大友陽子

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/30 17:08
 
アバター
研究者氏名
大友陽子
ハンドル
Yoko Ohtomo
eメール
ohtomoyeng.hokudai.ac.jp
所属
北海道大学大学院工学研究院
部署
環境循環システム部門 共同資源工学専攻
職名
特任助教
学位
理学博士(東北大学)
科研費研究者番号
80612902

研究分野

 
 

経歴

 
2017年11月
 - 
現在
北海道大学大学院工学研究院 環境循環システム部門 共同資源工学専攻 特任助教
 
2015年4月
 - 
2017年10月
北海道大学大学院工学研究院 日本学術振興会特別研究員 (SPD)
 
2011年4月
 - 
2015年3月
海洋研究開発機構高知コア研究所 高知コア研究所 ポストドクトラル研究員
 

学歴

 
 
 - 
2011年3月
東北大学大学院 理学研究科 
 

受賞

 
2016年5月
一般財団法人山下太郎顕彰育英会 第27回山下太郎学術研究奨励賞 約38億年前初期太古代岩石中に残された最古の生命の痕跡の発見
 

論文

 
Ijiri, A.,Inagaki, F., Kubo, Y., Adhikari, R. R., Hattori, S., Hoshino, T., Imachi, H., Kawagucci, S., Morono, Y., Ohtomo, Y., Ono, S., Sakai, S., Takai, K., Toki, T., Wang, D. T., Yoshinaga, M. Y., Arnold, G. L., Ashi, J., Case, D. H., Feseker, T., Hinrichs, K.-U., Ikegawa, Y., Ikehara, M., Kallmeyer, J., Kumagai, H., Lever, M. A., Morita, S., Nakamura, K., Nakamura, Y., Nishizawa, M., Orphan, V. J., Røy, H., Schmidt, F., Tani, A., Tanikawa, W., Terada, T., Tomaru, H., Tsuji, T., Tsunogai, Y., Yamaguchi, Y. T. & Yoshida, N.
Science Advances   4(6)    2018年6月   [査読有り]
Tanikawa, W., Ohtomo, Y., Snyder, G., Morono, Y., Kubo, Y., Iijima, Y., Noguchi, T., Hinrichs, K.-U. & Inagaki, F.
Proceedings of the Integrated Ocean Drilling Program   337    2018年   [査読有り]
Mishima. S., Ohtomo, Y. & Kakegawa, T.
Origins of Life and Evolution of Biospheres   46(2) 247-271   2016年6月   [査読有り]
大友陽子
地球化学   50 177-186   2016年   [査読有り]
大友陽子, 井尻暁, 諸野祐樹, 池川洋二郎, 末永弘, ケース デビット, 町山栄章, 山本富士夫, 後藤秀作, 福場辰洋, 永澤眞, 松本雅光, 稲垣史生
JAMSTEC Report of Research and Development   20    2015年3月   [査読有り]

Misc

 
Contrast occurrence of banded iron formation in western part of Isua Spracrustal Belt, Greenland.
大友陽子, 掛川武
Geochimica et Cosmochimica Acta   72 A702   2008年
Geochemistry and TEM observation of graphite in 3.8 Ga metasedimentary rocks in Isua Supracrustal Belt.
大友陽子, 掛川武
Geochimica et Cosmochimica Acta   71 A735   2007年
Geological study of carbonatization of the 3.8 Ga Isua spracrustal Belt and abiological graphite generation.
大友陽子, 掛川武
Proceedings of the Second International Workshop, Water Dynamics   1 217-218   2004年
Heavy metal enrichment in Archean carbon-rich samples: Hint to early carbon-metal compounds for enzyme formation?
掛川武, 大友陽子, 中澤弘基, Rosing, M.
Geochimica et Cosmochimica Acta   68 A799   2004年

書籍等出版物

 
環境と微生物の事典
大友陽子 (担当:分担執筆, 範囲:コラム「世界最古の微生物化石」)
朝倉書店   2014年7月   

講演・口頭発表等

 
Micro to nanoscale observations of carbonaceous matters in 3.2 Ga Banded iron formations, Sheba Gold mine, Moodies Group, Barberton Greenstone Belt and 3.7 Ga schist, Isua Supracrustal Belt.
Ohtomo, Y., Nakajima, R., Otake, T. & Kakegawa.
Goldschmidt Conference   2017年8月   
Petrographic and geochemical characteristics of monazite and zircon associated with biogenic graphite in > 3.7 Ga metasedimentary rocks, Isua Supracrustal Belt, West Greenland.
Ohtomo, Y., Kato, T. & Otake, T.
Goldschmidt Conference, Yokohama   2016年6月29日   
Biosignature recorded in geochemical correlations between organic matter and Fe-bearing minerals in 3.2Ga banded iron formations, Barberton Greenstone Belt, South Africa
Nakajima, R., Ohtomo, Y., Otake, T., Kakegawa, T. and Sato, T.
Goldschmidt Conference, Yokohana   2016年6月29日   
グリーンランド・イスア地域の岩石から読み解く約38億年前の生命圏 [招待有り]
大友陽子
第28回名古屋大学宇宙地球環境研究所 年代測定研究部シンポジウム   2016年1月28日   
地下深部に自生するCO2資源化菌の高圧リアクター培養 [招待有り]
大友陽子
北海道資源・素材フォーラム2015 〜資源・エネルギー・環境の諸問題に微生物機能を利用した最新の技術動向と未来〜   2015年12月11日   

競争的資金等の研究課題

 
一般共同研究
名古屋大学宇宙地球環境研究所: 
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 大友陽子
約38億年前の地球表層希土類金属元素循環と生命圏の解明
日本学術振興会: 特別研究員研究奨励費
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 大友陽子
一般共同研究
名古屋大学宇宙地球環境研究所: 
研究期間: 2016年4月 - 2016年3月    代表者: 大友陽子