奥村直毅

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/13 13:32
 
アバター
研究者氏名
奥村直毅
 
オクムラ ナオキ
URL
http://tissue-engineering-doshisha.jp/index.html
所属
同志社大学/京都府立医科大学
学位
MD., PhD.

プロフィール

M.D./Ph.D.
日本眼科学会認定眼科専門医
【概要】
角膜移植の最も多い原因である角膜内皮障害の新しい治療法の開発を行っています。培養角膜内皮細胞移植および薬物治療の研究を行い、ともに世界初となる臨床研究の開始を実現しました。研究の最終ゴールを、研究により生み出された新しい治療法の治験による承認と考えています。新しい治療法を特別な治療でなく、一般的な患者さんに確実に届けることを第一に研究に取り組んでいます。

【再生医療の開発】
2006年より培養角膜内皮シートの開発を行い、カニクイザル角膜内皮不全モデルにおいて内皮シートの移植により透明治癒を得られることを示しました。さらに、Rhoキナーゼ阻害剤が角膜内皮細胞の細胞接着を促進することを発見し、培養角膜内皮シートではなく培養した細胞そのものを懸濁液としてRhoキナーゼ阻害剤とともに前房内に注入することにより角膜内皮を再生できることをウサギおよびカニクイザル角膜内皮不全モデルにおいて示しました。また、角膜内皮細胞は通常の培養法ではほとんど増殖せず、容易に線維芽細胞様に形質添加することが再生医療の実現化を阻んできましたが、TGF-β阻害剤、ヒト間葉系幹細胞の馴化培地などを併用することで機能を維持した大量培養できることを明らかにしてきました。
これらの基礎研究、非臨床研究の成果を受けて、京都府立医科大学附属病院において世界初となる培養角膜内皮細胞を用いたFirst-in-human試験が実現化されました。現在、臨床研究が進行中ですが、企業との連携による治験を経た産業化に向けて開発を進めています。今後、産業化が実現すればドナー角膜を用いた角膜移植の多くが、再生医療により一回の注射による培養細胞の眼内への移植に置き換わる可能性を秘めていると考えています。

【角膜移植に代わる薬物治療の開発】
私達は、角膜移植などの手術によらない薬物による角膜内皮障害治療法の開発を行っています。2009年にRhoキナーゼ阻害剤が角膜内皮細胞の細胞増殖、細胞接着を促進し、アポトーシスを抑制することを発見し、さらに、Rhoキナーゼ阻害剤を点眼薬として用いることで、生体内で角膜内皮細胞の増殖・創傷治癒を促進することを、ウサギおよびカニクイザルの部分的角膜内皮障害モデルにおいて示しました。これらの成果をもとに、角膜内皮不全患者を対象にRhoキナーゼ阻害剤点眼の臨床研究を実施し、特に早期の角膜内皮不全患者において有用であることを明らかにしました。一部の患者さんでは角膜移植を予定していたにもかかわらず、視力が1.5まで回復するなど劇的な効果を得ています。薬物により角膜内皮不全を治療することは画期的であり、角膜内皮障害への薬物療法の可能性が示されました。現在製薬メーカーと共同で治験の開始に向けた準備を進めています。
医療の大きなトレンドは早期発見、早期治療です。世界の角膜移植の約40%を占めるフックス角膜内皮ジストロフィの治療薬、進行予防薬の開発を進めています。これまでにフックス角膜内皮ジストロフィの角膜内皮、血液ゲノムのライブラリーをドイツの研究チームとともに作成しました。さらに、フックス角膜内皮ジストロフィの疾患モデル細胞の樹立に成功しました。これらを用いた解析により、TGF-βの活性化が原因となり、細胞外マトリックス関連タンパク質の産生が過剰になることで小胞体に変性タンパク質が凝集することを明らかにしました。さらにはその変性タンパク質の凝集が原因となり、小胞体ストレス応答による細胞死が生じることが病気の本態であるという仮説を提唱するにいたりました。この病態にもとづき現在TGF-βシグナル抑制薬を始めとして複数の薬剤を点眼薬として開発すべく研究を進めています。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
同志社大学 生命医科学部 准教授
 
