大東 忠保

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/07 09:41
 
アバター
研究者氏名
大東 忠保
 
オオヒガシ タダヤス
eメール
ohigashibosai.go.jp
所属
防災科学技術研究所
部署
水・土砂防災研究部門
職名
主幹研究員
学位
博士(理学)(名古屋大学)
科研費研究者番号
80464155
ORCID ID
0000-0002-7494-6873

プロフィール

滋賀県浅井町(現長浜市)生まれ。2000年、九州大学理学部卒業、2006年、名古屋大学大学院環境学研究科博士課程修了。博士(理学)。トロント大学、名古屋大学、マギル大学(客員)、京都大学を経て、現在、防災科学技術研究所主幹研究員。専門は気象学、特にメソ気象学、雲・降水科学、レーダー気象学。

経歴

 
2018年3月
 - 
現在
防災科学技術研究所 水・土砂防災研究部門 主幹研究員
 
2017年9月
 - 
2018年2月
京都大学 防災研究所 特定助教
 
2015年2月
 - 
2015年8月
マギル大学 大気海洋科学科 訪問研究員
 
2007年9月
 - 
2017年8月
名古屋大学 地球水循環研究センター/宇宙地球環境研究所 特任助教
 
2006年8月
 - 
2007年8月
トロント大学 物理学科 博士研究員
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2006年7月
名古屋大学 環境学研究科 地球環境科学専攻 博士課程(後期課程)
 
2000年4月
 - 
2002年3月
名古屋大学 理学研究科 地球惑星理学専攻 博士課程(前期課程)
 
1996年4月
 - 
2000年3月
九州大学 理学部 地球惑星科学科
 
1993年4月
 - 
1996年3月
滋賀県立 虎姫高等学校  
 

委員歴

 
2013年4月
 - 
現在
EarthCAREサイエンスチーム  メンバー
 

受賞

 
2019年1月
日本気象学会 2018年SOLA論文賞 Analysis and Forecast Using Dropsonde Data from the Inner-Core Region of Tropical Cyclone Lan (2017) Obtained during the First Aircraft Missions of T-PARCII
受賞者: 伊藤耕介・山田広幸・山口宗彦・中澤哲夫・長浜則夫・清水健作・大東忠保・篠田太郎・坪木和久
 

論文

 
Suzuki, K., R. Kamamoto, K. Nakagawa, M. Nonaka, T. Shinoda, T. Ohigashi, Y. Minami, M. Kubo, and Y. Kaneko
SOLA   15 94-98   2019年5月   [査読有り]
中北英一・新保友啓・佐藤悠人・山口弘誠・大東忠保
土木学会論文集B1(水工学)   74(4) 55-60   2018年   [査読有り]
Ito, K., H. Yamada, M. Yamaguchi, T. Nakazawa, N. Nagahama, K. Shimizu, T. Ohigashi, T. Shinoda, and K. Tsuboki
SOLA   14 105-110   2018年7月   [査読有り]
Kouketsu, T., H. Uyeda, T. Ohigashi, and K. Tsuboki
J. Geophys. Res. Atmos.   122(16) 8781-8800   2017年8月   [査読有り]
Ohigashi, T., K. Tsuboki, and M. Oue
SOLA   12 140-145   2016年6月   [査読有り]

Misc

 
大東忠保・中北英一・山口弘誠・坪木和久
京都大学防災研究所年報   61B 555-571   2018年
山口弘誠・小西 大・土橋知紘・中北英一・山本真之・川村誠治・雨谷 純・杉谷茂夫・大東忠保・小川まり子
京都大学防災研究所年報   61B 448-478   2018年
中北英一・新保友啓・佐藤悠人・山口弘誠・大東忠保・篠田太郎・坪木和久
京都大学防災研究所年報   60B 559-575   2017年9月
中北英一・山口弘誠・大石 哲・大東忠保・橋口浩之・岩井宏徳・中川勝広・相馬一義・増田有俊・小川まり子・坪木和久・鈴木賢士・川村誠治・鈴木善晴
京都大学防災研究所年報   58B 232-236   2015年9月

