Wakabayashi Hidetaka

J-GLOBAL         Last updated: Aug 19, 2019 at 12:18
 
Avatar
Name
Wakabayashi Hidetaka
Affiliation
Yokohama City University
Section
Medical Center
Job title
Associate Professor
Degree
PhD(Jikei University School of Medicine)
Research funding number
80508797
Twitter ID
HideWakabayashi
Google Analytics
UA-15946522-1
ORCID ID
0000-0002-0364-0818

Profile

Work experience
2019 – present: Yokohama City University Medical Center, department of rehabilitation medicine, associate professor
2017 – 2019: Yokohama City University Medical Center, department of rehabilitation medicine, lecturer
2008 – 2017: Yokohama City University Medical Center, department of rehabilitation medicine, assistant professor
2003 – 2008: Saiseikai Yokohama City South Hospital, department of rehabilitation medicine, medical director
2000 – 2003: Yokohama Stroke and Brain Center, department of rehabilitation medicine
1998 – 2000: Yokohama Rehabilitation Center, department of rehabilitation medicine
1997 – 1998: Yokohama City University Hospital, department of rehabilitation medicine
1995 – 1997: Japanese Red Cross Medical Center, junior resident of internal medicine

Mebmber of Societies
Chairperson of the Japanese Association of Rehabilitation Nutrition
Director and Editorial Board of the Japanese Association on Sarcopenia and Frailty
Director of the Japan Association of Rehabilitation Hospital and Institution
Representative of the Japanese Society for Parenteral and Enteral Nutrition
Representative and Editorial Board of the Japan Primary Care Association

Research Areas

 
 

Awards & Honors

 
Oct 2018
Rehabilitation nutrition for frailty and sarcopenia, First Prize, The 4th Asian Conference for Frailty and Sarcopenia
 
Feb 2017
Dysphagia assessed by the 10-item Eating Assessment Tool is associated with nutritional status and activities of daily living in elderly individuals requiring long-term care, Ogoshi Shohei Memorial Best Paper in The Year
 
Jul 2015
Occlusal support, dysphagia, malnutrition and impaired activities of daily living in elderly individuals requiring long-term care: a path analysis, Best Free Paper Award Oral Presentation, The 16th congress of PENSA
 

Published Papers

 
Imura S, Nishiyama A, Wakabayashi H
Clinical nutrition (Edinburgh, Scotland)      May 2019   [Refereed]
[Development of Community Rehabilitation for People with Disability in Kawasaki City].
Ambo H, Hakuno A, Saito K, Wakabayashi H
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46(Suppl 1) 43-45   May 2019
[Home Visit Rehabilitation for a Patient with ALS to Improve Social Participation].
Hamaguchi Y, Hakuno A, Saito K, Wakabayashi H
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46(Suppl 1) 46-48   May 2019
[Home Visit Rehabilitation in Kawasaki City and Its Management Function].
Ura Y, Saito K, Wakabayashi H, Hakuno A
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46(Suppl 1) 49-51   May 2019
[Home Visit Rehabilitation Based on the Philosophy of Community Rehabilitation-House Renovation and Use of Assistive Devices Lead to Participation in Society].
Nagasawa M, Saito K, Wakabayashi H, Hakuno A
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46(Suppl 1) 52-54   May 2019   [Refereed]
Nishiyama A, Wakabayashi H, Nishioka S, Nagano A, Momosaki R
Neurologia medico-chirurgica      May 2019
Ueshima J, Maeda K, Wakabayashi H, Nishioka S, Nakahara S, Kokura Y.
Geriatrics   4(1) 23   Feb 2019   [Refereed]
(1) Background: It is important to assess physical and nutritional status using the Comprehensive Geriatric Assessment (CGA). However, the correlation between the CGA usage and nutritional-related assessments remain unclear. This study aims to cla...
Nakano Y, Matsushima M, Nakamori A, Hiroma J, Matsuo E, Wakabayashi H, Yoshida S, Ichikawa H, Kaneko M, Mutai R, Sugiyama Y, Yoshida E, Kobayashi T
BMJ open   9(2) e024512   Feb 2019   [Refereed]
Shimoda H, Mochida Y, Oritsu H, Shimizu Y, Takahashi Y, Wakabayashi H, Watanabe N
Modern rheumatology   1-13   Feb 2019   [Refereed]
Yoshida S, Matsushima M, Wakabayashi H, Mutai R, Sugiyama Y, Yodoshi T, Horiguchi R, Watanabe T, Fujinuma Y
BMJ open   9(2) e025176   Feb 2019   [Refereed]
Nakamichi M, Wakabayashi H, Nishioka S, Momosaki R
The journal of nutrition, health & aging      Feb 2019   [Refereed]
Objective
To investigated the effects of antipsychotics on rehabilitation outcomes for geriatric hip fracture inpatients.

Design
Retrospective cohort study.

Setting
The registry data from the Japan Rehabilitation Nutrition Database for analysis....
Moriwaki M, Wakabayashi H, Sakata K, Domen K
The journal of nutrition, health & aging      Feb 2019   [Refereed]
Objective
To investigate the effects of continuous intervention with branched chain amino acids-enriched nutritional supplements from the acute phase to convalescent rehabilitation wards in inpatients with gait impairments.

