論文

査読有り
2014年3月

5年間統計気象資料の年間平均地表空気中濃度への適用性について; JAEA大洗研究開発センターで観測された20年間の気象データの評価から

保健物理
  • 瀬谷 夏美
  • ,
  • 橋本 周
  • ,
  • 根本 浩司*
  • ,
  • 清水 武彦
  • ,
  • 高崎 浩司

49
1
開始ページ
29
終了ページ
38
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.5453/jhps.49.29;http://doi.org/10.5453/jhps.49.1

気体廃棄物等の拡散計算から年間の平均的な気象条件を用いて試算する年間平均地表空気中濃度(以下、「年間平均濃度」)は原子炉等施設における平常運転時の線量評価の主要因子である。したがって線量評価は年間平均濃度の年変動の影響を受けるため、評価には敷地を代表する年間平均濃度の選定が必要である。原子力機構大洗研究開発センター(JAEA大洗)では、任意の連続する5年間の気象データを1年間に規格化した統計処理から年間平均濃度(以下、「5年平均濃度」)を評価している。これは年変動の相殺が期待されるためである。本報告では、5年平均濃度の代表性を確認するため、JAEA大洗にて同条件で継続観測した1991年$\sim$2010年までの気象観測データをもとに平常運転時の解析に用いる年間平均濃度を1年平均濃度と5年平均濃度とで解析し、20年間の変動の範囲及びその濃度分布のなす一般的統計特性を評価した。結果は、いずれの5年平均濃度も1年平均濃度の変動より小さく、また5年平均濃度の分布は、20年間で不良標本検定(危険率5\%のF検定)により棄却される濃度はなかった。平常運転時の安全評価に用いる上で、いずれの5年平均濃度もJAEA大洗を代表させる解析に適用し得ることが確認された。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.5453/jhps.49.29;http://doi.org/10.5453/jhps.49.1
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5046311
ID情報
  • DOI : 10.5453/jhps.49.29;http://doi.org/10.5453/jhps.49.1
  • ISSN : 0367-6110

エクスポート
BibTeX RIS