書籍等出版物

 
気候変動研究のための雲・降水粒子直接観測 (「気候変動研究の最前線」4.2節)
大東忠保 (担当:分担執筆)
地球気候環境研究の連携に関する大学附置研究センター協議会   2015年3月   
北陸地方の海岸部に沿って停滞した2本の降雪バンドの構造と維持過程 (気象研究ノート第208号「メソ対流系」第10章)
大東忠保・坪木和久 (担当:分担執筆)
日本気象学会   2005年7月   

講演・口頭発表等

 
Ka-band scanning cloud radar observations for early stage of summer convective clouds developed in Kanto, Japan
Ohigashi, T., T. Maesaka, S. Suzuki, Y. Shusse, and N. Sakurai
27th IUGG General Assembly   2019年7月   
Structures of upper-tropospheric outflow-layer clouds of typhoons observed by a Ka-band cloud radar
Ohigashi, T., K. Tsuboki, T. Shinoda, H. Minda, M. Kyushima, H. Yamada, and H. Iwai
The 13th Conference on Mesoscale Convective Systems and High-Impact Weather in East Asia (ICMCS-XIII)   2019年3月   
Ka-band scanning polarimetric radar observations of clear-air echoes
Ohigashi, T., T. Maesaka, S. Suzuki, Y. Shusse, and N. Sakurai
2018 AGU Fall Meeting   2018年12月   
Ka帯偏波雲レーダーによって観測される晴天エコー
大東忠保・前坂 剛・鈴木真一・出世ゆかり・櫻井南海子
日本気象学会2018年度秋季大会   2018年10月   
Structure of outflow-layer clouds of Typhoon Chaba (2016) observed by a Ka-band cloud radar
Ohigashi, T., K. Tsuboki, H. Minda, M. Kyushima, H. Yamada, and H. Iwai
2017 AGU Fall Meeting   2017年12月   
Videosonde and radar observations in ice-phase regions of stratiform clouds
Ohigashi, T., K. Tsuboki, T. Shinoda, K. Suzuki, S. Kawamura, H. Yamada, K. Yamaguchi, and Eiichi Nakakita
International Symposium on Earth-Science Challenges (ISEC) 2017   2017年10月   
Ka-band radar observation of the outflow-layer clouds of Typhoon Chaba (2016)
Ohigashi, T., K. Tsuboki, H. Minda, M. Kyushima, H. Yamada, and H. Iwai
AOGS 14th Annual Meeting   2017年8月   
Ka帯レーダーを用いた台風1618 号(Chaba) の上層雲の観測
大東忠保・坪木和久・民田晴也・久島萌人・山田広幸・岩井宏徳
日本気象学会2017年度春季大会   2017年5月   
一層の混相域をもつ北極域混相雲とその環境場の鉛直プロファイル
大東忠保・P. Kollias・W. Szyrmer
日本気象学会2016年度春季大会   2016年5月   
Microphysical structures in the typhoon outflow layer observed by hydrometeor videosonde
Suzuki, Y., T. Ohigashi, K. Tsuboki, K. Nakagawa, and H. Yamada
International Conference on Mesoscale Convective System and High Impact Weather (ICMCS-XI)   2016年4月   

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費助成事業・基盤研究(C)・代表
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 大東忠保
日本学術振興会: 科学研究費助成事業・基盤研究(S)・分担
研究期間: 2016年5月 - 2021年3月    代表者: 坪木和久
日本学術振興会: 科学研究費助成事業・基盤研究(C)・代表
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 大東忠保
国立極地研究所: 北極環境研究若手研究者派遣支援事業・代表
研究期間: 2015年2月 - 2015年8月    代表者: 大東忠保
新型粒子ゾンデを用いた雲・氷晶粒子の雲微物理量導出方法の開発
宇宙航空研究開発機構 地球観測研究センター: 雲エアロゾル放射ミッション(EarthCARE)第1回研究公募(検証)・代表
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 大東忠保

社会貢献活動

 
東京都立戸山高等学校SSH活動アドバイザー
【助言・指導】  2018年5月 - 現在
北陸の豪雪について-気象学的な特徴-(一般向け講演)
【その他】  北陸雪害対策フォーラム  2018年4月23日

その他

 
2015年12月   マギル大学での北極雲研究
GRENE 北極気候変動研究事業ニュースレター「北極通信」, No. 7, pp.5.
http://www.nipr.ac.jp/grene/doc/tsushin07.pdf