大石侑香

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/10 18:44
 
アバター
研究者氏名
大石侑香
URL
https://www.nihu.jp/ja/training/jinbunchi
所属
人間文化研究機構
部署
総合情報発信センター
職名
研究員(人文知コミュニケーター)
学位
博士(社会人類学)(首都大学東京)
その他の所属
国立民族学博物館/学術資源研究開発センター・特任助教
科研費研究者番号
80790849

研究分野

 
 

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
人間文化研究機構総合情報発信センター 国立民族学博物館学術資源研究開発センター 特任助教(人文知コミュニケーター)
 
2018年5月
 - 
2018年7月
山形厚生看護学校 非常勤講師
 
2016年11月
 - 
2017年2月
小田原高等看護専門学校 非常勤講師
 
2016年4月
 - 
2018年9月
日本学術振興会 東北大学東北アジア研究センター 特別研究員(PD)
 
2015年4月
 - 
2016年3月
国立民族学博物館 特別共同利用研究員
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2016年3月
首都大学東京大学院 人文科学研究科 社会人類学教室 博士後期課程
 
2007年4月
 - 
2009年3月
首都大学東京大学院 人文科学研究科 社会人類学教室 博士前期課程
 

委員歴

 
2014年6月
 - 
現在
北極環境研究コンソーシアム  人材育成WG準メンバー
 

受賞

 
2018年9月
日本赤十字社 金色有効賞(献血100回)
 
2015年10月
首都大学東京 2015年度女性大学院生研究奨励賞 特別賞
 
2005年6月
愛知大学 学業奨励賞
 

論文

 
大石侑香
コンタクト・ゾーン   9(2017) 304-330   2017年12月   [査読有り]
大石 侑香
北海道立北方民族博物館研究紀要   (23) 1-21   2014年

Misc

 
となかいのロメさん(ながなんぢゃ)
大石侑香
月間みんぱく   43(2(497)) 20-20   2019年2月
狩猟から 養殖 へ:19 世紀における肉食毛皮動物の家畜化とその広がり
大石侑香
生態人類学会ニュースレター   24 50-53   2018年12月
Функции рыболовства пенсиоренами в селе коренного населении
大石侑香
Проблемы и проспективы освоения Арктмческой зоны Северо-Востока Росии. СВФУ, Анадырь   52-55   2018年3月   [査読有り]
オビ川の回遊魚の減少をめぐる在来知と科学的知見
大石侑香
生態人類学会ニュースレター   (23) 39-41   2017年12月
2016年度ロシア史研究会大会参加レポート
大石侑香
ロシア史研ニューズレター   (104) 9-10   2017年1月

書籍等出版物

 
アジアとしてのシベリア:ロシアの中のシベリア先住民世界
大石侑香 (担当:分担執筆, 範囲:第2章シベリア先住民の現在・未来:スィニャ・ハンティの年金生活者の生業活動とその役割)
勉誠出版   2018年12月   
寒冷アジアの文化生態史
高倉浩樹(編) (担当:分担執筆, 範囲:第4章 西シベリア森林地帯における淡水漁撈とトナカイ牧畜の環境利用(大石侑香))
古今書院   2018年3月   ISBN:9784772253086
Russia's Far North The Contested Energy Frontier
Veli-Pekka T. and Tabata, S. (ed.) (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 11. Disappearing White Fish and Remaining Black Fish in the Lower Ob’ River and Its Tributaries: Conflict over the Use of Fish Resources between Indigenous People and Non-locals (Yuka Oishi))
Routledge   2018年3月   ISBN:9781138307544
檜山 哲哉, 藤原 潤子 (担当:分担執筆, 範囲:トナカイ牧畜民の日常生活における水)
京都大学学術出版会   2015年   ISBN:9784876983155

講演・口頭発表等

 
シベリアの毛皮動物の狩猟と世界システム:女性の欲望に着目して
大石侑香
東北アジアを中心としたアジア地域における動物資源利用問題と「人間性」:生業、娯楽、奢侈の観点から(東北大学東北アジア研究センター平成30年度公募型共同研究)   2018年12月22日   辻貴志
Techniques to Herd Reindeer: Fishing Husbandry Complex in Western Siberian Forest
大石侑香
ROIS/I-URIC Young Researchers Cross-Talk 2018   2018年11月20日   ROIS/I-URIC
From Conservation of Migratory Fish Spawning Ground to Adaptive Management in Western Siberia
大石侑香
S MALL - GROUP WORKSHOP OF ENSEMBLE PROJECT FOR YOUNG RESEARCHERS I N TOHOKU UNIVERSITY: THINKING A NEW I NTERDISCIPLINARY APPROACH IN AREA S TUDIES: Transboundary Comparative Study on Mobility, Fluidity and Infrastructure   2018年9月17日   Ensemble Project for Young Researchers in Tohoku University
Fishing-herding complex and ecological adaptation of Khanty in Western Siberian forest
大石侑香
Slavic-Eurasian Research Center 2018 Summer International Symposium: On Land, Water and Ice: Indigenous Societies and the Changing Arctic   2018年7月5日   Slavic-Eurasian Research Center, Hokkaido University,Arctic Challenge for Sustainability (ArCS)
毛皮の装いの文化から見たハンティの動物観
大石侑香
日本シベリア学会第4会研究大会   2018年6月17日   日本シベリア学会

担当経験のある科目

 
 
  • 文化人類学 (おだわら看護専門学校、山形厚生看護学校)

Works

 
トナカイビトの暮らしの中の毛皮
大石侑香   その他   2016年12月 - 2016年12月
高倉浩樹教授と共同開催の写真展(一般公開)
A three-stringed instrument in Okinawa
大石侑香   芸術活動   2012年12月
『社会人類学年報』vol.38の表紙挿絵
A Canoe in Tuvalu
大石侑香   芸術活動   2011年12月
『社会人類学年報』vol.37の表紙挿絵

競争的資金等の研究課題

 
「越境的移動」の時代を問い直す:シベリア北方少数民族ハ ンティの事例の検討による越境的地域研究の方法論の構築
東北大学: 平成30年度研究所若手アンサンブルグラント
研究期間: 2018年9月 - 2019年3月    代表者: 内藤寛子
北極域における人新世の生業システム
北極域研究共同推進拠点 J-ARC Net(Arctic Research Network Center): 北極域研究共同推進拠点・共同推進研究プロジェクト
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 近藤祉秋
漁撈-牧畜論の構築:シベリア北方少数民族の生業複合論再考
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 大石侑香
北極域の人類社会における生業活動と大規模な変化への適応
北極域研究共同推進拠点 JARC-Net: 北極域研究共同推進拠点:研究者コミュニティ支援事業(共同推進研究)
研究期間: 2016年10月 - 2017年3月    代表者: 近藤祉秋
西シベリア・石油採掘における先住民社会の意思決定メカニズムに関する環境人類学研究
住友財団: 環境研究助成
研究期間: 2014年11月 - 2016年3月    代表者: 大石侑香

社会貢献活動

 
トナカイは魚がお好き
【インタビュイー】  日本経済新聞  日本経済新聞 朝刊文化面  2019年12月6日
【寄稿】  株式会社三省堂  Dectionaries & Beyond: Word-Wise Web  2017年7月14日
フィールドワークに関するフォト・エッセイ。月1回更新中。