近視研究ブログ

COUNTER25008

近視研究ブログ

123
2019/11/15

眼科グラフィック総説執筆

Tweet ThisSend to Facebook | by nozomik1012
自治医科大学附属さいたま医療センター眼科では、
オルソケラトロジーと0.01%アトロピン点眼薬の併用による近視進行抑制治療
の研究をしています。


2019年11月15日(金)に発売の眼科グラフィック2019年6号
特集『子どもの近視進行を予防し,子どもの近視を減らす!』で
「◆近視進行を点眼で予防する」の執筆を担当しました。

国内トップレベルの先生方が分担執筆されており、最先端の近視進行抑制治療が分かりやすく書いてあります。



【特集①】 子どもの近視進行を予防し,子どもの近視を減らす!
プランナー 京都府立医科大学 稗田 牧
◆子どもの近視の検査と管理の基本
川崎医科大学 長谷部 聡
◆近視,近視進行の原因とは
東京医科歯科大学 横井 多恵・大野 京子
◆近視進行を眼鏡で予防する
慶應義塾大学 四倉 絵里沙・鳥居 秀成
◆近視進行をコンタクトレンズで予防する
伊丹中央眼科 二宮 さゆり
◆近視進行を点眼で予防する
自治医科大学附属さいたま医療センター 木下 望
◆近視の発生は予測できるか?
京都府立医科大学 中井 義典

この近視進行抑制研究の
協力施設は、こちら
意義と目的
は、
こちら
プロトコルは、こちら
UMIN 臨床試験登録情報は、こちら
をご覧ください。
近視研究ブログの記事は
強度近視眼の眼底写真は、こちら
近視進行抑制率ランキングは、こちら
オルソケラトロジーが近視進行を抑制する理由は、こちら
近視の進行抑制に併用治療が必要な理由は、こちら
をご覧ください。


この近視進行抑制研究にご興味のある方は、下記の研究責任者までご連絡ください。
自治医科大学附属さいたま医療センター眼科

講師 木下 望

E-mail nozomik@omiya.jichi.ac.jp


22:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/10/27

第73回日本臨床眼科学会講演

Tweet ThisSend to Facebook | by nozomik1012
自治医科大学附属さいたま医療センター眼科では、
オルソケラトロジーと0.01%アトロピン点眼薬の併用による近視進行抑制治療
の研究をしています。


2019年10月24日(木)~27(日)に国立京都国際会館グランドプリンスホテル京都で開催された
第73回日本臨床眼科学会
10月24日(木) インストラクションコース5. 近視治療トータルコーディネート ~メカニズム研究から進行抑制、外科的治療まで~ 5. 『アトロピン・オルソケラトロジーによる近視進行抑制』
                &
10月25日(金)  一般講演34. 学童近視と抑制法 4. 『オルソケラトロジーと0.01%アトロピン点眼の眼軸伸長抑制の相加効果(2年間の結果)』
において、講演しました。
日本臨床眼科学会は、眼科分野では日本で一番大きな学会です。どちらも朝イチの講演でしたが、今回も満員御礼でした。インストラクションコース講演ハンドアウトおよび一般講演スライドが『公開資料』からダウンロードできます。

座長の慶応義塾大学鳥居秀成先生、筑波大学平岡孝浩先生をはじめ、共同演者の先生方、聴講して頂いた皆様方、ありがとうございました。



左から
世古裕子先生、二宮さゆり先生、栗原俊英先生、鳥居秀成先生、木下望、稗田牧先生

 
左:木下望、右:平岡孝浩先生

この近視進行抑制研究の
協力施設は、こちら
意義と目的
は、
こちら
プロトコルは、こちら
UMIN 臨床試験登録情報は、こちら
をご覧ください。
近視研究ブログの記事は
強度近視眼の眼底写真は、こちら
近視進行抑制率ランキングは、こちら
オルソケラトロジーが近視進行を抑制する理由は、こちら
近視の進行抑制に併用治療が必要な理由は、こちら
をご覧ください。


