小田真由美

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/12 18:38
 
アバター
研究者氏名
小田真由美
ハンドル
moda
URL
http://scholar.google.com/citations?user=JI_XiDQAAAAJ&hl=en
所属
慶應義塾大学
部署
医学部(信濃町)
職名
特任講師
学位
博士(獣医学)

プロフィール

 1974年生まれ、愛知県立時習館高等学校卒業後、東京大学に入学。理科二類を経て農学部獣医学科に進学し、農学生命科学研究科・細胞生化学研究室(塩田邦郎教授)の下で博士(獣医学、学位論文「胎盤と栄養膜幹細胞のエピジェネティック分子機構」、2003年3月)を取得。

 東京大学農学部研究員在職中に日本学術振興会特別研究員(PD, 2004年度〜、研究課題名「雑種強勢のエピジェネティック分子機構」)に任命され、任期中より渡米。米国NY州Albert Einstein College of MedicineにおいてResearch Associateとして大量DNAメチル化解析法をもちいたエピゲノム研究を行った。
 2008年4月に帰国、慶應義塾大学医学部・循環器内科/総合医科学研究・特任助教として、心筋細胞のエピゲノム研究を行った。2012年7月より慶應義塾大学・坂口光洋記念講座テニュアトラック・プロジェクト助教(http://www.careerpath-prj.keio.ac.jp/sakaguchi/index.html 、研究課題「リプログラミングおよび細胞分化操作のためのエピゲノム・バックグラウンドの理解と構築」)を終え、現在に至る(システム医学講座(洪実教授)にお邪魔しています)。

Research Gate: https://www.researchgate.net/profile/Mayumi_Oda
Europe PMC: https://europepmc.org/authors/0000-0001-5102-7076
Google scholar: https://scholar.google.com/citations?user=JI_XiDQAAAAJ&hl=en
https://www.linkedin.com/in/mayumi-oda-2a7b3a35/

主な論文:
心筋細胞特異的遺伝子の遺伝子長と発現調節に関わるgene bodyエピジェネティック修飾
(BMC genomics, 2018)
https://bmcgenomics.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12864-018-4752-4
自己組織化マップ(SOM)による複製タイミングと遺伝子発現とDNAメチル化の関係性
(Genome Research, 2011)
https://genome.cshlp.org/content/21/11/1833.short
栄養膜幹細胞株(TS細胞)を樹立:マウスクローン胚から
(Proc Natl Acad Sci, 2009)
http://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/tanaka090826.html
大量DNAメチル化解析法の哺乳類ゲノム配列を考慮した改良
(Nucleic Acids Research, 2009)
https://academic.oup.com/nar/article/37/12/3829/1044056

現在、発生・リプログラミング・疾患におけるDNAメチル化を中心としたエピゲノム研究を行っています。多細胞生物の細胞種特異的遺伝子発現システムと進化的なゲノムの成り立ちの関係性、その疾患や老化への影響について興味を持って研究を進めています。エピゲノムを体系的に理解するために、留学中より始めたバイオインフォマティックな解析アプローチについてさらに勉強中です。共同研究募集中です!

所属学会・研究会:
エピジェネティクス研究会(研究会のロゴマークを作製しました)
日本分子生物学会
日本発生生物学会
その他の活動:
希少疾患勉強会
Rare Disease Day(世界希少・難治性疾患の日)イベントスタッフ
(RDD2013では代表を務めました)

研究分野

 

経歴

 
2018年7月
 - 
現在
慶應義塾大学 医学部 特任講師
 
2012年7月
 - 
2018年6月
慶應義塾大学 医学部 助教
 
2010年4月
 - 
2012年6月
慶應義塾大学 医学部 特任助教
 

受賞

 
2004年8月
Society for Study of Reproduction Lalor Foundation Travel Fellow
 
2004年8月
Society for Study of Reproduction Trainee Research Poster Competition The first place
 

