馬場基

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/19 10:51
 
アバター
研究者氏名
馬場基
 
ババ ハジメ
eメール
h-babanabunken.go.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/70332195.ja.html
所属
独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
部署
都城発掘調査部
職名
主任研究員
学位
修士(文学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
 - 
2011年
独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所 研究員
 

委員歴

 
2014年
 - 
現在
坂出市  讃岐国府調査指導専門委員会委員
 
2011年
 - 
現在
東京大学史料編纂所  特定共同研究研究員
 
 
 - 
現在
木簡学会  委員
 

論文

 
門の格からみた宮の空間
馬場基
佐藤信編『史料・史跡と古代社会』吉川弘文館   365-391   2018年3月
史料から見た古代都市と動物
馬場基
条里制・古代都市研究   (33) 49-61   2018年3月
字形画像をキーとした情報検索による古文書デジタルアーカイブ活用への効果
耒代誠仁,高田祐一,井上幸,方国花,馬場基,渡辺晃宏,井上聡
情報処理学会論文誌   59(2) 1180-1185   2018年2月   [査読有り]
第5講 平城京の実像
馬場基
佐藤信編『古代史講義-邪馬台国から平安時代まで』筑摩書房   87-104   2018年1月
Technologies and Improvements of Image Search Service for Handwritten Character Patterns on Japanese Historical Documents
Akihito Kitadai, Miyuki Inoue, Yuichi Tanaka, Guohua Fang, Hajime Baba, Akihiro Watanabe and Satoshi Inoue
Proceedings of the 14th International Conference on Document Analysis and Recognition (ICDAR 2017)   1180-1185   2017年11月   [査読有り]
歴史的文字に関する経験知・暗黙知の蓄積と資源化の試み
馬場基
人文科学とコンピュータ研究会報告   (2017-CH-115(9)) 1-4   2017年7月   [査読有り]
都城の造営と交通路
馬場基
『日本古代の道路と景観-駅家・官衙・寺-』八木書店   63-86   2017年5月
木簡およびくずし字のデジタルアーカイブを文字画像で検索するサービスの実装
耒代 誠仁,井上 幸,高田 祐一,方 国花,馬場 基,渡辺 晃宏,井上 聡
情報処理学会 人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2016」論文集   19-24   2016年12月   [査読有り]
奈良文化財研究所における情報技術を活用した史料の利活用の促進
馬場基
第5回 東亜細亜 史料研究編纂機関 国際学術会議 ―東京大学伊藤国際学術研究センター会議― アジア歴史資料の編纂と研究資源化   159-183   2016年11月
中央と地方を結ぶ人々の動き
馬場基
『日本古代の交通・交流・情報 1 制度と実態』吉川弘文館   85-104   2016年2月
古文書字形デジタルアーカイブのための検索システムの試作
耒代誠仁,馬場基,渡辺晃宏,井上聡,久留島典子,中川正樹
じんもんこん2015論文集   9-15   2015年12月   [査読有り]
古代日本の動物利用
馬場基
松井章編食の文化フォーラム33『野生から家畜へ』ドメス出版   42-63   2015年9月
耒代誠仁,白井啓一郎,馬場基,渡辺晃宏,井上聡,久留島典子,中川正樹
人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2014」論文集   (3) 87-92   2014年12月   [査読有り]
古文書デジタルアーカイブの活用を促すことは,考古学・歴史学分野の研究者にとって重要な役割となっている.筆者らは,古文書デジタルアーカイブの横断検索機能の提供が古文書デジタルアーカイブの利用を促進する入り口になると考え,その実現と改善を目指した研究を実施してきた.本稿では,字形を検索キーとして直接入力することで,古文書デジタルアーカイブに登録された字形を参照することができる横断検索サービスの試作について述べる
古文書字形検索サーバの設計と試作
耒代誠仁,白井啓一郎,馬場基,渡辺晃宏,井上聡,久留島典子,中川正樹
日本情報考古学会講演論文集   (13) 75-77   2014年10月   [査読有り]
馬場基
情報処理学会研究報告. 人文科学とコンピュータ研究会報告   (2014-CH-102(12)) 1-3   2014年5月
古代木簡研究において、情報技術の導入によって情報活用の方法やスタイルがどのように変化するのか、その可能性と課題について述べる。
書写技術の伝播と日本文字文化の基層
馬場基
角谷常子編『東アジア木簡学のために』奈良大学      2014年3月   [査読有り]
古代木簡に対する平滑化処理の適用および古代木簡解読支援システムのアップデート
耒代 誠仁,白井 啓一郎,遠藤 友樹,中川 正樹,馬場 基,渡辺 晃宏,井上 聡,久留島 典子
じんもんこん2013論文集   (4) 65-70   2013年12月   [査読有り]
文献資料から見た古代の塩
馬場基
『塩の生産・流通と官衙・集落』奈良文化財研究所研究報告第12冊   11-35   2013年12月   [査読有り]
保存食が支えた古代国家
馬場基
『VESTA』   92 17-19   2013年11月   [査読有り]
漢字文化からみる弥生人の知識レベル
馬場基
『歴史読本』   2013-12 110-115   2013年10月   [査読有り]
新刊紹介 橋本義則編『東アジア都城の比較研究』
馬場基
年報都市史研究   (20) 151-151   2013年3月