2011年12月
 - 
現在
京都府立医科大学 客員講師
 
2011年4月
 - 
2015年3月
同志社大学 助教
 
2010年4月
 - 
2011年3月
京都府立医科大学 病院助教
 
2006年5月
 - 
2010年3月
京都府立医科大学大学院博士課程
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2010年3月
京都府立医科大学大学院博士課程  
 
1995年4月
 - 
2001年3月
京都府立医科大学 医学部 医学科
 

受賞

 
2017年
第22回ROHTO AWARD賞 「角膜内皮障害に対する新規治療法の開発」
 
2015年
第4回 公益信託 参天製薬創業者記念眼科医学研究基金 「フックス角膜内皮ジストロフィの病態解明と治療薬の開発」
 
2012年
第9回日本角膜学会学術奨励賞 「水疱性角膜症に対する新しい治療法の開発」
 
2011年
第32回日本炎症・再生医学会 優秀演題賞 「角膜内皮機能不全に対する選択的Rhoキナーゼ阻害剤点眼治療法の開発」
 
2011年
Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) Kowa Travel Grant “ROCK Inhibitor Regulates the G1-S Progression of Corneal Endothelial Cells”
 

論文

 
Immune Cells on the Donor Corneal Endothelium After Corneal Transplantation. Cornea. 2018 Sep;37(9):1081-1086. doi: 10.1097/ICO.0000000000001678. PMID: 29952799
Okumura N, Inoue R, Nakano S, Imai H, Matsumoto D, Kayukawa K, Wakimasu K, Kitazawa K, Koizumi N, Kinoshita S
   2018年9月   [査読有り]
Effect of a p38 Mitogen-Activated Protein Kinase Inhibitor on Corneal Endothelial Cell Proliferation, Invest Ophthalmol Vis Sci. 2018 Aug 1;59(10):4218-4227. doi: 10.1167/iovs.18-24394. PMID: 30128493.
Nakahara M, Okumura N, Nakano S, Koizumi N
   2018年8月   [査読有り]
Perspective of Future Potent Therapies for Fuchs Endothelial Corneal Dystrophy, Open Ophthalmol J. 2018 Jul 23;12:154-163. doi: 10.2174/1874364101812010154. eCollection 2018. Review. PMID: 30123380.
Okumura N, Hayashi R, Koizumi N
   2018年7月   [査読有り]
Endothelial cell loss and graft survival after penetrating keratoplasty for laser iridotomy-induced bullous keratopathy, Jpn J Opthalmol, 2018 May 15. doi: 10.1007/s10384-018-0598-1. [Epub ahead of print], PMID: 29766356.
Okumura N, Kusakabe A, Koizumi N, Yoshii K, Wakimasu K, Kayukawa K, Kondo M, Mori K, Sotozono C, Kinoshita S
   2018年5月   [査読有り]
The Effect of Posterior Corneal Vesicles on Corneal Endothelial Cell Density and Anisometropic Amblyopia, Cornea, 2018 Jul;37(7):813-817. doi: 10.1097/ICO.0000000000001612. PMID: 29757851.
Noguchi A, Okumura N, Sotozono C, Kinoshita S
   2018年7月   [査読有り]
Injection of cultured cells with a ROCK inhibitor for bullous keratopathy. N Engl J Med. 2018 Mar 15;378(11):995-1003. doi: 10.1056/NEJMoa1712770, PMID: 29539291.
Kinoshita S, Koizumi N, Ueno M, Okumura N, Imai K, Tanaka H, Yamamoto Y, Nakamura T, Inatomi T, Bush J, Toda M, Hagiya M, Yokota I, Teramukai S, Sotozono C, Hamuro J
   2018年3月   [査読有り]
Feasibility of cell-based therapy combined with descemetorhexis for treating Fuchs endothelial corneal dystrophy in rabbit model. PLoS One. 2018 Jan 16;13(1):e0191306. doi: 10.1371/journal.pone.0191306. eCollection 2018. PMID: 29338061.
Okumura N, Matsumoto D, Fukui Y, Teramoto M, Imai H, Kurosawa T, Shimada T, Kruse F, Schlötzer-Schrehardt U, Kinoshita S, Koizumi N
   2018年1月   [査読有り]
Involvement of Nectin-Afadin in the Adherens Junctions of the Corneal Endothelium. Cornea. 2018 Jan 30. doi: 10.1097/ICO.0000000000001526. PMID: 29384809.
Okumura N, Kagami T, Fujii K, Nakahara M, Koizumi N
   2018年1月   [査読有り]
Wide-field contact specular microscopy analysis of corneal endothelium post trabeculectomy. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2018 Jan 4. doi: 10.1007/s00417-017-3889-1. Epub 2018 Jan 4, PMID: 29302788.
