米持奈央美

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/30 17:33
 
アバター
研究者氏名
米持奈央美
 
ヨネモチナオミ
ハンドル
米持奈央美
所属
星薬科大学 
部署
薬物治療学研究室
職名
助手

プロフィール

平成28年4月1日より、星薬科大学薬物治療学研究室の助手に就任いたしました。現在は、視床下部ドパミン神経系と摂食行動についての研究をしています。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
星薬科大学 薬物治療学教室 助手
 

論文

 
Pregabalin increases food intake through dopaminergic systems in the hypothalamus
Hiroko Ikeda, Naomi Yonemochi, Chrismawan Ardianto, Lizhe Yang, Junzo Kamei
Brain Res   1701 219-226   2018年9月   [査読有り]
Chrismawan Ardianto, Naomi Yonemochi, Shogo Yamamoto, Lizhe Yang, FumikoTakenoya, Seiji Shioda, Hiroshi Nagase, Hiroko Ikeda and Junzo Kamei
Neuroscience   230 183-193   2016年2月   [査読有り]
Hiroko Ikeda, Chrismawan Ardianto, Naomi Yonemochi, Lizhe Yang, Takahiro Ohashi, Megumi Ikegami, Hiroshi Nagase and Junzo Kamei
Neuroscience   311 9-21   2015年10月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
担がんマウスに認められる恐怖記憶の変化に対するサイトカインの関与
池田弘子、山岸愛実、米持奈央美、清水孝恒、武藤章弘、亀井淳三
第13回日本緩和医療薬学会   2019年5月31日   
Streptozotocin誘発糖尿病マウスの社会性行動の変化におけるグルタミン酸神経の関与
植田大暉、米持奈央美、亀井淳三、池田弘子
日本薬学会第139年会   2019年3月20日   
κオピオイド受容体は摂食行動を促進的に調節する
石野健介、米持奈央美、亀井淳三、長瀬博、池田弘子
日本薬学会第139年会   2019年3月20日   
Streptozotocin誘発糖尿病マウスの恐怖記憶の変化に対する脳内L-lactateおよびAMP活性化プロテインキナーゼの関与
山岸愛実、米持奈央美、亀井淳三、池田弘子
第48回日本神経精神薬理学会   2018年11月16日   
Cannabidiolの鎮咳効果におけるGPR55の関与
二階堂潤、米持奈央美、池田弘子、亀井淳三
第20回日本咳嗽学会   2018年10月20日