馬場 基,渡辺 晃宏,井上 幸,中川 政樹,耒代 誠仁
情報処理学会研究報告. 人文科学とコンピュータ研究会報告   2013(10) 1-4   2013年1月   [査読有り]
奈良文化財研究所では 『木簡字典』 『墨書土器字典』 を公開している。その開発では、個別の資料の特性をデータベースに反映させることの重要性を再認識した。一方、東京大学史料編纂所 『電子くずし字字典』 との連携検索システムも公開している。この開発では、 「一般化」 の必要性を強く認識した。本報告では、上記の事例を具体的に紹介し、 「個別深化」 「一般化」 という二つの課題解決への提案を行う。
古文書字形検索のための画像処理
白井啓一郎,耒代誠仁,井上聡,久留島典子,馬場基,渡辺晃宏,中川正樹
情報処理学会研究報告. 人文科学とコンピュータ研究会報告   (2013-CH-97(7)) 1-6   2013年1月   [査読有り]
資料学と史料学の境界 -籾山明・佐藤信編『文献と遺物の境界-中国出土簡牘の生態的研究-』によせて
馬場基
木簡研究   (34) 205-224   2012年12月   [査読有り]
シームレスコンピューティングのための古文書字形検索技術
耒代 誠仁,白井 啓一郎,井上 聡,久留島 典子,馬場 基,渡辺 晃宏,中川 正樹
人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2012」論文集   2012(7) 85-92   2012年11月   [査読有り]
平城京の鼠序説
馬場基
奈良文化財研究所編『文化財論叢』Ⅳ   585-596   2012年10月
「木簡の作法」論から東アジア木簡学に迫る為に
馬場基
『東アジアの簡牘と社会-東アジア簡牘学の検討-シンポジウム報告集』中国政法大学法律古籍整理研究所・奈良大学簡牘研究会・中国法律史学会古代法律文献専業委員会   101-115   2012年3月   [招待有り]
参河の国の贄木簡のかたること
馬場基
田島公編『史料から読み解く三河』笠間書院   101-133   2012年3月   [査読有り][招待有り]
平城京にはなぜ外京が作られたのでしょうか?
馬場基
日本歴史   (764) 2-5   2012年1月   [招待有り]
古代木簡解読支援のための画像処理および字体検索の高度化
耒代 誠仁,中川 正樹,馬場 基,渡辺 晃宏
人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2011」論文集   2011(8) 93-98   2011年12月   [査読有り]
須恵器に残された動物の足跡
馬場基
『立命館大学文学部学芸員課程研究報告』   (13) 173-176   2011年3月
木簡の作法と100年の理由
馬場基
『日韓文化財論叢Ⅱ』独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所・大韓民国国立文化財研究所   365-379   2011年3月
馬場 基
日本歴史   0(753) 100-102   2011年2月
木簡研究現場에서의 2가지 試図
馬場基
『木簡과文字』   (8) 141-168   2011年   [査読有り][招待有り]
古代木簡解読支援システムにおける字体検索の高性能化
Sherini Somayeh,来代 誠仁,中川 正樹,馬場 基,渡辺 晃宏
人文科学とコンピュータシンポジウム論文集   (15) 27-32   2010年12月   [査読有り]
馬場 基
歴史評論   0(728) 46-61   2010年12月
馬場 基
季刊考古学   0(112) 34-37,6   2010年8月
木簡の世界
馬場基
田辺征夫・佐藤信編『古代の都2 平城京の時代』吉川弘文館   149-173   2010年7月   [査読有り]
平川 千紗,耒代 誠仁,中川 正樹,馬場 基,渡辺 晃宏
全国大会講演論文集   72(4) "4-861"-"4-862"   2010年3月
丹野 勇哉,来代 誠仁,中川 正樹,馬場 基,渡邊 晃宏
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2010(2)    2010年3月
文字字形総合データベース作成の試み ~電子くずし字字典データベースと木簡画像データベース・木簡字典の連携について~
井上聡,馬場基
人間文化研究機構 『人間文化研究情報資源共有化研究会報告集Ⅰ』   99-112   2010年3月
荷札が語る古代の税制
馬場基
木簡学会編『木簡から古代が見える』岩波書店   30-37   2010年   [招待有り]
奈良の寺々
馬場基
佐藤信編『史跡で読む日本史4 奈良の都と地方社会』吉川弘文館   61-94   2010年   [査読有り]
平城宮
馬場基
佐藤信編『史跡で読む日本史4 奈良の都と地方社会』吉川弘文館   39-60   2010年   [査読有り]
平城京
馬場基
佐藤信編『史跡で読む日本史4 奈良の都と地方社会』吉川弘文館   10-38   2010年   [査読有り]
耒代誠仁,齋藤恵,戸根 康隆,石川 正敏,中川 正樹,馬場 基,渡辺 晃宏
情報処理学会論文誌   50(4) 1444-1455   2009年4月
手書き文字パターン検索における類似度評価は,手書き文字認識手法を用いて実現できる.しかし,木簡の損傷によって欠損した文字パターンをキーとする場合,非線形正規化におけるパターンの過剰な変形が問題となる.本論文では文字パターンの欠損が疑われる部分をグレーゾーンとして専門家に指摘してもらうことで,非線形正規化処理における問題を緩和し,さらに絞り込み検索にも対応する手書き文字パターン検索手法を提案する.評価実験では,グレーゾーンを用いることによる検索精度の改善が見られた.また,提案手法は木簡解読の...
高倉 純,耒代 誠仁,中川 正樹,馬場 基,渡邊 晃宏
全国大会講演論文集   71(4) "4-755"-"4-756"   2009年3月
Sherini Somayeh,高倉 純,耒代 誠仁,中川 正樹,馬場 基,渡邊 晃宏
全国大会講演論文集   71(4) "4-753"-"4-754"   2009年3月
古代下級官人出勤日数実態調査
馬場基
『日本歴史』   (729) 88-89   2009年   [招待有り]
古代日本의 荷札
馬場基
『木簡과文字』   (2) 145-176   2008年12月   [査読有り][招待有り]