この近視進行抑制研究にご興味のある方は、下記の研究責任者までご連絡ください。
自治医科大学附属さいたま医療センター眼科

講師 木下 望

E-mail nozomik@omiya.jichi.ac.jp


22:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告
2019/10/14

AAO 2019, the 123rd Annual Meeting Best Poster受賞

Tweet ThisSend to Facebook | by nozomik1012

自治医科大学附属さいたま医療センター眼科では、
オルソケラトロジーと0.01%アトロピン点眼薬の併用による近視進行抑制治療
の研究をしています。

2019年10月12日(土)~10月15日(火)に サンフランシスコのモスコーニセンターで開催されたAmerican Academy of Ophthalmology (米国眼科学会) 主催の

AAO 2019, the 123rd Annual Meeting
Session: PD35 ePoster Discussion: Pediatric Ophthalmology, Strabismus - PO349 Additive Effects of Orthokeratology and Atropine 0.01% Ophthalmic Solution for Slowing Axial Elongation

において、本近視抑制研究の演題が ePoster Doscussion に選出されました。
AAO Annual Meeting は世界で最も権威のある臨床眼科学会で採択率30%と言われており、さらにePoster Doscussion に選ばれるのはその一部なので、選出されただけでも栄誉なことです。発表スライドが『公開資料』からダウンロードできます。
台風19号の影響で成田発サンフランシスコ行の飛行機が2019年10月12・13日と2日連続で欠航になったため、残念ながら10月14日の ePoster Discussionには参加することができませんでしたが、Best Posterを受賞しました。ePosterは『AAO Meeting Archives』で閲覧できるようになっています。さらに、American Academy of Ophthalmology の News Releases に、本近視抑制研究が紹介されました。結果の記載が少し間違っているところがあるので、本当はサンフランシスコに行って説明したかったところですが、世界中の人々への宣伝にはなるのでよかったです。


New Approach to Slowing Nearsightedness in Children Shows Promise


この近視進行抑制研究の
協力施設は、こちら
意義と目的
は、
こちら
プロトコルは、こちら
UMIN 臨床試験登録情報は、こちら
をご覧ください。
近視研究ブログの記事は
強度近視眼の眼底写真は、こちら
近視進行抑制率ランキングは、こちら
オルソケラトロジーが近視進行を抑制する理由は、こちら
近視の進行抑制に併用治療が必要な理由は、こちら
をご覧ください。


この近視進行抑制研究にご興味のある方は、下記の研究責任者までご連絡ください。
自治医科大学附属さいたま医療センター眼科

講師 木下 望

E-mail nozomik@omiya.jichi.ac.jp


22:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告
2019/08/31

第19回Refractive Surgery Update Seminar in Kyoto 2019講演

Tweet ThisSend to Facebook | by nozomik1012
自治医科大学附属さいたま医療センター眼科では、
オルソケラトロジーと0.01%アトロピン点眼薬の併用による近視進行抑制治療
の研究をしています。


2019年8月31日(土)に メルパルク京都で開催されたリフラクティブ関西研究会主催の
第19回Refractive Surgery Update Seminar in Kyoto 2019
教育セミナー1. 近視治療 up date 2. オルソケラトロジーの近視進行抑制への0.01%アトロピン点眼の併用効果~0.01%アトロピンの真実~』
において、京都府立医科大学稗田牧先生にご指名頂き、講演させて頂きました。
講演スライドが『公開資料』からダウンロードできます。

会長の京都府立医科大学木下茂教授、座長の稗田牧先生をはじめ、聴講して頂いた皆様方、ありがとうございました。


 

この近視進行抑制研究の
協力施設は、こちら
意義と目的
は、
こちら
プロトコルは、こちら
UMIN 臨床試験登録情報は、こちら
をご覧ください。
近視研究ブログの記事は
強度近視眼の眼底写真は、こちら
近視進行抑制率ランキングは、こちら
オルソケラトロジーが近視進行を抑制する理由は、こちら
近視の進行抑制に併用治療が必要な理由は、こちら
をご覧ください。