Design
Open-label, ran...
Tanaka M, Momosaki R, Wakabayashi H, Kikura T, Maeda K
Spinal cord      Jan 2019   [Refereed]
Wakabayashi H
Journal of General and Family Medicine      Jan 2019
Fujishima I, Fujiu-Kurachi M, Arai H, Hyodo M, Kagaya H, Maeda K, Mori T, Nishioka S, Oshima F, Ogawa S, Ueda K, Umezaki T, Wakabayashi H, Yamawaki M, Yoshimura Y
Geriatrics & gerontology international      Jan 2019   [Refereed]
Sakai K, Kinoshita S, Tsuboi M, Fukui R, Momosaki R, Wakabayashi H
The journal of nutrition, health & aging   23(1) 21-26   2019   [Refereed]
Masako Kishima, Hidetaka Wakabayashi, Hideaki Kanazawa, Masataka Itoda, Toshio Nishikimi
Progress in Rehabilitation Medicine   3    Dec 2018   [Refereed]
Background: Dysphagia occurs often after oral cancer surgery. However, no case of dysphagia in combination with cerebral hemorrhage, tongue defect, and sarcopenia has been reported. We describe the case of a 70-year-old man with dysphagia associat...
Nagano A, Nishioka S, Wakabayashi H
The Journal of Nutrition Health and Aging      Dec 2018   [Refereed]
Sarcopenia is a very important issue in rehabilitation medicine and nutritional care. The prevalence of sarcopenia in older people is approximately 50% in the rehabilitation setting, and also approximately 15% of inpatients without sarcopenia upon...
Shiraishi A, Yoshimura Y, Wakabayashi H, Tsuji Y, Yamaga M, Koga H
Geriatrics & gerontology international      Dec 2018   [Refereed]
Yoshimura Y, Wakabayashi H, Bise T, Nagano F, Shimazu S, Shiraishi A, Yamaga M, Koga H
Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.)   61 111-118   Nov 2018   [Refereed]
Shiraishi A, Yoshimura Y, Wakabayashi H, Tsuji Y, Shimazu S, Jeong S
Clinical nutrition (Edinburgh, Scotland)      Nov 2018   [Refereed]
Yumi Yamada, Hiroshi Shamoto, Keisuke Maeda, Hidetaka Wakabayashi
Progress in Rehabilitation Medicine   3 1   Nov 2018   [Refereed]
Background: Sarcopenic dysphagia is caused by decreased muscle mass and muscle weakness in the swallowing muscles that occurs because of sarcopenia. The key to treating sarcopenic dysphagia is combined therapy with rehabilitation and aggressive nu...
Yoshitaka Shimizu, Tatsu Fujiura, Hidetaka Wakabayashi
Renal Replacement Therapy   4 48   Nov 2018   [Refereed]
Background
Poor nutritional status and functional impairment are common in patients with end-stage renal disease (ERSD) on maintenance hemodialysis (MHD). Although nutritional status is associated with functional dependence and rehabilitation outc...
Wakabayashi H, Takahashi R, Murakami T.
The Journal of Nutrition Health and Aging   23(1) 84-88   Oct 2018   [Refereed]
Wakabayashi H, Maeda K, Nishioka S, Shamoto H, Momosaki R
The journal of nutrition, health & aging      Oct 2018   [Refereed]
Momosaki R, Maeda K, Wakabayashi H
Geriatrics & gerontology international   18(8) 1307-1308   Aug 2018   [Refereed]
Kokura Y, Wakabayashi H, Nishioka S, Maeda K
Geriatrics & gerontology international      Jul 2018   [Refereed]
Ayumi Nobematsu, Hidetaka Wakabayashi, Takuya Hanada, Naoko Watanabe, Kae Tachibana
Progress in Rehabilitation Medicine   3 1   May 2018   [Refereed]
Background: Acute lithium intoxication is associated with neurological manifestations such as tremor, ataxia, dysarthria, seizures, and in more severe cases encephalopathy and coma; patients experiencing such manifestations require rehabilitation....
Arai H, Wakabayashi H, Yoshimura Y, Yamada M, Kim H, Harada A
Geriatrics & gerontology international   18 Suppl 1 28-44   May 2018   [Refereed]
Chiharu Uno, Hidetaka Wakabayashi, Keisuke Maeda, Shinta Nishioka
Renal Replacement Therapy   4 18   Apr 2018   [Refereed]
Background
Patients with end-stage renal failure may exhibit sarcopenia and protein-energy wasting (PEW). We report a case of improvement in physical function, muscle mass, and muscle strength by management of rehabilitation nutrition in a mainten...
Wakabayashi H
Journal of general and family medicine   19(2) 43-44   Mar 2018   [Refereed]
Takahashi M, Maeda K, Wakabayashi H
Geriatrics & gerontology international      Mar 2018   [Refereed]
Nishida Y, Wakabayashi H, Maeda K, Nishioka S
Journal of general and family medicine   19(1) 9-14   Jan 2018   [Refereed]
Takasaki M, Momosaki R, Wakabayashi H, Nishioka S
Journal of nutritional science and vitaminology   64(4) 251-257   2018   [Refereed]
[Aging-related frailty and sarcopenia. Frailty, sarcopenia and dysphagia.]
Wakabayashi H
Clinical calcium   28(9) 1229-1234   2018
Rehabilitation nutrition in pressure ulcer management with type 2 diabetes: a case report.
Saino Y, Wakabayashi H, Maeda K, Nishioka S, Hao T, Mimatsu K
Asia Pacific journal of clinical nutrition   27(3) 728-734   2018   [Refereed]
Wakabayashi H, Matsushima M, Ichikawa H, Murayama S, Yoshida S, Kaneko M, Mutai R
The journal of nutrition, health & aging   22(1) 53-58   2018   [Refereed]
Sarcopenia and cachexia evaluation in different healthcare settings: a questionnaire survey of health professionals.
Nakahara S, Wakabayashi H, Maeda K, Nishioka S, Kokura Y
Asia Pacific journal of clinical nutrition   27(1) 167-175   2018   [Refereed]
Ogawa N, Mori T, Fujishima I, Wakabayashi H, Itoda M, Kunieda K, Shigematsu T, Nishioka S, Tohara H, Yamada M, Ogawa S
Journal of the American Medical Directors Association      Dec 2017   [Refereed]
Wakabayashi H, Matsushima M, Momosaki R, Yoshida S, Mutai R, Yodoshi T, Murayama S, Hayashi T, Horiguchi R, Ichikawa H
Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.)   48 111-116   Nov 2017   [Refereed]
Sakai T, Maeda K, Wakabayashi H, Nishioka S, Seki H
Journal of nutrition in gerontology and geriatrics   36(4) 166-177   Oct 2017   [Refereed]
Yoshimura Y, Wakabayashi H, Bise T, Tanoue M
Clinical nutrition (Edinburgh, Scotland)      Sep 2017   [Refereed]
Maeda K, Wakabayashi H, Shamoto H, Akagi J
Geriatrics & gerontology international      Sep 2017   [Refereed]
Wakabayashi H
Journal of general and family medicine   18(4) 153-154   Aug 2017   [Refereed]
Takashi Mori, Ichiro Fujishima, Hidetaka Wakabayashi, Masataka Itoda, Kenjiro Kunieda, Jun Kayashita, Shinta Nishioka, Akiko Sonoda, Yoshitoshi Kuroda, Minoru Yamada, Sumito Ogawa
JCSM Clinical Reports   2(2) e00017   Jul 2017   [Refereed]