馬場 基
木簡研究   0(30) 233-264   2008年
平城京のさいご 西大寺食堂院調査成果を出発点として
馬場基
『奈良女子大学21世紀COEプログラム報告集18 古代日本の支配と文化』奈良女子大学   166-196   2008年   [査読有り]
木簡解読支援のための文脈処理
耒代誠仁,西嶋佳津,斉藤恵,石川正敏,中川正樹,馬場基,渡辺晃宏
情報考古学   13(1) 7-21   2007年9月   [査読有り]
齋藤 恵,耒代 誠仁,西嶋 佳津,中川 正樹,馬場 基,渡邊 晃宏
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   105(615) 85-90   2006年2月
木簡に記された文字パターンには部分的な欠損を含むものが多い.欠損を含む文字パターンに対しては欠損部分の情報をユーザが補足し,捕捉された情報を利用して文字認識を行う手法が有効である.我々は,白黒2値を対象としたオフライン手書き文字認識で用いられている非線形正規化手法,特徴量抽出手法を応用して欠損文字パターンの認識を行う手法を実現し,既存の欠損文字パターン認識手法との比較を行った.この手法は,2,108枚の木簡画像から墨部を抽出し,擬似的な欠損を付加した文字パターンを用いた実験において,60....
都城出土木簡が語る若狭の塩
馬場基
美浜町教育委員会編『興道寺廃寺と興道寺遺跡 古代若狭のテラとムラとシオ』美浜町教育委員会   153-164   2006年   [招待有り]
馬場 基
年報都市史研究   27-35   2005年11月
一行書きの隠岐国荷札
馬場基
西洋子・石上英一編『正倉院文書論集』青史出版   257-266   2005年6月   [査読有り]
蜂谷 大翼,耒代 誠仁,齋藤 恵,中川 正樹,馬場 基,渡邊 晃宏
電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語   104(740) 169-174   2005年3月
本報告では, 木簡上での欠損を含む文字パターンに対する文字認識手法について述べる.木簡とは, 木片に墨を用いた文字が記されたものである.古い木簡の多くは破損, 汚損, または劣化しているため, そこに記された文字パターンは部分的な欠損を伴う.この欠損は, オフライン文字認識処理における文字パターンの正規化, 及び特徴量抽出に影響を及ぼす.我々は, 欠損部の情報をユーザが容易に補足できる手法, 及び補足された情報を有効に利用する文字認識手法を実現した.これらの手法を用いることで, 木簡から抽...
齋藤 恵,蜂谷 大翼,耒代 誠仁,中川 正樹,馬場 基,渡邊 晃宏
電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語   104(740) 163-168   2005年3月
本論文では, 木簡を撮影した画像から木の地色や模様, 木目を除去, 軽減して墨の部分を抽出する手法について述べる.木簡に含まれている木の細かい模様は平滑化により墨部の抽出への影響を軽減できる.また, 木の地色は赤や黄色の色特徴を持つことから, 減色処理と色成分除去や色空間への写像を用いて墨部抽出への影響を除去, 軽減できる.この手法を適用した木簡画像に対して判別分析法を用いた2値化処理を行うことにより墨の部分を抽出できる.
蜂谷 大翼,耒代 誠仁,齋藤 恵,中川 正樹,馬場 基,渡邊 晃宏
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   104(742) 169-174   2005年3月
本報告では, 木簡上での欠損を含む文字パターンに対する文字認識手法について述べる.木簡とは, 木片に墨を用いた文字が記されたものである.古い木簡の多くは破損, 汚損, または劣化しているため, そこに記された文字パターンは部分的な欠損を伴う.この欠損は, オフライン文字認識処理における文字パターンの正規化, 及び特徴量抽出に影響を及ぼす.我々は, 欠損部の情報をユーザが容易に補足できる手法, 及び補足された情報を有効に利用する文字認識手法を実現した.これらの手法を用いることで, 木簡から抽...
齋藤 恵,蜂谷 大翼,耒代 誠仁,中川 正樹,馬場 基,渡邊 晃宏
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   104(742) 163-168   2005年3月
本論文では, 木簡を撮影した画像から木の地色や模様, 木目を除去, 軽減して墨の部分を抽出する手法について述べる.木簡に含まれている木の細かい模様は平滑化により墨部の抽出への影響を軽減できる.また, 木の地色は赤や黄色の色特徴を持つことから, 減色処理と色成分除去や色空間への写像を用いて墨部抽出への影響を除去, 軽減できる.この手法を適用した木簡画像に対して判別分析法を用いた2値化処理を行うことにより墨の部分を抽出できる.
齋藤 恵,蜂谷 大翼,耒代 誠仁,中川 正樹,馬場 基,渡邊 晃宏
電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語   104(740) 163-168   2005年3月
宮城の警護
馬場基
平川南・沖森卓也・栄原永遠男・山中章編『文字と古代日本 2 文字による交流』吉川弘文館   272-295   2005年3月   [査読有り]
馬場 基
奈良史学   0(23) 1-9   2005年
日本古代の制度・社会を考える上で、官人制度は重要な意義をもち、多くの研究が積み重ねられている。特に位階の昇進などの「異動」の場面には、律令官人制のさまざまな特徴が集約的に現れる。奈良時代の任官に関しては、早川庄八氏・西本昌弘氏らの研究がある。一方、それぞれの官人にとっても人事異動は重要である。人事異動をめぐる彼らの活動には、彼らの生きた社会の様相が大きく反映されている。本稿は、早川・西本両氏の研究に依りつつ、正倉院文書中の二通の文書を近年の正倉院文書研究を援用して検討し、奈良時代官人社会の...
駅伝制と地方支配
馬場基
奈良文化財研究所編『駅家と在地社会』   107-122   2004年12月
創建期の興福寺
馬場基
奈良歴史研究   (60) 1-12   2003年
二条大路出土京職進上木簡三題
馬場基
奈良文化財研究所編『文化財論叢』Ⅲ   321-333   2002年
馬場 基
古代交通研究   19-38   1997年11月

