Ochiai Daigo

J-GLOBAL         Last updated: Apr 6, 2019 at 21:23
 
Avatar
Name
Ochiai Daigo
Affiliation
Keio University
Research funding number
80348713

Published Papers

 
Fukutake M, Ochiai D, Masuda H, Abe Y, Sato Y, Otani T, Sakai S, Aramaki-Hattori N, Shimoda M, Matsumoto T, Miyakoshi K, Kanai Y, Kishi K, Tanaka M
Human cell   32(1) 51-63   Jan 2019   [Refereed]
Ikenoue S, Miyakoshi K, Kasuga Y, Ochiai D, Matsumoto T, Tanaka M
The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians   1-5   Dec 2018   [Refereed]
Kasuga Y, Miyakoshi K, Tajima A, Saisho Y, Ikenoue S, Ochiai D, Matsumoto T, Arata N, Hata K, Tanaka M
Journal of diabetes investigation      Sep 2018   [Refereed]
Otani T, Ochiai D, Masuda H, Abe Y, Fukutake M, Matsumoto T, Miyakoshi K, Tanaka M
Pediatric research      Aug 2018   [Refereed]
Human Amniotic Fluid Stem Cells Have a Unique Potential to Accelerate Cutaneous Wound Healing with Less Fibrotic Scarring Like Fetal Wound Healing.
Sato Yu, Ochiai Daigo, Masuda Hirotaka, Fukutake Marie, Abe Yushi, Otani Toshimitsu, Akiba Youhei, Matsumoto Tadashi, Miyakoshi Kei, Tanaka Mamoru
REPRODUCTIVE SCIENCES   25 320A   Mar 2018   [Refereed]
Human Amniotic Fluid Stem Cells: A Novel Treatment Option for Neonatal Cerebral Palsy.
Otani Toshimitsu, Ochiai Daigo, Fukutake Marie, Abe Yushi, Sato Yu, Akiba Youhei, Matsumoto Tadashi, Masuda Hirotaka, Miyakoshi Kei, Tanaka Mamoru
REPRODUCTIVE SCIENCES   25 108A   Mar 2018   [Refereed]
A Novel Strategy to Treat Fetal Myelomeningocele Using Human Amniotic Fluid Stem Cells
Abe Yushi, Ochiai Daigo, Masuda Hirotaka, Otani Toshimitsu, Fukutake Marie, Akiba Youhei, Matsumoto Tadashi, Miyakoshi Kei, Tanaka Mamoru
REPRODUCTIVE SCIENCES   25 249A-250A   Mar 2018   [Refereed]
Ochiai D, Masuda H, Abe Y, Otani T, Fukutake M, Matsumoto T, Miyakoshi K, Tanaka M
The Keio journal of medicine      Mar 2018   [Refereed]
Endo S, Saisho Y, Miyakoshi K, Ochiai D, Matsumoto T, Kawano Y, Mitsuishi M, Irie J, Tanaka M, Meguro S, Tanaka M, Itoh H
Journal of clinical medicine   7(1)    Jan 2018   [Refereed]
Ikenoue S, Miyakoshi K, Ishii T, Sato Y, Otani T, Akiba Y, Kasuga Y, Ochiai D, Matsumoto T, Ichihashi Y, Matsuzaki Y, Tachikawa K, Michigami T, Nishimura G, Ikeda K, Hasegawa T, Tanaka M
American journal of medical genetics. Part A   176(1) i   Jan 2018   [Refereed]
Akiba Y, Miyakoshi K, Ochiai D, Kawaida M, Matsumoto T, Tanaka M
European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology      Dec 2017   [Refereed]
Ikenoue S, Miyakoshi K, Ishii T, Sato Y, Otani T, Akiba Y, Kasuga Y, Ochiai D, Matsumoto T, Ichihashi Y, Matsuzaki Y, Tachikawa K, Michigami T, Nishimura G, Ikeda K, Hasegawa T, Tanaka M
American journal of medical genetics. Part A      Nov 2017   [Refereed]
Ochiai D, Miyakoshi K, Koinuma G, Matsumoto T, Tanaka M
European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology   211 217-218   Apr 2017   [Refereed]
Kasuga Y, Hata K, Tajima A, Ochiai D, Saisho Y, Matsumoto T, Arata N, Miyakoshi K, Tanaka M
Endocrine journal   64(4) 463-475   Apr 2017   [Refereed]
Conditioned Medium from Human Amniotic Fluid Stem Cell Ameliorated Glutamate-Induced Apoptosis.
Fukutake Marie, Ochiai Daigo, Masuda Hirotaka, Akiba Youhei, Otani Toshimitsu, Kasuga Yoshifumi, Matsumoto Tadashi, Miyakoshi Kei, Tanaka Mamoru
REPRODUCTIVE SCIENCES   23 181A   Mar 2016   [Refereed]
Ochiai D, Miyakoshi K, Miwa T, Fukutake M, Kasuga Y, Matsumoto T, Tanaka M
European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology   198 157-159   Mar 2016   [Refereed]
Kasuga Y, Nishio H, Miyakoshi K, Sato S, Sugiyama J, Matsumoto T, Tanaka K, Ochiai D, Minegishi K, Hamatani T, Iwata T, Morisada T, Nakamura M, Fujii T, Kuji N, Aoki D, Tanaka M
International journal of gynecological cancer : official journal of the International Gynecological Cancer Society   26(1) 163-168   Jan 2016   [Refereed]
Ochiai Daigo, Miyakoshi Kei, Akiba Youhei, Otani Toshimitsu, Matsumoto Tadashi, Tanaka Mamoru
HYPERTENSION RESEARCH IN PREGNANCY   4(2) 106-107   2016   [Refereed]
Itoh A, Saisho Y, Miyakoshi K, Fukutake M, Kasuga Y, Ochiai D, Matsumoto T, Tanaka M, Itoh H
Endocrine journal   63(1) 101-104   2016   [Refereed]
Matsumoto T, Miyakoshi K, Fukutake M, Ochiai D, Minegishi K, Tanaka M
Journal of medical ultrasonics (2001)   42(3) 445-446   Jul 2015   [Refereed]

Misc

 
妊娠糖尿病における血糖自己測定保険適用に関する後方視的検討
佐藤 佑, 春日 義史, 宮越 敬, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 税所 芳史, 田中 守
糖尿病と妊娠   17(2) S-47   Aug 2017
妊娠糖尿病(gestational diabetes mellitus;GDM)診療において、2016年度よりハイリスクGDMのみならず、75g経口ブドウ糖負荷試験(oral glucose tolerance test;OGTT)2点・3点陽性例および非妊時BMI(body massindex(BMI))≧25のOGTT1点陽性例に対しても血糖自己測定(self monitoring of blood glucose;SMBG)が保険適用となった。今回われわれは2011〜2015年に当院...