この近視進行抑制研究にご興味のある方は、下記の研究責任者までご連絡ください。
自治医科大学附属さいたま医療センター眼科

講師 木下 望

E-mail nozomik@omiya.jichi.ac.jp


22:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告
2019/06/30

第34回JSCRS学術総会教育セミナー講演

Tweet ThisSend to Facebook | by nozomik1012
自治医科大学附属さいたま医療センター眼科では、
オルソケラトロジーと0.01%アトロピン点眼薬の併用による近視進行抑制治療
の研究をしています。


2019年6月30日(日)に 京都市勧業館みやこめっせ で開催された
第34回JSCRS学術総会
教育セミナー8. 近視治療実践オルソケラトロジー 3. オルソケラトロジーによる近視進行抑制効果』
において、オルソケラトロジーの世界的権威である筑波大学平岡孝浩先生にご指名頂き、講演させて頂きました。平岡孝浩先生に研究成果を『世界最先端』と高く評価して頂きました。
講演スライドが『公開資料』からダウンロードできます。

座長の平岡孝浩先生、吉野健一先生をはじめ、共同演者の先生方、聴講して頂いた皆様方、ありがとうございました。


 
セミナー終了後、平岡孝浩先生と一緒写真を撮って頂きました。

この近視進行抑制研究の
協力施設は、こちら
意義と目的
は、
こちら
プロトコルは、こちら
UMIN 臨床試験登録情報は、こちら
をご覧ください。
近視研究ブログの記事は
強度近視眼の眼底写真は、こちら
近視進行抑制率ランキングは、こちら
オルソケラトロジーが近視進行を抑制する理由は、こちら
近視の進行抑制に併用治療が必要な理由は、こちら
をご覧ください。


この近視進行抑制研究にご興味のある方は、下記の研究責任者までご連絡ください。
自治医科大学附属さいたま医療センター眼科

講師 木下 望

E-mail nozomik@omiya.jichi.ac.jp


22:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/12/17

JJO掲載論文1,200ダウンロード突破 & 5ヶ月連続第1位

Tweet ThisSend to Facebook | by nozomik1012
自治医科大学附属さいたま医療センター眼科では、
オルソケラトロジーと0.01%アトロピン点眼薬の併用による近視進行抑制治療
の研究をしています。

Japanese Journal of Ophthalmology (JJO) に掲載された本研究の中間報告の論文が1,200ダウンロードを突破し、2018年11月の月間ダウンロード数でも掲載開始から5ヶ月連続の第1位に輝きました。
DOI: https://doi.org/10.1007/s10384-018-0608-3

JJOは日本の優れた論文を世界に発信することを主たる目的とした日本眼科学会が刊行している英文医学雑誌です。英文査読誌なので、PubMedなどの海外の医学系文献検索サイトに収載され、世界中の人々に読まれ、論文に引用してもらえます (2017 Impact Factor; 1.775)。



Kinoshita N, Konno Y, Hamada N, Kanda Y, Shimmura-Tomita M, Kakehashi A. Additive effects of orthokeratology and atropine 0.01% ophthalmic solution in slowing axial elongation in children with myopia: first year results. Jpn J Ophthalmol. 2018;62:544-553. doi: 10.1007/s10384-018-0608-3.

まだ中間報告なので、合計40症例を1年間フォローした結果を記載しております。
最終的な合計80症例を2年間フォローした結果は2019年3月に確定する予定です。なるべく早く皆様に最終結果をお届けできるよう頑張ります。今後ともご支援の程、宜しくお願い致します。

この近視進行抑制研究の
協力施設は、こちら
意義と目的
は、
こちら
プロトコルは、こちら
UMIN 臨床試験登録情報は、こちら
をご覧ください。
近視研究ブログの記事は
強度近視眼の眼底写真は、こちら
近視進行抑制率ランキングは、こちら
オルソケラトロジーが近視進行を抑制する理由は、こちら
近視の進行抑制に併用治療が必要な理由は、こちら
をご覧ください。