Misc

 
コラム古代の衣装
馬場基
奈良文化財研究所編『 飛鳥・藤原京を読み解く 古代国家誕生の軌跡』   100-104   2017年10月
書く技法 二つの仮名生む
馬場基
日本文藝家協会編『ベスト・エッセイ2017』光村図書   251-254   2017年6月
逢着の平城京(最終回)木簡を見ること、即ち国家を見ること也
馬場基
『究』三月号 ミネルヴァ書房   72 8-11   2017年3月
逢着の平城京(二三)古代における役所書類の廃棄法
馬場基
『究』二月号 ミネルヴァ書房   71 8-11   2017年2月
逢着の平城京(二二)歴史家別「出雲国大税賑給歴名帳」の読み解き方
馬場基
『究』一月号 ミネルヴァ書房   70 8-11   2017年1月
逢着の平城京(二一)古代人も数字には弱い?
馬場基
『究』十二月号 ミネルヴァ書房   69 8-11   2016年12月
逢着の平城京(二〇)愉快な『万葉集』
馬場基
『究』十一月号 ミネルヴァ書房   68 8-11   2016年11月
逢着の平城京(一九)天平人の融通無碍
馬場基
『究』十月号 ミネルヴァ書房   67 8-11   2016年10月
逢着の平城京(一八)奈良・貢納品トレーサビリティ制度
馬場基
『究』九月号 ミネルヴァ書房   66 8-11   2016年9月
逢着の平城京(一七)耳で書くか 目で書くか
馬場基
『究』八月号 ミネルヴァ書房   65 8-11   2016年8月
逢着の平城京(一六)古代馬の受難
馬場基
『究』七月号 ミネルヴァ書房   64 8-11   2016年7月
逢着の平城京(一五)一画不足の古代の「炭」
馬場基
『究』六月号 ミネルヴァ書房   63 8-11   2016年6月
コラム迷い馬や迷子の情報を求める木簡
馬場基
『日本古代の交通・交流・情報 2 旅と公益』   311-314   2016年6月
逢着の平城京(一四)天神様の木簡を探して
馬場基
『究 五月号』ミネルヴァ書房   62 8-11   2016年5月
逢着の平城京(一三)井戸になった巨大な木簡
馬場基
『究 四月号』ミネルヴァ書房   61 8-11   2016年4月
逢着の平城京(一二)天皇の時間
馬場基
『究 三月号』ミネルヴァ書房   60 12-15   2016年3月
珍絵文字との出会い
馬場基
『人環フォーラム第35号』京都大学大学院人間・環境学研究科   36-37   2016年3月
逢着の平城京(一一)春のセリとワカメ
馬場基
『究 二月号』ミネルヴァ書房   59 16-19   2016年2月
逢着の平城京(十)橘諸兄と酒
馬場基
『究 一月号』ミネルヴァ書房   58 16-19   2016年1月
逢着の平城京(九)古代国家を支えたサケ
馬場基
『究 十二月号』ミネルヴァ書房   57 16-19   2015年12月
逢着の平城京(八)古代の文字を究める
馬場基
『究 十一月号』ミネルヴァ書房   56 16-19   2015年11月
逢着の平城京(七)「栗」の重要性
馬場基
『究 十月号』ミネルヴァ書房   55 16-19   2015年10月
逢着の平城京(六)律令国家の「米と肉」
馬場基
『究 九月号』ミネルヴァ書房   54 16-19   2015年9月
逢着の平城京(五)平城京の肉食事情
馬場基
『究 八月号』ミネルヴァ書房   53 16-19   2015年8月
逢着の平城京(四)ネズミが集まる平城京
馬場基
『究 七月号』ミネルヴァ書房   52 16-19   2015年7月
逢着の平城京(三)奈良時代の洒落?
馬場基
『究 六月号』ミネルヴァ書房   51 16-19   2015年6月
逢着の平城京(二)アワビの木簡
馬場基
『究 五月号』ミネルヴァ書房   50 16-19   2015年5月
逢着の平城京(一)木簡との対話ことはじめ
馬場基
『究 四月号』ミネルヴァ書房   49 16-19   2015年4月
コラム 盛ってみました
馬場基
木簡研究   (36) 119   2014年11月
口絵 紹介
馬場基
日本歴史   798    2014年11月
「船人はだれだ」
馬場基
木簡研究   35    2013年12月
万葉美食三都の食
馬場基
NARASIA Q   4 39-42   2013年9月
「華麗で、たくましい」寧楽の都のリアルな姿
馬場基
『週刊新発見!日本の歴史』奈良時代1聖武天皇と大仏造立   (11)    2013年9月
古代の食生活
馬場基
『民俗小事典 食』吉川弘文館      2013年7月
口絵解説
馬場基
日本歴史   786    2013年
馬場 基
実験力学 : journal of JSEM   11(4) 329-333   2011年12月
木簡が語る平城京の時代
馬場基
奈良文化財研究所編『古代はいま よみがえる平城京』クバプロ   135-160   2011年12月
平城京に暮らす ―天平人の泣き笑い-
馬場基
U7   (37) 30-41   2011年4月
木簡が語り明かす天平びとの「時」
馬場基
『ふでばこ』   (23) 38-41   2011年5月
木簡にみる平城京の貝事情
馬場基
ふでばこ   (24) 40-42   2011年11月
講釈師みてきたような嘘を言い-古代都城・平城京のまちとくらし-
馬場基
『歴博』国立歴史民俗博物館   (167) 12-15   2011年7月   [査読有り][依頼有り]
「多比」雑感
馬場基
木簡研究   (33) 131   2011年
地方木簡の「時刻」
馬場基
木簡研究   (33) 20   2011年
馬場 基
本郷   5-7   2010年3月
馬場 基
木簡研究   0(32) 1-6   2010年
「激動の長岡京時代」のキーワード
馬場基
国立歴史民俗博物館編『歴博フォーラム 桓武と激動の長岡京時代』 山川出版社   173-175   2009年1月
異体字雑感
馬場基
木簡研究   (30) 90   2008年
百年の理由
馬場基
木簡研究   (30) 77   2008年
切り込みはどちらから?
馬場基
木簡研究   (29) 144   2007年
墨書土器の記号
馬場基
木簡研究   (29) 28   2007年
木を見て「文字」を見ず
馬場基
木簡研究   (28) 48   2006年
「秋収」と「収秋」
馬場基
木簡研究   (28) 28   2006年
馬場 基
木簡研究   0(27) 17-19   2005年
ローマ木簡研究者実見記
馬場基
木簡研究   (27) 128   2005年
ローマ木簡実見記
馬場基
(27) 126   2005年
四 興福寺 7 興福寺の霊験の話
馬場基
奈良文化財研究所編『奈良の寺:世界遺産を歩く 』岩波書店   80-82   2003年6月
九 西大寺・西隆寺 9 伽藍の古絵図
馬場基
奈良文化財研究所編『奈良の寺:世界遺産を歩く』岩波書店   196-198   2003年6月
五 春日社と春日山 8 山麓の氷池と氷室神社
馬場基
奈良文化財研究所編『奈良の寺:世界遺産を歩く』岩波書店   102-104   2003年5月
『興福寺 第1期境内整備事業にともなう発掘調査概報Ⅲ』
馬場基
興福寺      2002年
馬場 基
木簡研究   0(23) 169-173   2001年
馬場 基
史學雜誌   105(3) 376-399, 151-152   1996年3月

書籍等出版物

 
日本古代木簡論
馬場基
吉川弘文館   2018年5月   
漢字字体史研究二-字体と漢字情報-
馬場基 (担当:共編者, 範囲:「歴史的文字に関する経験知・暗黙知の蓄積と資源化の試み」P283~299 執筆)
勉誠出版   2016年11月   
平城京に暮らす
馬場基
吉川弘文館   2010年2月   