当院における妊娠糖尿病例の胎児発育に関する後方視的検討
宮越 敬, 税所 芳史, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 春日 義史, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守
糖尿病と妊娠   17(2) S-57   Aug 2017
今回われわれは、血糖自己測定(self monitoringof blood glucose;SMBG)による厳重な管理を行った妊娠糖尿病(gestational diabetes mellitus;GDM)例の胎児発育を後方視的に検討した。対象は2011〜2015年に当院にて周産期管理を行った単胎正期産例(正常耐糖能[NGT]1668例、GDM 303例)である。NGTおよびGDMにおける出生体重、light-for-dates(LFD)、heavy-fordates(HFD)には有意差...
常位胎盤早期剥離の管理 常位胎盤早期剥離における胎児低酸素症関連因子に関する後方視的検討
秋葉 洋平, 宮越 敬, 佐藤 佑, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 春日 義史, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   53(2) 467-467   Jun 2017
今後の臨床応用が期待される基礎的研究 ヒト羊水幹細胞がマウス皮膚再生に与える影響 細胞局所注射ならびに細胞シート貼付における検討
福武 麻里絵, 落合 大吾, 佐藤 佑, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 池ノ上 学, 春日 義史, 松本 直, 宮越 敬, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   53(2) 472-472   Jun 2017
既往帝王切開創部付着前置胎盤症例の母体予後に関するMFICU連絡協議会調査報告
宮越 敬, 大谷 利光, 近藤 英治, 五十嵐 豪, 島岡 享生, 村山 敬彦, 牧野 真太郎, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守, 竹田 省
日本周産期・新生児医学会雑誌   53(2) 501-501   Jun 2017
臨床像の異なった低ホスファターゼ症の同胞例
池ノ上 学, 宮越 敬, 佐藤 佑, 大谷 利光, 秋葉 洋平, 春日 義史, 落合 大吾, 松本 直, 松崎 陽平, 池田 一成, 長谷川 奉延, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   53(2) 527-527   Jun 2017
フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ球性白血病(ALL)に対し、化学療法を施行し生児を得た1例
横田 めぐみ, 天方 朋子, 池田 俊之, 矢久保 和美, 落合 大吾
日本周産期・新生児医学会雑誌   53(2) 561-561   Jun 2017
胎児期に卵巣嚢腫との鑑別に苦慮した総排泄腔遺残症の1例
長谷川 慶太, 佐藤 佑, 宮越 敬, 春日 義史, 山田 洋平, 松崎 陽平, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 落合 大吾, 松本 直, 池田 一成, 黒田 達夫, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   53(2) 591-591   Jun 2017
胎児画像所見から先天性クロール下痢症を疑い、羊水電解質検査を施行した1例
大谷 利光, 落合 大吾, 佐藤 佑, 久保 雄一, 秋葉 洋平, 原 香織, 池ノ上 学, 春日 義史, 有光 威志, 松崎 陽平, 松本 直, 宮越 敬, 池田 一成, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   53(2) 660-660   Jun 2017
臍帯嚢胞を契機に診断した臍帯血管腫の一例
佐藤 佑, 春日 義史, 宮越 敬, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   53(2) 695-695   Jun 2017
供血児に頭蓋内出血および腎機能障害を発症し新生児死亡に至ったacute peripartum TTTSの1例
遠藤 豊英, 松本 直, 大谷 利光, 秋葉 洋平, 春日 義史, 池ノ上 学, 有光 威志, 落合 大吾, 松崎 陽平, 宮越 敬, 池田 一成, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   53(1) 244-248   May 2017
31歳(初産婦)。一絨毛膜二羊膜性双胎妊娠25週3日に両児間のヘモグロビン格差、および一児の胎児機能不全を疑われ、前医より紹介となった。胎児超音波検査では、供血児に中大脳動脈収縮期最高血流速度の上昇、頭蓋内出血を示唆する高輝度領域が描出された。受血児には静脈管血流波形の心房波の逆流が認められた。胎児機能不全の診断で同日帝王切開術を施行した結果、受血児は出生後の経過が良好であったが、供血児は出生直後より頭蓋内出血および腎機能障害を発症し、日齢44に新生児死亡にとなった。本症例は子宮収縮などが...