Okumura N, Matsumoto D, Okazaki Y, Koizumi N, Sotozono C, Kinoshita S, Mori K
   2018年1月   [査読有り]
The existence of dead cells in donor corneal endothelium preserved with storage media. Br J Ophthalmol. 2017 Dec;101(12):1725-1730. doi: 10.1136/bjophthalmol-2017-310913. Epub 2017 Oct 5.
Kitazawa K, Inatomi T, Tanioka H, Kawasaki S, Nakagawa H, Hieda O, Fukuoka H, Okumura N, Koizumi N, Iliakis B, Sotozono C, Kinoshita S
   2017年10月   [査読有り]
Rho Kinase in Eye Disease. J Ophthalmol. 2017;2017:9281745. doi: 10.1155/2017/9281745.
Okumura N, Nakao S, Inoue T, Pattabiraman P
   2017年8月   [査読有り]
Development of Poly Lactic/Glycolic Acid (PLGA) Microspheres for Controlled Release of Rho-Associated Kinase Inhibitor. J Ophthalmol. 2017;2017:1598218. doi: 10.1155/2017/1598218. Epub 2017 Jul 27.
Koda S, Okumura N, Kitano J, Koizumi N, Tabata Y
   2017年7月   [査読有り]
Laminin-511 and -521-based matrices for efficient ex vivo-expansion of human limbal epithelial progenitor cells. Sci Rep, 2017 Jul 11;7(1):5152. doi: 10.1038/s41598-017-04916-x. 2017.7.
Polisetti N, Sorokin L, Okumura N, Koizumi N, Kinoshita S, Kruse FE, Schlötzer-Schrehardt U
   2017年7月   [査読有り]
Sustained activation of the unfolded protein response induces cell death in Fuchs endothelial corneal dystrophy. Invest Ophthalmol Vis Sci, 2017 Jul 1;58(9):3697-3707. doi: 10.1167/iovs.16-21023. 2017.7.
Okumura N, Kitahara M, Okuda H, Hashimoto K, Ueda E, Nakahara N, Kinoshita S, Young RD, Quantock AJ, Tourtas T, Schlötzer-Schrehardt U, Kruse FE, Koizumi N
   2017年7月   [査読有り]
The effect of a p38 mitogen-activated protein kinase inhibitor on cellular senescence of cultivated human corneal endothelial cells. Invest Ophthalmol Vis Sci, 2017 Jul 1;58(9):3325-3334. doi: 10.1167/iovs.16-21170. 2017.7.
Hongo A, Okumura N, Nakahara M, Kay EP, Koizumi N
   2017年7月   [査読有り]
Application of Rho kinase inhibitors for the treatment of corneal endothelial diseases. J Ophthalmol, 2017; 2017:2646904. doi: 10.1155/2017/2646904. Epub 2017 Jul 2. 2017.7.
Okumura N, Kinoshita S, Koizumi N
   2017年7月   [査読有り]
Development of cell analysis software for cultivated corneal endothelial cells. Cornea, in press.
Okumura N, Ishida N, Kakutani K, Hongo A, Hiwa S, Hiroyasu T, Koizumi N
   2017年   [査読有り]
Activation of TGF-β signaling induces cell death via the unfolded protein response in Fuchs endothelial corneal dystrophy. Sci Rep, 2017 Jul 28;7(1):6801. doi: 10.1038/s41598-017-06924-3. 2017.7.
Okumura N, Hashimoto K, Kitahara M, Okuda H, Ueda E, Watanabe K, Nakahara M, Sato T, Kinoshita S, Tourtas T, Schlötzer-Schrehardt U, Kruse FE, Koizumi N
   2017年7月   [査読有り]
Corneal Endothelial Cells Have an Absolute Requirement for Cysteine for Survival. Cornea. 2017 May 23. doi: 10.1097/ICO.0000000000001242. [Epub ahead of print]. 2017.
Okumura N, Inoue R, Kakutani K, Nakahara M, Kinoshita S, Hamuro J, Koizumi N
   2017年5月   [査読有り]
A surgical cryoprobe for targeted transcorneal freezing and endothelial cell removal. Journal of Ophthalmology. Volume 2017 (2017), Article ID 5614089, 11 pages. doi.org/10.1155/2017/5614089. 2017.