講演・口頭発表等

 
不明
馬場基
奈良中部公民館 中部公民館文化まつりトークイベント~知れば知るほど好きになる奈良 第4弾~   2018年2月4日   
沖縄先島のカイダー字板札について
馬場基
奈良シニア大学平成29年度一般教養講座   2018年1月11日   
木簡からみえる奈良時代の食文化
馬場基
奈良シニア大学平成28年度一般教養講座   2017年12月15日   
国府は何をしていたところ?-どうして伊予国府をみつけたいのか-
馬場基
伊予国府を考える-今治平野の古代遺跡、その分析と国府発見への試み- 講演会・シンポジウム   2017年11月3日   
古代人、猪を飼う
馬場基
都跡公民館 みあと高齢者学級   2017年9月14日   
企画セッション講演1-4 (09)歴史的文字に関する経験知の研究資源化の試み
馬場基
第115回 人文科学とコンピュータ研究会発表会   2017年8月4日   
稲荷山古墳と江田船山古墳の鉄刀剣銘について
馬場基
朝日カルチャーセンター中之島教室 古代学の新潮流・雄略天皇    2017年4月19日   
「天平のエリート官僚 藤原仲麻呂とは」
馬場基
奈良ロータリークラブ創立65周年記念事業 講演会   2017年4月2日   
史料からみた古代都市と動物
馬場基
第33回条里制・古代都市研究会大会   2017年3月4日   
お役所今昔 天平役人奮闘記
馬場基
平成28年度近畿会・文化講演会   2017年2月8日   
平城京と鮒
馬場基
奈良中部公民館 中部公民館文化まつり トークイベント~知れば知るほど好きになる奈良 第3弾~   2017年2月5日   
平城京の木簡開花
馬場基
エル・おおさか・歴史セミナー(後期)文字から探る考古学第4回   2017年1月25日   
葛城の山と人の交流
馬場基
「日本書紀を語る講演会」   2017年1月14日   
木簡が語る奈良時代の食事
馬場基
なら食と農の魅力創造大学校 奈良学入門 第5回   2016年11月30日   
「古代衣装 飛鳥から平城へ」
馬場基
一橋講堂 第8回東京講演会「飛鳥むかしむかし」   2016年11月13日   
<第14報告>奈良文化財研究所における情報技術を活用した史料の利活用の促進 [招待有り]
馬場基
第5回 東亜細亜 史料研究編纂機関 国際学術会議 ―東京大学伊藤国際学術研究センター会議― アジア歴史資料の編纂と研究資源化   2016年11月8日   
<ワークショップA:日本語文字情報の管理とその応用>歴史字形データベースの可能性
馬場基
日本デジタル・ヒューマニティーズ学会年次大会JADH2016 プレイベント   2016年9月12日   
お酒の話
馬場基
生駒伝統の地酒ワークショップ 第2回 菊司醸造   2016年7月30日   
『橘諸兄』
馬場基
奈良フェニックス大学2016特別講座-奈良の歴史講座   2016年6月23日   
「万葉集から古代都城の変遷を探る」-古代の都、飛鳥・藤原京そして平城京へ-
馬場基
「なら記紀・万葉を味わい楽しむシリーズ第5回講演会」   2016年6月19日   
「平城京のまわりをながめると」
馬場基
『木津川市ふれあい文化講座』第82回 ふれあい文化講座   2016年6月18日   
鮭のお話
馬場基
霊山寺塾   2016年6月11日   
ふくちゃん 平城京(みやこ)にいく
馬場基
奈良学ナイトレッスン 平成28年度 第2夜   2016年5月25日   
時空を超えて奈良を旅する
馬場基
奈良ひとまち大学【特別授業】時空を超えて奈良を旅する~これまでの奈良、これからの奈良~   2016年3月27日   
『古事記』の世界と『額田寺伽藍並条理図』
馬場基
第14回「寺子屋in額安寺」   2016年3月12日   
第3回「文字資料から考える」
馬場基
鈴鹿考古博物館 特別展「鹿-「鹿と古代人」その後-」関連講演会・連続講座「シカとヒト」   2016年3月6日   
木簡から書写文化の伝来を考える-技術としての文字-
馬場基
関西東大会新年祝賀会兼第30回総会   2016年1月24日   
『沖縄先島のカイダーディ文字板について』(木簡観察)
馬場基
第37回木簡学会総会・研究集会   2015年12月5日   
歴史的文字に関する経験知・暗黙知の蓄積と資源化の試み
馬場基
シンポジウム「字体と漢字情報」― HNG 公開10 周年記念―   2015年11月21日   
きれいな平城京(みやこ)は日本の誇り
馬場基
「不法投棄ゼロ作戦」推進大会~「もっときれいな奈良県」を目指して~   2015年11月14日   
天平の大ピンチ・もうこうなったら、吉野へ行こう
馬場基
吉野町講演会   2015年10月24日   
修理から見えてくるもの
馬場基
シンポジウム 文化財を守り、未来へ伝えるために-「中院一品記」修理事業から-   2015年9月20日   
