碧海 寿広

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/08 12:24
 
アバター
研究者氏名
碧海 寿広
 
オオミ トシヒロ
所属
武蔵野大学
部署
文学部(教養教育)
職名
准教授
学位
博士(社会学)(慶応義塾大学)
科研費研究者番号
80710813

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
武蔵野大学 文学部(教養教育) 准教授
 
2013年4月
 - 
2019年3月
龍谷大学 アジア仏教文化研究センター 博士研究員
 
2007年4月
 - 
2013年3月
(公財)国際宗教研究所 宗教情報リサーチセンター 研究員
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2009年3月
慶応義塾大学大学院 社会学研究科 
 
2000年4月
 - 
2004年3月
慶応義塾大学 経済学部 
 

受賞

 
2013年
第29回暁烏敏賞・第一部門(哲学・思想に関する論文)入選
 

論文

 
「梅原猛の仏教思想」
碧海寿広
『ユリイカ』   51-5(736)    2019年3月   [招待有り]
「震災後の仏教に対する評価―メディア報道から読み解く」
碧海寿広
『佛教大学総合研究所共同研究成果報告論文集』   (6)    2018年3月   [招待有り]
"Modern Buddhism and Reading Culture"
碧海寿広
Japanese Religion   41(1&2)    2017年2月   [査読有り][招待有り]
「近代仏教と神道」
碧海寿広
『現代思想』   45-2    2017年2月   [招待有り]
“Twenty-First Century Research on Seishinshyugi”
碧海寿広
Japanese Religion   39(1&2)    2015年6月   [招待有り]
「日本仏教における近代化の多様性―清沢満之と近角常観―」
碧海寿広
『龍谷大学アジア仏教文化研究センター2013年度研究報告書』      2014年3月
「教養主義者の救済論―読書家としての暁烏敏―」
碧海寿広
『第29回暁烏敏賞入選論文』      2013年11月   [査読有り]
「近代仏教とジェンダー―女性信徒の内面を読む」
碧海寿広
『日本思想史学』   (45)    2013年9月   [査読有り]
「震災以後の宗教情報―メディア報道/論説の内容と分析―」
碧海寿広
『現代宗教2012』      2012年7月   [招待有り]
「人格の仏教―近角常観と明治後期・大正期の宗教言説―」
碧海寿広
『佛教史学研究』   54(2)    2012年3月   [査読有り]
「近代真宗とキリスト教―近角常観の布教戦略―」
碧海寿広
『宗教と社会』   (17)    2011年6月   [査読有り]
「現代日本「宗教」情報の氾濫―新宗教・パワースポット・葬儀・仏像に関する情報ブームに注目して」
塚田穂高・碧海寿広
『現代宗教2011』      2011年5月   [招待有り]
「青年文化としての仏教日曜学校―大正期の東京における一事例から―」
碧海寿広
『近代仏教』   (18)    2011年5月   [査読有り]
「宮沢賢治と近角常観―宮沢一族書簡の翻刻と解題―」
岩田文昭・碧海寿広
『大阪教育大学研究紀要』   59(1)    2010年9月
「哲学から体験へ―近角常観の宗教思想―」
碧海寿広
『宗教研究』   84-1    2010年6月   [査読有り]
「死者と仏教―柳田国男から五来重へ―」
碧海寿広
『宗教民俗研究』   (19)    2009年11月   [査読有り]
「儀礼と近代仏教―『新仏教』の論説から―」
碧海寿広
『近代仏教』   (16)    2009年8月   [査読有り]
「仏教民俗学の思想―五来重について―」
碧海寿広
『宗教研究』   81-1    2007年6月   [査読有り]

書籍等出版物

 
『現代日本の仏教と女性―文化の越境とジェンダー―』
那須英勝・本多彩・碧海寿広 (担当:共編者)
法藏館   2019年3月   
『仏教婦人雑誌の創刊』
岩田真美・中西直樹編 (担当:共著)
法藏館   2019年2月   
『カミとホトケの幕末維新-交錯する宗教世界―』
岩田真美・桐原健真編 (担当:共著)
法藏館   2018年11月   
『日本宗教史のキーワード―近代主義を超えて―』
大谷栄一・菊地暁・永岡崇編 (担当:共著)
慶應義塾大学出版会   2018年8月   
『仏像と日本人―宗教と美の近現代―』
碧海寿広
中央公論新社   2018年7月   
『宗教と資本主義・国家』
池上彰・佐藤優・松岡正剛・碧海寿広・若松英輔 (担当:共著)
KADOKAWA   2018年3月   
『基礎ゼミ 宗教学』
大谷栄一・川又俊則・猪瀬優理編 (担当:共著)
世界思想社   2017年4月   
『仏教史研究ハンドブック』
佛教史学会編 (担当:共著)
法藏館   2017年2月   
『戦後歴史学と日本仏教』
オリオン・クラウタウ編 (担当:共著)
法藏館   2016年11月   
『清沢満之と近代日本』
山本伸裕・碧海寿広編 (担当:共編者)
法藏館   2016年11月   
『ホッピー文化論』
ホッピー文化研究会編 (担当:共著)
ハーベスト社   2016年8月   
『入門 近代仏教思想』
碧海寿広
筑摩書房   2016年8月   
『近代仏教スタディーズー仏教からみたもうひとつの近代』
大谷栄一・吉永進一・近藤俊太郎編 (担当:共著)
法藏館   2016年4月   
『宗教と現代がわかる本 2016』
渡邊直樹編 (担当:共著)
平凡社   2016年3月   
『森羅万象のささやき―民俗宗教研究の諸相―』
鈴木正崇編 (担当:共著)
風響社   2015年3月   
『近代仏教のなかの真宗―近角常観と求道者たち―』
碧海寿広
法藏館   2014年8月   
『聖地巡礼ツーリズム』
星野英紀・山中弘・岡本亮輔 (担当:共著)
弘文堂   2012年11月   
『宗教と社会のフロンティア―宗教社会学からみる現代日本―』
高橋典史・塚田穂高・岡本亮輔編 (担当:共著)
勁草書房   2012年8月   
『情報時代のオウム真理教』
井上順孝編 (担当:共著)
春秋社   2011年7月   

担当経験のある科目