Akhbanbetova A, Nakano S, Littlechild SL, Young RD, Zvirgzdina M, Fullwood NJ, Weston I, Weston P, Kinoshita S, Okumura N, Koizumi N, Quantock AJ
   2017年5月   [査読有り]
Panoramic view of human corneal endothelial cell layer observed by a prototype slit-scanning wide-field contact specular microscope. Br J Ophthalmol. 2017 May;101(5):655-659.
Tanaka H, Okumura N, Koizumi N, Sotozono C, Sumii Y, Kinoshita S
   2017年5月   [査読有り]
The Role of Rho kinase Inhibitors in Corneal Endothelial Dysfunction. Curr Pharm Des. 2017;23(4):660-666. doi: 10.2174/1381612822666161205110027.2017.
Okumura N, Kinoshita S, Koizumi N
   2017年4月   [査読有り]
Effect of Trabeculotomy on Corneal Endothelial Cell Loss in Cases of After Penetrating-Keratoplasty Glaucoma. Cornea. 2017 Mar;36(3):317-321. doi: 10.1097/ICO.0000000000001088. PubMed PMID: 28151811.
Kusakabe A, Okumura N, Wakimasu K, Kayukawa K, Kondo M, Koizumi N, Sotozono C, Kinoshita S, Mori K
   2017年3月   [査読有り]
Immune Cells on the Corneal Endothelium of an Allogeneic Corneal Transplantation Rabbit Model. Investigative Ophthalmology & Visual Science January 2017, Vol.58, 242-251. doi:10.1167/iovs.16-20019.
Koudouna E, Okumura N, Okazaki Y, Nakano S, Inoue R, Fullwood N, Hori J, Kinoshita S, Koizumi N
   2017年1月   [査読有り]
Activation of the Rho/Rho Kinase Signaling Pathway Is Involved in Cell Death of Corneal Endothelium. Investigative Ophthalmology & Visual Science December 2016, Vol.57, 6843-6851. doi:10.1167/iovs.16-20123
Okumura N, Fujii K, Kagami K, Makiko N, Kitahara M, Kinoshita S, Koizumi N
   2016年12月   [査読有り]
Generation and Feasibility Assessment of a New Vehicle for Cell-Based Therapy for Treating Corneal Endothelial Dysfunction. PLoS ONE 11(6): e0158427. doi:10.1371/journal.pone.0158427.
Okumura N, Kakutani K, Inoue R, Matsumoto D, Shimada T, Nakahara M, et al
   2016年   [査読有り]
Okumura N, Sakamoto Y, Fujii K, Kitano J,Nakano S,Tsujimoto Y,Nakamura S,Ueno M,Hagiya M,Hamuro J,Matsuyama A,Suzuki S,Shiina T,Kinoshita S,Koizumi N
   2016年5月   [査読有り]
Okumura N,Okazaki Y,Inoue R,Kakutani K,Nakano S,Kinoshita S,Koizumi N
   2016年3月   [査読有り]
Okumura N,Okazaki Y,Inoue R,Nakano S,Fullwood NJ,Kinoshita S,Koizumi N
   2015年11月   [査読有り]
Density-gradient centrifugation enables the purification of cultured corneal endothelial cells for cell therapy by eliminating senescent cells.Sci Rep.Oct 7:5:15005,doi: 10.1038/srep15005,2015.
Okumura N,Kusakabe A,Hirano H,Inoue R,Okazaki Y,Nakano S,Kinoshita S,Koizumi N
   2015年10月   [査読有り]
Okumura N,Inoue R,Okazaki Y,Nakano S,Nakagawa H,Kinoshita S,Koizumi N
   2015年9月   [査読有り]
Morphological Changes of Human Corneal Endothelial Cells after Rho-Associated Kinase Inhibitor Eye Drop (Ripasudil) Administration.A Prospective Open-Label Clinical Study.PLos One.10(9):e0136802.doi: 10.1371,2015.
Nakagawa H,Koizumi N,Okumura N,Suganami H,Kinoshita S
   2015年   [査読有り]
Okumura N,Minamiyama R,Ho L,Kay EP,Kawasaki S,Tourtas T,Schlötzer-Schrehardt U,Kruse F,Young RD,Quantock AJ,Kinoshita S,Koizumi N
   2015年   [査読有り]
Nakano M,Okumura N,Nakagawa H,Koizumi N,Ikeda Y,Ueno M,Yoshii K,Adachi H,Aleff R,Butz M,Highsmith E,Tashiro K,Wieben E,Kinoshita S,Baratz K
