Seiji Okada

J-GLOBAL         Last updated: Dec 12, 2019 at 09:24
 
Avatar
Name
Seiji Okada
E-mail
okadaskumamoto-u.ac.jp
Affiliation
Kumamoto University

Research Interests

 
 

Research Areas

 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2019
 - 
Today
Professor, Division of Hematopoiesis, Joint Research Center for Human Retrovirus Infection, Kumamoto University
 
Apr 2006
 - 
Today
Director, Radioisotope Center
 
May 1996
 - 
Mar 2000
Assistant Professor, Division of Developmental Genetics, Center for Biomedical Science, Chiba University
 
Apr 2000
 - 
Aug 2002
Associate Professor, Graduate School of Medicine, Chiba University
 
Sep 2002
 - 
Mar 2019
Professor, Center for AIDS Research, Kumamoto University
 
Jun 1985
 - 
May 1996
Medical Officer, Ibaraki Prefecture
 
Jun 1993
 - 
May 1995
Director, Katsura Village Sawayama Clinic
 
Sep 1992
 - 
May 1993
Postdoctoral fellow, Research Institute of Molecular Pathology
 
Jun 1991
 - 
May 1993
Clinical fellow, Division of Hematology, Department of Internal Medicine, Jichi Medical School
 
Jun 1987
 - 
May 1991
Fellow, Department of Internal Medicine, Kensei General Hospital
 

