論文

査読有り
2017年3月

希ガス計数を利用したプルーム通過時間帯決定によるモニタリングポスト測定値を用いた空気中$^{131}$I濃度推定手法の改良

保健物理
  • 山田 純也
  • ,
  • 橋本 周
  • ,
  • 瀬谷 夏美
  • ,
  • 羽場 梨沙
  • ,
  • 武藤 保信
  • ,
  • 清水 武彦
  • ,
  • 高崎 浩司
  • ,
  • 横山 須美*
  • ,
  • 下 道國*

52
1
開始ページ
5
終了ページ
12
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.5453/jhps.52.5

本研究では、現在開発が進められているモニタリングポスト測定値を用いた迅速性のある空気中$^{131}$I濃度推定手法を改良することを目的としている。本推定手法はモニタリングポストのNaI(Tl)検出器で測定した空気由来の$^{131}$I計数率に、濃度換算係数を乗ずることで空気中$^{131}$I濃度を推定するものである。先行研究では、空気由来の$^{131}$I計数率を弁別するために必要となるプルーム通過時間帯の決定方法の不確定性により、推定精度が低下することが指摘されていた。本研究では、沈着のない$^{133}$Xe計数率の時間変化からプルーム通過時間帯を決定する方法を考案し、開発中の空気中$^{131}$I濃度推定手法に適用した。その結果、空気中$^{131}$I濃度の推定値は実測値に対しファクタ3以内になることを示した。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.5453/jhps.52.5
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5054209
ID情報
  • DOI : 10.5453/jhps.52.5
  • ISSN : 0367-6110

エクスポート
BibTeX RIS