論文

 
Nakatsukasa H, Oda M, Yin J, Chikuma S, Ito M, Koga-Iizuka M, Someya K, Kitagawa Y, Ohkura N, Sakaguchi S, Koya I, Sanosaka T, Kohyama J, Tsukada YI, Yamanaka S, Takamura-Enya T, Lu Q, Yoshimura A
International immunology      2019年2月   [査読有り]
Hiratsuka K, Monkawa T, Akiyama T, Nakatake Y, Oda M, Goparaju SK, Kimura H, Chikazawa-Nohtomi N, Sato S, Ishiguro K, Yamaguchi S, Suzuki S, Morizane R, Ko SBH, Itoh H, Ko MSH
Scientific reports   9(1) 913   2019年1月   [査読有り]
Sadahiro T, Isomi M, Muraoka N, Kojima H, Haginiwa S, Kurotsu S, Tamura F, Tani H, Tohyama S, Fujita J, Miyoshi H, Kawamura Y, Goshima N, Iwasaki YW, Murano K, Saito K, Oda M, Andersen P, Kwon C, Uosaki H, Nishizono H, Fukuda K, Ieda M
Cell stem cell   23(3) 382-395.e5   2018年9月   [査読有り]
Oda M, Wakabayashi S, Ari Wijetunga N, Yuasa S, Enomoto H, Kaneda R, Yoon SH, Mittal N, Jing Q, Suzuki M, Greally JM, Fukuda K, Makino S
BMC genomics   19(1) 349   2018年5月   [査読有り]
Saito Y, Kunitomi A, Seki T, Tohyama S, Kusumoto D, Takei M, Kashimura S, Hashimoto H, Yozu G, Motoda C, Shimojima M, Egashira T, Oda M, Fukuda K, Yuasa S
FEBS letters   591(18) 2879-2889   2017年9月   [査読有り]
Arai Y, Takahashi D, Asano K, Tanaka M, Oda M, Ko SBH, Ko MSH, Mandai S, Nomura N, Rai T, Uchida S, Sohara E
Scientific reports   7 46580   2017年4月   [査読有り]
Akiyama T, Wakabayashi S, Soma A, Sato S, Nakatake Y, Oda M, Murakami M, Sakota M, Chikazawa-Nohtomi N, Ko SBH, Ko MSH
Stem cells international   2017 7215010   2017年   [査読有り]
Ishiguro KI, Nakatake Y, Chikazawa-Nohtomi N, Kimura H, Akiyama T, Oda M, Ko SB, Ko MS
In vitro cellular & developmental biology. Animal   53(2) 179-190   2016年10月   [査読有り]
Torii H, Kurihara T, Seko Y, Negishi K, Ohnuma K, Inaba T, Kawashima M, Jiang X, Kondo S, Miyauchi M, Miwa Y, Katada Y, Mori K, Kato K, Tsubota K, Goto H, Oda M, Hatori M, Tsubota K
EBioMedicine   15 210-219   2017年2月   [査読有り]
Akiyama T, Wakabayashi S, Soma A, Sato S, Nakatake Y, Oda M, Murakami M, Sakota M, Chikazawa-Nohtomi N, Ko SB, Ko MS
Development (Cambridge, England)   143(20) 3674-3685   2016年10月   [査読有り]
Akiyama T, Xin L, Oda M, Sharov AA, Amano M, Piao Y, Cadet JS, Dudekula DB, Qian Y, Wang W, Ko SB, Ko MS
DNA research : an international journal for rapid publication of reports on genes and genomes   22(5) 307-318   2015年8月   [査読有り]
Kunitomi A, Yuasa S, Sugiyama F, Saito Y, Seki T, Kusumoto D, Kashimura S, Takei M, Tohyama S, Hashimoto H, Egashira T, Tanimoto Y, Mizuno S, Tanaka S, Okuno H, Yamazawa K, Watanabe H, Oda M, Kaneda R, Matsuzaki Y, Nagai T, Okano H, Yagami K, Tanaka M, Fukuda K
Stem cell reports   6(6) 825-833   2016年6月   [査読有り]
Kodo K, Nishizawa T, Furutani M, Arai S, Ishihara K, Oda M, Makino S, Fukuda K, Takahashi T, Matsuoka R, Nakanishi T, Yamagishi H
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   76(7) 1703-1711   2012年6月   [査読有り]
Suzuki M, Oda M, Ramos MP, Pascual M, Lau K, Stasiek E, Agyiri F, Thompson RF, Glass JL, Jing Q, Sandstrom R, Fazzari MJ, Hansen RS, Stamatoyannopoulos JA, McLellan AS, Greally JM
