Masashi Okamura

J-GLOBAL         Last updated: Oct 17, 2019 at 11:07
 
Avatar
Name
Masashi Okamura
E-mail
okamuramvmas.kitasato-u.ac.jp
Research funding number
70374775

Academic & Professional Experience

 
Apr 2013
 - 
Today
Associate Professor, School of Veterinary Medicine, Kitasato University
 

Published Papers

 
Staphylococcal Enterotoxin C Is an Important Virulence Factor for Mastitis.
Fang R, Cui J, Cui T, Guo H, Ono HK, Park CH, Okamura M, Nakane A, Hu DL.
Toxins (Basel).   11(3) pii: E141   Mar 2019   [Refereed]
Fukuda A, Usui M, Okamura M, Dong-Liang H, Tamura Y
Microbial drug resistance (Larchmont, N.Y.)   25(1) 127-132   Jan 2019   [Refereed]
Okamura M, Kaneko M, Ojima S, Sano H, Shindo J, Shirafuji H, Yamamoto S, Tanabe T, Yoshikawa Y, Hu DL
Microbes and environments   33(1) 77-82   Mar 2018   [Refereed]
Hu DL, Ono HK, Isayama S, Okada R, Okamura M, Lei LC, Liu ZS, Zhang XC, Liu MY, Cui JC, Nakane A
Journal of applied microbiology   122(6) 1672-1679   Jun 2017   [Refereed]
Kashimoto T, Iwasaki C, Gojo M, Sugiyama H, Yoshioka K, Yamamoto Y, Okamura M, Susa N, Ueno S
FEMS microbiology letters   362(7)    Apr 2015   [Refereed]

Misc

 
内田幸治, 岩田剛敏, 岡村雅史, 佐々木貴正, 嶋崎洋子, 杉山美樹
鶏病研究会報   54(2) 47‐58   Aug 2018
岡村雅史
畜産コンサルタント   54(5) 24‐25   May 2018
竹馬工, 岩田剛敏, 岡村雅史, 岡村行岳, 加茂前清尚, 斉藤恵子, 松林誠
鶏病研究会報   52(3) 167‐174   Nov 2016
岡村雅史
鶏病研究会報   52(2) 142   Aug 2016

Conference Activities & Talks

 
Salmonella Gallinarumが経口感染鶏体内において発現する抗原の病原性への関与
田村 明希子,濵本 翼,青木 瑞紀,宗雪 雅子,寺尾 彩,小島 新二郎,羽田 健,小野 久弥,胡 東良,岡村 雅史
10 Sep 2019   
OmpA is a potential molecule involved in the interaction of Salmonella Pullorum and chicken ovarian granulosa cells
Okamura M, Tanaka S, Ono H, Hu DL.
FEMS2019   7 Jul 2019   
Differential host responses against Salmonella Gallinarum and Typhimurium infection in chickens
Ojima S., Miyauchi H., Ono H., Yoshioka K., Hu DL.,Okamura M
Gordon Research Conference “Salmonella Biology and Pathogenesis”   2 Jun 2019   
A potential mechanism of Salmonella transovarian transmission in chicken
Okamura M, Tanaka S, Ojima S, Ono H, Hu DL.
Gordon Research Conference “Salmonella Biology and Pathogenesis”   2 Jun 2019   
Salmonella Gallinarumが鶏における全身伝播時に発現する抗原の病原性への寄与
濵本 翼,田村 明希子,青木 瑞紀,宗雪 雅子,寺尾 彩,小島 新二郎,羽田 健,小野 久弥,胡 東良,岡村 雅史
10 Sep 2019   
森口優佳, 小野久弥, 小林美樹, 岡本旺久, 岡村雅史, 中根明夫, 胡東良
日本獣医学会学術集会講演要旨集   21 Aug 2018   
木村珠子, 小野久弥, 岡村雅史, 津曲歩径, 松永萌, 森口優佳, 中根明夫, 胡東良
日本獣医学会学術集会講演要旨集   21 Aug 2018   
宮内宏美, 小島新二郎, 岡村雅史, 吉岡一機, 小野久弥, 胡東良
日本獣医学会学術集会講演要旨集   21 Aug 2018   
松永萌, 小野久弥, 小林美樹, 岡村雅史, 中根明夫, 胡東良
日本獣医学会学術集会講演要旨集   21 Aug 2018   
田中聖心, 岡村雅史, 小野久弥, 胡東良
日本獣医学会学術集会講演要旨集   21 Aug 2018   
ブドウ球菌エンテロトキシン様毒素SEIJの高感度検出系の確立
蜂谷 信昭, 小野 久弥, 岡村 雅史, 中根 明夫, 胡 東良
日本獣医学会学術集会講演要旨集   Aug 2017   
鞭毛抗原および粘膜アジュバント融合タンパク質を表層に発現する組換え大腸菌を用いた新規サルモネラワクチンの開発とその感染防御効果
長尾 梨花, 福田 有希, 岡村 雅史, 松林 誠, 古家 優, 小野 久弥, 胡 東良, 笹井 和美
日本獣医学会学術集会講演要旨集   Aug 2017   
Salmonella Gallinarumが感染鶏体内において発現する抗原(IVIA)の同定
寺尾 彩, 岡村 雅史, 小野 久弥, 胡 東良
日本獣医学会学術集会講演要旨集   Aug 2017   
ニワトリとマウスにおけるSalmonella enterica serovar Gallinarum感染時の宿主反応の違い
小島 新二郎, 岡村 雅史, 吉岡 一機, 小野 久弥, 胡 東良
日本獣医学会学術集会講演要旨集   Aug 2017   
サルモネラの細胞侵入におけるコレステロールの関与
浦和 勇人, 岡村 雅史, 小野 久弥, 胡 東良
日本獣医学会学術集会講演要旨集   Aug 2017   
ブドウ球菌エンテロトキシンによる細胞空胞形成機序の解明
小林 美樹, 小野 久弥, 河合 美帆, 稲野辺 悠, 岡村 雅史, 中根 明夫, 胡 東良
日本獣医学会学術集会講演要旨集   Aug 2017   
鶏舎環境での薬剤耐性菌の維持・伝播におけるハエの役割
福田 昭, 臼井 優, 岡村 雅史, 胡 東良, 田村 豊
日本細菌学雑誌   Feb 2017   
鶏舎環境での薬剤耐性菌の維持・伝播におけるハエの役割
福田 昭, 臼井 優, 岡村 雅史, 胡 東良, 田村 豊
日本獣医学会学術集会講演要旨集   Aug 2016   
鶏群および鶏肉におけるサルモネラおよびカンピロバクター汚染の現状
鈴木 崇文, 岡村 雅史, 小野 久弥, 胡 東良
日本獣医学会学術集会講演要旨集   Aug 2016   
コレステロールおよびエストロジェンが鶏のサルモネラ感染に及ぼす影響
増岡 絢, 高橋 佑太, 岡村 雅史, 小野 久弥, 胡 東良
日本獣医学会学術集会講演要旨集   Aug 2016