奥見裕邦

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/15 20:28
 
アバター
研究者氏名
奥見裕邦
 
オクミヒロクニ
所属
近畿大学
部署
医学部

論文

 
Koyama A, Okumi H, Matsuoka H, Makimura C, Sakamoto R, Sakai K
BioPsychoSocial medicine   10 7   2016年2月   [査読有り]
Management of Spiritual Pain in Cancer Patients Using Dignity Therapy and Counseling
Koyama Atsuko, Okumi Hirokuni, Matsuoka Hiromichi, Ohotake Youichi, Makimura Chihiro, Sakamoto Ryo, Sakai Kiyohiro, Murata Masahiko, Takahashi Fumihiko
PSYCHO-ONCOLOGY   23 364   2014年10月   [査読有り]
Oka T, Okumi H, Nishida S, Ito T, Morikiyo S, Kimura Y, Murakami M, JOPM-EBM Working Team.
BioPsychoSocial medicine   8(1) 5   2014年1月   [査読有り]
Okumi H, Koyama A
BioPsychoSocial medicine   8(1) 6   2014年1月   [査読有り]
Okumi H, Tashima K, Matsumoto K, Namiki T, Terasawa K, Horie S
Planta medica   78(17) 1801-1806   2012年11月   [査読有り]

Misc

 
上村泰徳, 上村泰徳, 北野博子, 大堀彰子, 大堀彰子, 奥見裕邦, 冨田和巳
子どもの心とからだ   26(2) 205   2017年8月
大野貴子, 奥見裕邦, 細木瑞穂, 松島礼子, 村上佳津美
子どもの心とからだ   26(2) 178   2017年8月
大武陽一, 村田昌彦, 矢野貴詩, 酒井清裕, 阪本亮, 牧村ちひろ, 松岡弘道, 奥見裕邦, 小山敦子
心身医学   57(5) 473-473   2017年5月
奥見裕邦
漢方医学   41(1) 43‐46-46   2017年2月
心窩部痛を伴う機能性ディスペプシアに対する安中散の有用性について検討した。『機能性消化管疾患診療ガイドライン2014-機能性ディスペプシア』(以下、FDガイドライン)に治療薬として推奨されている酸分泌抑制薬や消化管運動機能改善薬による治療を受けたにもかかわらず、心窩部痛が遷延している患者11名を対象とし安中散を4週間追加投与した。患者の平均年齢は43.09±5.33歳、男女比は3:8であった。安中散の追加投与4週間後にGSRSの全体スコアと腹痛スコア、出雲スケールの胃痛スコアで改善傾向が認...
土生川千珠, 土生川千珠, 中尾亮太, 中尾亮太, 奥見裕邦, 奥見裕邦, 村上佳津美, 村上佳津美, 竹中義人, 竹中義人, 柳夲嘉時, 柳夲嘉時
子どもの心とからだ   25(4) 400‐403-403   2017年2月