この近視進行抑制研究にご興味のある方は、下記の研究責任者までご連絡ください。
自治医科大学附属さいたま医療センター眼科

講師 木下 望

E-mail nozomik@omiya.jichi.ac.jp


22:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告
2018/11/13

論文初被引用

Tweet ThisSend to Facebook | by nozomik1012
自治医科大学附属さいたま医療センター眼科では、
オルソケラトロジーと0.01%アトロピン点眼薬の併用による近視進行抑制治療
の研究をしています。


本研究の中間報告の論文が、オルソケラトロジーの近視進行抑制効果の世界的権威である香港のPauline Cho先生の総説に引用されました(Reference #125)。

Cho P, Tan Q. Myopia and orthokeratology for myopia control. Clin Exp Optom. 2018 Oct 31. doi: 10.1111/cxo.12839. Invited Review.

<引用部分抜粋>
The mechanisms of optical and pharmaceutical interventions in myopia control are not fully understood. It is believed that optical and pharmaceutical strategies act via different mechanisms. Thus, a combined treatment approach may have great potential to maximize the treatment effect of current interventions for myopia control. However, when optical interventions are applied, there are limited opportunities to combine these two interventions, because different optical correction approaches cannot be simultaneously used.
By the same token, overlapping of pharmaceutical treatment may lead to greater side effects, rendering combined treatments non‐viable. Based on this reasoning, the combination of optical and pharmaceutical strategies, such as combination of orthokeratology and 0.01 per cent atropine, may produce better treatment effects while maintaining their own benefits as single treatments. A study conducted in Japan has recently reported that the combined treatment of orthokeratology and 0.01 per cent atropine was more effective in slowing axial elongation in myopic children compared to orthokeratology alone (0.09 mm versus 0.19 mm).125 But more studies are warranted to provide further evidence.

Pauline Cho先生は、オルソケラトロジーの近視進行抑制効果について、2005年に世界初のパイロットスタディを報告した LORICスタディ および2012年に世界初のランダム化比較試験を報告した ROMIOスタディの論文の筆頭著者です。世界的権威の先生の総説に論文を引用して頂いたことは、とても栄誉なことです。


この近視進行抑制研究の
協力施設は、こちら
意義と目的
は、
こちら
プロトコルは、こちら
UMIN 臨床試験登録情報は、こちら
をご覧ください。
近視研究ブログの記事は
強度近視眼の眼底写真は、こちら
近視進行抑制率ランキングは、こちら
オルソケラトロジーが近視進行を抑制する理由は、こちら
近視の進行抑制に併用治療が必要な理由は、こちら
をご覧ください。


この近視進行抑制研究にご興味のある方は、下記の研究責任者までご連絡ください。
自治医科大学附属さいたま医療センター眼科

講師 木下 望

E-mail nozomik@omiya.jichi.ac.jp


16:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2018/10/11

第72回日本臨床眼科学会インストラクションコース講演

Tweet ThisSend to Facebook | by nozomik1012
自治医科大学附属さいたま医療センター眼科では、
オルソケラトロジーと0.01%アトロピン点眼薬の併用による近視進行抑制治療
の研究をしています。


2018年10月11日(木)に東京国際フォーラムで開催された
第72回日本臨床眼科学会
インストラクションコース10. 近視治療トータルコーディネート ~メカニズム研究から進行抑制、外科的治療まで~ 5. アトロピン・オルソケラトロジーによる近視進行抑制』
において、講演しました。
日本臨床眼科学会は、眼科分野では日本で一番大きな学会です。通常は閑散としている初日朝イチの講演でしたが、満員御礼でした。講演ハンドアウトが『公開資料』からダウンロードできます。

座長の慶応義塾大学鳥居秀成先生をはじめ、共同演者の先生方、聴講して頂いた皆様方、ありがとうございました。





左から
世古裕子先生、二宮さゆり先生、稗田牧先生、栗原俊英先生、鳥居秀成先生、木下望


この近視進行抑制研究の
協力施設は、こちら
意義と目的
は、
こちら
プロトコルは、こちら
UMIN 臨床試験登録情報は、こちら
をご覧ください。
近視研究ブログの記事は
強度近視眼の眼底写真は、こちら
近視進行抑制率ランキングは、こちら
オルソケラトロジーが近視進行を抑制する理由は、こちら
近視の進行抑制に併用治療が必要な理由は、こちら
をご覧ください。