Education

 
Apr 1979
 - 
Mar 1985
School of Medicine, Jichi Medical School
 

Published Papers

 
Dana P, Saisomboon S, Kariya R, Okada S, Obchoei S, Sawanyawisuth K, Wongkham C, Pairojkul C, Wongkham S, Vaeteewoottacharn K
Cellular oncology (Dordrecht)      Nov 2019   [Refereed]
Yamagishi M, Hori M, Fujikawa D, Ohsugi T, Honma D, Adachi N, Katano H, Hishima T, Kobayashi S, Nakano K, Nakashima M, Iwanaga M, Utsunomiya A, Tanaka Y, Okada S, Tsukasaki K, Tobinai K, Araki K, Watanabe T, Uchimaru K
Cell reports   29(8) 2321-2337.e7   Nov 2019   [Refereed]
Indramanee S, Sawanyawisuth K, Silsirivanit A, Dana P, Phoomak C, Kariya R, Klinhom-On N, Sorin S, Wongkham C, Okada S, Wongkham S
Scientific reports   9(1) 17266   Nov 2019   [Refereed]
Tsuchiya N, Zhang R, Iwama T, Ueda N, Liu T, Tatsumi M, Sasaki Y, Shimoda R, Osako Y, Sawada Y, Kubo Y, Miyashita A, Fukushima S, Cheng Z, Nakaki R, Takubo K, Okada S, Kaneko S, Ihn H, Kaisho T, Nishimura Y, Senju S, Endo I, Nakatsura T, Uemura Y
Cell reports   29(1) 162-175.e9   Oct 2019   [Refereed]
Panaampon J, Kudo E, Kariya R, Okada S
Heliyon   5(9) e02490   Sep 2019   [Refereed]
Okada S, Vaeteewoottacharn K, Kariya R
Cells   8(8)    Aug 2019   [Refereed]
Hagiwara S, Nagai H, Tanaka J, Okada S
International journal of hematology   110(2) 244-249   Aug 2019   [Refereed]
Sittithumcharee G, Suppramote O, Vaeteewoottacharn K, Sirisuksakun C, Jamnongsong S, Laphanuwat P, Suntiparpluacha M, Matha A, Chusorn P, Buraphat P, Kakanaporn C, Charngkaew K, Silsirivanit A, Korphaisarn K, Limsrichamrern S, Tripatara P, Pairojkul C, Wongkham S, Sampattavanich S, Okada S, Jirawatnotai S
Hepatology (Baltimore, Md.)      May 2019   [Refereed]
Vaeteewoottacharn K, Pairojkul C, Kariya R, Muisuk K, Imtawil K, Chamgramol Y, Bhudhisawasdi V, Khuntikeo N, Pugkhem A, Saeseow OT, Silsirivanit A, Wongkham C, Wongkham S, Okada S
Cells   8(5)    May 2019   [Refereed]
Saisomboon S, Kariya R, Vaeteewoottacharn K, Wongkham S, Sawanyawisuth K, Okada S
Heliyon   5(5) e01675   May 2019   [Refereed]
Pearngam P, Kumkate S, Okada S, Janvilisri T
Frontiers in pharmacology   10 827   2019   [Refereed]
Hamada K, Maeda Y, Mizutani A, Okada S
Biological & pharmaceutical bulletin   42(1) 130-138   2019   [Refereed]
Vaeteewoottacharn K, Kariya R, Pothipan P, Fujikawa S, Pairojkul C, Waraasawapati S, Kuwahara K, Wongkham C, Wongkham S, Okada S
Translational oncology   12(2) 217-225   Nov 2018   [Refereed]
Kamonnaree Chotinantakul, Nittaya Chansiw, Seiji Okada
Journal of Global Antimicrobial Resistance   12 143-148   Mar 2018   [Refereed]
Yotsumoto M, Ito Y, Hagiwara S, Terui Y, Nagai H, Ota Y, Ajisawa A, Uehira T, Tanuma J, Ohyashiki K, Okada S
Oncology letters   16(3) 3923-3928   Sep 2018   [Refereed]
Ueda N, Zhang R, Tatsumi M, Liu TY, Kitayama S, Yasui Y, Sugai S, Iwama T, Senju S, Okada S, Nakatsura T, Kuzushima K, Kiyoi H, Naoe T, Kaneko S, Uemura Y
Cellular & molecular immunology   15(1) 15-26   Jan 2018   [Refereed]
Dana P, Kariya R, Vaeteewoottacharn K, Sawanyawisuth K, Seubwai W, Matsuda K, Okada S, Wongkham S
Oncology research   25(7) 1047-1059   Aug 2017   [Refereed]
Higashi-Kuwata N, Ogata-Aoki H, Hattori SI, Hayashi H, Danish M, Aoki M, Shiotsu C, Kawamura T, Ihn H, Kobayashi H, Okada S, Mitsuya H
Antiviral research   144 83-92   Aug 2017   [Refereed]
Hassan WA, Takebayashi SI, Abdalla MOA, Fujino K, Kudoh S, Motooka Y, Sato Y, Naito Y, Higaki K, Wakimoto J, Okada S, Nakao M, Ishikawa Y, Ito T
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology   97(8) 913-921   Aug 2017   [Refereed]
Kojima Y, Hayakawa F, Morishita T, Sugimoto K, Minamikawa Y, Iwase M, Yamamoto H, Hirano D, Imoto N, Shimada K, Okada S, Kiyoi H
Pharmacological research   120 242-251   Jun 2017   [Refereed]