   2015年   [査読有り]
Okumura N,Kakutani K,Numata R,Nakahara M,Schlötzer-Schrehardt U,Kruse K,Kinoshita S,Koizumi N.
   2015年   [査読有り]
New therapeutic modality for corneal endothelial disease using Rho-associated kinase inhibitor eye drops.Cornea.Suppl 11:S25-31,2014.
Koizumi N,Okumura N,Ueno M,Kinoshita S
   2014年   [査読有り]
Cell-based approach for treatment of corneal endothelial dysfunction.Cornea.Suppl 11:S37-41,2014.
Okumura N,Kinoshita S,Koizumi N
   2014年   [査読有り]
Cell surface markers of functional phenotypic corneal endothelial cells.Invest Ophthalmol Vis Sci.55(11):7610-7618,2014.
Okumura N,Hirano H,Numata R,Nakahara M,Ueno M,Hamuro J,Kinoshita S,Koizumi N
   2014年   [査読有り]
Derivation of Mesenchymal Stromal Cells from Pluripotent Stem Cells through a Neural Crest Lineage using Small Molecule Compounds with Defined Media.PLoS One.9(12):e112291,2014.
Fukuta M,Nakai Y,Kirino K,Nakagawa M,Sekiguchi K,Nagata S,Matsumoto Y,Yamamoto T,Umeda K,Heike T,Okumura N,Koizumi N,Sato T,Nakahata T,Saito M,Otsuka T,Kinoshita S,Ueno M,Ikeya M,Toguchida J
   2014年   [査読有り]
Frisco H L,Watanabe M,Okumura N,Kusamori K,Takemoto N,Takaya J,Sato S,Yamazoe S,Takakura Y,Kinoshita S,Nishikawa M,Koizumi N,Uesugi M
   2014年   [査読有り]
Numata R,Okumura N,Nakahara M,Ueno M,Kinoshita S,Kanematsu D,Kanemura Y,Sasai Y,Koizumi N
   2014年   [査読有り]
Okumura N,Nakano S,Kay EP,Numata R,Ota A,Sowa Y,Sakai T,Ueno M,Kinoshita S,Koizumi N
   2014年   [査読有り]
Human Corneal Endothelium Regeneration.Effect of ROCK Inhibitor.Invest Ophthalmol Vis Sci.19:54(8):5594-5595,2013.
Koizumi N,Okumura N,Kinoshita S.
   2013年   [査読有り]
Ferret animal model of corneal endothelial dysfunction for evaluation of drug effect on corneal endothelial wound healing.Anim Eye Res.32:15-21,2013.
Sakamoto Y,Okumura N,Koizumi N,Numata R,Kitano J,Yamamoto M,Komada T,Hoshi N
   2013年   [査読有り]
Nakahara M,Okumura N,Kay EP,Hagiya M,Imagawa K,Hosoda Y,Kinoshita S,Koizumi N
   2013年   [査読有り]
Corneal Endothelial Cell Fate is Maintained by LGR5 via the Regulation of Hedgehog and Wnt Pathway.Stem Cells.31(7):1396-1407,2013.
Hirata-Tominaga K,Nakamura T,Okumura N,Kay EP,Barrandon Y,Koizumi N,Kinoshita S
   2013年   [査読有り]
The ROCK Inhibitor Eye Drop Accelerates Corneal Endothelium Wound Healing.Invest Ophthalmol Vis Sci.3:54(4):2493-2502,2013.
Okumura N,Koizumi N,Kay EP,Ueno M,Sakamoto Y,Nakamura S,Hamuro J,Kinoshita S
   2013年   [査読有り]
Rho-associated kinase inhibitor eye drop treatment as a possible medical treatment for Fuchs corneal dystrophy.Cornea.:32(8):1167-1170,2013.
Koizumi N,Okumura N,Ueno M,Nakagawa H,Hamuro J,Kinoshita S
   2013年   [査読有り]
Ferret as a New Experimental Animal Model for Corneal Endothelial Research.Anim.Eye Res.31:3-11,2013.
Sakamoto Y,Okumura N,Koizumi N,Yamasaki K,Kitano J,Numata R,Komada T,Hoshi N
   2013年   [査読有り]
Development of new therapeutic modalities for corneal endothelial disease focused on the proliferation of corneal endothelial cells using animal models.Exp Eye Res.95(1): 60-67,2012.
Koizumi N,Okumura N,Kinoshita S
   2012年   [査読有り]