輸血関連循環過負荷(Transfusion associated circulatory overload)を合併した臨床的羊水塞栓症の一例
佐藤 佑, 松本 直, 佐伯 直彦, 谷本 慧子, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 池ノ上 学, 春日 義史, 落合 大吾, 宮越 敬, 田中 守, 青木 大輔
関東連合産科婦人科学会誌   54(2) 192-192   May 2017
当院で経験した前置血管の4症例
白橋 真由, 小野 政徳, 宮城 長靖, 中山 真恵, 世良 亜紗子, 横田 めぐみ, 増田 健太, 天方 朋子, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美
埼玉産科婦人科学会雑誌   47(1) 59-60   Mar 2017
健常妊婦における分娩前後の破骨細胞活性に関する検討
春日 義史, 宮越 敬, 佐藤 佑, 大谷 利光, 秋葉 洋平, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守, 青木 大輔
日本産科婦人科学会雑誌   69(2) 912-912   Feb 2017
良好な周産期予後が得られた胎児鏡下胎盤吻合血管レーザー凝固術に伴う羊膜穿破例
神野 雄一, 松本 直, 大谷 利光, 秋葉 洋平, 福武 麻里絵, 春日 義史, 落合 大吾, 宮越 敬, 田中 守, 青木 大輔
東京産科婦人科学会会誌   65(4) 640-643   Oct 2016
双胎間輸血症候群(TTTS)に対する胎児鏡下胎盤吻合血管レーザー凝固術(FLP)において羊膜穿破例の周産期予後は非穿破例と比較し不良とされる。今回我々はFLPに伴い羊膜穿破が生じたが、良好な周産期予後が得られた1例を経験したので報告する。症例は妊娠24週時にTTTSを発症し、他院にてFLPが実施された。術中に羊膜穿破が認められたものの、術後経過は良好であった。妊娠29週より自院にて周産期管理を再開し、早産兆候が出現したことや羊膜穿破に伴う合併症が発症する可能性などを考慮し、妊娠32週6日に...
妊娠糖尿病既往日本人女性における産後糖代謝異常発症に関する遺伝学的検討
春日 義史, 宮越 敬, 佐藤 佑, 大谷 利光, 秋葉 洋平, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 税所 芳史, 荒田 尚子, 田嶋 敦, 田中 守, 秦 健一郎
糖尿病と妊娠   16(3) S-57   Oct 2016
妊娠糖尿病における血糖自己測定保険適用に関する後方視的検討
佐藤 佑, 春日 義史, 宮越 敬, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 税所 芳史, 田中 守
糖尿病と妊娠   16(3) S-60   Oct 2016
当院における妊娠糖尿病例の胎児発育に関する後方視的検討
宮越 敬, 税所 芳史, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 春日 義史, 池ノ上 学, 福武 麻里絵, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守
糖尿病と妊娠   16(3) S-69   Oct 2016
分娩時期の決定に苦慮した糖尿病腎症第3期合併妊娠の一例
大谷 利光, 宮越 敬, 佐藤 佑, 秋葉 洋平, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 春日 義史, 落合 大吾, 税所 芳史, 脇野 修, 田中 守
糖尿病と妊娠   16(3) S-73   Oct 2016
糖尿病合併妊娠における周産期合併症に影響を与える母体因子の検討
遠藤 翔, 税所 芳史, 宮越 敬, 落合 大吾, 松本 直, 川野 義長, 入江 潤一郎, 田中 正巳, 目黒 周, 田中 守, 伊藤 裕
糖尿病と妊娠   16(3) S-89   Oct 2016
妊娠初期に診断された妊娠糖尿病例の臨床像に関する検討
秋葉 洋平, 宮越 敬, 税所 芳史, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 春日 義史, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守
糖尿病と妊娠   16(2) 137-139   Aug 2016
International Association of Diabetes and Pregnancy Study Group(IADPSG)と本邦の妊娠初期における妊娠糖尿病(GDM)診断基準は異なる。本研究の目的はIADPSG基準では正常耐糖能と判定される妊娠初期GDM臨床像の解析である。自施設で周産期管理を行った妊娠初期GDM(n=151)をGDM診断時75g経口ブドウ糖負荷試験の空腹時血糖高値群(血糖値≧92mg/dL:n=106)と低値群(血糖値<92mg/dL:n=45)に分け...
巨大絨毛膜下血栓が原因と考えられる胎児発育不全をきたした一例
工藤 裕実, 世良 亜紗子, 宮城 長靖, 中山 真恵, 白橋 真由, 横田 めぐみ, 増田 健太, 天方 朋子, 小野 政徳, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美
関東連合産科婦人科学会誌   53(3) 407-407   Aug 2016
Autopsy imagingにより、出生前診断が困難であった気管狭窄・食道閉鎖が検出された1例
長谷川 慶太, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 正木 繭, 春日 義史, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 宮越 敬, 田中 守, 青木 大輔
関東連合産科婦人科学会誌   53(3) 421-421   Aug 2016
当院における腹式広汎性子宮頸部摘出術施行例の術後妊娠分娩経過に関する検討
春日 義史, 宮越 敬, 西尾 浩, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 佐藤 卓, 仲村 勝, 落合 大吾, 松本 直, 森定 徹, 岩田 卓, 田中 京子, 浜谷 敏生, 藤井 多久磨, 久慈 直昭, 田中 守, 青木 大輔
日本婦人科腫瘍学会雑誌   34(3) 407-407   Jun 2016
腹式広汎性子宮頸部摘出術後妊娠における早産期前期破水発症予知因子に関する検討
春日 義史, 宮越 敬, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 青木 大輔, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   52(2) 512-512   Jun 2016
ヒト羊水幹細胞はマウス皮膚創傷治癒を促進する
