OKAZAKI Kazuyuki

J-GLOBAL         Last updated: Aug 21, 2017 at 14:31
 
Avatar
Name
OKAZAKI Kazuyuki
URL
http://www.naro.affrc.go.jp/harc/
Affiliation
National Agriculture and Food Research Organization
Section
Hokkaido Agricultural Research Center, NARO, Division of Field Crop Research and Development, Sugar Beet Breeding Group
Job title
Senior Researcher

Published Papers

 
Tsurumaru H, Okubo T, Okazaki K, Hashimoto M, Kakizaki K, Hanzawa E, Takahashi H, Asanome N, Tanaka F, Sekiyama Y, Ikeda S, Minamisawa K
Microbes and environments   30(1) 63-69   2015   [Refereed]
Okazaki K, Iino T, Kuroda Y, Taguchi K, Takahashi H, Ohwada T, Tsurumaru H, Okubo T, Minamisawa K, Ikeda S
Microbes and environments   29(2) 220-223   2014   [Refereed]
Taguchi Kazunori, Okazaki Kazuyuki, Takahashi Hiroyuki, Kubo Tomohiko, Mikami Tetsuo
EUPHYTICA   173(3) 409-418   Jun 2010   [Refereed]
Koga Nobuhisa, Takahashi Hiroyuki, Okazaki Kazuyuki, Kajiyama Tsutomu, Kobayashi Sohei
GLOBAL CHANGE BIOLOGY BIOENERGY   1(3) 220-229   Jun 2009   [Refereed]

Misc

 
IKEDA Seishi, TSURUMARU Hirohito, OKUBO Takashi, OKAZAKI Kazuyuki, MINAMISAWA Kiwamu
KAGAKU TO SEIBUTSU   51(7) 462-470   Jul 2013
植物共生科学は植物と共生微生物(群)の相互作用の解明を目的とする基礎科学であるが,当該分野の進歩は生命科学の幅広い諸分野に大きな影響を及ぼす.本稿では,植物共生の生態学的意義について解説した後,有用微生物の探索・選抜や機能解析,微生物ゲノム解析の進歩,植物における有用微生物制御系の発見,植物共生系の網羅的分析技術の開発,施肥条件や光環境を通した共生微生物制御,共生科学的視点からの「おいしさ」の科学的解明などの最近のトピックスと,関連する応用科学分野での今後の新たな研究展開の可能性について私...
池田成志, 土田勝一, 浅野目謙之, 関口博之, 森一幸, 染谷信孝, 岡崎和之
農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果   (539) 42-56   Feb 2015
池田成志, 染谷信孝, 岡崎和之, 高橋宙之
農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果   (539) 21-30   Feb 2015
高橋 宙之, 田口 和憲, 岡崎 和之, 黒田 洋輔
Miscellaneous publication of the National Agricultural Research Center for Hokkaido Region   (69) 29-37   Sep 2011
2010年のテンサイ収量は, 1986年に糖分取引制度が開始されて四半世紀が経過する中で最低の根中糖分(15.3%)と産糖量(46.6万t)を記録した。低収量の要因は, 6月上旬まで続いた生育初期の低温(平年差-2℃)による生育遅延と,その後6月中旬以降から収穫期まで続いた高温(平年差+3℃)および多雨による褐斑病と黒根病を中心とする根腐症状の大規模な発生である。褐斑病および根腐症状の発生面積率(それぞれ80.5%および44.2%)および被害面積率(それぞれ33.6%および13.3%) は...
田口 和憲, 丹羽 勝久, 岡崎 和之, 清野 伸孝
Miscellaneous publication of the National Agricultural Research Center for Hokkaido Region   (68) 33-46   Jan 2011
2009年は,各地のテンサイ作付圃場で湿害が発生し,産糖量が低下した大きな原因となった。そこで,十勝地域においてテンサイ湿害の現地調査を行い,衛星画像を活用して,同地域における湿害の定量化を試みたところ,以下のような知見が得られた。1. 十勝地域のテンサイ作付圃場の一部には,畦間の長期滞水や黒根病の発生などが確認され,甚大な被害が確認された。 2. 湿害の発生程度は,地上部の黄化と草丈の低下を指標として定量化でき,草丈×SPAD値を湿害の被害指数とすることで湿害の発生程度の多少を判別できた...
大潟 直樹, 高橋 宙之, 田口 和憲, 岡崎 和之
Research bulletin of the National Agricultural Research Center for Hokkaido Region   (192) 33-41   Feb 2010
直播適性に優れたテンサイ一代雑種品種の育成を図るため、親系統およびこれらを交配した単交配F1、単交配F1に花粉親系統を交配した三系交配F1を用い、直播栽培および移植栽培を行った。また、地上部および根部形質の遺伝性ならびに各系統の組合せ能力を解析し、栽培法と系統との交互作用を解析した。その結果、直播栽培では移植栽培に比べると、地上部形質では、草丈が高く、畦間被覆日が遅く、根部形質では、根長が長く、分岐根が少なく、糖収量性では、根重は少ないものの、根中糖分が高いことが明らかとなった。しかし、全...
OGATA N., TAGUCHI K., TAKAHASHI H., OKAZAKI K., TANAKA M.
育種学研究 = Breeding research   4    Aug 2002
TAKAHASHI H., OGATA N., TAGUCHI K., OKAZAKI K., TANAKA M.
育種学研究 = Breeding research   4    Aug 2002

Conference Activities & Talks

 
松平洋明, 黒田洋輔, 岡崎和之, 田口和憲, 上田重文, 高橋宙之
育種学研究   21 Mar 2016   
黒田洋輔, 高橋宙之, 岡崎和之, 松平洋明, 田口和憲
育種学研究   21 Mar 2016   
Kuroda Y, Takahashi H, Okazaki K, Matsuhira H, Taguchi K
日本育種学会・日本作物学会北海道談話会会報   Dec 2015   
Takahashi H, Ueda S, Taguchi K, Okazaki K, Kuroda Y, Matsuhira H
日本育種学会・日本作物学会北海道談話会会報   Dec 2015   
飯嶋太朗, 染谷信孝, 池田成志, 岡崎和之, 大和田琢二
植物微生物研究会研究交流会講演要旨集   Dec 2015