Wakabayashi H, Takahashi R, Watanabe N, Oritsu H, Shimizu Y
Journal of rehabilitation medicine      Jun 2017   [Refereed]
Yoshimura Y, Wakabayashi H, Yamada M, Kim H, Harada A, Arai H
Journal of the American Medical Directors Association   18(6) 553.e1-553.e16   Jun 2017   [Refereed]
Wakabayashi H, Takahashi R, Watanabe N, Oritsu H, Shimizu Y
Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.)   38 70-73   Jun 2017   [Refereed]
Yoshida S, Matsushima M, Wakabayashi H, Mutai R, Murayama S, Hayashi T, Ichikawa H, Nakano Y, Watanabe T, Fujinuma Y
BMJ open   7(5) e016175   May 2017   [Refereed]
Fujiwara D, Wakabayashi H
Geriatrics & gerontology international   17(4) 667-668   Apr 2017   [Refereed]
Hashida N, Shamoto H, Maeda K, Wakabayashi H, Suzuki M, Fujii T
Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.)   35 128-131   Mar 2017   [Refereed]
Nishioka S, Wakabayashi H, Yoshida T
European journal of clinical nutrition   71(2) 173-179   Feb 2017   [Refereed]
Suzuki M, Maeda K, Shamoto H, Wakabayashi H
Geriatrics & gerontology international   17(2) 360-361   Feb 2017   [Refereed]
Hatta R, Maeda K, Shamoto H, Wakabayashi H
Geriatrics & gerontology international   17(1) 177-179   Jan 2017   [Refereed]
Yoshimura Y, Wakabayashi H, Maeda K, Nishioka S
Geriatrics & gerontology international   17(1) 179-180   Jan 2017   [Refereed]
Kunihiro Sakuma, Miki Aizawa, Hidetaka Wakabayashi, Akihiko Yamaguchi
93   2017   [Refereed]
Hidetaka Wakabayashi, Kunihiro Sakuma
155   2017   [Refereed]
Kokura Y,RD, Wakabayashi H,MD,PhD, Maeda K,MD,PhD, Nishioka S,RD, Nakahara S,RD
The journal of medical investigation : JMI   64(1.2) 140-145   2017   [Refereed]
Maeda K, Shamoto H, Wakabayashi H, Enomoto J, Takeichi M, Koyama T
Journal of the American Geriatrics Society   64(12) e248-e252   Dec 2016   [Refereed]
Shiraishi A, Yoshimura Y, Wakabayashi H, Tsuji Y
Clinical nutrition (Edinburgh, Scotland)      Dec 2016   [Refereed]
Maeda K, Shamoto H, Wakabayashi H, Akagi J
Nutrition in clinical practice : official publication of the American Society for Parenteral and Enteral Nutrition      Nov 2016   [Refereed]
Wakabayashi H, Maeda K, Shamoto H
Geriatrics & gerontology international   16(10) 1175-1176   Oct 2016   [Refereed]
Nagano A, Maeda K, Wakabayashi H
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   25(10) 2566-2567   Oct 2016   [Refereed]
Koyama T, Shamoto H, Anzai H, Koganei Y, Maeda K, Wakabayashi H
Journal of gerontological nursing   42(10) 21-29   Oct 2016   [Refereed]
Takada K, Sashika H, Wakabayashi H, Hirayasu Y
Brain injury   1-9   Sep 2016   [Refereed]
Mori R, Shamoto H, Maeda K, Wakabayashi H
Journal of the American Medical Directors Association   17(6) 559-560   Jun 2016   [Refereed]
Saino Y, Wakabayashi H, Maeda K
Journal of the American Geriatrics Society   64(6) 1381-1382   Jun 2016   [Refereed]
Shiraishi A, Yoshimura Y, Wakabayashi H, Tsuji Y
Geriatrics & gerontology international      May 2016   [Refereed]
Nishioka S, Wakabayashi H, Nishioka E, Yoshida T, Mori N, Watanabe R
Journal of the Academy of Nutrition and Dietetics   116(5) 837-843   May 2016   [Refereed]
Asano K, Wakabayashi H, Kikuchi N, Sashika H
Spinal cord series and cases   2 15035   Apr 2016   [Refereed]
Ueshima J, Wakabayashi H, Maeda K, Nishioka S
International journal of colorectal disease      Mar 2016   [Refereed]
Kokura Y, Maeda K, Wakabayashi H, Nishioka S, Higashi S
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association      Mar 2016   [Refereed]
Nishioka S, Maeda K, Wakabayashi H, Shamoto H
Disability and rehabilitation   1-2   Mar 2016   [Refereed]
Kokura Y, Maeda K, Wakabayashi H
Clinical nutrition (Edinburgh, Scotland)   35(3) 767-768   Feb 2016   [Refereed]
Nakamichi M, Wakabayashi H
Journal of nutritional science and vitaminology   62(5) 330-334   2016   [Refereed]
Maeda K, Wakabayashi H, Shamoto H
Clinical nutrition (Edinburgh, Scotland)      Feb 2016   [Refereed]
Wakabayashi H, Uwano R
American journal of physical medicine & rehabilitation / Association of Academic Physiatrists      Jan 2016   [Refereed]
Someya R, Wakabayashi H, Akiyama E, Hayashi K, Kimura K
Journal of the Academy of Nutrition and Dietetics   116(5) 765-768   Dec 2015   [Refereed]
Ueshima J, Maeda K, Wakabayashi H, Nishioka S, Nara S, Nakatani H
Journal of the Academy of Nutrition and Dietetics      Nov 2015   [Refereed]
Nishioka S, Wakabayashi H, Maeda K
Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.)   32(4) 503   Nov 2015   [Refereed]
Maeda K, Wakabayashi H, Shamoto H
Clinical nutrition (Edinburgh, Scotland)   34(5) 1033-1034   Oct 2015   [Refereed]
Maeda K, Wakabayashi H, Shamoto H
Journal of the American Medical Directors Association   16(10) 896-897   Oct 2015   [Refereed]
Koyama T, Maeda K, Anzai H, Koganei Y, Shamoto H, Wakabayashi H
Journal of the American Geriatrics Society   63(10) 2183-2185   Oct 2015   [Refereed]
Hidetaka Wakabayashi, M. Matsushim
J Nutr Health Aging      Sep 2015   [Refereed]
Wakabayashi H, Maeda K, Shamoto H
Clinical nutrition (Edinburgh, Scotland)      Sep 2015   [Refereed]
Nishioka S, Wakabayashi H, Yoshida T, Mori N, Watanabe R, Nishioka E
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association      Sep 2015   [Refereed]
Nii M, Maeda K, Wakabayashi H, Nishioka S, Tanaka A
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   25(1) 57-62   Sep 2015   [Refereed]
Hidetaka Wakabayashi, Naoko Watanabe, Mami Anraku, Hideyuki Oritsu, Yoshitaka Shimizu
Journal of Cachexia, Sarcopenia and Muscle   7(1) n/a-96   Jul 2015   [Refereed]
Hidetaka Wakabayashi, Masato Matsushima, Rimiko Uwano, Naoko Watanabe, Hideyuki Oritsu, Yoshitaka Shimiz
Skeletal muscle mass is associated with severe dysphagia in cancer   6(4) n/a-357   Jul 2015   [Refereed]
Wakabayashi H
Dysphagia   30(3) 373-374   Jun 2015   [Refereed]
Shamoto H, Wakabayashi H, Maeda K
Clinical nutrition (Edinburgh, Scotland)      Apr 2015   [Refereed]
Wakabayashi H
Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.)   31(3) 546   Mar 2015   [Refereed]
Wakabayashi H, Sakuma K
Journal of cachexia, sarcopenia and muscle   5 269-277   Dec 2014   [Refereed]
[Transdisciplinary approach for sarcopenia. Sarcopenic Dysphagia].
Wakabayashi H
Clinical calcium   24 1509-1517   Oct 2014   [Invited]