Genome research   21(11) 1833-1840   2011年11月   [査読有り]
Seki T, Yuasa S, Oda M, Egashira T, Yae K, Kusumoto D, Nakata H, Tohyama S, Hashimoto H, Kodaira M, Okada Y, Seimiya H, Fusaki N, Hasegawa M, Fukuda K
Cell stem cell   7 11-14   2010年7月   [査読有り]
Oda M, Shiota K, Tanaka S
Development, growth & differentiation   52(3) 285-291   2010年4月   [査読有り]
Oda M, Tanaka S, Yamazaki Y, Ohta H, Iwatani M, Suzuki M, Ohgane J, Hattori N, Yanagimachi R, Wakayama T, Shiota K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   106(38) 16293-16297   2009年9月   [査読有り]
Oda M, Glass JL, Thompson RF, Mo Y, Olivier EN, Figueroa ME, Selzer RR, Richmond TA, Zhang X, Dannenberg L, Green RD, Melnick A, Hatchwell E, Bouhassira EE, Verma A, Suzuki M, Greally JM
Nucleic acids research   37(12) 3829-3839   2009年7月   [査読有り]
Oda M, Greally JM
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   507 77-87   2009年   [査読有り][招待有り]
Mikkelsen TS, Wakefield MJ, Aken B, Amemiya CT, Chang JL, Duke S, Garber M, Gentles AJ, Goodstadt L, Heger A, Jurka J, Kamal M, Mauceli E, Searle SM, Sharpe T, Baker ML, Batzer MA, Benos PV, Belov K, Clamp M, Cook A, Cuff J, Das R, Davidow L, Deakin JE, Fazzari MJ, Glass JL, Grabherr M, Greally JM, Gu W, Hore TA, Huttley GA, Kleber M, Jirtle RL, Koina E, Lee JT, Mahony S, Marra MA, Miller RD, Nicholls RD, Oda M, Papenfuss AT, Parra ZE, Pollock DD, Ray DA, Schein JE, Speed TP, Thompson K, VandeBerg JL, Wade CM, Walker JA, Waters PD, Webber C, Weidman JR, Xie X, Zody MC, Broad Institute Genome Sequencing Platform, Broad Institute Whole Genome Assembly Team, Graves JA, Ponting CP, Breen M, Samollow PB, Lander ES, Lindblad-Toh K
Nature   447(7141) 167-177   2007年5月   [査読有り]
Hamada Y, Hiroe T, Suzuki Y, Oda M, Tsujimoto Y, Coleman JR, Tanaka S
Differentiation; research in biological diversity   75 268-278   2007年3月   [査読有り]
Oda M, Shiota K, Tanaka S
Methods in enzymology   419 387-400   2006年   [査読有り][招待有り]
Ohgane J, Hattori N, Oda M, Tanaka S, Shiota K
Biochemical and biophysical research communications   290 701-706   2002年1月   [査読有り]
Placentomegaly in cloned mouse concepti caused by expansion of the spongiotrophoblast layer.
Tanaka S, Oda M, Toyoshima Y, Wakayama T, Tanaka M, Yoshida N, Hattori N, Ohgane J, Yanagimachi R, Shiota K
Biology of reproduction   65 1813-1821   2001年12月   [査読有り]
Oda M, Sun W, Hattori N, Tanaka S, Shiota K
Biochemical and biophysical research communications   287 721-726   2001年9月   [査読有り]
Yan J, Tanaka S, Oda M, Makino T, Ohgane J, Shiota K
Developmental biology   235 422-432   2001年7月   [査読有り]
Molecular cloning and characterization of a new member of the rat placental prolactin (PRL) family, PRL-like protein H.
Iwatsuki K, Oda M, Sun W, Tanaka S, Ogawa T, Shiota K
Endocrinology   139 4976-4983   1998年12月   [査読有り]
Hattori N, Nukada T, Oda M, Tanaka S, Ogawa T, Shiota K
Endocrine journal   45 659-674   1998年10月   [査読有り]

