臼井 紀好

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/30 11:45
 
アバター
研究者氏名
臼井 紀好
 
ウスイ ノリヨシ
eメール
usuictrlab.med.osaka-u.ac.jp
所属
大阪大学
部署
医学系研究科
職名
特任助教
学位
博士 (理学)(総合研究大学院大学)
科研費研究者番号
00784076

プロフィール

 私はヒトの高次機能の獲得とその発達メカニズムに興味があり、脳の進化と高次機能が破綻する病気に着目して研究を行なってきました。現在は自閉症の基礎研究を中心に、社会性の神経基盤の解明を目指しています。

経歴

 
2018年3月
 - 
現在
大阪大学大学院 医学系研究科 特任助教
 
2017年5月
 - 
2018年2月
大阪大学大学院 連合小児発達学研究科 助教 (兼任)
 
2017年4月
 - 
2018年2月
福井大学 子どものこころの発達研究センター 特命助教
 
2012年4月
 - 
2017年3月
テキサス大学サウスウエスタンメディカルセンター 博士研究員
 
2010年4月
 - 
2012年3月
日本学術振興会 特別研究員DC2
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2012年3月
総合研究大学院大学 生命科学研究科 生理科学専攻
 
2002年4月
 - 
2007年3月
日本大学 生物資源科学部 応用生物科学科
 

受賞

 
2018年6月
福井大学 優秀論文賞
 
2016年9月
日本分子生物学会 海外若手研究者招聘企画
 
2012年3月
グリアクラブ 第17回グリアクラブ賞
 
2011年3月
国際神経化学会/ヨーロッパ神経化学会 第23回トラベルアワード
 
2010年4月
総合研究大学院大学 学長賞
 
2009年3月
国際神経化学会/アジア太平洋神経化学会 第22回トラベルアワード
 

論文

 
Mendizabal I*, Berto S*, Usui N*, Toriumi K*, Chatterjee P, Douglas C, Huh I, Jeong H, Layman T, Tamminga C, Preuss T, Konopka G, Yi SV (*Co-first author)
Genome Biology   20(1) 135   2019年6月   [査読有り]
Mendizabal I*, Berto S*, Usui N*, Toriumi K*, Chatterjee P, Douglas C, Huh I, Jeong H, Layman T, Tamminga C, Preuss T, Konopka G, Yi SV (*Co-first author)
bioRxiv   10.1101/609131    2019年4月
Berto S*, Mendizabal I*, Usui N*, Toriumi K*, Chatterjee P, Douglas C, Tamminga C, Preuss T, Yi SV, Konopka G (*Co-first author)
bioRxiv   10.1101/601062    2019年4月
Sugiura H*, Matsushita A*, Futaya M*, Teraoka A, Akiyama KI, Usui N, Nagano N, Nitta K, Tsuchiya K
PLoS One   13(3) e0191706   2018年3月   [査読有り]
Fontenot MR, Berto S, Liu Y, Werthmann G, Douglas C, Usui N, Gleason K, Tamminga CA, Takahashi JS, Konopka G
Genes & Development   31(21) 2121-2135   2017年12月   [査読有り]
Escamilla CO*, Filonova I*, Walker AK, Xuan ZX, Holehonnur R, Espinosa F, Liu S, Thyme SB, López-García IA, Mendoza DB, Usui N, Ellegood J, Eisch AJ, Konopka G, Lerch JP, Schier AF, Speed HE, Powell CM
Nature   551(7679) 227-231   2017年11月   [査読有り]
Usui N, Araujo DJ, Kulkarni A, Co M, Ellegood J, Harper M, Toriumi K, Lerch JP, Konopka G
Genes & Development   31(20) 2039-2055   2017年11月   [査読有り]
Araujo DJ, Toriumi K, Escamilla CO, Kulkarni A, Anderson AG, Harper M, Usui N, Ellegood J, Lerch JP, Birnbaum SG, Tucker HO, Powell CM, Konopka G
Journal of Neuroscience   37(45) 10917-10931   2017年10月   [査読有り]
Usui N, Co M, Harper M, Rieger MA, Dougherty JD, Konopka G
Biological Psychiatry   81(3) 220-230   2017年2月   [査読有り]
Berto S, Usui N, Konopka G, Fogel BL
Human Molecular Genetics   25(12) 2451-2464   2016年6月   [査読有り]
Hanners NW, Eitson JL, Usui N, Richardson RB, Wexler EM, Konopka G, Schoggins JW
Cell Reports   15(11) 2315-2322   2016年6月   [査読有り]
Usui N, Co M, Konopka G
Brain, Behavior and Evolution   84(2) 103-116   2014年   [査読有り]
Usui N, Watanabe K, Ono K, Tomita K, Tamamaki N, Ikenaka K, Takebayashi H
Development   139(6) 1125-1132   2012年3月   [査読有り]
Takano H, Kondo M, Usui N, Usui T, Ohzeki H, Yamazaki R, Washioka M, Nakamura A, Hoshino T, Hakamata W, Beppu T, Ueda K
Journal of Bacteriology   193(10) 2451-2459   2011年5月   [査読有り]
Takebayashi H*, Usui N*, Ono K, Ikenaka K (*Co-first author)
Genesis   46(12) 775-781   2008年12月   [査読有り]