この近視進行抑制研究にご興味のある方は、下記の研究責任者までご連絡ください。
自治医科大学附属さいたま医療センター眼科

講師 木下 望

E-mail nozomik@omiya.jichi.ac.jp


22:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/09/10

ラジオ出演 『オルソケラトロジー』

Tweet ThisSend to Facebook | by nozomik1012
自治医科大学附属さいたま医療センター眼科では、
オルソケラトロジーと0.01%アトロピン点眼薬の併用による近視進行抑制治療
の研究をしています。


9月10日は『コンタクトレンズの日』とのことで
2018年9月10日(月)am 7:20~7分程度、CBCラジオ『多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N』に出演し、オルソケラトロジーについてコメントしました。

放送内容は以下をクリックして下さい。
CBCラジオ<朝からPON>オルソケラトロジー.mp3



この近視進行抑制研究の
協力施設は、こちら
意義と目的
は、
こちら
プロトコルは、こちら
UMIN 臨床試験登録情報は、こちら
をご覧ください。
近視研究ブログの記事は
強度近視眼の眼底写真は、こちら
近視進行抑制率ランキングは、こちら
オルソケラトロジーが近視進行を抑制する理由は、こちら
近視の進行抑制に併用治療が必要な理由は、こちら
をご覧ください。


この近視進行抑制研究にご興味のある方は、下記の研究責任者までご連絡ください。
自治医科大学附属さいたま医療センター眼科

講師 木下 望

E-mail nozomik@omiya.jichi.ac.jp


07:20 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/08/20

JJO掲載論文月間ダウンロード数第1位

Tweet ThisSend to Facebook | by nozomik1012
自治医科大学附属さいたま医療センター眼科では、
オルソケラトロジーと0.01%アトロピン点眼薬の併用による近視進行抑制治療
の研究をしています。


Japanese Journal of Ophthalmology (JJO) に掲載された本研究の中間報告の論文が、2018年7月の月間ダウンロード数第1位に輝きました。
DOI: https://doi.org/10.1007/s10384-018-0608-3

JJOは日本の優れた論文を世界に発信することを主たる目的とした日本眼科学会が刊行している英文医学雑誌です。英文査読誌なので、PubMedなどの海外の医学系文献検索サイトに収載され、世界中の人々に読まれ、論文に引用してもらえます (2017 Impact Factor; 1.775)。



Kinoshita N, Konno Y, Hamada N, Kanda Y, Shimmura-Tomita M, Kakehashi A. Additive effects of orthokeratology and atropine 0.01% ophthalmic solution in slowing axial elongation in children with myopia: first year results. Jpn J Ophthalmol. 2018;62:544-553. doi: 10.1007/s10384-018-0608-3.

まだ中間報告なので、合計40症例を1年間フォローした結果を記載しております。
最終的な合計80症例を2年間フォローした結果は2019年3月に確定する予定です。なるべく早く皆様に最終結果をお届けできるよう頑張ります。今後ともご支援の程、宜しくお願い致します。

この近視進行抑制研究の
協力施設は、こちら
意義と目的
は、
こちら
プロトコルは、こちら
UMIN 臨床試験登録情報は、こちら
をご覧ください。
近視研究ブログの記事は
強度近視眼の眼底写真は、こちら
近視進行抑制率ランキングは、こちら
オルソケラトロジーが近視進行を抑制する理由は、こちら
近視の進行抑制に併用治療が必要な理由は、こちら
をご覧ください。


この近視進行抑制研究にご興味のある方は、下記の研究責任者までご連絡ください。
自治医科大学附属さいたま医療センター眼科

講師 木下 望

E-mail nozomik@omiya.jichi.ac.jp


22:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
123