論文

2010年6月

長期在院精神障害者の退院援助評価スケールの開発と有効性の検証

日本精神保健看護学会誌19(1)、55-62頁
  • 共著者名
  • ,
  • 荻野雅
  • ,
  • 田代誠

記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.20719/japmhn.KJ00007493128

精神科病院へ長期にわたり入院している社会的入院患者への退院援助の効果を簡便に評価するスケールを開発することを目指した一連の研究をまとめたものである。文献研究からスケールの指標を抽出し、聞き取り調査及び専門家によって検討し、退院援助評価スケールの開発をおこない、日本全国の精神病院を対象として質問紙調査を行い、妥当性、信頼性を検討し、スケールの有効性を検証した。開発したスケールの臨床への適用を通して、退院援助を行う看護上の問題を考察した。<br />
分担:研究代表者 論文執筆

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.20719/japmhn.KJ00007493128

エクスポート
BibTeX RIS