TAKESHI OKAMOTO

J-GLOBAL         Last updated: Jan 19, 2019 at 14:32
 
Avatar
Name
TAKESHI OKAMOTO
Affiliation
Tokai University
Section
School of Health Studies

Research Areas

 
 

Published Papers

 
身体的不活動時におけるPGC-1αの発現量維持が筋萎縮の進行に及ぼす影響
岡本 武志
東海大学短期大学紀要   (51) 11-17   Mar 2018
近年、PGC-1αはフォークヘッド蛋白(FOXO)の転写活性を抑制することで筋萎縮を抑制することが報告されている。また、ギプス固定や尾部懸垂といった身体不活動状態においてPGC-1αの発現量が低下することが報告されている。しかし、不活動による筋萎縮に伴う内因性PGC-1αの発現量低下が、筋萎縮の進行に寄与するか、またFOXO転写活性の抑制作用と関連するかについては明らかにされていない。そこで、不活動に伴う筋萎縮時においてPGC-1αの発現応答が筋萎縮の進行に寄与するか否かを明らかにすること...
Okamoto T, Machida S
Biomedical research (Tokyo, Japan)   38(6) 331-342   2017   [Refereed]
短期大学生における救急蘇生法の必要性に関する一考察
北濱 幹士, 岡本 武志
東海大学短期大学紀要   (48) 71-77   Mar 2015
短期大学生が、Cardiopulmonary Resuscitation(CPR)に関してどのように感じているのかについて、実態調査を行った。第1グループは、東海大学福岡短期大学両学科共通科目(総合教育)健康とスポーツにて行った救急蘇生法実習の参加学生15名(男性6名、女性9名)であった。第2グループは、東海大学福岡短期大学国際文化学専攻専門科目(スポーツマネジメント)スポーツマネジメント実習Cにて、救急蘇生法を学習した学生5名であった。実習前後に学生に質問紙調査を実施した。心肺蘇生法を過...
不活動による筋萎縮の分子メカニズム
岡本 武志
東海大学短期大学紀要   (47) 65-73   Mar 2014
不活動状態が引き起こす症状の一つとして、骨格筋の顕著な萎縮が挙げられる。不活動によって一度萎縮した骨格筋の回復は、高齢であるほど遅延する。これまでに明らかになっている不活動による筋萎縮の分子メカニズムについて以下の項目を概説した。1)不活動に伴う筋萎縮の特徴、2)不活動に伴う筋タンパク質合成の低下、3)不活動に伴う筋タンパク質分解の亢進。不活動による筋萎縮に関与する三つの筋タンパク質分解系とIGF-I/PI3K/Aktシグナルによる合成系について概説したが、この他にカスパーゼによるアクトミ...
短期間の不活動状態が回復期における成熟期ラットの骨密度に及ぼす影響
岡本 武志, 鳥居 俊, 町田 修一
東海大学短期大学紀要   (46) 7-12   Mar 2013
短期間の不活動状態が回復期における骨密度に及ぼす影響について検討するため、成熟期(8ヵ月齢)ラットの両下肢を足関節底屈位として足関節30°屈曲位、膝関節75°屈曲位に固定し、10日間飼育した。その結果、体重は対照群に比較して固定後-20.6%、固定解除後20日間(回復期)経過後は-11.9%の有意な低下が認められたが、骨密度は固定による有意な変化はなく、回復期間後に-4.2%の有意な低下が認められた。固定後の下肢の各筋肉の重量は、短縮位にあったヒラメ筋、足底筋、腓腹筋でそれぞれ-34.3%...
不活動に伴う骨量減少のメカニズム解明の為の動物モデルの検討
岡本 武志, 鳥居 俊, 町田 修一
東海大学短期大学紀要   (46) 1-6   Mar 2013
不活動に伴う骨量減少のメカニズム解明のための動物モデルとしてラットのギプス固定モデルを作成し、骨量および骨密度の変化について検討した。7週齢ラットの両下肢を足関節底屈位として足関節30°屈曲位、膝関節75°屈曲位に固定し、10日間飼育した。その結果、体重は対照群に比較して-28.6%の有意な低下を認め、大腿骨全体の骨量および骨密度はそれぞれ-15.4%、-5.4%、脛骨全体は-17.5%、-7.2%の有意な低下を示した。骨全体を近位から遠位の長軸に沿った7領域(R1〜7)に区分したところ、...
Okamoto T, Torii S, Machida S
The journal of physiological sciences : JPS   61(6) 537-546   Nov 2011   [Refereed]
Ju YI, Sone T, Okamoto T, Fukunaga M
Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985)   104(6) 1594-1600   Jun 2008   [Refereed]

