大島 浩幸

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/28 11:48
 
アバター
研究者氏名
大島 浩幸
 
オオシマ ヒロユキ
所属
地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター
部署
開発本部開発第三部生活技術開発セクター
職名
研究員
学位
博士(教育学)(北海道大学)
科研費研究者番号
20751126

研究分野

 
 

委員歴

 
2018年6月
 - 
現在
日本人間工学会  企業活動推進委員会委員
 
2017年4月
 - 
現在
日本生活支援工学会  編集委員
 

受賞

 
2013年11月
日本スポーツ心理学会 平成25年度日本スポーツ心理学会最優秀論文賞 他者運動認知能力に関する自己運動制御からの検討
受賞者: 大島 浩幸,山田 憲政
 

論文

 
大島 浩幸, 後濱 龍太, 武田 有志, 島田 茂伸
ヒューマンインタフェース学会論文誌 The transactions of Human Interface Society   19(1) 185-188   2017年5月   [査読有り]
Shinichi Yamagiwa, Hiroyuki Ohshima, Kazuki Shirakawa
icSPORTS 2014 - Proceedings of the 2nd International Congress on Sports Sciences Research and Technology Support   121-128   2014年10月   [査読有り]
Dynamic posture of sports activity is one of the most important aspects to evaluate the player's skill. Such sports that need evaluation from the objective observation like figure skating and skiing have difficulty in evaluation of skill. The conv...
大島 浩幸, 山田 憲政
スポーツ心理学研究   39(2) 129-136   2012年9月   [査読有り]
The purpose of this study was to verify the ability to perceive the motion of others from the viewpoint of motor control. We selected a ball-throwing task because it is one of the most skilled multi-joint movements and requires excellent coordinat...
大島 浩幸, 山田 憲政
スポーツ心理学研究   37(2) 65-74   2010年9月   [査読有り]
本研究の目的は,運動技術レベルと運動観察能力の関連を実験的に検証することであった.実験は,様々なスポーツにおいて一般的な運動でありながら熟練度によって優劣の差がある投球動作を試技として用いた.まず,第一の実験として40人の実験参加者を投球課題中の肘関節と手関節の時間的位相差を指標に各10人の2群に分けた.A群(上位群):肘関節の伸展角速度の増加が手関節の伸展角速度の増加より先に来る.B群(下位群):A群の関係が逆になる.次に第二の実験では,15セットのスティックピクチャーで構成される映像を...

書籍等出版物

 
Development of Skill Scoring System for Ski and Snowboard
山際 伸一,大島 浩幸,白川 和希 (担当:共著)
Springer International Publishing   2015年11月   ISBN:978-3-319-25249-0

講演・口頭発表等

 
Does the limb position influence the motion illusion evoked by tendon vibration?
Hiroyuki OHSHIMA, Shigenobu Shimada
The 40th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC’18)   2018年7月19日   
Development of a system to quantify the depth of tendon stimulus for the illusion of motion achieved by a vibrator
Hiroyuki OHSHIMA, Shigenobu Shimada
The IUPESM World Congress on Medical Physics & Biomedical Engineering (WC2018)   2018年6月4日   
腱振動刺激による運動錯覚時の刺激量定量化装置の設計
大島浩幸,島田茂伸
日本 スポーツ心理学会第44回大会   2017年11月25日   
視線追従型雲台システムの開発 [招待有り]
大島 浩幸
平成29年度SAITECオープンラボ   2017年9月27日   
Quantification of the depth at which the vibrator pushes the tendon to evoke the motion illusion
Hiroyuki OHSHIMA, Shigenobu Shimada
The 2nd Asian Conference on Ergonomics and Design (ACED2017)   2017年6月4日   

競争的資金等の研究課題

 
肢位の違いが腱振動刺激による運動錯覚に与える影響の解明
科研費: 若手(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 大島 浩幸

その他

 
2017年11月   人間の特性を活かしたものづくりを支える
MXTV「東京JOBS」
2016年   査読
ヒューマンインタフェース学会
2010年5月   スポーツの“達人”は優れた観察能力持つ
科学新聞, 2010年5月21日