Misc

 
「めざせ!リハビリテーション栄養のNST48 CAREガイドラインに基づく症例報告」を振り返って 症例報告執筆のすすめ 症例報告の執筆・査読・サポートから学んだこと
若林 秀隆, 西岡 心大, 小蔵 要司, 吉村 由梨, 鈴木 達郎
臨床栄養   134(7) 1000-1009   Jun 2019
川崎市における地域リハビリテーションの展開
安保 博史, 白野 明, 齋藤 薫, 若林 秀隆
癌と化学療法   46(Suppl.I) 43-45   May 2019
川崎市においては、1996年より在宅障害者のための地域リハビリテーションを展開している。2000年には川崎市における総合的な地域リハシステム構想案が策定され、その実現に向けて活動が続けられている。地域リハビリテーション構想は在宅生活の質の向上、維持、あるいは生活スタイルの再構築のために生活モデルのリハビリテーションを提供しようとするものである。基本理念として「総合性」、「専門性」、「地域性」を掲げ、その中心的事業として在宅リハビリテーションを展開している。川崎市の独自財源で委託し、行政と民...
ALS患者に対して「社会参加」を目標に掲げた在宅でのリハビリテーション
濱口 陽介, 白野 明, 齋藤 薫, 若林 秀隆
癌と化学療法   46(Suppl.I) 46-48   May 2019
筋萎縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis:ALS)患者は、病状の進行に伴い濃密な医療と身体的なケアが必要となっていくことから、社会参加に対する配慮が疎かになる傾向がある。さらに地域で医療・介護を担当するチームでは、支援の担当者の多くが、ALS患者のリハビリテーションのための知識などが蓄積されにくい。そこでALS患者への支援を展開するために、当センターへ助言を求める要請がある。今回、ALS患者の1例について、「社会参加」の継続を支援するために、在宅リハビ...
川崎市における在宅リハビリテーションとそのマネジメント
浦 雄司, 齋藤 薫, 若林 秀隆, 白野 明
癌と化学療法   46(Suppl.I) 49-51   May 2019
川崎市では、1996年より在宅障害者のための地域リハビリテーションを展開している。そのなかで中心的な役割を担っている制度が、川崎市で実施している在宅リハビリテーション事業である。在宅リハビリテーションでは、リハビリテーション科医師、作業・理学療法士、臨床心理士、リハビリテーション工学士などのリハビリテーション領域の専門職がチームとなり、対象者が実際に生活している場において評価、計画立案を行って、生活モデルのリハビリテーションを実施する。このような多くの専門職の協業的アプローチにおいては、リ...
生活・QOLを支える在宅リハビリテーション 川崎市での取り組み 生活を拡げる住宅改修・福祉用具
長澤 充城子, 斎藤 薫, 若林 秀隆, 白野 明
癌と化学療法   46(Suppl.I) 52-54   May 2019
われわれは、地域リハビリテーションの理念に基づき在宅リハビリテーションを実施している。われわれのチームは、リハビリテーション科医師、理学療法士、作業療法士、臨床心理士、保健師、ソーシャルワーカーにより構成され、多職種協業型チームワークにより活動している。最初にチームで地域の当事者宅を訪問し、様々なニーズや潜在的なバリアの原因を把握する。次にあらゆるリハビリテーション技術と社会資源を活用して、よりよい生活を実現することをめざしている。障害をもった人々が生活空間を安全に移動し暮らせるように、住...
サルコペニアとフレイル 診療ガイドラインを踏まえて フレイルの予防・治療
若林 秀隆
日本骨粗鬆症学会雑誌   5(2) 320-324   May 2019
知っておきたい!骨とロコモに関する栄養の重要性と最新トピック サルコペニア診療ガイドラインと栄養のポイント
若林 秀隆
日本骨粗鬆症学会雑誌   5(2) 359-360   May 2019
サルコペニアと摂食嚥下障害4学会合同ポジションペーパー
藤島 一郎, 倉智 雅子, 荒井 秀典, 兵頭 政光, 加賀谷 斉, 前田 圭介, 森 隆志, 西岡 心大, 巨島 文子, 小川 純人, 植田 耕一郎, 梅崎 俊郎, 若林 秀隆, 山脇 正永, 吉村 芳弘, 日本摂食嚥下リハビリテーション学会,日本リハビリテーション栄養学会,日本サルコペニア・フレイル学会,日本嚥下医学会
リハビリテーション栄養   3(1) 128-138   Apr 2019
本ポジションペーパーは、サルコペニアと摂食嚥下障害に関するエビデンスの構築を目的として、日本摂食嚥下リハビリテーション学会、日本サルコペニア・フレイル学会、日本リハビリテーション栄養学会、日本嚥下医学会の4学会が共同で作成したものである。嚥下筋は、組織学的に体性筋とは異なる発生学的起源を有しており、呼吸中枢より常時一定の入力刺激を受けていて、嚥下筋は横紋筋ではあるが、骨格筋とは異なる特性を有する。しかし、嚥下筋は低栄養や廃用の影響を受けることが示されており、とくに低栄養が嚥下筋に与える影響...
その患者、じつはフレイル?もしかしてサルコペニア? 高齢者の食と栄養と嚥下障害を支える EWGSOP2コンセンサスのサルコペニア
若林 秀隆
Nutrition Care   12(4) 368-371   Apr 2019
【多職種で取り組む 最前線の集中治療】 リハビリテーション栄養の最前線
若林 秀隆
救急医学   43(2) 190-191   Feb 2019
地域包括ケア対談 医療の言い分・介護の言い分 入院によるサルコペニアがフレイルを招く
川越 正平, 若林 秀隆
医療と介護Next   5(1) 54-59   Feb 2019
地域医療を実践する内科医とは 具体的な地域医療活動 地域医療と高齢者診療 フレイル
若林 秀隆
日本内科学会雑誌   108(2) 258-263   Feb 2019
【歩行維持を目指したフットケア〜運動と栄養・薬物療法の融合】 リハビリテーション栄養の重要性 どのような運動を行い、どのタイミングで、どのような栄養を加えていくか
若林 秀隆
日本フットケア学会雑誌   16(4) 171-176   Dec 2018
フットケアを要する足病患者では、低栄養やサルコペニアを認めることが少なくない。そのため、足病患者にはリハビリテーション(以下、リハ)栄養の考え方が重要である。リハ栄養とは、国際生活機能分類による全人的評価と栄養障害・サルコペニア・栄養摂取の過不足の有無と原因の評価、診断、ゴール設定を行ったうえで、障害者やフレイル高齢者の栄養状態・サルコペニア・栄養素摂取・フレイルを改善し、機能・活動・参加、QOLを最大限高める「リハからみた栄養管理」や「栄養からみたリハ」である。質の高いリハ栄養の実践には...
リハビリテーション栄養
若林 秀隆
日本骨粗鬆症学会雑誌   4(4) 449-452   Nov 2018
骨粗鬆症と大腿骨近位部骨折では、低栄養やサルコペニアを認めることが多い。その生活機能やQOLを高めるためには、リハビリテーション(リハ)栄養の考え方が有用である。質の高いリハ栄養の実践には、リハ栄養アセスメント・診断推論、リハ栄養診断、リハ栄養ゴール設定、リハ栄養介入、リハ栄養モニタリングの5段階で構成されるリハ栄養ケアプロセスが有用である。骨粗鬆症と大腿骨近位部骨折のリハ栄養と、リハ栄養ケアプロセスについて解説した。
医療羅針盤 私の提言(第130回) 今なぜリハビリテーション栄養への取り組みが必要なのか 病院で作られるサルコペニアへの対応を中心に
若林 秀隆
新医療   45(11) 22-25   Nov 2018
【栄養療法 まずはここから!医師として知っておきたい基本事項を総整理、「食事どうしますか?」に自信をもって答えられる!】 栄養療法の総論 適応と5つの原則に基づく考え方を身につける
小坂 鎮太郎, 若林 秀隆
レジデントノート   20(12) 1998-2007   Nov 2018
【在宅医療を始める! 実践する! 連携する!】在宅医療のコツ 療養環境をアセスメントするコツ
若林 秀隆
内科   122(5) 917-921   Nov 2018
<文献概要>■国際生活機能分類とは,人間と環境との相互作用を含めて,人間の健康状態を系統的,全人的に評価するツールであり,療養環境を評価する視点として重要である.■川崎市の在宅リハビリテーションサービスでは,本人の身体・精神機能や活動だけでなく,家屋環境,家族の介助能力,経済力,生活上の好み,社会参加などを含めて総合的に評価したうえで,主に福祉用具・補装具の導入や住宅改修を行う.■在宅医に求められるスキルとして,(1)患者の生活機能を的確に評価する,(2)患者の生活機能の予後予測を行う,(...
【終末期の肺炎】 まずは治療の引き出しを増やそう オーラルフレイル、サルコペニア、リハ栄養
若林 秀隆
治療   100(11) 1257-1262   Nov 2018
歯学の行方 学会ニュース・トピックス リハビリテーション栄養学からみた歯学の行方
若林 秀隆
日本歯科評論   78(10) 21-23   Oct 2018
包括的リハビリテーション医療の構成要素としての栄養療法 リハビリテーション科医が知っておくべき基本知識 サルコペニア、フレイルと栄養療法
若林 秀隆
Journal of Clinical Rehabilitation   27(11) 1086-1090   Oct 2018