福武 麻里絵, 落合 大吾, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 池ノ上 学, 春日 義史, 松本 直, 宮越 敬, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   52(2) 519-519   Jun 2016
胎児期に検出され、出生後早期に手術を要した先天性胆道拡張症の2例
秋葉 洋平, 宮越 敬, 大谷 利光, 春日 義史, 落合 大吾, 松本 直, 松崎 陽平, 清水 隆弘, 藤野 明浩, 下島 直樹, 池田 一成, 黒田 達夫, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   52(2) 627-627   Jun 2016
供血児に頭蓋内出血や腎機能障害を発症し新生児死亡に至ったMD双胎の1例
遠藤 豊英, 松本 直, 大谷 利光, 秋葉 洋平, 福武 麻里絵, 春日 義史, 池ノ上 学, 有光 威志, 落合 大吾, 松崎 陽平, 小澤 克典, 谷垣 伸治, 宮越 敬, 池田 一成, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   52(2) 747-747   Jun 2016
妊娠中期での胎内診断が困難であった周産期重症型低ホスファターゼ症の1例
大谷 利光, 宮越 敬, 春日 義史, 秋葉 洋平, 福武 麻里絵, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   52(2) 792-792   Jun 2016
子宮動脈塞栓術が奏功した臨床的羊水塞栓症4例の検討
吉津 照見, 竹本 崇史, 松本 直, 秋葉 洋平, 大谷 利光, 坂井 健良, 落合 大吾, 宮越 敬, 末岡 浩, 田中 守, 青木 大輔
関東連合産科婦人科学会誌   53(2) 254-254   May 2016
分娩管理 我が国の高次周産期医療機関における既往帝王切開創部付着前置胎盤症例の分娩管理に関する実態調査報告
大谷 利光, 宮越 敬, 近藤 英治, 五十嵐 豪, 島岡 享生, 村山 敬彦, 牧野 真太郎, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守, 青木 大輔
日本産科婦人科学会雑誌   68(2) 607-607   Feb 2016
妊娠初期に診断された妊娠糖尿病例の糖代謝異常重症度に関する検討
秋葉 洋平, 宮越 敬, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 正木 繭, 春日 義史, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守, 青木 大輔
日本産科婦人科学会雑誌   68(2) 966-966   Feb 2016
【周産期の痛みと向き合う】 産科 持続硬膜外麻酔以外の和痛分娩
宮越 敬, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守
周産期医学   45(12) 1731-1735   Dec 2015
【周産期診療べからず集】 【母体・胎児編】妊娠中・後期[胎児] 胎児発育不全 形態異常を見落とすべからず
宮越 敬, 福武 麻里絵, 春日 義史, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守
周産期医学   45(増刊) 238-243   Dec 2015
妊娠初期に診断された妊娠糖尿病例の臨床像に関する検討 本邦およびIADPSGにおける妊娠初期診断基準の再考
秋葉 洋平, 宮越 敬, 税所 芳史, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 春日 義史, 落合 大吾, 松本 直慶, 田中 守
糖尿病と妊娠   15(2) S-44   Oct 2015
妊娠初期における脳瘤の検出を契機にMeckel-Gruber症候群と胎内診断した1例
樋口 敦彦, 中村 加奈子, 宮越 敬, 春日 義史, 松本 直, 福武 麻里絵, 落合 大吾, 田中 守, 青木 大輔
東京産科婦人科学会会誌   64(4) 591-595   Oct 2015
Meckel-Gruber syndrome(MGS)は、後頭部脳瘤・嚢胞性腎疾患・軸後性多趾症を主徴とする常染色体劣性遺伝性疾患である。今回我々は妊娠初期の超音波検査による脳瘤の検出を契機にMGSと胎内診断した1例を経験した。症例は31歳、4経妊2経産。当院での妊婦健診中、妊娠13週時に経腟超音波にて脳瘤を検出し、妊娠15週時に両側多嚢胞性腎を認め、MGSと胎内診断した。超音波所見をもとに児の病態および予後を本人・家族へ説明したところ、妊娠継続および分娩が身体的・経済的に患者の健康を害す...
血栓性微小血管障害症の関与が示唆された妊娠高血圧症候群の一例
高畑 尚, 脇野 修, 徳山 博文, 林 晃一, 林 松彦, 落合 大吾, 佐藤 卓, 中村 加奈子, 仙波 宏史, 伊藤 裕
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   38回 453-453   Oct 2015
妊娠糖尿病の血糖管理と血糖自己測定法(SMBG) 妊娠糖尿病におけるインスリン療法導入リスク因子に関する検討 当院における血糖自己測定に基づく妊娠管理例の解析
宮越 敬, 税所 芳史, 正木 繭, 福武 麻里絵, 春日 義史, 落合 大吾, 松本 直, 峰岸 一宏, 伊藤 裕, 田中 守
糖尿病と妊娠   15(1) 77-81   Aug 2015
基準改定後の妊娠糖尿病(GDM)の臨床像に関する検討は散見されるが、インスリン療法予測因子に関する知見は少ない。今回われわれはGDMにおけるインスリン療法導入リスク因子の抽出を目的とし本研究を行った。対象は2011〜2013年に当院でGDMスクリーニングを受け、分娩に至った単胎妊娠1386例である。GDM全例に6分割の食事療法および血糖自己測定(SMBG)を施行し、血糖管理が不良の場合には積極的にインスリン療法を導入した。1386例中GDMは214例(15.4%)であり、75g経口ブドウ糖...
胎児肺成熟を目的としたベタメタゾン投与後の母体血糖管理に要したインスリン必要量に関する後方視的検討
伊藤 新, 税所 芳史, 宮越 敬, 福武 麻里絵, 春日 義史, 落合 大吾, 松本 直, 峰岸 一宏, 田中 守, 伊藤 裕
糖尿病と妊娠   15(1) 103-105   Aug 2015
耐糖能異常合併妊婦への胎児肺成熟を目的としたベタメタゾン投与時には母体高血糖に注意する必要がある。これまで当院では耐糖能異常合併例へのベタメタゾン投与時にはインスリン療法による血糖管理を行ってきた。今回われわれはベタメタゾン療法中の母体血糖管理に要したインスリン投与量について後方視的に検討した。対象は当院にて2007〜2013年にベタメタゾン療法(12mg筋肉内投与、24時間毎、計2回)を受けた妊娠糖尿病合併単胎妊婦13名(年齢36.1±7.6歳、妊娠週数28.9±3.5週)である。全例に...