Misc

 
秋山智彦, 洪繁, GOPARAJU Sravan, 相馬淳美, 佐藤紗恵子, 若林俊一, 中武悠樹, 小田真由美, 納冨奈々, 迫田実希, 村上都湖, 洪実
再生医療   15 234   2016年2月
小田真由美, 田中智, 塩田邦郎
日本畜産学会大会講演要旨   104th 20-20   2005年3月
小田真由美, 福田恵一, 牧野伸司
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   39th ROMBUNNO.1AS13‐3 (WEB ONLY)   2016年
秋山智彦, 小田真由美, 石黒啓一郎, 洪繁, 洪実
細胞工学   34(11) 1052-1056   2015年10月
秋山智彦, 秋山智彦, 小田真由美, SHAROV Alexei A., 洪繁, 洪実, 洪実
日本生化学会大会(Web)   88th 3P0629 (WEB ONLY)-[3P0629]   2015年12月
栄養膜細胞幹細胞(TS細胞)におけるAhR発現の解析
厳 軍麗, 小田 真由美, 田中 智, 塩田 邦郎
The Journal of Reproduction and Development   45(Suppl.) a29-a29   1999年12月
田中智, 小田真由美, 厳軍麗, 塩田邦郎
日本獣医学会学術集会講演要旨集   128th 190-190   1999年9月
小田真由美, 福田恵一, 牧野伸司
日本生化学会大会(Web)   88th 4T11L-11(3P0985) (WEB ONLY)-11(3P0985)]   2015年12月
中武悠樹, 納富奈々, 村上都湖, 大倉千明, 迫田実希, 合田徳夫, 若林俊一, MAK Siu San, MARTIN Jakt, 松下美紗子, 秋山智彦, 相馬淳美, 伊東紀子, 小田真由美, 洪繁, 西村邦裕, 的場亮, 阿久津英憲, 小原収, 洪実
再生医療   15 287   2016年2月
小田真由美, 務台英樹, 豊島靖, 田中智, 塩田邦郎
日本獣医学会学術集会講演要旨集   128th 119-119   1999年9月
小田真由美, 福田恵一, 牧野伸司
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   37th 1P-0220 (WEB ONLY)   2014年
小田真由美, 岩槻健, 服部中, 塩田邦郎, 小川智也
日本獣医学会学術集会講演要旨集   124th 64-64   1997年9月
洪実, 中武悠樹, 合田徳夫, 小田真由美, 若林俊一, 中野哲平, ヤークト ラルスマーチン, マク シウサン, 洪繁
日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM)   2013 ROMBUNNO.9047   2013年
小田真由美, 牧野伸司, 榎本博一, 八戸宏二朗, 金田るり, 湯浅慎介, 福田恵一
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   35th 1P-0131 (WEB ONLY)   2012年
秋山 智彦, 小田 真由美, 石黒 啓一郎
細胞工学   34(11) 1052-1056   2015年
小型魚型メダカやゼブラフィッシュを用いた疾患研究 心臓発生・分化の機序解明から新たな心不全治療開発へ
牧野 伸司, 尹 誠漢, 小田 真由美, 東久世 裕太, 清水 厚志, 藤田 深里, 川上 厚志, 工藤 明, 影山 智己, 福田 恵一
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   83回・33回 2W19-2   2010年12月
秋山智彦, SHAROV Alexei, 小田真由美, 洪繁, 洪実
再生医療   14 288   2015年2月
牧野伸司, YOON Sung Han, 小田真由美, 東久世裕太, 清水厚志, 藤田深里, 川上厚志, 工藤明, 影山智己, 福田恵一
生化学   ROMBUNNO.2W19-2   2010年
中道裕子, 服部中, 小田真由美, 塩田邦郎, 小川智也
日本獣医学会学術集会講演要旨集   124th 64   1997年9月
服部中, 小田真由美, 広沢瑞子, 塩田邦郎, 小川智也
日本獣医学会学術集会講演要旨集   122nd 97   1996年8月
YAN J, 小田真由美, 田中智, 塩田邦郎
J Reprod Dev   45(Supplement) A29   2000年12月
新規分子4P16の胎盤・子宮における発現とその解析
小田 真由美, 務台 英樹, 豊島 靖, 田中 智, 小川 智也, 塩田 邦郎
The Journal of Reproduction and Development   44(6) a15-a15   1998年12月
新規ラット胎盤プロラクチン様タンパクE(PLP-E)のクローニング及び機能解析
岩槻 健, 小田 真由美, 孫 偉勇, 小川 智也, 塩田 邦郎
生化学   70(8) 977-977   1998年8月
服部中, 小田真由美, 塩田邦郎, 小川智也
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   19th 158   1996年7月
小田真由美, 務台英樹, 豊島靖, 田中智, 小川智也, 塩田邦郎
日本繁殖生物学会講演要旨   91st 36   1998年8月
服部中, 小田真由美, 塩田邦郎, 小川智也
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   19    1996年8月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 小田 真由美
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 小田 真由美
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A), 若手研究(A))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 小田 真由美
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 小田 真由美
本研究計画では、iPS細胞など人工的に作出された幹細胞の分化能を評価する基準を整備するために心筋細胞分化におけるエピジェネティックな変化の筋道となる重要な領域(心筋細胞DNAメチル化ランドマーク領域:CM-DMLR領域)を選出することを目的としている。そのため、22年度は心筋細胞の分化過程における経時的DNAメチル化プロファイルを作るために、培養下での心筋細胞分化誘導系を用いて均一な細胞集団を作製したが、得られた心筋細胞の品質の均一化の評価が必要であると考えられた。そこで、均一性の評価のた...
雑種強勢のエピジェネティック分子機構
科学研究費補助金: 特別研究員奨励費
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 小田真由美