【生活機能低下高齢者のマネジメント リハビリテーション薬剤管理のススメ】 リハビリテーションと栄養管理・薬剤管理併用の重要性
若林 秀隆
薬局   69(10) 2956-2960   Sep 2018
<Key Points>◎フレイル高齢者や障害者では、サルコペニア、低栄養、ポリファーマシーが複合して生活機能が低下していることが多い。◎リハ単独、栄養単独、薬剤単独では生活機能を最大限高めることは難しく、リハ栄養やリハ薬剤の視点が有用である。◎リハ薬剤とは、フレイル高齢者や障害者の機能・活動・参加、QOLを最大限高める、リハからみた薬剤や薬剤からみたリハである。◎リハからみた薬剤とは、国際生活機能分類による機能・活動・参加の評価およびリハでの訓練内容を考慮した薬物治療を行うことである。◎...
リハビリテーション薬剤とは
若林 秀隆
日本薬剤師会雑誌   70(9) 1129-1133   Sep 2018
筋肉の時代の到来 サルコペニアにリハビリテーション栄養と運動負荷はなぜ有効か
若林 秀隆
New Diet Therapy   34(2) 86-86   Sep 2018
【糖尿病の新療法「食事×運動=リハ栄養」】 フレイル・サルコペニア対策についてのギモン 最近よく聞く「リハ栄養」とは何?フレイル・サルコペニアの予防を指導するとき、食事や運動はどのように提案したらよい?
若林 秀隆
糖尿病ケア   15(9) 815-817   Sep 2018
【周術期のリハビリテーション】 周術期栄養管理
若林 秀隆
Journal of Clinical Rehabilitation   27(10) 970-978   Sep 2018
【生活機能低下高齢者のマネジメント リハビリテーション薬剤管理のススメ】 リハビリテーションと栄養管理・薬剤管理併用の重要性
若林 秀隆
薬局   69(10) 2956-2960   Sep 2018
<Key Points>◎フレイル高齢者や障害者では、サルコペニア、低栄養、ポリファーマシーが複合して生活機能が低下していることが多い。◎リハ単独、栄養単独、薬剤単独では生活機能を最大限高めることは難しく、リハ栄養やリハ薬剤の視点が有用である。◎リハ薬剤とは、フレイル高齢者や障害者の機能・活動・参加、QOLを最大限高める、リハからみた薬剤や薬剤からみたリハである。◎リハからみた薬剤とは、国際生活機能分類による機能・活動・参加の評価およびリハでの訓練内容を考慮した薬物治療を行うことである。◎...
【運動器の健康と栄養】 リハビリテーションと栄養
若林 秀隆
整形・災害外科   61(9) 1037-1044   Aug 2018
<文献概要>リハビリテーション(リハ)を要する障害者やフレイル高齢者には,低栄養やサルコペニアを認めることが多い。そのため,運動器の健康を守るには,リハ栄養の考え方が重要である。リハ栄養とは,国際生活機能分類による全人的評価と栄養障害・サルコペニア・栄養素摂取の過不足の有無と原因の評価,診断,ゴール設定を行った上で,障害者やフレイル高齢者の栄養状態・サルコペニア・栄養素摂取・フレイルを改善し,機能・活動・参加,QOLを最大限高める「リハからみた栄養管理」や「栄養からみたリハ」である。低栄養...
【今すぐ使える!エビデンスに基づいたCOPD診療】 COPDの治療 COPDの栄養療法 QOL改善の次の一手に組込むセンスを身につける
小坂 鎮太郎, 若林 秀隆
Gノート   5(5) 685-693   Aug 2018
<Point>●低栄養/低体重がCOPDの予後規定因子であると理解し、スクリーニング・アセスメントを行う●栄養療法は低栄養/低体重を改善し、QOLを上げうることを理解し、栄養療法を導入する●COPD患者の低栄養/低体重の原因を適切に評価・介入し、症状および栄養状態のフォローをくり返し行う(著者抄録)
【診断と治療のABC[137]フレイル】 (第2章)フレイルの病態・診断 身体的フレイルの病態と診断
若林 秀隆
最新医学   別冊(フレイル) 30-36   Aug 2018
【老化・フレイルとサルコペニア】 フレイル・サルコペニアと摂食嚥下障害
若林 秀隆
Clinical Calcium   28(9) 1229-1234   Aug 2018
<文献概要>全身にフレイル・サルコペニアを認める場合には,摂食嚥下機能にもフレイル・サルコペニアを認めやすい。老嚥とは,健常高齢者における摂食嚥下機能低下である。オーラルフレイルとは,加齢による口腔機能低下である。オーラルサルコペニアとは,口腔に関わる筋肉に認めるサルコペニアである。サルコペニアの摂食嚥下障害とは,全身および嚥下関連筋の筋肉量減少,筋力低下による摂食嚥下障害である。医原性サルコペニアとは,(1)病院での不適切な安静や禁食が原因の活動によるサルコペニア,(2)病院での不適切な...
【サルコペニア-高齢者包括診療で知っておくべき予防と治療-】 サルコペニアの病態と新たな知見 サルコペニアと摂食嚥下障害
若林 秀隆
診断と治療   106(6) 713-718   Jun 2018
1 サルコペニアの摂食嚥下障害とは、全身および嚥下関連筋の筋肉量減少、筋力低下による摂食嚥下障害である。2 老嚥とは、健常高齢者における摂食嚥下機能低下、摂食嚥下のフレイルであり、摂食嚥下障害ではない。3 サルコペニアの摂食嚥下障害の診断には、信頼性、妥当性が検証された診断フローチャートが有用である。4 医原性サルコペニアとは、(1)病院での不適切な安静や禁食が原因の活動によるサルコペニア、(2)病院での不適切な栄養管理が原因の栄養によるサルコペニア、(3)医原性疾患によるサルコペニア、で...
【なるほど納得!リハ栄養とリハ薬剤】 リハ薬剤 リハ薬剤の考え方
若林 秀隆
薬事   60(8) 1444-1448   Jun 2018
<Points>■リハ薬剤とはリハ栄養の薬剤版であり、フレイル高齢者や障害者の機能、活動、参加、QOLを最大限高める「リハからみた薬剤」や「薬剤からみたリハ」である。■リハからみた薬剤とは、国際生活機能分類(ICF)による機能、活動、参加の評価およびリハでの訓練内容を考慮した薬物治療を行うことである。■ポリファーマシーは、活動制限やサルコペニアのリスク因子であるため、できる限り改善することが望ましい。■薬剤からみたリハとは、薬物治療の内容を考慮したリハを行うことである。薬剤使用で機能、活動...
【リハビリテーションを支える栄養管理の知識】 リハビリテーションと栄養管理 リハビリテーションにおける栄養管理の適応
若林 秀隆
MEDICAL REHABILITATION   (224) 10-15   Jun 2018
リハビリテーション(以下、リハ)栄養とは、国際生活機能分類による全人的評価と栄養障害・サルコペニア・栄養素摂取の過不足の有無と原因の評価、診断、ゴール設定を行ったうえで、障害者やフレイル高齢者の栄養状態・サルコペニア・栄養素摂取・フレイルを改善し、機能・活動・参加、QOLを最大限高める「リハからみた栄養管理」や「栄養からみたリハ」である。ロコモの栄養管理は、やせロコモとロコモ肥満で異なる。身体的フレイルの主な原因は、サルコペニア、低栄養、多剤投与であるため、サルコペニア対策や栄養改善が重要...
【摂食嚥下リハビリテーションにおける機能評価】 サルコペニアと栄養評価
若林 秀隆
Journal of Clinical Rehabilitation   27(7) 677-680   Jun 2018
【トータルケアをめざしたフレイル診療】 《フレイルをより深く知るためのエッセンス》 社会的フレイルとは
若林 秀隆
Modern Physician   38(5) 450-453   May 2018
<ポイント>●社会的フレイルの統一された明確な概念、定義、見解は現時点で存在していない。●社会的フレイルの概念モデルでは、一般的な資源、社会的資源、社会的行動・活動、基本的な社会的ニーズの実現の4項目が相互に影響し主観的幸福につながるとしている。●社会的フレイルとは、ロバストから身体的フレイルや軽度認知障害の方で、社会活動への参加や社会的交流に対する脆弱性が増加しているが閉じこもりではない状況といえる。●社会的フレイルの診断には、2〜5項目程度で行えるスクリーニングと、40項目程度で行うよ...
サルコペニア・フレイルを合併したCKDへの対策 サルコペニア・フレイルを合併したCKDに対する運動療法とリハビリテーション栄養
若林 秀隆
日本腎臓学会誌   60(3) 284-284   Apr 2018
若林 秀隆
内科   121(4) 710-715   Apr 2018
<文献概要>・リハビリテーション(以下,リハ)栄養とは,障害者やフレイル高齢者の機能,活動,参加,QOLを最大限高める「リハからみた栄養管理」や「栄養からみたリハ」である.・廃用症候群の原因は,安静臥床と低栄養である.・質の高いリハ栄養を行うには,リハ栄養ケアプロセスが有用である.・老嚥(presbyphagia)とは,健常高齢者における摂食嚥下機能低下,摂食嚥下のフレイルであり,摂食嚥下障害ではない.・サルコペニアの摂食嚥下障害とは,全身および嚥下関連筋の筋肉量減少,筋力低下による摂食嚥...
【サルコペニアの摂食嚥下障害Update】 サルコペニアの摂食嚥下障害概論 サルコペニアの摂食嚥下障害の定義と診断
若林 秀隆
リハビリテーション栄養   2(1) 6-11   Apr 2018
