布村 聡

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/27 04:54
 
アバター
研究者氏名
布村 聡
 
ヌノムラ サトシ
eメール
nunomuracc.saga-u.ac.jp
URL
http://www.biomol.med.saga-u.ac.jp/medbiochem/index.php
所属
佐賀大学
部署
医学部
職名
准教授
学位
博士(医学)
科研費研究者番号
70424728

研究分野

 
 

経歴

 
2001年6月
 - 
2006年3月
日本大学医学部研究員
 
2006年4月
 - 
2007年3月
日本大学医学部助手
 
2007年4月
 - 
2015年11月
日本大学医学部助教
 
2015年12月
 - 
2017年6月
佐賀大学 医学部 助教
 
2017年7月
 - 
現在
佐賀大学 医学部 准教授
 

学歴

 
 
 - 
2001年
東海大学 大学院 医学研究科 
 

委員歴

 
2013年3月
 - 
現在
日本アレルギー学会  第1回総合アレルギー講習会準備室ワーキンググループ委員
 

論文

 
Izaki S, Toyoshima S, Endo T, Kanegae K, Nunomura S, Kashiwakura JI, Sasaki-Sakamoto T, Nakamura R, Akiyama H, Ra C, Hayama K, Terui T, Okayama Y
Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology      2019年2月   [査読有り]
Nunomura S, Ejiri N, Kitajima M, Nanri Y, Arima K, Mitamura Y, Yoshihara T, Fujii K, Takao K, Imura J, Fehling HJ, Izuhara K, Kitajima I
The Journal of investigative dermatology      2019年1月   [査読有り]
Ohno F, Nakahara T, Kido-Nakahara M, Ito T, Nunomura S, Izuhara K, Furue M
International journal of molecular sciences   20(1)    2019年1月   [査読有り]
Ito R, Maruoka S, Soda K, Katano I, Kawai K, Yagoto M, Hanazawa A, Takahashi T, Ogura T, Goto M, Takahashi R, Toyoshima S, Okayama Y, Izuhara K, Gon Y, Hashimoto S, Ito M, Nunomura S
JCI insight   3(21)    2018年11月   [査読有り]
Mitamura Y, Nunomura S, Nanri Y, Arima K, Yoshihara T, Komiya K, Fukuda S, Takatori H, Nakajima H, Furue M, Izuhara K
The Journal of biological chemistry      2018年8月   [査読有り]
Murata K, Koga Y, Kasahara N, Hachisu Y, Nunomura S, Nakajima N, Yokoo H, Kaira K, Maeno T, Dobashi K, Izuhara K, Hisada T
Journal of thoracic disease   10(7) E587-E591   2018年7月   [査読有り]
Mitamura Y, Nunomura S, Nanri Y, Ogawa M, Yoshihara T, Masuoka M, Tsuji G, Nakahara T, Hashimoto-Hachiya A, Conway SJ, Furue M, Izuhara K
Allergy   73(9) 1881-1891   2018年3月   [査読有り]
Nunomura S, Nanri Y, Ogawa M, Arima K, Mitamura Y, Yoshihara T, Hasuwa H, Conway SJ, Izuhara K
Wound repair and regeneration : official publication of the Wound Healing Society [and] the European Tissue Repair Society      2018年2月   [査読有り]
Izuhara K, Yamaguchi Y, Ohta S, Nunomura S, Nanri Y, Azuma Y, Nomura N, Noguchi Y, Aihara M
International journal of molecular sciences   19(4)    2018年4月   [査読有り]
Izuhara K, Nunomura S, Nanri Y, Ogawa M, Ono J, Mitamura Y, Yoshihara T
Cellular and molecular life sciences : CMLS   74(23) 4293-4303   2017年12月   [査読有り]
Nunomura S, Ra C, Terui T, Okayama Y
Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology   66S S41-S43   2017年6月   [査読有り]
Komiya K, Ohta S, Arima K, Ogawa M, Suzuki S, Mitamura Y, Nunomura S, Nanri Y, Yoshihara T, Kawaguchi A, Kadota JI, Rubin BK, Izuhara K
Respiratory research   18(1) 37   2017年2月   [査読有り]
Izuhara K, Suzuki S, Ogawa M, Nunomura S, Nanri Y, Mitamura Y, Yoshihara T
Oxidative medicine and cellular longevity   2017 1054801   2017年   [査読有り]
Suzuki S, Ogawa M, Ohta S, Nunomura S, Nanri Y, Shiraishi H, Mitamura Y, Yoshihara T, Lee JJ, Izuhara K
The Journal of biological chemistry   291(53) 27219-27227   2016年12月   [査読有り]
Suzuki S, Ogawa M, Ohta S, Arima K, Nunomura S, Nanri Y, Mitamura Y, Yoshihara T, Nakamura Y, Yamauchi K, Chibana K, Ishii Y, Lee JJ, Aratani Y, Kakuta S, Kubo S, Iwakura Y, Yoshida H, Izuhara K
The Journal of allergy and clinical immunology      2016年6月   [査読有り]
Nunomura S, Okayama Y, Matsumoto K, Hashimoto N, Endo-Umeda K, Terui T, Makishima M, Ra C
Allergology International   64 Suppl S11-7   2015年9月   [査読有り]
Kamijo S, Nunomura S, Ra C, Kanaguchi Y, Suzuki Y, Ogawa H, Okumura K, Takai T
The Journal of allergy and clinical immunology   137(5) 1613-1615.e2   2016年5月   [査読有り]
Shimada S, Nunomura S, Mori S, Suemizu H, Itoh H, Takabayashi S, Okada Y, Yahata T, Shiina T, Katoh H, Suzuki R, Tani K, Ando K, Yagita H, Habu S, Sasaki E, Kametani Y
International Immunology      2015年5月   [査読有り]
Nunomura S, Ohtsubo-Yoshioka M, Okayama Y, Terui T, Ra C
Experimental Dermatology   24(3) 204-208   2015年2月   [査読有り]
Nunomura S, Okayama Y, Terui T, Ra C
Biochemical and Biophysical Research Communications   456(2) 700-705   2015年1月   [査読有り]