当院にて周産期管理を行った先天性胆道閉鎖症術後妊娠の臨床像に関する検討
久木田 麻子, 宮越 敬, 秋葉 洋平, 入江 晴子, 真壁 健, 二宮 委美, 福武 麻里絵, 春日 義史, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守, 青木 大輔
関東連合産科婦人科学会誌   52(3) 458-458   Aug 2015
高血圧・蛋白尿を伴わない異型HELLP症候群の1例
秋葉 洋平, 落合 大吾, 大谷 利光, 福武 麻里絵, 春日 義史, 松本 直, 宮越 敬, 田中 守
日本妊娠高血圧学会雑誌   22 77-77   Aug 2015
卵子提供による妊娠における産科合併症に関する検討
大谷 利光, 落合 大吾, 秋葉 洋平, 福武 麻里絵, 春日 義史, 松本 直, 宮越 敬, 田中 守
日本妊娠高血圧学会雑誌   22 95-95   Aug 2015
宮越 敬, 福武 麻里絵, 春日 義史, 落合 大吾, 松本 直, 田中 守
臨床婦人科産科   69(7) 648-657   Jul 2015
血流評価にあたっては常に最適なドプラ波形を描出するよう心がける.臍帯動脈拡張末期途絶疑い例ではwall motion filterの設定に注意し,途絶の有無を慎重に判断する.中大脳動脈血流評価ではドプラウインドウ幅およびドプラ入射角に注意する.胎児発育不全例において子宮動脈血流異常を認める場合には,妊娠高血圧症候群の発症に留意する.(著者抄録)
【周産期救急の初期対応:そのポイントとピットフォール 産科編】 疾患:いかに的確に対応するか 弛緩出血への対応のコツと落とし穴
落合 大吾, 田中 守
周産期医学   45(6) 803-805   Jun 2015
胎内診断に基づき円滑に周産期管理を行った脳硬膜静脈洞奇形の一例
福武 麻里絵, 宮越 敬, 春日 義史, 正木 繭, 落合 大吾, 松本 直, 峰岸 一宏, 櫻本 真理, 有光 威志, 松崎 陽平, 池田 一成, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   51(2) 699-699   Jun 2015
当院で経験した胎盤ポリープの7症例
高橋 孝幸, 松本 直, 福武 麻里絵, 春日 義史, 落合 大吾, 峰岸 一宏, 宮越 敬, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   51(2) 707-707   Jun 2015
一児が同腕二動原体染色体による13トリソミーであった1絨毛膜2羊膜性双胎の一例
春日 義史, 佐藤 卓, 宮越 敬, 福武 麻里絵, 正木 繭, 落合 大吾, 松本 直, 峰岸 一宏, 末岡 浩, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   51(2) 732-732   Jun 2015
羊水検査後に胎児機能不全および子宮内胎児死亡に至った絨毛膜羊膜分離の2症例
小林 新, 飯野 孝太郎, 宮越 敬, 澤野 佳子, 福武 麻里絵, 春日 義史, 落合 大吾, 松本 直, 峰岸 一宏, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   51(2) 877-877   Jun 2015
【無痛分娩Up to Date】 フェンタニルを用いたiv-PCAによる産痛緩和
宮越 敬, 福武 麻里絵, 落合 大吾, 松本 直, 峰岸 一宏, 田中 守
産科と婦人科   82(5) 533-538   May 2015
フェンタニルiv-PCAは産科医管理のもと簡便かつ安全に導入でき、一定の効果を有する産痛緩和法である。産痛緩和のニーズに応えられるよう、多くの分娩取り扱い施設でフェンタニルiv-PCAが提供可能となることが期待される。(著者抄録)
古典的帝王切開術後妊娠において限局性疼痛および腹腔内出血を契機に診断に至った穿通胎盤の一例
瀬田 康弘, 宮越 敬, 坊岡 順香, 宮崎 薫, 落合 大吾, 松本 直, 峰岸 一宏, 田中 守, 青木 大輔
関東連合産科婦人科学会誌   52(2) 297-297   May 2015
卵巣癌合併妊娠に対して待機的治療を行った2症例
高橋 孝幸, 野村 弘行, 二宮 委美, 松本 直, 岩佐 尚美, 中平 直希, 落合 大吾, 山上 亘, 片岡 史夫, 宮越 敬, 田中 守, 青木 大輔
関東連合産科婦人科学会誌   52(2) 320-320   May 2015
自然羊膜破綻による臍帯相互巻絡を認めた一絨毛膜二羊膜性双胎の1例
中川 亮, 落合 大吾, 真壁 健, 福武 麻里絵, 春日 義史, 松本 直, 峰岸 一宏, 宮越 敬, 田中 守, 青木 大輔
東京産科婦人科学会会誌   64(2) 205-210   Apr 2015
一絨毛膜二羊膜性双胎では、稀に自然羊膜破綻をきたし、一絨毛膜一羊膜性双胎と同様の病態となることがある。この場合には、臍帯相互巻絡による胎児死亡をきたす可能性がある。今回我々は、一絨毛膜二羊膜性双胎の妊娠管理中、自然羊膜破綻に臍帯相互巻絡を合併した症例を経験した。我々は、自然羊膜破綻と臍帯相互巻絡を胎内診断した後、待機的な妊娠管理を行い、妊娠32週に帝王切開施行し2児の生児を得た。自然羊膜破綻をきたした一絨毛膜二羊膜性双胎は、妊娠経過中に臍帯相互巻絡を起こすことがあり、その胎内診断を行うこと...