サルコペニアの摂食嚥下障害とは、全身と嚥下関連筋の両方にサルコペニアを認めることで生じる摂食嚥下障害である。1992年から低栄養が摂食嚥下障害の原因となり得ることは指摘されていた。2012年にsarcopenic dysphagiaという用語が使用され、2013年にサルコペニアの摂食嚥下障害の定義や診断基準が作成された。2017年にサルコペニアの摂食嚥下障害診断フローチャートが開発され、信頼性、妥当性が検証された。嚥下関連筋群の筋肉量評価を含んでいないため、臨床現場で使用しやすい。ただし、...
リハビリテーション薬剤のコンセプトと展望
若林 秀隆, 林 宏行, 東 敬一朗, 中道 真理子, 中村 直人
リハビリテーション栄養   2(1) 106-112   Apr 2018
リハビリテーション(以下リハ)薬剤とは、リハ栄養の考え方を薬剤管理に応用したものである。フレイル高齢者や障害者の機能・活動・参加、QOLを最大限高める「リハからみた薬剤」や「薬剤からみたリハ」といえる。リハからみた薬剤とは、ICFによる機能、活動、参加の評価およびリハを考慮した薬物治療を行うことである。多剤投与は、活動制限やサルコペニアのリスク因子であるため、できる限り改善することが望ましい。薬剤からみたリハとは、薬物治療の内容を考慮したリハを行うことである。薬剤で機能、活動、参加が悪化し...
【高齢者のフレイル(虚弱)と生活機能低下】 高齢者のフレイルの心身機能の特徴とそのアプローチ
若林 秀隆
地域リハビリテーション   13(3) 168-173   Mar 2018
<文献概要>はじめに フレイル(frailty,フレイルティ)とは,加齢のために身体機能を支える恒常性維持機構の低下により,ストレスにあらがう力が低下し健康障害に対する脆弱性が高まった状態である。従来は「虚弱」や「脆弱」と呼ばれていたが,2014年に日本老年医学会が「フレイル」と呼ぶことを提唱した。フレイルには身体的フレイル,認知的フレイル(コグニティブ・フレイル),社会的フレイルがあり,これらを切り離して考えることはできない。本稿では,身体的フレイル,認知的フレイル,社会的フレイルの心身...
ロコモティブシンドロームと骨粗鬆症への栄養と運動からのアプローチ リハビリテーション栄養の重要性と最近のトピック
若林 秀隆
日本骨粗鬆症学会雑誌   4(1) 96-97   Feb 2018
【「サルコペニア診療ガイドライン2017」の要点】 サルコペニアの治療 栄養
若林 秀隆
臨床栄養   132(1) 56-62   Jan 2018
藤原 大, 若林 秀隆
総合リハビリテーション   45(12) 1219-1227   Dec 2017
苅部 康子, 若林 秀隆
日本静脈経腸栄養学会雑誌   32(5) 1526-1530   Nov 2017
【目的】ロイシン高配合必須アミノ酸(LEAA)混合物摂取が、介護老人保健施設入所の要介護高齢者の日常生活活動(ADL)改善に有効か検討する。【方法】65歳以上の要介護高齢者(n=30、84.9±5.6歳、男性n=8、女性n=22)を対象とした。研究デザインは前後比較試験。ロイシン高配合必須アミノ酸(必須アミノ酸3g、ロイシン1.2g、30kcal)を通常の食事に加え12週間摂取した。一次アウトカムをFunctional Independence Measure(以下、FIMと略)利得、二次...
【リハビリテーション栄養2.0-リハ栄養の新たな定義とリハ栄養ケアプロセス】 なぜ栄養ケアマネジメントではなくリハビリテーション栄養ケアプロセスなのか
若林 秀隆
リハビリテーション栄養   1(1) 6-10   Nov 2017
栄養ケアマネジメントは、臨床栄養管理や栄養サポートチームで行われてきた。しかし、現状把握の不足とゴールの未設定のため、適切に問題発見・解決することが難しい。問題とは、現状とあるべき姿との差であり、問題を理解するためには現状とあるべき姿の両者の認識が必要である。栄養ケアプロセスは栄養診断というステップを含んだ優れた臨床栄養管理の手法であるが、サルコペニアの診断が含まれておらず、ゴール設定が明示されていない。そのため、リハ栄養ケアプロセスを開発した。リハ栄養ケアプロセスとは、障害者やフレイル高...
ロコモからみたサルコペニアの現状、治療、予防 サルコペニアに対するリハ医の取り組み リハビリテーション栄養
若林 秀隆
日本整形外科学会雑誌   91(10) 773-777   Oct 2017
森脇 美早, 若林 秀隆
総合リハビリテーション   45(10) 1025-1030   Oct 2017
CKDの療養指導と医療連携 腎臓リハビリテーションとチーム医療
若林 秀隆
日本腎臓学会誌   59(6) 856-856   Sep 2017
Heart×Nutrition(第9回) 心血管疾患によるサルコペニアに対するリハビリテーション栄養
若林 秀隆
ハートナーシング   30(9) 916-917   Sep 2017
【リハビリテーション栄養UPDATE 医原性サルコペニアの廃絶をめざして】(Part 1)リハビリテーション栄養UPDATE 総論 EBRN エビデンスに基づいたリハ栄養実践
若林 秀隆
臨床栄養   別冊(リハビリテーション栄養UPDATE 医原性サルコペニアの廃絶をめざして) 14-20   Aug 2017
【認知症と栄養-基礎知識から栄養管理の実践、予防まで】 認知症にともなう栄養障害
嶋津 さゆり, 若林 秀隆
臨床栄養   131(1) 51-56   Jul 2017
【摂食嚥下障害リハビリテーションABC】 サルコペニア
若林 秀隆
MEDICAL REHABILITATION   (212) 231-236   Jul 2017
サルコペニアとは進行性、全身性に認める筋肉量減少と筋力低下であり、その原因は加齢、活動、栄養、疾患に分類される。サルコペニアの摂食嚥下障害とは、全身および嚥下関連筋の筋肉量減少、筋力低下による摂食嚥下障害である。誤嚥性肺炎、大腿骨近位部骨折術後、禁食を伴う廃用症候群、不適切な栄養管理による低栄養などで入院患者に生じることが多い。サルコペニアの摂食嚥下障害では、栄養改善を目指した攻めの栄養管理と摂食嚥下障害リハビリテーション(以下、リハ)の併用、すなわちリハ栄養が治療となる。KTバランスチャ...
【ナースが気づけば「運動」と「栄養」で改善できる!サルコペニア】 "だから"病棟でサルコペニアに気づく必要がある!
若林 秀隆
Expert Nurse   33(8) 56-59   Jun 2017
【健康寿命延伸のためのサルコペニア対策-現状の課題と今後の展望】 サルコペニアの摂食嚥下障害
若林 秀隆
日本サルコペニア・フレイル学会雑誌   1(1) 29-33   Jun 2017
サルコペニアの摂食嚥下障害とは、全身および嚥下関連筋の筋肉量減少、筋力低下による摂食嚥下障害である。老嚥とは、健常高齢者における摂食嚥下機能低下で、摂食嚥下のフレイルといえる。サルコペニアの摂食嚥下障害は、誤嚥性肺炎、大腿骨近位部骨折術後、廃用症候群、不適切な栄養管理による低栄養などで入院高齢患者に生じることが多い。臨床現場で容易に診断するために、診断フローチャートを開発した。治療はサルコペニアの原因によって異なり、リハビリテーション(以下、リハ)栄養の考え方が有用である。リハ栄養とは、I...
【栄養と運動の深イイ関係 リハビリテーション栄養 Q&A33+症例7】(第1章)リハビリテーション栄養 Q&A33 (Q1)サルコペニアとは何ですか?
若林 秀隆
Nutrition Care   (2017春季増刊) 10-11   May 2017
【栄養と運動の深イイ関係 リハビリテーション栄養 Q&A33+症例7】(第1章)リハビリテーション栄養 Q&A33 (Q2)サルコペニア肥満とは何ですか?
若林 秀隆
Nutrition Care   (2017春季増刊) 12-13   May 2017
【栄養と運動の深イイ関係 リハビリテーション栄養 Q&A33+症例7】(第1章)リハビリテーション栄養 Q&A33 (Q3)サルコペニアの診断基準はありますか?
若林 秀隆
Nutrition Care   (2017春季増刊) 14-15   May 2017
【リハビリテーション栄養管理でめざすサルコペニア治療】 サルコペニアの基礎知識 リハビリテーション栄養とは
若林 秀隆
Modern Physician   37(5) 424-428   May 2017
<ポイント>リハビリテーション栄養とは、栄養状態も含めて国際生活機能分類で評価を行ったうえで、障害者や高齢者の機能、活動、参加を最大限発揮できるような栄養管理を行うことである。リハビリテーション病院・施設に入院・入所している高齢者の約5割に低栄養やサルコペニアを認める。メッツとは、運動や身体活動の強度の単位である。不要な安静臥床、禁食と不適切な栄養管理で入院患者にサルコペニアを生じた場合には、医原性サルコペニアといえる。医原性サルコペニアの予防として、早期離床、早期経口摂取、適切な栄養管理...
吉村 由梨, 若林 秀隆, 前田 圭介, 西岡 心大, 小蔵 要司, 中原 さおり
日本静脈経腸栄養学会雑誌   32(2) 964-970   May 2017