Misc

 
臼井 紀好
神経化学   57(1) 31-37   2018年3月
ダラス留学便り
臼井 紀好
上原記念生命科学財団一年のあゆみ   2014 78-79   2015年8月
海外留学のすすめ
臼井 紀好
脳21   17(3) 113-115   2014年7月
臼井 紀好, 杉尾 翔太, 池中 一裕
脳科学辞典      2012年11月
臼井 紀好
神経化学   51(1) 25-26   2012年3月

講演・口頭発表等

 
自閉スペクトラム症における脳の発生・発達障害メカニズム
臼井 紀好、松﨑 秀夫、Konopka G.、島田 昌一
第46回日本脳科学会   2019年11月16日   
自閉スペクトラム症男児の血漿中リポ蛋白リパーゼの検討
平井 孝治、臼井 紀好、松﨑 秀夫
第46回日本脳科学会   2019年11月16日   
胎児期環境応答と脳の発生・発達障害メカニズム
臼井 紀好、小山 佳久、小林 悠輝、中村 雪子、近藤 誠、小林 光、島田 昌一
第20回ORIGIN神経科学研究会夏のワークショップ   2019年9月28日   
社会性の形成に関わる神経基盤の探索
臼井 紀好、松﨑 秀夫、小山 佳久、中村 雪子、近藤 誠、島田 昌一
NEURO2019 第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会   2019年7月25日   
運動効果に基づく新たなうつ病治療メカニズムの解明
近藤 誠、小山 佳久、中村 雪子、臼井 紀好、島田 昌一
NEURO2019 第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会   2019年7月25日   

競争的資金等の研究課題

 
運動による抗うつ効果の分子メカニズム解明とうつ病治療薬開発への応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 近藤 誠
社会性の形成に関わる神経基盤の解明
武田科学振興財団: 医学系研究助成
研究期間: 2018年11月       代表者: 臼井 紀好
母子感染症による自閉スペクトラム症の発症メカニズムの解明と予防法の探索
大阪難病研究財団: 医学研究助成
研究期間: 2018年9月       代表者: 臼井 紀好
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 臼井 紀好
幼少期のストレスが脳とこころの発達に与える影響の遺伝学的解析
パブリックヘルスリサーチセンター: パブリックヘルス科学研究助成
研究期間: 2018年4月       代表者: 臼井 紀好

特許

 
特願2019-10036 : 糖尿病の予防又は治療剤
島田 昌一、小山 佳久、近藤 誠、臼井 紀好、小林 光、小林 悠輝
特願2019-10035 : 脊髄損傷の予防又は治療剤
島田 昌一、小山 佳久、近藤 誠、臼井 紀好、小林 光、小林 悠輝
特願2019-10034 : 抗がん剤の副作用の予防又は治療剤
島田 昌一、小山 佳久、近藤 誠、臼井 紀好、小林 光、小林 悠輝
特願2019-10033 : 関節炎の予防又は治療剤
島田 昌一、小山 佳久、近藤 誠、臼井 紀好、小林 光、小林 悠輝
特願2019-10032 : 記憶障害の予防又は治療剤
島田 昌一、近藤 誠、小山 佳久、臼井 紀好、小林 光、小林 悠輝

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
大阪大学大学院医学系研究科  動物実験委員
 
2018年3月
 - 
現在
大阪大学大学院医学系研究科  遺伝子組換え実験安全委員・安全副主任
 
2012年6月
 - 
2013年5月
米国テキサス州ダラス日本人研究者会  幹事
 
2007年5月
 - 
2008年6月
総合研究大学院大学  学生セミナー委員
 

研究分野

 
 

担当経験のある科目

 

社会貢献活動

 
第5回包括的神経グリア研究会 (UNG2020)
【企画, 運営参加・支援】  2020年1月11日 - 2020年1月12日
日本神経化学会 第12回神経化学の若手研究者育成セミナー
【運営参加・支援】  2019年7月24日 - 2019年7月25日
公益社団法人子どもの発達科学研究所 いじめ撲滅プロジェクトBE A HERO「PLAY BALLイベント」
【運営参加・支援】  2018年12月8日
第7回大阪大学神経難病フォーラム
【講師】  2018年8月18日
平成29年度福井大学子どものこころの発達研究センター研究発表会
【その他】  2018年3月8日