Naoyuki Takagi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 27, 2018 at 19:04
 
Avatar
Name
Naoyuki Takagi
Affiliation
Tohoku University
Research funding number
30569471

Research Areas

 
 
  • Clinical surgery / Plastic surgery / wound healing, reconstructive surgery

Published Papers

 
高木尚之, 館正弘, 武田睦
形成外科   61 S36‐S41   Jul 2018   [Refereed]
唐澤秀明, 高木尚之, 大沼忍, 亀井尚, 内藤剛, 海野倫明
手術   72(3) 307‐313   Mar 2018   [Refereed]
Virtual Surgical Simulation of Plate Setback for Reconstruction in an Edentulous Patient Following Segmental Mandibulectomy
Miyashita H, Sato N, Kochi T, Takagi N, Takahashi T
Journal of Clinical Trials   2018(8(1))    Mar 2018   [Refereed]
高木尚之, 今井啓道
PEPARS   (133) 36‐43   Jan 2018   [Refereed]
Imai Y, Kure S, Nara C, Takagi N, Tachi M
The Cleft palate-craniofacial journal : official publication of the American Cleft Palate-Craniofacial Association   1055665618771419   Jan 2018   [Refereed]
Dectin-2-mediated signaling leads to delayed skin wound healing through enhanced neutrophilic inflammatory response and neutrophil extracellular traps formation
Miura T, Kawakami K, Kanno E, Tanno H, Tada H, Sato N, Masaki A, Yokoyama R, Kawamura K, Takagi N, Yamaguchi K, Yamaguchi N, Tachi M
Journal of Investigative Dermatology   2018 Epub ahead print    Oct 2018   [Refereed]
Kanno E, Kawakami K, Tanno H, Suzuki A, Sato N, Masaki A, Imamura A, Takagi N, Miura T, Yamamoto H, Ishii K, Hara H, Imai Y, Maruyama R, Tachi M
Experimental dermatology   26(11) 1097-1104   Nov 2017   [Refereed]
Tanno H, Kawakami K, Kanno E, Suzuki A, Takagi N, Yamamoto H, Ishii K, Imai Y, Maruyama R, Tachi M
Wound repair and regeneration : official publication of the Wound Healing Society [and] the European Tissue Repair Society   25(5) 805-815   Sep 2017   [Refereed]
Takagi N, Kawakami K, Kanno E, Tanno H, Takeda A, Ishii K, Imai Y, Iwakura Y, Tachi M
Experimental dermatology   26(2) 137-144   Feb 2017   [Refereed]
Kanno E, Kawakami K, Miyairi S, Tanno H, Suzuki A, Kamimatsuno R, Takagi N, Miyasaka T, Ishii K, Gotoh N, Maruyama R, Tachi M
International wound journal   13(6) 1325-1335   Dec 2016   [Refereed]
Tanno H, Kawakami K, Ritsu M, Kanno E, Suzuki A, Kamimatsuno R, Takagi N, Miyasaka T, Ishii K, Imai Y, Maruyama R, Tachi M
The American journal of pathology   185(12) 3248-3257   Dec 2015   [Refereed]
回腸導管近傍の広範囲腹壁欠損創を有茎前外側大腿皮弁により再建した1例
古和田 雪, 武田 睦, 高木 尚之, 太田 真澄, 林 殿聡, 館 正弘
形成外科   57(6) 687-692   Jun 2014   [Refereed]
58歳女。尿道癌の診断で膀胱尿道全摘術、回腸導管造設、両側閉鎖リンパ節郭清術を施行された。閉腹時に右深下腹壁動脈を損傷し結紮切離された。術後3日にCT画像で腹壁に炎症性変化を認めた。創感染の診断により、術後5日に下腹部のスキンステープラーを抜鈎し、排膿した。創部は全層でのし開となり、創底には腹膜前脂肪が露出した状態となった。生理食塩水による創部洗浄とガーゼ保護を連日行い、解熱し、全身状態は改善した。創培養でMRSEを検出した。術後17日に下腹部の皮膚軟部組織欠損の治療目的で転院となった。初...
【褥瘡治療のチームアプローチ】 被覆材による褥瘡の保存的治療と予防
高木 尚之, 館 正弘
PEPARS   (41) 35-41   May 2010   [Refereed]
創傷被覆材は湿潤環境を維持するという点で褥瘡治療において有用であるが、創の状態に応じて被覆材を使い分け適切な湿潤環境を保つことが大事であり、そうすることで初めて治癒が促進することが期待される。被覆材の良い適応は非感染創であり、感染創には適応にならない。Critical colonizationの状態では抗菌効果をもつ被覆材が細菌制御に有用である。壊死組織が多い段階では、ハイドロジェルを第一選択とし、デブリードマンを優先させる。滲出液の多い創では、水分吸収作用の高いもの(ポリウレタンフォーム...
TAKAGI Naoyuki, TSUCHIYA Takashi, HONDA Hiroshi, NAITO Takeshi, KOBARI Masao
日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association   68(3) 527-534   Mar 2007   [Refereed]
TSUCHIYA Takashi, IKEZAWA Fumie, HAYASHI Keiichi, AKAISHI Satoshi, HONDA Hiroshi, NAITO Takeshi, HASHIMOTO Akihiko, SUGIYAMA Shin-ichiro, SHIRAISHI Shin-ichiro, KUDO Daisuke, TAKAGI Naoyuki, KOBARI Masao
日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association   65(4) 878-886   Apr 2004   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
遊離空腸移植による下咽頭頸部食道再建における合併症の検討と対策 吻合部狭窄を減らすために
高木 尚之, 武田 睦, 高地 崇, 三浦 孝行, 庄司 未樹, 館 正弘
日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集   Dec 2017   
IL-17A deficiency leads to attenuated neutrophilic inflammation and promoted wound healing in skin
Naoyuki Takagi
May 2016   
創傷治癒の基礎 IL-17Aによる好中球性炎症を介した創傷治癒遅延機構の解明
高木 尚之, 川上 和義, 菅野 恵美, 丹野 寛大, 武田 睦, 上松野 りな, 石井 恵子, 館 正弘
日本褥瘡学会誌   Jul 2015   
創傷治癒におけるIL-17の役割に関する研究
高木 尚之, 川上 和義, 菅野 恵美, 丹野 寛大, 武田 睦, 鈴木 愛子, 上松野 りな, 石井 恵子, 館 正弘
日本創傷治癒学会プログラム・抄録集   Dec 2014   
創傷治癒におけるIL-17欠損の影響に関する研究
高木 尚之, 川上 和義, 丹野 寛大, 菅野 恵美, 石井 恵子, 館 正弘
日本創傷治癒学会プログラム・抄録集   Nov 2013