県犬養三千代
馬場基
大阪中之島朝日カルチャーセンター 「古代学の新潮流~藤原京人物志」第3回   2015年9月16日   
木簡聞こう -塩のお話-
馬場基
柏原市立歴史資料館・夏季企画展「木簡紀行‐安堂遺跡の木簡‐」   2015年7月18日   
藤原京から平城京へ
馬場基
大阪中之島朝日カルチャーセンター 「古代学の新潮流~藤原京の時代」第 回   2015年6月17日   
平城京住人と仏様
馬場基
霊山寺塾   2015年6月13日   
文字が語る讃岐国府の姿 [招待有り]
馬場基
讃岐国府跡発掘調査報告会 講演会   2015年3月1日   
中・近世史の情報から奈良の古代を考える
馬場基
奈良歴史研究会2015年2月例会報告   2015年2月26日   
発掘+万葉集で大バクチ
馬場基
奈良中部公民館・中部公民館30周年記念祭 トークイベント~知れば知るほど好きになる奈良第2弾~   2015年2月22日   
天皇に関する木簡および銘文について
馬場基
大阪中之島朝日カルチャーセンター 「古代学の新潮流~古代の天皇」第5回   2014年12月10日   
平城京を歩く
馬場基
奈良中部公民館・奈良学セミナー(後期)第1回   2014年10月26日   
天皇が食した隠岐のアワビ [招待有り]
馬場基
隠岐世界ジオパーク認定1周年記念シンポジウム「世界が認めた隠岐の魅力」 基調講演   2014年10月18日   
平城京と大仏建立
馬場基
奈良フェニックス大学2014特別講座9平城京の時代   2014年10月9日   
平城京の祭祀と信仰
馬場基
奈良文化財講座 「やまと」は国のまほろばーあなたのもっと知りたい「やまと」   2014年8月19日   
生駒山は神人仏の交差点 [招待有り]
馬場基
生駒ふるさとミュージアム 講座   2014年7月26日   
木簡読み的歴史の愉しみ方 [招待有り]
馬場基
国際奈良学セミナーハウス   2014年6月28日   
古代日本の動物利用日本古代の家畜化
馬場基
味の素食の文化センター・2014年度 食の文化フォーラム「野生から家畜へ」 第1回 狩猟と家畜の歴史   2014年6月7日   
そこのけそこのけ駅馬(はゆま)が通る [招待有り]
馬場基
風土記1300年記念特別展・阪神・淡路大震災20年展 「古代官道 山陽道と駅家(うまや)ー律令国家を支えた道と駅ー」 特別展講演会   2014年5月24日   
平城京の旅人たち
馬場基
斎宮歴史博物館 講堂・「第10回松阪・紀勢界隈まちかど博物館特別企画展『街道(まち)』」 歴史講座第3回   2014年1月19日   
東アジア文字文化研究の深化を目指して
馬場基
日韓古代文化の形成と発展過程に関する共同研究中間成果発表会   2013年11月8日   
大仏様をつくった字
馬場基
第4回大仏書道大会   2013年10月26日   
「まろはよっぱらっただ」-奈良時代酒飲百景-
馬場基
金鵄会館(長野県長野高等学校旧南校舎)・2013年 公開講座 【新・古典を読む-歴史と文学-】 「いま明かされる古代」シリーズ32 第5回   2013年7月20日   
奈良時代の食と器 [招待有り]
馬場基
鈴鹿市考古博物館・入門講座   2013年5月12日   
木簡のおはなし
馬場基
かな書道作家協会講演会   2013年4月29日   
横大路と下つ道の、交差点の向こう側 [招待有り]
馬場基
日本風景街道「日本文化のクロスロード」まち歩き   2013年2月24日   
ハイテク量産化が支えた天平の甍 [招待有り]
馬場基
溶接学会秋季全国大会・特別講演   2012年9月26日   
木簡を持って平城京に行こう ―都市文化事始 [招待有り]
馬場基
日本橋倶楽部・源流“奈良を探る”講演   2012年9月3日   
木簡を片手に平城宮へ行こう -天平宮廷の美女と美食編- [招待有り]
馬場基
日本橋まほろば館講演   2012年9月3日   
天平工事現場百景
馬場基
三和建設株式会社安全講習会講演   2012年6月15日   
『古事記』が必要だったころ
馬場基
いこま寿大学一般教養講座・市民教養講座   2012年5月20日   
芸亭院
馬場基
開創1250年顕彰・図書館研究集会   2012年5月10日   
近くて遠い木簡研究、遠くて近い越前国 [招待有り]
馬場基
福井市立郷土歴史博物館平成24年春期特別展講演会   2012年4月28日   
寧楽(なら)と周防の点と線 [招待有り]
馬場基
周防国府跡発掘調査50周年記念公開講座   2012年3月24日   
古代橿原文明開化 [招待有り]
馬場基
橿原市まほろば大学校卒業記念講演会   2012年3月10日   
都びとの声をひろう
馬場基
大和郡山市『当世語り部口座』   2012年3月3日   