再生不良性貧血合併妊娠により周産期管理を要した一症例
小野 政徳, 白橋 真由, 野田 清香, 秋葉 洋平, 西島 翔太, 天方 朋子, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   45(1) 62-62   Mar 2015
妊娠中期より広範な胎盤内低エコー領域を認め、異なる胎盤所見を呈した2症例
正木 繭, 落合 大吾, 宮越 敬, 福武 麻里絵, 春日 義史, 池ノ上 学, 松本 直, 峰岸 一宏, 田中 守
超音波医学   42(2) 238-238   Mar 2015
粘液性境界悪性腫瘍が子宮内膜症性卵巣嚢胞切片中に存在した1症例
小野 政徳, 赤塚 誠哉, 白橋 真由, 野田 清香, 秋葉 洋平, 吉浜 智子, 西島 翔太, 天方 朋子, 櫻井 友義, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
関東連合産科婦人科学会誌   52(1) 69-73   Mar 2015
子宮内膜症性卵巣嚢胞は悪性・境界悪性を含め多様な卵巣腫瘍との鑑別が必要であり,病変自体および手術が卵巣機能に直結すること,感染や破裂を来たしやすいことなど取扱いには注意を要する.さらに卵巣腫瘍において術前に良悪性を完全に判別することは不可能であり,また卵巣癌における病理学的な検討で子宮内膜症性卵巣嚢胞自体が卵巣癌の発生母地となっている可能性も注目されている.今回我々は子宮内膜症に対して子宮内膜症除去術を施行し,子宮内膜症性卵巣嚢胞切片中に境界悪性腫瘍が併存した症例を経験した.卵巣子宮内膜症...
妊婦の代謝異常 日本人妊娠糖尿病の分子遺伝学的病態解析
春日 義史, 秦 健一郎, 宮越 敬, 福武 麻里絵, 正木 繭, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 峰岸 一宏, 前原 佳代子, 田中 守, 青木 大輔
日本産科婦人科学会雑誌   67(2) 517-517   Feb 2015
合併症妊娠の諸問題 本邦における広汎性子宮頸部摘出術後妊娠の周産期予後に関する検討
松本 直, 正木 繭, 福武 麻里絵, 春日 義史, 杉山 重里, 西尾 浩, 落合 大吾, 田中 京子, 峰岸 一宏, 宮越 敬, 田中 守, 青木 大輔
日本産科婦人科学会雑誌   67(2) 528-528   Feb 2015
妊娠糖尿病合併妊婦におけるbetamethasone療法中のインスリン投与量に関する後方視的検討
福武 麻里絵, 宮越 敬, 春日 義史, 正木 繭, 落合 大吾, 松本 直, 峰岸 一宏, 田中 守, 青木 大輔
日本産科婦人科学会雑誌   67(2) 619-619   Feb 2015
卵子提供による妊娠における産科合併症に関する検討
落合 大吾, 宮越 敬, 福武 麻里絵, 正木 繭, 春日 義史, 松本 直, 峰岸 一宏, 田中 守, 青木 大輔
日本産科婦人科学会雑誌   67(2) 742-742   Feb 2015
当院の超緊急帝王切開についての検討
天方 朋子, 吉浜 智子, 西島 翔太, 櫻井 友義, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉県医学会雑誌   49(1) np50-np51   Nov 2014
妊娠糖尿病の血糖管理と血糖自己測定法(SMBG) 妊娠糖尿病におけるインスリン導入リスク因子に関する検討 当院における自己血糖測定に基づく妊娠管理例の解析
宮越 敬, 税所 芳史, 福武 麻里絵, 春日 義史, 落合 大吾, 松本 直, 峰岸 一宏, 伊藤 裕, 田中 守
糖尿病と妊娠   14(2) S-72   Oct 2014
胎児肺成熟を目的としたベタメタゾン投与後の母体血糖管理に要したインスリン投与量に関する後方視的検討
伊藤 新, 税所 芳史, 宮越 敬, 福武 麻里絵, 春日 義史, 落合 大吾, 松本 直, 峰岸 一宏, 田中 守, 伊藤 裕
糖尿病と妊娠   14(2) S-90   Oct 2014
当院において羊水染色体検査にて18トリソミーと診断された症例の胎児超音波検査所見の特徴の検討
棚橋 あかり, 落合 大吾, 小田桐 康太, 齊藤 郁恵, 日原 華子, 西島 翔太, 天方 朋子, 櫻井 友義, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   44(2) 164-169   Sep 2014
当院で2002年1月から2012年4月に羊水検査を受けた364件について、検査希望理由・実施件数の年次推移・染色体異常診断数を後方視的に検討した。また、同期間に出生前に羊水検査で確定診断された18トリソミー児15例、超音波検査で疑い診断され出生後18トリソミーと確定診断された2例の合計17例の超音波所見を妊娠22週前後で分けて検討した。羊水検査施行症例は増加傾向で30例に染色体異常を認めた。18トリソミー(17例)児に認めた超音波上の形態異常所見は妊娠22週以降診断群では一般に18トリソミ...