【目的】リハビリテーション栄養研修会への参加と、サルコペニアの評価とリハビリテーション栄養管理の実践の関係について検証した。【対象および方法】日本リハビリテーション栄養研究会会員4,621名を対象にオンライン調査を実施した。研修会参加の有無と筋力・筋肉量・身体機能測定、エネルギー蓄積量を考慮した栄養プランニング実施、栄養補助食品使用、栄養からみたリハビリテーションの考慮で、単変量解析、多変量解析を行った。【結果】715名(15.5%)の有効回答を得た。研修会参加者は536名(75%)、非参...
齋藤 正美, 大塚 吉則, 若林 秀隆
理学療法科学   32(2) 301-306   Apr 2017
[目的]総合診療医を目指す専攻医の、リハビリテーション(以下、リハ)、診療およびリハの教育研修に対する意識からそのあり方を明らかにすることとした。[対象と方法]対象者は、家庭医・総合医後期研修プログラムを実施している総合診療専攻医7名と循環器内科専攻医1名の計8名とした。面接によるフォーカスグループインタビューを行い、分析方法にSteps for Coding and Theorizationを用いた質的研究とした。[結果]「総合診療医の備えるリハ能力」、「リハ職との関係性の希薄」、「講義...
【これが総合診療流!患者中心のリハビリテーション 全職種の能力を引き出し、患者さんのQOLを改善せよ!】 (第2章)総合診療医のリハの実際評価〜指示〜実施の注意点 総合診療医に必須の、リハビリテーション栄養とサルコペニア
若林 秀隆
Gノート   4(2) 290-298   Mar 2017
<Point>●フレイル高齢者や障害者の多くに、低栄養とサルコペニアを認めます●サルコペニアの予防と治療には、リハ栄養が有用です●総合診療医が医原性サルコペニアをつくらないことが大切です(著者抄録)
【ロコモとリハビリテーション】 サルコペニアとリハビリテーション
若林 秀隆
Loco Cure   3(1) 24-28   Feb 2017
サルコペニアとは加齢、活動、栄養、疾患による進行性、全身性に認める筋肉量減少と筋力低下である。サルコペニアに対する治療は、原因によって異なり、リハビリテーション栄養の考え方が有用である。加齢ではレジスタンストレーニングと分岐鎖アミノ酸の併用、活動では不要な閉じこもりや安静臥床を避けること、栄養では栄養改善を目指した攻めの栄養管理、疾患では原疾患の治療、栄養、運動の併用が治療である。1職種でサルコペニアの評価と介入をすべておこなうことは困難であり、多職種によるリハ栄養アプローチが必要と考える...
【栄養ケアで防ごう!フレイル・サルコペニアと低栄養】 内部障害リハビリテーションとは何?
若林 秀隆
Nutrition Care   10(1) 44-45   Jan 2017
リハビリテーションと栄養管理
若林 秀隆
日本臨床栄養学会雑誌   38(4) 201-207   Dec 2016
リハビリテーション栄養とは、栄養状態も含めて国際生活機能分類で評価を行ったうえで、障害者や高齢者の機能、活動、参加を最大限発揮できるような栄養管理を行うことである。リハビリテーションを要する障害者、高齢者には、低栄養やサルコペニアを認めることが多い。そのため、低栄養やサルコペニアを有する障害者、高齢者が最高のパフォーマンスを発揮するためには、適切な栄養管理の併用が欠かせない。サルコペニアの治療はその原因によって異なり、リハビリテーション栄養の考え方が有用である。原因を考慮せずにレジスタンス...
サルコペニア・フレイル対策と栄養 サルコペニア・フレイル対策としての予防的リハビリテーション栄養
若林 秀隆
日本病態栄養学会誌   20(Suppl.) S-2   Dec 2016
リハビリテーション栄養とサルコペニア
若林 秀隆
コミュニケーション障害学   33(3) 174-178   Dec 2016
サルコペニアは進行性、全身性に認める筋肉量減少と筋力低下であり、身体機能障害、QOL低下、死のリスクをともなう。筋肉量減少を認め、筋力低下もしくは身体機能低下を認めた場合にサルコペニアと診断する。サルコペニアの原因は、加齢、活動、栄養、疾患に分類される。サルコペニアの治療はその原因によって異なり、リハビリテーション栄養の考え方が有用である。リハビリテーション栄養とは、栄養状態も含めて国際生活機能分類で評価を行ったうえで、障害者や高齢者の機能、活動、参加を最大限発揮できるような栄養管理を行う...
【内部障害のリハビリテーション-拡がる対象疾患とエビデンス-】 小腸機能障害のリハビリテーション
若林 秀隆
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   53(11) 855-859   Nov 2016
腸管リハビリテーション(以下,リハ)の目的は,消化管粘膜の増殖を促し,消化吸収能を増加させ,経静脈栄養から経腸栄養,経口摂取へと栄養投与経路を移行させることである.狭義の腸管リハ=腸管機能改善といえる.一方,広義の腸管リハは,小腸機能障害のある患者の機能,活動,参加を最大限高めることといえる.小腸機能障害では低栄養やサルコペニアを認めることが多いため,リハ栄養の考え方が広義の腸管リハに有用である.小腸機能障害では,加齢,活動,栄養,疾患といったサルコペニアの原因を複数,認めることがある.サ...
黄 啓徳, 若林 秀隆
臨床透析   32(12) 1495-1502   Nov 2016
本稿ではリハビリテーション栄養療法の基本的な考え方を提示し,症例を提示してリハビリテーション栄養の実践的な方法を示した.高齢透析患者は,保存期からある程度たんぱく質制限があり,透析が導入されると食思不振の状態にも陥る.また,透析導入による倦怠感で不活動となり,加齢の要因も加わってサルコペニア状態となる.リハビリテーション栄養では,国際生活機能分類(ICF)で評価を行ったうえで,障害者や高齢者の機能,活動,参加を最大限発揮できるような栄養管理を行うことが重要であるが,高齢透析患者にも臨床応用...
【ロコモをめぐる最近の話題】 高齢者と栄養 ロコモ・サルコペニア・フレイルの観点から
若林 秀隆
Loco Cure   2(4) 320-325   Nov 2016
高齢者では、身体要因、精神要因、薬剤要因、社会要因のため低栄養になりやすい。栄養の観点では、ロコモをやせロコモとロコモ肥満に分類できる。やせロコモは骨粗鬆症とサルコペニアに、ロコモ肥満は変形性膝関節症、変形性腰椎症に認めることが多い。ロコモの栄養介入は、やせロコモの場合とロコモ肥満の場合で異なるが、いずれの場合も栄養介入と同時に運動介入が必要であり、リハビリテーション栄養の考え方が有用である。ロコモでは栄養面、精神心理面、社会面の評価と介入も重要であり、多職種によるチームアプローチが求めら...
【リハビリテーション看護-看護実践のエビデンスと可能性-】 栄養から患者の回復を支援する
松尾 晴代, 若林 秀隆
MEDICAL REHABILITATION   (201) 43-49   Oct 2016
栄養管理は、患者のすべてに施される医療を行ううえでの基本である。栄養状態の悪化は治療効果を低下させ、不適切な栄養管理は疾病の治療を妨げ、急速に栄養障害を進行させる。適切な栄養評価の実施と、早急に栄養管理を開始することが重要である。高齢化社会では、身体的健康のみでなく、心身ともに活動的な生活が求められる。リハビリテーション(以下、リハ)を行う高齢者の多くに、低栄養やサルコペニア、嚥下障害を認める。低栄養やサルコペニアは、リハのアウトカムや身体機能低下と関連する。リハは、障害者や高齢者の機能・...
老嚥の概要と対応
若林 秀隆
DENTAL DIAMOND   41(13) 131-133   Oct 2016
【リハビリテーションにおける栄養管理】 栄養管理・指導のポイント
鈴木 達郎, 若林 秀隆, 高畠 英昭, 佐伯 覚
総合リハビリテーション   44(8) 685-692   Aug 2016
サルコペニアとリハビリテーション栄養
若林 秀隆
人間の医学   51(2) 6-10   Jul 2016
診療の秘訣 老嚥(Presbyphagia)
若林 秀隆
Modern Physician   36(7) 807-807   Jul 2016
【高齢者ケアの最新知識】 その患者さん、「低栄養」ではありませんか? 看護師に知ってもらいたいリハ栄養の視点
吉田 朱見, 若林 秀隆
Nursing BUSINESS   10(6) 538-541   Jun 2016
地域包括ケアと多職種連携 今、なぜ在宅リハビリテーション栄養か
若林 秀隆
日本在宅栄養管理学会誌   3(1) 47-47   May 2016
【多職種で取り組む摂食嚥下障害 僕なら私なら「こう食べさせる!」】 今、困っている患者がいなくても読んでおくべき!プライマリ・ケア医にこそ必要なリハ栄養の知識 リハなくして総合診療なし!
若林 秀隆
治療   98(6) 770-774   Jun 2016
【健康長寿を支える】 高齢者の廃用症候群をくい止めるリハビリテーション栄養の重要性
若林 秀隆
保団連   (1220) 19-25   Jun 2016
サルコペニアの摂食嚥下障害とリハビリテーション栄養
若林 秀隆
日本コミュニケーション障害学会学術講演会予稿集   42回 31-31   Apr 2016
白石 愛, 吉村 芳弘, 鄭 丞媛, 辻 友里, 嶋津 さゆり, 若林 秀隆
日本静脈経腸栄養学会雑誌   31(2) 711-717   Mar 2016