Misc

 
【節外性リンパ腫診療の進歩】 Primary effusion lymphomaの発症機序と治療の進歩
岡田 誠治
血液内科   76(3) 334-339   Mar 2018
患者腫瘍移植マウスモデル(Patient-Derived Tumor Xenograft:PDX)とその活用 個別化がん治療(Precision Cancer Medicine)に向けて
岡田 誠治
Cytometry Research   27(2) 51-56   Nov 2017
患者腫瘍移植マウスモデル(PDX)を用いたがん研究の進歩と個別化がん医療の確立に向けての展望について概説した。PDXはその樹立に時間がかかり、すべての腫瘍で樹立できるわけではない。そのため、現時点では腫瘍を提供した患者の個別医療に直接関与するのが困難である。PDXの樹立に伴い遺伝子解析や薬剤感受性検査を行い、腫瘍の特性と臨床情報を同時に解析し、データベース化することで腫瘍の特性に応じた個別化医療への活用が期待されている。PDXはヒト腫瘍をかなり忠実に再現しており、腫瘍の病態研究・個別化がん...
HIV治療の歴史 HIV感染の予防
岡田 誠治
BIO Clinica   32(6) 632-637   Jun 2017
HIV/AIDSの蔓延を防ぐためには、早期診断早期治療と適切な予防処置が必要である。本邦では、保健所を中心とした無料匿名検査システムが構築されているが、その検査件数は伸び悩んでいる。一方で、HIV検査目的と思われる献血が後を絶たず、献血検体から年間数十例のHIV陽性例発見されている。NAT(Nucleic acid amplification technique)法の導入以来HIVの検出感度は著しく上昇しているが、HIV感染後検査で検出不可能なウインドウ期があるため、HIV汚染血液を完全に...
高度免疫不全マウスNOD/SCID/JAK3nullマウスの繁殖と生殖機能の関連
坂口 摩姫, 三小田 伸之, 宮川 あい, 刈谷 龍昇, 岡田 誠治, 若山 友彦
Cytometry Research   27(Suppl.) 62-62   Jun 2017
岡田 誠治
Cytometry Research   27(1) 25-31   May 2017
高度免疫不全マウス開発の歴史と医学生命科学研究への活用について概説した。近年、ヒト細胞が生着・増殖・分化可能なさまざまな高度免疫不全マウスが開発され、医学・生命科学のさまざまな分野で活用されるようになった。特に、ヒト化マウスとPDX(Patient-derived Xenograft)マウスの開発により、ヒト免疫・幹細胞・再生医療研究とがん研究ではその活用範囲が広く、さまざまな研究で使用されつつある。免疫不全マウス体内でヒト幹細胞やがん細胞の維持・増殖がヒト生体に近い状態で可能になったこと...
HIV治療の歴史 潜伏感染細胞を標的とした新規治療
岡田 誠治
BIO Clinica   32(4) 419-423   Apr 2017
多剤併用療法(combination antiretroviral therapy:cART)により、HIV感染者の生命予後は飛躍的に改善され、HIV/AIDSは「コントロール可能な慢性感染症」に位置付けられるようになった。しかし、cARTはHIVのライフサイクルを標的としているため潜伏感染細胞には無効であり、現存する抗HIV療法ではHIV/AIDSの根治療法は不可能である。これまでにCCR5-Δ32遺伝子変異を持つドナーから骨髄移植を受けた一例のみがエイズが完治した患者として知られている...
HIV治療の歴史(2)
岡田 誠治
BIO Clinica   32(2) 204-209   Feb 2017
1987年最初の抗HIV薬であるAZTが認可されたが、単剤では薬剤耐性ウイルスの発生が避けられず生命予後の改善には至らなかった。1995年にプロテアーゼ阻害剤が開発され、1996年から多剤併用療法(combination antiretroviral therapy:cART)が開始されてから、HIV感染者の生命予後は飛躍的に改善され、健常人とほぼ変わらなくなっている。しかし、cARTはHIVのライフサイクルを標的としているため潜伏感染細胞には無効であり、抗HIV薬の長期投与に伴う副作用や...
HIV治療の歴史(1)
岡田 誠治
BIO Clinica   31(13) 1421-1425   Dec 2016