当院における妊娠22週以降の子宮内胎児死亡症例の検討
吉浜 智子, 西島 翔太, 天方 朋子, 櫻井 友義, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   44(2) 190-190   Sep 2014
当院における5年間の腹腔鏡下子宮筋腫核出術の検討
吉浜 智子, 櫻井 友義, 西島 翔太, 天方 朋子, 小野 政徳, 落合 大吾, 阿部 礼子, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   44(2) 206-206   Sep 2014
【産科と麻酔-帝王切開と無痛分娩の麻酔法-】 無痛分娩 各施設での無痛分娩と和痛分娩の実際 大学病院
宮越 敬, 山田 高成, 福武 麻里絵, 落合 大吾, 松本 直, 峰岸 一宏, 田中 守
産婦人科の実際   63(8) 1101-1106   Aug 2014
血栓性微小血管障害症の関与が示唆された産褥期急性腎不全の1例
田中 恒成, 落合 大吾, 宮越 敬, 佐藤 卓, 中村 加奈子, 仙波 宏史, 福武 麻里絵, 松本 直, 峰岸 一宏, 田中 守, 青木 大輔
関東連合産科婦人科学会誌   51(3) 418-418   Aug 2014
子宮内膜症性卵巣嚢胞切片中に境界悪性腫瘍が併存した1症例
小野 政徳, 赤塚 誠哉, 吉浜 智子, 西島 翔太, 天方 朋子, 櫻井 友義, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   30(Suppl.I) 155-155   Aug 2014
妊娠糖尿病合併妊婦の産後早期糖代謝異常の予測因子に関する検討
宮越 敬, 正木 繭, 門平 育子, 福武 麻里絵, 池ノ上 学, 春日 義史, 落合 大吾, 松本 直, 峰岸 一宏, 吉村 泰典, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   50(2) 712-712   Jun 2014
当院における進行子宮頸癌合併妊娠例の臨床像に関する検討
春日 義史, 宮越 敬, 福武 麻里絵, 正木 繭, 池ノ上 学, 落合 大吾, 松本 直, 峰岸 一宏, 吉村 泰典, 田中 守, 青木 大輔
日本周産期・新生児医学会雑誌   50(2) 714-714   Jun 2014
Meconium periorchitisを契機に胎児診断しえた胎便性腹膜炎の1例
落合 大吾, 大森 さゆ, 福武 麻里絵, 正木 繭, 春日 義史, 池ノ上 学, 松本 直, 峰岸 一宏, 宮越 敬, 吉村 泰典, 福井谷 達郎, 田中 守
日本周産期・新生児医学会雑誌   50(2) 836-836   Jun 2014
再生不良性貧血合併妊娠の1例
小野 政徳, 西島 翔太, 天方 朋子, 櫻井 友義, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
日本周産期・新生児医学会雑誌   50(2) 849-849   Jun 2014
異なる妊娠経過を辿った胎児母体間輸血症候群の2例
結城 瑠美, 福武 麻里絵, 春日 義史, 松本 直, 正木 繭, 池ノ上 学, 落合 大吾, 峰岸 一宏, 宮越 敬, 吉村 泰典, 青木 大輔
関東連合産科婦人科学会誌   51(2) 284-284   May 2014
境界悪性腫瘍が子宮内膜症性卵巣嚢胞切片中に存在した1症例
小野 政徳, 吉浜 智子, 西島 翔太, 天方 朋子, 櫻井 友義, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
関東連合産科婦人科学会誌   51(2) 297-297   May 2014
当院での過去5年間の子宮外妊娠手術の検討
西島 翔太, 齋藤 郁恵, 日原 華子, 天方 朋子, 櫻井 友義, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉県医学会雑誌   48(1) 249-252   Oct 2013
2007年9月から5年間に施行した子宮外妊娠手術全33症例を対象として、子宮外妊娠部位の頻度、腹腔鏡手術と開腹手術の症例背景の比較、それぞれの治療成績について検討した。子宮外妊娠部位は膨大部妊娠54%、間質部妊娠18%、卵巣部妊娠18%で、各部位の左右差はなく、腹腔鏡下手術は17例、開腹手術は16例であった。前医からの紹介後に緊急手術となった症例はともに半数以上を占め、年齢や妊娠週数に有意な群間差はなかったが、開腹手術例3例では以前にも子宮外妊娠歴を認めていた。また、平均出血量は腹腔鏡手術...
当院における単孔式腹腔鏡下手術における臍創部の切開と閉創の工夫
櫻井 友義, 吉浜 智子, 天方 朋子, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   29(Suppl.I) 208-208   Aug 2013
True Meigs症候群の一例
齋藤 郁恵, 櫻井 友義, 小田桐 康太, 日原 華子, 西島 翔太, 天方 朋子, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   43(2) 193-193   Jul 2013
【らくらく理解!見方・読み方・読む視点 保存版:産科の検査値まるごと大図鑑】 尿蛋白・尿糖
落合 大吾
ペリネイタルケア   32(6) 556-558   Jun 2013
妊娠16週に偽性腸閉塞を発症した1例
西島 翔太, 天方 朋子, 櫻井 友義, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
日本周産期・新生児医学会雑誌   49(2) 776-776   Jun 2013
産褥期に頻発した反復性過眠症合併妊娠の一例
矢久保 和美, 西島 翔太, 天方 朋子, 櫻井 友義, 落合 大吾, 池田 俊之, 福井谷 達郎
日本周産期・新生児医学会雑誌   49(2) 893-893   Jun 2013
Postmortem MRI・部分的病理解剖にてSimpson-Golabi-Behmel syndromeと臨床診断しえた1例
落合 大吾, 日原 華子, 齋藤 郁恵, 西島 翔太, 天方 朋子, 櫻井 友義, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
日本産科婦人科学会雑誌   65(2) 803-803   Feb 2013
当院にて分娩・新生児管理を行った超低出生体重児(Extremely low birth weight infant:ELBWI)に関する検討
日原 華子, 落合 大吾, 棚橋 あかり, 小田桐 康太, 齊藤 郁恵, 西島 翔太, 天方 朋子, 櫻井 友義, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   43(1) 64-64   Feb 2013
当院における羊水検査施行症例の検討 18トリソミーを中心に
棚橋 あかり, 落合 大吾, 小田桐 康太, 齊藤 郁恵, 日原 華子, 西島 翔太, 天方 朋子, 櫻井 友義, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   43(1) 65-65   Feb 2013
地域周産期センターにおける双胎妊娠に関する後方視的検討
金田 由香子, 中村 加奈子, 天方 朋子, 櫻井 友義, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉県医学会雑誌   47(1) 263-266   Nov 2012
2007年1月〜2011年8月までに著者らが経験した双胎妊娠244例のうち、1絨毛膜1羊膜性双胎の2例を除いた242例を対象に、膜性診断による比較を中心に検討した。内訳は1絨毛膜性2羊膜性双胎(MD twin)が99例(41%)、2絨毛膜性2羊膜性双胎(DD twin)が143例(59%)であった。母体の分娩時平均年齢はMD twinの31.5歳に対し、DD twinは32.9歳と有意に高齢であった。平均分娩週数はDD twinの妊娠35週2日に対し、MD twinは妊娠34週1日と有意に...
