曽我倫久人

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/29 10:32
 
アバター
研究者氏名
曽我倫久人
所属
愛知県がんセンター中央病院
部署
泌尿器科
職名
部長
学位
医学博士(三重大学)
科研費研究者番号
60332714

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
愛知県がんセンター中央病院 医療機器管理室長(兼任)
 
2016年2月
 - 
現在
愛知県がんセンター中央病院 泌尿器科 部長
 
2011年9月
 - 
2016年1月
愛知県がんセンター中央病院 泌尿器科 医長
 
2008年4月
 - 
2011年8月
三重大学医学部附属病院 腎泌尿器外科 講師
 
2004年4月
 - 
2008年3月
三重大学医学部附属病院 腎泌尿器外科 助教
 
2002年4月
 - 
2004年3月
公立紀南病院 泌尿器科 医長
 
2000年10月
 - 
2002年3月
三重大学医学部附属病院 泌尿器科 助手
 
2000年7月
 - 
2000年9月
Washington university(St. Louis) renal division Instructor
 
1997年7月
 - 
2000年9月
三重大学医学部 泌尿器科 研究生
 
1997年7月
 - 
2000年6月
Washington university (St. Louis) renal division Research fellow
 
1997年4月
 - 
1997年6月
三重大学医学部附属病院 泌尿器科 助手
 
1994年4月
 - 
1997年3月
四日市社会保険病院 泌尿器科 医員
 
1992年6月
 - 
1994年3月
三重大学医学部附属病院 泌尿器科 研修医
 

学歴

 
1992年3月
 - 
現在
産業医科大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2016年5月
 - 
現在
日本泌尿器内視鏡学会  代議員
 
2011年12月
 - 
現在
日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会  評議員
 

論文

 
Long-term management of incidental bladder cancer detected in patients undergoing prostatectomy for prostate cancer
Soga N, Furusawa J, Ogura Y
Current urology   13 145-149   2019年12月   [査読有り]
Evaluation to differentiate between tumor lesions and the parenchyma in partial nephrectomies for renal tumors based on quantitative fluorescence imaging using indocyanine green dye
Soga N, Inoko A, Furusawa J, Ogura Y
Current urology   13 74-81   2019年   [査読有り]
The GP score, a simplified formula (bioptic Gleason score times prostate specific antigen) as a predictor for biochemical failure after prostatectomy in prostate cancer
Soga N, Ogura Y, Wakita T, Kageyama T, Furusawa J
Current urology   13 25-30   2019年   [査読有り]
Optimal monitoring of prostate-specific antigen detects prostate cancer at the localized stage after photoselective vaporization for benign prostatic hyperplasia
Furusawa J, Yamada Y, Soga N, Kuromatsu I
Current urology   12 147-152   2018年   [査読有り]
Spontaneous regression of an intramural bladder haematoma in a patient with Osler-Weber-Rendu Syndrome
Kageyama T, Ogura Y, Kondo S, Soga N
Journal of Clinical Urology      2018年   [査読有り]
Tomita Natsuo, Soga Norihito, Ogura Yuji, Furusawa Jun, Shimizu Hidetoshi, Adachi Sou, Tanaka Hiroshi, Kato Daiki, Koide Yutaro, Makita Chiyoko, Tachibana Hiroyuki, Kodaira Takeshi
BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY   91(1083) 20170431   2018年2月   [査読有り]
Favorable ten-year outcomes of image-guided intensity-modulated radiotherapy combined with long-term androgen deprivation for Japanese patients with non-metastatic prostate cancer
Tomita N, Soga N, Ogura Y, Furusawa J, Tanaka H, Koide Y, Tachibana H, Kodaira T
Asia Pac J Clin Oncol      2018年   [査読有り]
Tomita Natsuo, Soga Norihito, Ogura Yuji, Kageyama Takumi, Kodaira Takeshi
ASIA-PACIFIC JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   13(3) 145-151   2017年6月   [査読有り]
Kageyama T, Ogura Y, Hyodo I, Yatabe Y, Soga N
Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica   62(9) 495-500   2016年9月   [査読有り]
Sato Shinya, Katsushima Keisuke, Shinjo Keiko, Hatanaka Akira, Ohka Fumiharu, Suzuki Shugo, Naiki-Ito Aya, Soga Norihito, Takahashi Satoru, Kondo Yutaka
CANCER RESEARCH   76(14) 4192-4204   2016年7月   [査読有り]