Misc

 
骨格筋を知る 分子レベルから覗く骨格筋研究 不活動による筋萎縮の分子メカニズム
岡本 武志, 町田 修一
体育の科学   60(11) 773-778   Nov 2010
【運動器のミクロ環境と運動】 分子レベルからみた力学的ストレスに対する筋・骨格系の細胞応答
町田 修一, 岡本 武志
体育の科学   57(5) 357-364   May 2007
骨長増加時期に骨密度は増加が停滞あるいは減少しうる
鳥居 俊, 岡本 武志, 高橋 直美, 山本 紘平
Osteoporosis Japan   15(2) 213-217   Apr 2007
2年の間に3回の骨密度計測を行った中学生13名のデータをもとに、上腕骨長の変化と骨密度との関連について検討した。両者の間には有意な負の相関が認められ、骨長増加時期の骨は強度が減弱している可能性が示唆された。

Conference Activities & Talks

 
不活動と筋タンパク質分解 筋線維組成によるユビキチンリガーゼ遺伝子の発現応答の差異をさぐる
岡本 武志, 町田 修一
体力科学   Feb 2014   
ギプス固定に伴う速筋優位な筋特異的ユビキチンリガーゼ遺伝子発現の分子機構の解明
岡本 武志, 町田 修一
体力科学   Dec 2012   
不活動性筋萎縮時に発現する筋特異的ユビキチンリガーゼ遺伝子は筋線維特異性を持つのか?
岡本 武志, 町田 修一, 鳥居 俊
体力科学   Dec 2008   
高齢期骨格筋の脂肪蓄積に関するメカニズム 加齢に伴う筋サテライト細胞の多分化能について
町田 修一, 岡本 武志
体力科学   Dec 2008   
The impaired inflammatory response to muscle damage contributes to the impaired muscle regenerative capacity and to increased muscle adiposity with aging.
Machida S and Okamoto T.
The Integrative Biology of Exercise V   2008   
雪洞における保温下着使用が心拍数、直腸温および主観的温度感覚に及ぼす影響
小野寺 昇, 白 優覧, 関 和俊, 西村 一樹, 岡本 武志, 西岡 大輔, 石田 恭生
登山医学   Dec 2006   
大山夏山登山における緑茶摂取が尿中電解質に及ぼす影響
関 和俊, 西村 一樹, 岡本 武志, 西岡 大輔, 小柳 えり, 石田 恭生, 小林 敏彰, 梶山 知修, 野瀬 由佳, 長山 友子, 安保 真一, 青山 賢吾, 高橋 康輝, 山口 英峰, 白 優覧, 小野寺 昇
登山医学   Dec 2006   
自閉症児の水中運動における個別支援活動の実践と評価
小野寺 昇, 西村 一樹, 小野 くみ子, 関 和俊, 西岡 大輔, 岡本 武志, 小桝 えり, 石田 恭生, 藤澤 智子, 白 優覧, 朱 容仁, 西村 正広
体力科学   Dec 2006   
尾部懸垂後のジャンプ運動による骨微細構造の経時的変化
岡本 武志, 曽根 照喜, 朱 容仁, 鳥居 俊, 小野寺 昇, 福永 仁夫
体力科学   Dec 2006   
水中トレッドミル運動後の仰臥位フローティングが心臓自律神経系活動に及ぼす影響