妊娠19週に加重型妊娠高血圧腎症を発症した高血圧合併妊娠の一例
中村 加奈子, 落合 大吾, 遠藤 真沙子, 金田 由香子, 天方 朋子, 櫻井 友義, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   42 167-168   Sep 2012
最近1年間で経験した高次医療機関との連携を要したMD双胎の3例
中村 加奈子, 落合 大吾, 遠藤 真沙子, 金田 由香子, 天方 朋子, 櫻井 友義, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   42 179-180   Sep 2012
長期透析患者における婦人科内視鏡手術の工夫と注意点
櫻井 友義, 中村 加奈子, 金田 由香子, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   28(1) 282-282   Aug 2012
妊娠様式(自然妊娠群対不妊治療群)による双胎妊娠における周産期予後の後方視的検討
櫻井 友義, 金田 由香子, 天方 朋子, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
日本周産期・新生児医学会雑誌   48(2) 394-394   Jun 2012
矢久保 和美, 天方 朋子, 櫻井 友義, 落合 大吾, 池田 俊之, 福井谷 達郎
日本周産期・新生児医学会雑誌   48(1) 95-100   May 2012
症例は32歳女性で、近医で妊婦健診を受けていたが、子宮内胎児発育不全のため妊娠31週6日に紹介受診した。BMIは17.5で、検査所見で貧血、低K・低Cl血症、高尿酸血症が認められた。2回目受診時の助産師外来での食事指導の際に、15歳時より続く摂食障害が明らかとなり、妊娠中も過食と嘔吐を繰り返していた。入院予定日前日の妊娠32週6日に嘔吐直後より腹痛と出血を来たして緊急入院となった。超音波で頸管長は16.9mmと短縮し、胎盤の一部肥厚を認め、常位胎盤早期剥離を疑って緊急帝王切開を行った。出生...
巨大子宮筋腫合併妊娠による帝王切開術後、肺塞栓を発症した一症例
倉住 拓弥, 佐藤 智行, 永渕 万理, 佐久間 貴裕, 安藤 嘉門, 落合 大吾, 島田 宗明, 忍田 純哉
日本集中治療医学会雑誌   19(Suppl.) 224-224   Jan 2012
腹腔鏡下に診断・治療を行った卵巣妊娠の2例
天方 朋子, 落合 大吾, 横田 めぐみ, 櫻井 友義, 阿部 礼子, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   41 64-68   Oct 2011
腹腔鏡下に診断し、異なる術式にて治療を行った卵巣妊娠の2症例を経験した。症例1は、右卵巣表面に血腫とともに妊娠組織が認められたため、卵巣組織を含めて切除した(卵巣部分切除)。症例2は、左卵巣表面に血腫が付着しており血腫を除去したところ、卵巣組織を鉗子で把持したところ妊娠様組織が卵巣表面に出てきたため妊娠組織除去を行った。2症例とも術後血清hCG値は低下・陰性化を確認後、自然妊娠が成立した。卵巣妊娠の手術療法として、一般に卵巣楔状切除や卵巣部分切除が選択されることが多いが、症例により腹腔鏡下...
最近当院で経験した治療的頸管縫縮術施行症例に関する検討
横田 めぐみ, 落合 大吾, 天方 朋子, 櫻井 友義, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   41 76-77   Oct 2011
当院にて経験した先天性腸閉鎖・狭窄症例の検討
七尾 道子, 落合 大吾, 横田 めぐみ, 天方 朋子, 阿部 礼子, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   41 89-89   Oct 2011
Ectopic ovary(mature dermoid cyst)の1例
横田 めぐみ, 落合 大吾, 天方 朋子, 阿部 礼子, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   41 98-99   Oct 2011
当院における卵巣嚢腫合併妊娠に対する腹腔鏡手術の検討
西村 貴絵, 落合 大吾, 阿部 礼子, 横田 めぐみ, 天方 朋子, 櫻井 友義, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉産科婦人科学会雑誌   41 122-122   Oct 2011
一絨毛膜二羊膜双胎妊娠の1児に合併した円錐動脈幹心奇形を出生前診断しえた2症例
横田 めぐみ, 落合 大吾, 天方 朋子, 櫻井 友義, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
埼玉県医学会雑誌   46(1) 274-277   Oct 2011
症例1:39歳。妊娠26週の胎児エコーで、一絨毛膜二羊膜双胎の1児の心臓が四腔断面像は正常であったが、左右流出路断面像で2本の大血管が同一断面で並列に走行していた。左室より流出している血管は両肺野に向かう2本の分岐を成し、肺動脈と考えられた。右室より流出している大血管は頭頸部に向かう3本の分枝を確認でき、この血管を大動脈と考え、完全大血管転位症と診断した。小児心臓手術対応が可能な病院に紹介し、妊娠36週4日に帝王切開で分娩となり、完全大血管転位症と確定診断された。症例2:40歳。妊娠29週...
羊水塞栓症による妊産婦死亡例から考えるAutopsy Imaging(AI)の重要性
櫻井 友義, 天方 朋子, 落合 大吾, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
日本周産期・新生児医学会雑誌   47(2) 349-349   Jun 2011
骨髄異形成症候群(MDS)合併妊娠・分娩の一例
池田 俊之, 天方 朋子, 櫻井 友義, 落合 大吾, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
日本周産期・新生児医学会雑誌   47(2) 417-417   Jun 2011
偽性副甲状腺機能低下症1a型合併妊娠の1例
落合 大吾, 天方 朋子, 櫻井 友義, 池田 俊之, 矢久保 和美, 福井谷 達郎
日本周産期・新生児医学会雑誌   47(2) 446-446   Jun 2011
当院周産期センターにおける非妊時母体BMIと周産期合併症についての検討
矢久保 和美, 天方 朋子, 櫻井 知義, 落合 大吾, 池田 俊之, 福井谷 達郎
日本周産期・新生児医学会雑誌   47(2) 462-462   Jun 2011