A selective inhibitor of the Rho kinase pathway,Y-27632,and its influence on wound healing in the corneal stroma.Mol Vis.18:1727-1739,2012.
Yamamoto M,Quantock AJ,Young RD,Okumura N,Ueno M,Sakamoto Y,Kinoshita S,Koizumi N
   2012年   [査読有り]
A ROCK inhibitor converts corneal endothelial cells into a phenotype capable of regenerating in vivo endothelial tissue,Am J Pathol.181(7): 268-277,2012.
Okumura N,Koizumi N,Ueno M,Sakamoto Y, Takahashi H, Tsuchiya H, Hamuro J, Kinoshita S
   2012年   [査読有り]
Epithelial-Mesenchymal Transition-Like Phenotypic Changes of Retinal Pigment Epithelium Induced by TGFβ are Prevented by PPARγ Agonists.Invest Ophthalmol Vis Sci.5:53(11):6955-6963,2012.
Hatanaka H,Koizumi N,Okumura N,Kay EP,Mizuhara E,Hamuro J,Kinoshita S
   2012年   [査読有り]
Hatanaka H,Koizumi N,Okumura N,Takahashi H,Tanioka H,Young RD,Jones FE,Quantock AJ,Kinoshita S
   2012年   [招待有り]
Enhancement of corneal endothelium wound healing by a ROCK inhibitor eye drop.Br J Ophthalmol.95(7): 1006-1009,2011.
Okumura N,Koizumi N,Ueno M,Sakamoto Y,Takahashi H,Hirata K,Torii R,Hamuro J,Kinoshita S
   2011年   [査読有り]
The New Therapeutic Concept of Using a Rho Kinase (ROCK) Inhibitor for the Treatment of Corneal Endothelial Dysfunction.Cornea.30 suppl 1:S54-59,2011.
Okumura N,Koizumi N,Ueno M,Sakamoto Y,Takahashi H,Hamuro J,Kinoshita S
   2011年   [招待有り]
臨床応用を目指した角膜内皮再生医療の開発.同志社大学理工学研究報告,第52巻第4号:31-36,2011.
小泉範子,奥村直毅,木下茂
   2011年   [査読有り]
角膜疾患の未来医療.日本眼科学会雑誌 114(11): 161-201,2010.
木下茂,小泉範子,外園千恵,中村隆宏,稲富勉,上田真由美,川崎諭,山田潤,横井則彦,上野盛夫,丸山和一,奥村直毅,伴由利子,西崎暁子,関山英一,永田真帆,中司美奈,東原尚代,鈴木智,佐野洋一郎,山崎健太,谷岡秀敏,高橋浩昭,岡野明,羽室淳爾,Quantock Andrew J,Fullwood Nigel J,西田幸二,田代啓,中野正和,八木知人,不破正博,鳥居隆三,成宮周,松岡俊行,審良静男
   2010年   [査読有り]
A ROCK inhibitor enhances survival of primate corneal endothelial cells in vitro.Invest Ophthalmol Vis Sci.50(8):3680-3687,2009.
Okumura N,Ueno M,Koizumi N,Sakamoto Y,Hirata K,Hamuro J,Kinoshita S
   2009年   [査読有り]
山岸哲哉,奥村直毅,中井孝史,橋田正継,卜部公章,吉田博則,三好輝行,小島善治, 伊与田加寿,角環,福島敦樹,上野脩幸
   2008年   [査読有り]
Cultivated corneal endothelial transplantation in a primate.possible future clinical application in corneal endothelial regenerative medicine.Cornea.27 Suppl 1: S48-55,2008.
Koizumi N,Sakamoto Y,Okumura N,Tsuchiya H,Torii R,Cooper LJ,et al.
   2008年   [招待有り]
コンパクトデジタルカメラを用いた眼所見の写真撮影の試み.あたらしい眼科 25(8): 1177-1181,2008.
荻田利津子,小泉範子,奥村直毅,木下茂
   2008年   [査読有り]
Cultivated corneal endothelial cell sheet transplantation in a primate model.Invest Ophthalmol Vis Sci.48: 4519-4526,2007.
Koizumi N,Sakamoto Y,Okumura N,Okahara N,Tsuchiya H,Torii R,Cooper LJ, Ban Y, Tanioka H, Kinoshita S
   2007年   [査読有り]
Pharmacokinetic analysis of platelet-activating factor in the tears of guinea pigs with allergic conjunctivitis.J Ocul Pharmacol Ther.22:347-352,2006.
Okumura N,Fukushima A,Igarashi A,Sumi T,Yamagishi T,Ueno H
   2006年   [査読有り]
Platelet-activating factor in human normal tears.Curr Eye Res.30:891-896,2005.
Okumura N,Kojima K,Hashida M,Koura Y,Fukushima A,Ueno H
   2005年   [査読有り]
Levofloxacin長期点眼の結膜嚢常在細菌叢への影響.あたらしい眼科 21(11): 1531-1534,2004.
奥村直毅,橋田正継,小嶋健太郎,卜部公章,町田照代
   2004年   [査読有り]
表層角膜移植術を行った輪部デルモイド21例.日本眼科紀要 54(6): 425-428,2003.
奥村直毅,外園千恵,横井則彦,木下茂
日本眼科紀要, 54(6): 425-428      2003年   [査読有り]