Misc

 
疾患特異的ヒトマスト細胞のフェノタイプの解析とフェノタイプの変化の機序の解明
岡山 吉道, 布村 聡, 下川 敏文, 高橋 恭子, 斎藤 修, 千島 史尚, 山本 樹生, 照井 正
日本大学医学部総合医学研究所紀要   5 1-5   2017年12月
難治性免疫・アレルギー疾患の病態の解明と新規治療法の開発
岡山 吉道, 豊島 翔太, 鐘ヶ江 佳寿子, 布村 聡, 高橋 恭子, 浅野 正岳, 千島 史尚, 斎藤 修, 山本 樹生, 菅井 和子, 松本 健治, 村上 誠, 伊崎 聡志, 西盛 信幸, 遠藤 嵩大, 藤澤 大輔, 柏倉 淳一, 葉山 惟大, 藤田 英樹, 坂本 朋美, 羅 智靖, 長澤 洋介, 岩田 光浩, 北村 登, 武井 正美, 丸岡 秀一郎, 権 寧博, 照井 正
日本大学医学部総合医学研究所紀要   5 49-53   2017年12月
疾患特異的ヒトマスト細胞のフェノタイプの解析とフェノタイプの変化の機序の解明
岡山 吉道, 布村 聡, 下川 敏文, 高橋 恭子, 斎藤 修, 山本 樹生, 照井 正
日本大学医学部総合医学研究所紀要   4 8-12   2016年12月
慢性蕁麻疹,アトピー性皮膚炎,関節リウマチ病変部におけるマスト細胞のフェノタイプを同定し,その性状を解析した。マスト細胞は疾患によってそのフェノタイプを変え,疾患特異的な活性化機構が存在している。重症の慢性蕁麻疹患者の皮膚マスト細胞はMrgX2を有意に高く発現している。上皮細胞由来サイトカインであるIL-33とthymic stromal lymphopoietin(TSLP)はその発現を増加させなかった。アトピー性皮膚炎のマスト細胞はFcεRI β鎖を高く発現している。その発現増加の機序...
難治性免疫・アレルギー疾患の病態解明のための基礎的な検討
岡山 吉道, 布村 聡, 高橋 恭子, 浅野 正岳, 千島 史尚, 斎藤 修, 山本 樹生, 菅井 和子, 松本 健治, 村上 誠, 藤澤 大輔, 柏倉 淳一, 葉山 惟大, 畠田 優子, 藤田 英樹, 坂本 朋美, 羅 智靖, 長澤 洋介, 岩田 光浩, 北村 登, 武井 正美, 丸岡 秀一郎, 権 寧博, 照井 正
日本大学医学部総合医学研究所紀要   4 54-60   2016年12月
1.関節リウマチ患者の病変滑膜マスト細胞はCOX1,COX2,LTC4S,TBXAS1を変形性膝関節症の滑膜マスト細胞と比較して有意に高く発現していた。中絶患者のヒト脱落膜組織のマスト細胞の特徴を解析し,脱落膜由来の培養マスト細胞を樹立した。2.MIP-1αが乳幼児初回喘鳴時における反復喘鳴を予測する鼻汁中バイオマーカーとして同定された。3.慢性蕁麻疹患者血清中の抗IgE自己抗体価は健常人と比較して有意に高かったが臨床的意義については現時点では不明である。4.ヒト化NOGマウスを使用し,び...
【見えてきた予防・根治の可能性 アレルギー新時代-IgE発見から50年を迎えて】 喘息研究・医療における新たな潮流 トランスレーショナルリサーチからプレシジョン・メディシンに向けて
出原 賢治, 太田 昭一郎, 布村 聡, 小川 雅弘, 南里 康弘
実験医学   34(18) 2984-2989   2016年11月
基礎研究の発展を基盤として、喘息を含めたアレルギー性炎症における2型炎症反応の重要性が明らかとなった。この研究成果を受けてトランスレーショナルリサーチが花開き、数多くの喘息に対する分子標的薬が開発された。一方で、分子標的薬に対する反応においてマウスとヒトとの間に乖離が生じ、喘息患者を病態に基づいてサブグループ化して治療方針を決定する層別化医療の必要性が指摘されている。この流れはプレシジョン・メディシンの1つとして捉えられており、今後喘息におけるプレシジョン・メディシンの実現が期待されている...