発掘の最前線 [招待有り]
馬場基
姫路市市民教養講座(歴史講座)Aコース   2012年2月4日   
木簡研究現場での二つの試み [招待有り]
馬場基
韓国木簡学会 第6回国際学術大会   2011年11月5日   
平安京に向けての平城京 [招待有り]
馬場基
2011年京都東大会総会講演   2011年9月16日   
平城宮跡出土の肥後国関連木簡について
馬場基
熊本市立熊本博物館・平成23年度企画展『九州新幹線全線開業記念 西海道と肥後国』関連講演   2011年9月11日   
古代人の息吹にふれる [招待有り]
馬場基
第4回けいはんな文化カフェ   2011年9月3日   
掘り出した天平時代
馬場基
奈良県文化会館・日本実験力学会2011年度(学会創立10周年記念)年次講演会   2011年8月31日   
馬場 基
日本実験力学会講演論文集   2011年8月31日   
掘り出した天平時代 [招待有り]
馬場基
日本実験力学会   2011年8月30日   
平城京住民の楽しみと希望を探る [招待有り]
馬場基
NPO法人奈良元気もんプロジェクト例会講演会   2011年7月23日   
木簡から聞こえる天平人の息吹 [招待有り]
馬場基
大阪倶楽部・美術茶話会   2011年7月20日   
信濃への都からのまなざし 平城京と信濃 [招待有り]
馬場基
金鵄会公開講座・【古典を読む -歴史と文学-】「いま明かされる古代ⅩⅩⅧ」第2回   2011年6月18日   
天平女性の素敵な後ろ姿 [招待有り]
馬場基
香芝すみれ会   2011年4月25日   
平城京木簡は語る [招待有り]
馬場基
NPOかなえ会奈文研講座   2011年3月26日   
土のむこうの平城京 [招待有り]
馬場基
横浜市民古代史セミナー講演会   2011年3月1日   
参河の海の 贄木簡の かたること [招待有り]
馬場基
岩瀬文庫・学術創成研究費「目録学の構築と古典学の再生」研究グループ共催連続講座「史料から歴史の謎を読み解く」   2011年2月19日   
木簡が語る平城京の諸相 [招待有り]
馬場基
平城遷都1300年祭企画・なら奈良館世界遺産自主講座   2011年1月30日   
平城京を掘る [招待有り]
馬場基
奈良中部公民館・奈良学セミナー   2011年1月16日   
長屋王と木簡 [招待有り]
馬場基
姫路市市民教養講座(歴史講座)Aコース   2010年11月27日   
聖武天皇と万葉歌人と伊勢 [招待有り]
馬場基
久留倍遺跡まつり講演会   2010年11月13日   
平城京の時代と生駒 [招待有り]
馬場基
生駒市民文化祭・生駒市歴史文化セミナー   2010年11月6日   
木簡研究者が語る「天平人の泣き笑い」 [招待有り]
馬場基
霊山寺「二季」の集い講演   2010年11月3日   
平城京よもや咄
馬場基
<奈良時代を歩く講座&続日本紀購読会 西 洋子先生と行く!奈良大和路>平城遷都1300年の奈良を歩く 特別講演会   2010年11月1日   
天平びとのくらし [招待有り]
馬場基
西脇市総合市民センター体育館・兵庫県西脇市西脇高齢者大学学園祭記念講演   2010年10月28日   
三条大路と人々の暮らし [招待有り]
馬場基
奈良県立図書情報館・奈良文化財同好会シンポジウム・平城京と三条大路   2010年10月24日   
平城遷都1300年記念・平城京に暮らす [招待有り]
馬場基
中央電気倶楽部・関西学士会茶話会   2010年10月16日   
平城京を支えた人々の暮らし [招待有り]
馬場基
春日野荘・奈良市人権教育推進協議会・指導者講座   2010年10月4日   
夢と現実の平城京 [招待有り]
馬場基
奈良県立図書情報館・図書館劇場Ⅴ・第3幕・平城京をめぐる群像 ~聖武天皇と光明皇后~   2010年9月25日   
香芝が支えた平城京
馬場基
香芝市すみれ会公開講演会   2010年9月8日   
平城京の暮らし(下) [招待有り]
馬場基
興福寺仏教文化講座   2010年6月12日   
平城京の暮らし(上)
馬場基
興福寺仏教文化講座   2010年5月8日   
平城京とは [招待有り]
馬場基
NHK文化センター名古屋教室 ヤマト王権・古代史シリーズ 平城京遷都の真実   2010年4月25日   
木簡からみた奈良時代の食材 [招待有り]
馬場基
日本家政学会食文化研究部会例会報告   2010年3月25日   
青丹よし寧楽の都の食事情ー平城宮・京出土木簡の様子からー
馬場基
奈良県新公会堂・スローフードジャパン全国大会in奈良講演   2010年3月6日   
井上 聡, 馬場 基
人間文化研究情報資源共有化研究会報告集   2010年3月   
平城の役人はマジメだった?
馬場基
平城ボランティアガイド講習会   2009年12月14日   

