]ワカモノ期は成体への準備期間であり(Bogin, 1999)、未成体同士から、成体同士の関係へ移行すると考えられる。ワカモノメスの成体との関係形成に影響する要因として、まず母の存在が挙げられる。母のいないみなしごでは、そうでないメスよりも成体メスから受ける毛づくろいが多い(Yamada et al., 2005)。母娘は最も親密な社会的パートナーであることが多く(Silk et al., 2010)、母との関係が密接であれば、他個体との関係の必要性は低くなるからであると...