【アレルギー性疾患における免疫細胞の新たな役割とその制御機構】 好塩基球の自然免疫応答によるIL-4産生のFc受容体γ鎖依存性
高井 敏朗, 上條 清嗣, 布村 聡, 羅 智靖, 小川 秀興, 奥村 康
臨床免疫・アレルギー科   66(4) 371-374   2016年10月
LXRを介したマスト細胞活性化の制御
布村 聡, 岡山 吉道, 羅 智靖
臨床免疫・アレルギー科   65(4) 394-399   2016年4月   [依頼有り]
布村 聡
化学と生物   53(10) 657-658   2015年9月   [査読有り][依頼有り]
IgAレセプター発現と顆粒球分化の転写調節機構
下川敏文,布村 聡,藤澤大輔,岡山吉道,羅智靖
臨床免疫アレルギー科   63(6) 577-584   2015年6月   [依頼有り]
岡山吉道,布村聡,羅智靖
化学と生物   53(4) 222-227   2015年4月   [査読有り][依頼有り]
免疫研究の霊長類モデルとしてのコモンマーモセット
布村聡,嶋田新,羅智靖,佐々木えりか,亀谷美恵
臨床免疫・アレルギー科   63(1) 78-83   2015年1月   [依頼有り]
布村聡,岡山吉道,照井正,羅智靖
生体の科学   64(5) 506-507   2013年10月   [依頼有り]
IgEκとProtein Lによるマスト細胞活性化
布村 聡,照井正,岡山吉道,羅智靖
臨床免疫・アレルギー科   60(3) 317-323   2013年9月   [依頼有り]
FceRIを介したマスト細胞活性化機構におけるFceRIβ鎖の新たな役割
布村聡,羅智靖
臨床免疫・アレルギー科   58(2) 178-184   2012年9月   [依頼有り]
Oxysterolによるマスト細胞活性化の制御
布村 聡,槇島誠,羅 智靖
臨床免疫・アレルギー科   56(5) 642-647   2011年12月   [依頼有り]
FcεRIβ鎖によるマスト細胞活性化調節
布村聡,羅智靖
アレルギー・免疫   17(8) 94-101   2010年8月   [依頼有り]
マスト細胞と高親和性IgE受容体β鎖
岡山吉道,松田彰, 布村聡, 佐々木朋美, 羅智靖
臨床免疫・アレルギー科   53(5) 481-485   2010年5月   [依頼有り]
アレルギー性接触皮膚炎発症におけるマスト細胞の役割
布村聡, 小林麻衣子, 照井正, 羅智靖
臨床免疫・アレルギー科   52(5) 295-300   2009年11月   [依頼有り]
B細胞・抗体産生とアレルギー
羅智靖、布村聡、岡山吉道
日本臨床   67(11) 2071-75   2009年11月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Advances in Asthma
Izuhara K, Nunomura S, Ono J, Takai M, Nanri Y (担当:分担執筆, 範囲:Periostin as a biomarker for type 2 asthma)
Springer Singapore   2019年   ISBN:9789811327902
Evolution of Atopic Dermatitis in the 21st Century
Izuhara K, Nunomura S, Ohta S, Ogawa M, Nanri Y (担当:分担執筆, 範囲:Cytokine Network)
Springer Singapore   2018年   ISBN:9811055408
布村聡,羅智靖 (担当:分担執筆, 範囲:マスト細胞,好塩基球,好酸球)
羊土社   2013年9月   ISBN:9784758120449
布村聡,羅智靖 (担当:分担執筆, 範囲:接触皮膚炎,アレルゲン)
朝倉書店   2011年11月   ISBN:4254310935

