論文

査読有り
2017年3月

政治過程における専門知識 : その機能から見た理論的到達点

城西現代政策研究
  • 桶本 秀和

10
1
開始ページ
31
終了ページ
48
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.20566/18819001_10(1)_31
出版者・発行元
城西大学現代政策学部

type:text
近年、政治過程を分析する際に、利益や制度といった従来の分析概念だけでなく、専門知識という概念を用いる研究が増えている。しかしながら、分析において専門知識は何を指すのか、政治過程にどのような影響を与えるのか、いかなるメカニズムで影響を及ぼすかは、研究分野や研究者間で異なっている。そこで、本稿は、政治過程分析に用いられている専門知識の先行研究について、共通点や相違点を整理・検討することで、概念の不明点やメカニズムを検討した。その結果、①アクターの影響力のリソースとしての専門知識、②専門知識のアクター間における共有、③専門知識の投入経路という3 点の機能から理論的到達点を確認した。In recent years, when analyzing the political process, not only using the conventional analysis concepts such as interest and institutions, but researches are increasingly using the concept of expertise. However, what is expertise in the analysis, what effect on the political process, and what effect on mechanism, it is different between the field of research and researchers. This paper, by examining the previous studies of the political process analysis, examined the concept of expertise. I summarize the results of this article as follows. First, expertise is the resource of the influence of the actor. Second, expertise is shared between actors. Third, for expertise,there is a path to be introduced. This paper confirmed the theoretical point of the three points from function.
source:JOSAI CONTEMPORARY POLICIES RESEARCHES
identifier:JOS-18819001-1004

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.20566/18819001_10(1)_31
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AA12218766
CiNii Research
https://cir.nii.ac.jp/crid/1390009225526210048?lang=ja
URL
http://libir.josai.ac.jp/il/meta_pub/G0000284repository_JOS-18819001-1004
URL
https://ndlsearch.ndl.go.jp/books/R000000004-I028149883
URL
http://id.ndl.go.jp/bib/028149883
ID情報
  • DOI : 10.20566/18819001_10(1)_31
  • ISSN : 1881-9001
  • CiNii Articles ID : 120006306612
  • CiNii Books ID : AA12218766
  • CiNii Research ID : 1390009225526210048

エクスポート
BibTeX RIS