1981年に初めて報告されたHIV/AIDSは、2015年末には世界で3650万人が感染するに至り、結核・マラリアと共に世界三大感染症の一つとなっている。HIVの感染力は非常に弱く、性行為・血液・母子感染以外で感染することはほとんどないが、性行為感染症であることから、世界中に蔓延するに至った。HIVは、レトロウィルス科レンチウィルスに属するRNAウィルスで、構造遺伝子の他にHIVの増殖・生存・宿主防御に寄与するアクセサリー遺伝子と呼ばれる4つの遺伝子(Vif、Vpr、Vpu、Nef)を進化...
がん合併のエイズ患者の長期包括ケアの検討 包括支援のガイドブック作成過程を通して
矢永 由里子, 大金 美和, 有馬 美奈, 石井 祥子, 紅林 洋子, 戸蒔 祐子, 藤平 輝明, 萩原 將太郎, 加藤 真樹子, 岡田 誠治
日本エイズ学会誌   18(4) 464-464   Nov 2016
長期合併症(悪性腫瘍)のHIV感染者のケアについての考察 HIV関連悪性リンパ腫の疾患を中心に長期療養時の段階的ケアのあり方を考える
矢永 由里子, 大金 美和, 有馬 美奈, 石井 祥子, 紅林 洋子, 戸蒔 祐子, 藤平 輝明, 山本 貴子, 岡田 誠治
日本エイズ学会誌   18(3) 240-244   Aug 2016
松田 幸樹, 高橋 依子, 多々良 友博, 刈谷 龍昇, 岡田 誠治
Cytometry Research   26(1) 23-29   Jun 2016
GVHDマウスモデルを作製する際には通常、移植細胞の生着率を高めるために前処理として放射線照射を行うが、これにより体重減少や毛並みの変化といったGVHD類似症状が現れ、マウスにダメージを与えてしまうという問題がある。今回、非放射線照射BALB/c Rag2/Jak3二重欠損マウスにヒト成人末梢血単核球を移植することでGVHDマウスモデルの作製を試みた。結果、事前に適したドナーをスクリーニングすることにより安定したモデル作製が可能であった。
HIV関連悪性リンパ腫 治療の手引きVer3.0
味澤 篤, 永井 宏和, 小田原 隆, 上平 朝子, 四本 美保子, 萩原 將太郎, 田沼 順子, 岡田 誠治, 「HIV感染症に合併するリンパ腫発症危険因子の探索と治療法確立に向けた全国規模多施設共同研究の展開」研究班
日本エイズ学会誌   18(1) 92-104   Feb 2016
【リンパ腫学-最新の研究動向-】 リンパ腫の疫学と危険因子 リンパ腫の危険因子 ウイルス HIV感染症合併リンパ腫発症の危険因子
岡田 誠治
日本臨床   73(増刊8 リンパ腫学) 70-74   Oct 2015
【リンパ腫学-最新の研究動向-】 節外リンパ腫の臓器別特徴と治療 原発性滲出性リンパ腫(PEL)
四本 美保子, 岡田 誠治
日本臨床   73(増刊8 リンパ腫学) 609-613   Oct 2015
【ウイルス感染関連造血器疾患の病態・治療研究の進歩】 HIV関連リンパ腫の病態と治療
岡田 誠治
血液内科   71(2) 256-261   Aug 2015
フローサイトメトリーを用いたウイルス侵入阻害薬スクリーニング法の樹立
松田 幸樹, 岡田 誠治
Cytometry Research   25(1) 25-28   Apr 2015
【血液腫瘍診療と感染症 現状と対策】 AIDS関連悪性リンパ腫の現状とその治療戦略
後藤 裕樹, 岡田 誠治
血液内科   62(5) 543-549   May 2011
AJISAWA A., NAGAI H., ODAWARA T., TERUI Y., UEHIRA A., YOTSUMOTO M., HAGIWARA S., OKADA S.
日本エイズ学会誌   13(1) 40-41   Feb 2011
MEK阻害剤による移植後GVHDの選択的抑制と感染・腫瘍免疫の温存
板村 英和, 進藤 岳郎, 俵 功, 刈谷 龍昇, 岡田 誠治, 木村 晋也
先進医薬研究振興財団研究成果報告集   2014年度 102-103   Mar 2015
味澤 篤, 永井 宏和, 小田原 隆, 照井 康仁, 上平 朝子, 四本 美保子, 萩原 將太郎, 岡田 誠治, HAART時代の長期予後を脅かす治療抵抗性エイズリンパ腫に関する多面的治療戦略開発に関する研究班
The Journal of AIDS research   11(2) 108-125   May 2009