講演・口頭発表等

 
IL-24 causes epidermal barrier dysfunction downstream of the IL-13/periostin pathway in allergic skin inflammation
Izuhara K, Mitamura Y, Nunomura S, Nanri Y, Yoshihara T, Masuoka M, Tsuji G, Nakahara T, Hashimoto-H A, Furue M
32nd Symposium of the Collegium Internationale Allergologicum(CIA)   2018年9月30日   
Development of novel biomarkers for allergic diseases [招待有り]
Izuhara K, Nunomura S, Nanri Y
8th Annual conference on Clinical Research & Biomarkers   2018年7月19日   
The IL-13/periostin/IL-24 pathway causes epidermal barrier dysfunction in allergic skin inflammation
Mitamura Y, Nunomura S, Ogawa M, Nanri Y, Yoshihara T, Masuoka M, Tuji G, Nakahara T, Furue M, Izuhara K
EAACI Congress 2018   2018年5月26日   
ペリオスチンによる肺線維芽細胞における細胞周期の制御
吉原 智仁, 南里 康弘, 三田村 康貴, 小川 雅弘, 布村 聡, 出原 賢治
アレルギー   2018年5月   
肺線維芽細胞におけるSOX11とSTAT6を介したIL-13誘導性遺伝子の階層的発現制御機構
布村 聡, 三田村 康貴, 南里 康弘, 小川 雅弘, 吉原 智仁, 古江 増隆, 出原 賢治
アレルギー   2018年5月   
IL-13/ペリオスチン/IL-24経路によるアトピー性皮膚炎における表皮バリア破壊機構
三田村 康貴, 布村 聡, 南里 康弘, 吉原 智仁, 中原 剛士, 古江 増隆, 出原 賢治
アレルギー   2018年5月   
Integration of periostin and M2 macrophages in human and murine melanoma progression(和訳中)
Ohno Fumitaka, Nakahara Takeshi, Nakahara Makiko, Nunomura Satoshi, Izuhara Kenji, Furue Masutaka
日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム   2017年11月   
The IL-13/periostin/IL-24 pathway causes epidermal barrier dysfunction in allergic skin inflammation(和訳中)
Mitamura Yasutaka, Nunomura Satoshi, Ogawa Masahiro, Nanri Yasuhiro, Yoshihara Tomohito, Masuoka Miho, Tuji Gaku, Nakahara Takeshi, Furue Masutaka, Izuhara Kenji
日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム   2017年11月   
Anti-FcεRIα and IgE autoantibodies of the chronic spontaneous urticaria patients may have the ability of crosslinking of FcεRI(和訳中)
Izaki Satoshi, Toyoshima Shota, Nunomura Satoshi, Kanegae Kazuko, Kashiwakura Junichi, Nakamura Ryosuke, Sakamoto Tomomi, Nishimori Nobuyuki, Endo Takehiro, Akiyama Haruyo, Hayama Koremasa, Ra Chisei, Okayama Yoshimichi, Terui Tadashi
日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム   2017年11月   
マウス慢性喘息モデルを用いたペリオスチン動態の検討
田中 圭介, 布村 聡, 太田 昭一郎, 與語 健二, 間木 麻友, 出原 賢治, 松本 義弘
アレルギー   2017年5月   
蕁麻疹・接触皮膚炎 慢性蕁麻疹(CSU)患者における抗FcεRlα鎖(α鎖)自己抗体の解析(第2報)