【目的】高齢入院患者の口腔機能障害の実態ならびに、口腔機能障害とサルコペニア、低栄養との関連性を明らかにする。【方法】2013年6月より10月までに連続入院した65歳以上の患者108名(男性55名、女性53名、平均年齢80.5±6.8歳)を対象とした横断研究。改定口腔アセスメントガイド(ROAG)を用いて口腔機能状態を評価し、サルコペニアや栄養状態との関連性を解析した。【結果】軽度の口腔機能障害を59人(54.6%)、中〜重度の口腔機能障害を34人(31.5%)に認めた。ROAGスコアに関...
ロコモからみたサルコペニアの現状、治療、予防 サルコペニアに対するリハ医の取り組み リハビリテーション栄養
若林 秀隆
日本整形外科学会雑誌   90(3) S971-S971   Mar 2016
摂食嚥下障害にかかわるリハ栄養
若林 秀隆
昭和学士会雑誌   76(1) 88-88   Feb 2016
【栄養療法がわかる!できる!プレゼンのカリスマから学ぶ基本知識と症例問題で身につく実践力で、治療がグッとうまくいく!】 (第3章)症例&問題で身につける栄養療法の実践力 知りたい病態12選 高齢者の栄養療法
若林 秀隆
レジデントノート   17(17) 3295-3302   Feb 2016
<Point>・サルコペニアの対応は原因で異なり、リハビリテーション栄養の考え方が有用です・急性期病院で医原性サルコペニアにさせないことが大切です・褥瘡治療には、栄養改善をめざした攻めの栄養管理を行います(著者抄録)
若林 秀隆
外科と代謝・栄養   50(1) 43-49   Feb 2016
リハビリテーション栄養とは、栄養状態も含めて国際生活機能分類で評価を行ったうえで、障害者や高齢者の機能、活動、参加を最大限発揮できるような栄養管理を行うことである。サルコペニアは、加齢のみが原因の原発性サルコペニアと、活動、栄養、疾患が原因の二次性サルコペニアに分類される。サルコペニアの治療はその原因によって異なり、リハビリテーション栄養の考え方が有用である。特に活動と栄養による医原性サルコペニアの予防が重要である。老嚥とは健常高齢者における嚥下機能低下であり、嚥下のフレイルといえる。老嚥...
人工呼吸後の嚥下障害評価とリハビリテーション
若林 秀隆
日本集中治療医学会雑誌   23(1) 9-11   Jan 2016
蓄積されてきたエビデンスを日常診療で活かす 今日から使える栄養療法の質を上げるケーススタディ 総論 栄養療法の進め方・考え方
小坂 鎮太郎, 若林 秀隆
日本医事新報   (4786) 40-47   Jan 2016
【サルコペニア】 サルコペニアの予防と治療 サルコペニア予防のための運動療法
若林 秀隆
The Lipid   27(1) 67-72   Jan 2016
サルコペニアの原因は加齢、活動(廃用)、栄養(飢餓)、疾患(侵襲、悪液質、神経筋疾患)に分類される。原発性サルコペニアの予防に最も有用なのは、レジスタンストレーニングである。一方、二次性サルコペニアも含めると、サルコペニアへの対応は原因によって異なり、リハビリテーション栄養の考え方が有用である。日本のサルコペニア高齢者に対する運動と栄養の併用は、運動単独より有用と考える。栄養や疾患による二次性サルコペニアの場合、筋肉量増加目的のレジスタンストレーニングは禁忌のことがある。サルコペニア予防の...
【高齢者に対する整形外科分野における手術の実際と適応】 高齢者に対する手術の周術期・リハビリテーションにおける栄養の意義
若林 秀隆
Geriatric Medicine   53(12) 1251-1255   Dec 2015
手術が必要となる運動器疾患を有する高齢者では、低栄養やサルコペニアを認めることが少なくない。低栄養やサルコペニアの場合、機能予後や生命予後が悪くなりやすい。そのため、周術期・リハビリテーションにおける栄養評価と栄養管理が重要である。低栄養とサルコペニアの有無を評価して、これらを改善させて高齢者や障害者の機能、活動、参加を最大限発揮できるような栄養管理を行うリハビリテーション栄養の考え方が有用である。低栄養やサルコペニアを認める場合には、栄養サポートチームに依頼、もしくは管理栄養士に相談して...
チーム医療としてのリハビリテーション栄養の実践
若林 秀隆, 溝部 恵美, 津戸 佐季子, 渡邉 直子, 下田 隼人, 折津 英幸, 染谷 涼子
理学療法学   42(8) 671-672   Dec 2015
【日常診療に役立つサルコペニアの知識】 サルコペニアの予防と治療 運動と栄養の成績
若林 秀隆
Orthopaedics   28(13) 41-49   Dec 2015
サルコペニアの原因は加齢、活動(廃用)、栄養(飢餓)、疾患(侵襲、悪液質、神経筋疾患)に分類される。整形外科やロコモティブシンドローム(以下、ロコモ)からサルコペニアを考える場合、主なターゲットは原発性サルコペニアである。サルコペニアの予防と治療はその原因によって異なり、リハビリテーション栄養の考え方が有用である。日本のサルコペニア高齢者に対する運動と栄養の併用は、運動単独より有用と考える。サルコペニアの原因を厳密に加齢、活動、栄養、疾患に分類することは困難である。特に大腿骨近位部骨折や関...
【サルコペニアに関する最近の話題】 サルコペニアの予防と治療
若林 秀隆
神経内科   83(5) 384-389   Nov 2015
【リハビリテーション医療における呼吸器診療】 呼吸リハビリテーションの栄養管理
宮崎 慎二郎, 若林 秀隆
MEDICAL REHABILITATION   (189) 79-86   Oct 2015
呼吸リハビリテーションの対象であるCOPDにおいては、代謝亢進と摂取エネルギー量の低下により高率に体重減少、栄養障害を認める。また、加齢、活動、栄養、疾患が原因で生じるサルコペニアも注目されており、これらは年齢や呼吸機能と独立してCOPD患者の生命予後に関連する重要な問題である。体重のモニタリングや食事摂取に関する調査など適切な栄養評価を行い、必要に応じて食事指導、栄養補助療法、薬物療法を行うことで、身体機能や病態の改善をはかれることが明らかになってきた。低栄養や進行性の体重減少を認める場...
【できていますか?非がん疾患の緩和ケア】 (Case Study 5)脳梗塞後 サルコペニアが進み、摂食嚥下リハを開始した患者のケース
若林 秀隆
Gノート   2(5) 708-713   Oct 2015
<Point>●急性期病院における摂食嚥下リハビリテーションの一部は緩和ケアです●サルコペニアが進行すると摂食嚥下障害が悪化します●最期まで口から食べる幸せを守ることが大切です(著者抄録)
サルコペニアの病態と対策 サルコペニアに対するリハビリテーション栄養
若林 秀隆
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   58(秋季学会) 62-62   Sep 2015
リハビリテーション病床で求められる薬物療法と医学的管理 経管栄養患者の医学的管理
若林 秀隆
Journal of Clinical Rehabilitation   24(8) 806-810   Aug 2015
【高齢者の静脈栄養法-プラスαの輸液力を磨く!】 高齢者と栄養 フレイル・サルコペニアを知る
若林 秀隆
薬事   57(9) 1433-1437   Aug 2015
フレイルとは加齢のために、身体機能を支える恒常性維持機構の低下によりストレスに抗う力が低下し、健康障害に対する脆弱性が高まった状態である。フレイルの中核要因はサルコペニアと低栄養であるため、これらへの対応が重要である。サルコペニアは進行性、全身性に認める筋肉量減少と筋力低下であり、身体機能障害、QOL低下、死のリスクを伴う。サルコペニアの原因は、加齢、活動、栄養、疾患(侵襲、悪液質、原疾患)に分類される。サルコペニアの治療は原因によって異なりリハビリテーション栄養の考え方が有用である。飢餓...
【超高齢社会におけるフレイルの意義を考える】 実臨床におけるフレイル 嚥下障害とフレイルはこう関連する
若林 秀隆
Modern Physician   35(7) 880-884   Jul 2015
<ポイント>老嚥とは、健常高齢者における嚥下機能低下であり、嚥下のフレイルである。嚥下障害、フレイル、低栄養、サルコペニアには双方向の関連を認める。老嚥と軽度の嚥下障害のスクリーニングには、EAT-10が有用である。嚥下障害は身体的フレイル、精神心理的フレイル、社会的フレイルを悪化させる。老嚥への介入には、嚥下関連筋のレジスタンストレーニング、栄養改善、歯科による口腔機能評価・介入がある。(著者抄録)
【CKDにおけるサルコペニア・フレイル対策】 サルコペニア・フレイルに対する運動・リハビリテーション
若林 秀隆
臨床透析   31(8) 1041-1048   Jul 2015
フレイル高齢者に多いサルコペニアと持久力低下の原因は,加齢,活動,栄養,疾患に分類できる.サルコペニア・フレイルへの対応はその原因によって異なり,リハビリテーション栄養の考え方が有用である.サルコペニアと持久力低下の原因によってレジスタンストレーニング,持久性トレーニングを行うべき場合と禁忌の場合がある.不要な安静や不適切な栄養管理による医原性サルコペニアの予防が重要である.誤嚥性肺炎の治癒後には,低栄養などが原因でサルコペニアの摂食嚥下障害を認めやすい.そのため,誤嚥性肺炎では嚥下関連筋...