西村 一樹, 関 和俊, 西岡 大輔, 岡本 武志, 小柳 えり, 小野 くみ子, 小野寺 昇
体力科学   Feb 2006   
Time course of bone response to jump exercise during remobilization after tail suspension: three-dimensional observation using micro-CT
Okamoto T, Sone T, Joo YI, Fukunaga M.
The 17th International Bone Densitometry Workshop   2006   
大山夏山登山におけるVespa Amino Acid Mixture(VAAM)摂取が尿中電解質に及ぼす影響
関 和俊, 西村 一樹, 小野 くみ子, 河野 寛, 岡本 武志, 西岡 大輔, 妹尾 奈月, 小野寺 昇
登山医学   Dec 2005   
Vespa Amino Acid Mixture(VAAM)摂取が生体に及ぼす影響について明らかにするため、大山夏山登山におけるVAAM摂取が尿中成分に及ぼす影響を検討した。また、大山夏山登山口から2合目までの距離840m、傾斜23%および8合目から頂上までの距離680m、傾斜18%をトレッドミル上でシミュレーションした。このシミュレーション条件下における純水およびVAAM摂取の尿中成分を比較検討した。腎疾患や心疾患などの既往歴がない健康な成人男性6例を対象とした。250mlのVAAM w...
精研式CLAC-2で評価した水中運動教室参加自閉症児の行動分析
藤澤 智子, 西村 一樹, 小坂 多恵子, 小野 くみ子, 岡本 武志, 関 和俊, 西岡 大輔, 小柳 えり, 天岡 寛, 白 優覧, 朱 容仁, 西村 正広, 星島 葉子, 小野寺 昇
体力科学   Dec 2005   
陸上運動後の仰臥位フローティングが生体に及ぼす影響
西村 一樹, 関 和俊, 西岡 大輔, 岡本 武志, 小野 くみ子, 小野寺 昇
体力科学   Dec 2005   
尾部懸垂後のジャンプ運動がラットの骨密度および骨微細構造に及ぼす影響
岡本 武志, 曽根 照喜, 福永 仁夫, 朱 容仁, 小野寺 昇
体力科学   Dec 2005   
尾部懸垂による骨量低下と骨微細構造劣化の回復に対するジャンプ運動の効果:ランニング運動との比較検討
朱 容仁, 曽根 照喜, 小野寺 昇, 岡本 武志, 福永 仁夫
体力科学   Dec 2005   
自閉症圏児を対象とした水中運動教室の実践 平成16年度のまとめ
藤澤 智子, 天岡 寛, 西村 一樹, 小柳 えり, 岡本 武志, 関 和俊, 西岡 大輔, 小野 くみ子, 小坂 多恵子, 川岡 臣昭, 妹尾 奈月, 白 優覧, 朱 容仁, 小野寺 昇, 西村 正広, 星島 葉子
体力科学   Aug 2005   
自閉症児を対象とした水中運動教室が自閉症児の日常生活に及ぼす影響
西村 一樹, 小柳 えり, 岡本 武志, 関 和俊, 西岡 大輔, 小野 くみ子, 川岡 臣昭, 妹尾 奈月, 藤澤 智子, 天岡 寛, 白 優覧, 朱 容仁, 小野寺 昇, 西村 正広, 星島 葉子
体力科学   Aug 2005   
中強度自転車エルゴメーター運動後の仰臥位フローティングが直腸温および心臓自律神経系活動に及ぼす影響