担当経験のある科目

 
 

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
歴史的文字に関する経験知の共有資源化と多元的分析のための人文・情報学融合研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(A)
研究期間: 2014年6月 - 2018年3月    代表者: 馬場基
GT-Map等時空間解析システムを利用した木簡等出土文字資料分析の基礎的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金若手研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 馬場基
木簡の構文・文字表記パターンの解析・抽出研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金若手研究(B)
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 馬場基

特許

 
特願2016-164号 : 出土文字資料解読システム及び解読装置
馬場基,渡辺晃宏,方国花,高田祐一,耒代誠仁
画像解析に加え、利用者との対話型で検索結果を絞りこむ機能
特願2015-243661 : 文字認識方法及び文字認識装置
渡辺晃宏,馬場基,高田祐一,耒代誠仁
木目と墨部分の認識を周波数によって分析し、文字部分の認識精度を高める機能
特願2015-234684 : 出土文字資料解読システム及び装置
渡辺晃宏,馬場基,高田祐一,井上幸,耒代誠仁
画像解析に加え、利用者の行動結果を蓄積して検索精度を高める機能

社会貢献活動

 
第2回 氷の文化に出会う奈良
【取材協力】  奈良テレビ、ベトナムテレビジョン共同制作番組  The Start of Japan  2018年1月11日
奈良文化財研究所・驚き!平城京の民の本音
【出演, 取材協力】  NHK総合テレビ  探検バクモン  2017年10月18日
【部のつく名字】昔は○部が9割?
【出演, 取材協力】  NHK総合テレビ  人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!  2017年9月7日
今週のNF9特集 奈良のカキ氷
【取材協力】  奈良テレビ  ならフライデー9  2017年7月28日
平城京を体感!藤原仲麻呂をたどる タイムトリップラジオウォーキング
【その他】  奈良ロータリークラブ  奈良ロータリークラブ創立65周年記念事業  2017年5月14日