伊崎 聡志, 豊島 翔太, 西盛 信幸, 柏倉 淳一, 布村 聡, 藤澤 大輔, 畠田 優子, 葉山 惟大, 藤田 英樹, 羅 智靖, 照井 正, 岡山 吉道
アレルギー   2017年5月   
蕁麻疹・接触皮膚炎 慢性蕁麻疹(CSU)患者における抗IgE自己抗体および抗FcεRlα鎖(α鎖)自己抗体の臨床的意義(第1報)
伊崎 聡志, 豊島 翔太, 西盛 信幸, 柏倉 淳一, 布村 聡, 藤澤 大輔, 畠田 優子, 葉山 惟大, 藤田 英樹, 羅 智靖, 照井 正, 岡山 吉道
アレルギー   2017年5月   
ケースレポート アレルギー専門医として知っておきたい稀な症例 剖検肺にてペリオスチンの集積を認めた家族性間質性肺炎の急性増悪の一例
村田 圭祐, 古賀 康彦, 蜂巣 克昌, 笠原 礼光, 鶴巻 寛朗, 矢冨 正清, 小野 昭浩, 解良 恭一, 中島 希, 松村 望, 横尾 英明, 布村 聡, 太田 昭一郎, 出原 賢治, 小野 純也, 土橋 邦生, 久田 剛志
アレルギー   2017年5月   
組織構成細胞 ヒト線維芽細胞におけるSOX11を介したIL-13依存性のペリオスチン発現の誘導
三田村 康貴, 布村 聡, 小川 雅弘, 南里 康弘, 太田 昭一郎, 吉原 智仁, 古江 増隆, 出原 賢治
アレルギー   2017年5月   
組織構成細胞 ペリオスチントランスジェニックマウスにおける創傷治癒の遅延
布村 聡, 太田 昭一郎, 小川 雅弘, 南里 康弘, 三田村 康貴, 吉原 智仁, 出原 賢治
アレルギー   2017年5月   
NOG hIL-3/GM-CSF/IL-5 Tgマウスを用いたIL-33誘導型ヒト喘息モデルの開発
丸岡 秀一郎, 伊藤 亮治, 布村 聡, 権 寧博, 曽田 香織, 太田 昭一郎, 出原 賢治, 伊藤 守, 橋本 修
日本呼吸器学会誌   2017年3月   
上條清嗣, 布村聡, 羅智靖, 羅智靖, 金口泰彦, 鈴木祐介, 小川秀興, 奥村康, 高井敏朗
アレルギー   2016年5月15日   
伊崎聡志, 伊崎聡志, 布村聡, 藤澤大輔, 藤澤大輔, 畠田優子, 畠田優子, 葉山惟大, 葉山惟大, 藤田英樹, 羅智靖, 照井正, 岡山吉道
アレルギー   2016年5月15日   
三田村康貴, 三田村康貴, 吉原智仁, 南里康弘, 小川雅弘, 布村聡, 太田昭一郎, 古江増隆, 出原賢治
アレルギー   2016年5月15日   
阿部幸一郎, 布村聡, 三木智代, 羅智靖, 堀家慎一, 田嶋敦
日本実験動物学会総会講演要旨集   2016年4月22日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 布村 聡
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 出原 賢治
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 出原 賢治
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 出原 賢治
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 阿部 幸一郎
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 布村 聡
日本大学医学部: 創立50周年記念研究奨励金
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 布村聡
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 羅 智靖
本年度は,高親和性IgE受容体(FcεRI)β鎖のマスト細胞カルシウムシグナルについての機能解析を行なった。FcεRIを介したマスト細胞の活性化時に惹起される細胞内カルシウム濃度の上昇は,その大部分をFcεRIγ鎖のITAMに依存していることが明らかになった。しかしながら,γ鎖ITAM非依存性に細胞内カルシウム濃度を上昇させる分子機構が存在していることが同時に明らかとなり,FcεRIβγ鎖ITAMのco-transfectantを用いた解析結果から,β鎖ITAMがγ鎖ITAM非依存の細胞内...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 布村 聡
マスト細胞からの炎症性サイトカイン産生能を制御する新たな標的分子として、核内受容体の一つであるLiver X受容体(LXR)αおよびβに着目し、LXR活性化によって発現が抑制されるサイトカインの同定とその制御機構の解析を行なった結果, LXRαではなくLXRβを介してIL-1αおよびIL-1βの発現が抑制されることを明らかにした.これらの結果から, LXRβの活性化制御は,マスト細胞の炎症細胞としての働きを抑えるための有効なアプローチとなる可能性が示唆された.
日本大学医学部: 日本大学医学部小澤研究費
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 布村聡