講演・口頭発表等

緊急時モニタリングにおける測定高さによる空間放射線量率変化の実際

日本保健物理学会第47回研究発表会
  • 羽場 梨沙
  • ,
  • 山田 純也
  • ,
  • 瀬谷 夏美
  • ,
  • 武藤 保信
  • ,
  • 橋本 周
  • ,
  • 清水 武彦
  • ,
  • 高崎 浩司

開催年月日
2014年6月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
鏡野
国・地域
日本

原子力災害時等における運用上の介入レベル(OIL)が測定可能な値で設定され、空間線量率については地上1mで計測した場合で、測定高さが異なる場合、これを補正する必要があるとされている。実際にモニタリング車車載のNaI(Tl)検出器で地上2.1m(車両屋上)と地上1m(三脚設置)で、福島第一原子力発電所事故由来の放射性物質により空間線量率が上昇した大洗研究開発センター周辺の空間線量率を測定した。事故前後の線量率比(2.1m測定/1m測定)を比較すると、グラウンドでは事故後に上昇した。また、事故後に周辺状況の異なる場所で測定すると、線量率比(2.1m測定/1m測定)は場所により異なる傾向が得られた。事故前後で地中の線源核種とその分布が変化することにより、測定高さが空間線量率に及ぼす影響が増大し、車両による遮蔽効果は相対的に低下する可能性がある。また、樹木等が近傍に存在する場合、地表面以外の線源からの寄与を考慮する必要があり、測定高さの異なる空間線量率を地上1mの線量率に一義的に補正することは困難であることが、実際の測定で確かめられた。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5045941