Misc

 
初回経直腸的生検の最適化:内側生検を加えることによる有効性
曽我 倫久人、古澤 淳、小倉 友二
泌尿器外科   31 1207-1210   2018年
ミニマム創内視鏡補助下もしくは、fire fly fluorescence imagingを使用したロボット補助下腎部分切除における、近赤外蛍光法の評価
曽我 倫久人、古澤 淳、小倉 友二
日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌   10 3-7   2018年
曽我倫久人, 古澤淳, 小倉友二
Japanese Journal of Endourology   30(3) 158   2017年11月
曽我倫久人, 古澤淳, 小倉友二
日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌   9(1) 91‐95   2017年8月
景山拓海, 曽我倫久人, 小倉友二, 近藤紳司
泌尿器科紀要   63(3) 125   2017年3月
景山拓海, 曽我倫久人, 小倉友二, 近藤紳司
泌尿器科紀要   63(2) 94   2017年2月
小倉友二, 景山拓海, 曽我倫久人
日本泌尿器科学会総会(Web)   105th ROMBUNNO.PP80‐04 (WEB ONLY)   2017年
曽我倫久人, 古澤淳, 小倉友二
日本泌尿器科学会中部総会プログラム・抄録集   67th 207   2017年
曽我倫久人, 景山拓海, 古澤淳, 小倉友二
日本癌治療学会学術集会(Web)   55th ROMBUNNO.O6‐1 (WEB ONLY)   2017年

競争的資金等の研究課題

 
高齢前立腺がん患者のQOLを維持する、個別化医療を基にした新規分子標的薬の開発
日本学術振興会: 萌芽
研究期間: 2019年6月 - 2022年3月    代表者: 曽我倫久人
前立腺がん生検の新規培養評価法による個別化医療の開発
公益財団法人愛知県がん研究振興会: 第43回 がんその他の悪性新生物研究助成金
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 猪子誠人
上皮階層構造を有した新規培養系による前立腺がん検体の新評価
公益財団法人愛知県がん研究振興会: 第42回 がんその他の悪性新生物研究助成金
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 猪子誠人
去勢抵抗性前立腺がんに対する、新規抗アンドロゲン剤であるエンザルタミドの効果予測因子としての、測定法別血清中テストステロンの意義
公益財団法人愛知県がん研究振興会: 第42回 がんその他の悪性新生物研究助成金
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 曽我倫久人
組織構造を有した新規培養系による、前立腺がん検体の新評価
愛知県がんセンタープロジェクト研究: 愛知県がんセンタープロジェクト研究
研究期間: 2017年3月 - 2018年3月    代表者: 猪子誠人
前立腺がんにおける、抗アンドロゲン作用を有する新規薬剤の効果予測因子としての血清中テストステロンの意義
2016年 公益財団法人愛知県がん研究振興会: 第41回 がんその他の悪性新生物研究助成金
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 曽我倫久人
前立腺がんに対する抗アンドロゲン治療中の、クロマトグラフィー法による血清中テストステロンモニタリングの意義研究
公益財団法人愛知県がん研究振興会: 第40回 がんその他の悪性新生物研究助成金
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 曽我倫久人
前立腺癌における神経ペプチドMANSERINの機能解析
日本学術振興会: 基盤研究C
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 曽我倫久人
癌間質による前立腺癌幹細胞ニッチ形成機構の解明:癌間質標的療法へ向けた基礎的研究
日本学術振興会: 基盤研究C
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 有馬公伸
前立腺形態発生に関わる腺領域特異的遺伝子の解析
日本学術振興会: 萌芽
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 杉村芳樹
前立腺の異常増殖機構:ミクロ環境相互作用における多面的分子病態の解析
日本学術振興会: 基盤研究B
研究期間: 2003年4月 - 2006年3月    代表者: 杉村芳樹
前立腺癌の転移メカニズムの分子生物学的解析:特にRhoGTPaseの役割
日本学術振興会: 基盤研究C
研究期間: 2002年4月 - 2005年3月    代表者: 曽我倫久人  有馬公伸
紀和町における排尿障害調査:特に加齢に伴う変化について
三重県医師会: 2002年三重県医師会医学奨励金
研究期間: 2002年4月 - 2003年3月    代表者: 曽我倫久人