西村 一樹, 関 和俊, 岡本 武志, 西岡 大輔, 小野 くみ子, 小野寺 昇
体力科学   Apr 2005   
水着素材の違いが水中仰臥位安静時の心拍数,直腸温に及ぼす影響
小野 くみ子, 天岡 寛, 関 和俊, 岡本 武志, 小野寺 昇
体力科学   Apr 2005   
若年および中年男性におけるレッグプレス中の血圧反応
河野 寛, 岡本 武志, 関 和俊, 西岡 大輔, 妹尾 奈月, 西村 一樹, 中川 瞳美, 小野寺 昇, 柚木 脩, 宮地 元彦
体力科学   Apr 2005   
O県H町における健康増進施設の現状
小野寺 昇, 妹尾 奈月, 岡本 武志, 関 和俊, 西岡 大輔, 小林 敏彰
体力科学   Apr 2005   
大山夏山登山における異なる硬度の水分摂取が生体に及ぼす影響
野瀬 由佳, 白 優覧, 天岡 寛, 西村 一樹, 小坂 多恵子, 河野 寛, 川岡 臣昭, 関 和俊, 岡本 武志, 西岡 大輔, 小林 敏彰, 安保 真一, 青山 賢吾, 山口 英峰, 枝松 千尋, 小林 和弘, 大林 優子, 小野寺 昇
登山医学   Dec 2004   
雪洞における心拍数、舌下温および直腸温変化
小野寺 昇, 白 優覧, 野瀬 由佳, 西村 一樹, 岡本 武志, 関 和俊, 西岡 大輔, 滋野 正洋
登山医学   Dec 2004   
障害児者の社会参加のための水泳教室の開催とスポーツ活動バリアフリーの支援活動に関する研究 平成15年度のまとめ
小野寺 昇, 西村 一樹, 小坂 多恵子, 天岡 寛, 白 優覧, 野瀬 由佳, 小野 くみ子, 中西 洋平, 川岡 臣昭, 河野 寛, 妹尾 奈月, 関 和俊, 岡本 武志, 西岡 大輔, 星島 葉子
体力科学   Dec 2004   
精研式CLAC-IIで評価した自閉症児の水中運動の行動分析
藤澤 智子, 西村 一樹, 小坂 多恵子, 天岡 寛, 白 優覧, 小野 くみ子, 中西 洋平, 川岡 臣昭, 河野 寛, 妹尾 奈月, 関 和俊, 岡本 武志, 西岡 大輔, 星島 葉子, 小野寺 昇
体力科学   Dec 2004   
異なる水温下での足浴が心拍数,血圧,直腸温及び心臓自律神経調節に及ぼす影響
西村 正広, 岡本 武志, 関 和俊, 西岡 大輔, 西村 一樹, 天岡 寛, 小野寺 昇
体力科学   Dec 2004   
自閉症児のエンパワメント向上のための水中運動教室の実践研究 平成15年度の実践研究から
小野寺 昇, 白 優覧, 西村 正広, 小坂 多恵子, 西村 一樹, 天岡 寛, 杉 哉子, 野瀬 由佳, 小野 くみ子, 中西 洋平, 川岡 臣昭, 河野 寛, 妹尾 奈月, 関 和俊, 岡本 武志, 西岡 大輔, 星島 葉子, 藤澤 智子
体力科学   Oct 2004   
高強度運動が仰臥位フローティング中の直腸温および酸素摂取量に及ぼす影響
西村 一樹, 関 和俊, 岡本 武志, 西岡 大輔, 小野 くみ子, 中西 洋平, 小野寺 昇
体力科学   Oct 2004   
ストレス課題後の水中歩行が感情尺度および気分尺度に及ぼす影響
岡本 武志, 関 和俊, 西岡 大輔, 西村 正広, 小野寺 昇
体力科学   Oct 2004   
運動後のアイシングが鎖骨下動脈径,皮膚温および血圧に及ぼす影響
西岡 大輔, 河野 寛, 西村 一樹, 岡本 武志, 関 和俊, 小野寺 昇
体力科学   Oct 2004