Misc

 
細胞の老化現象. あたらしい眼科35(1):113.2018.1.
奥村直毅
   2018年1月
角膜内皮のadherens junctionにおけるnectin-afadin系の関与. 日本眼科学会雑誌 学会トピックス121(6):507. 2017.6.10.
各務貴斗, 奥村直毅, 中原マキ子, 小泉範子
   2017年6月
Rhoキナーゼ阻害薬(リパスジル)の角膜内皮創傷治癒に対する影響.日本眼科学会雑誌 120(7): 503,2016.6.
奥村直毅,岡崎友吾,井上亮太,角谷和哉、中野新一郎,木下茂,小泉範子
   2016年6月
エイジングからみたFuchs角膜内皮ジストロフィ.眼科 Vol58,No6,2016.6.
奥村直毅,小泉範子
   2016年6月
CULTURING CELLS.Industrialising the process necessary to make cell injection therapy a reality.Eurotimes Stories Vol21 Issue4,2016.4.
奥村直毅
   2016年4月

講演・口頭発表等

 
角膜内皮疾患の最新トピックス. 第3回いわて角膜セミナー. 岩手, 2018.11.10.
奥村直毅
2018年11月10日   
Translational Research of Cultured Corneal Endothelial Cell Transplantation, 2018 TERMIS World Congress, Kyoto, Japan, 2018.9.7.
奥村直毅
2018年9月7日   
オープンイノベーションって何?. the 13th iseminar x forum. 東京, 2018.9.1.
奥村直毅
2018年9月1日   
近未来の角膜内皮障害治療. ROCK Conference 2018 in Osaka. 大阪, 2018.6.2.
奥村直毅
2018年6月2日   
角膜内皮治療の未来. 第20回大阪赤十字眼科フォーラム. 大阪, 2018.5.19.
奥村直毅
2018年5月19日   
The role of TCF4 in the pathophysiology of Fuchs endothelial corneal dystrophy. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2018, Honolulu, USA, 2018.5.2.(一般口演)
Sato M, Okumura N, Nakahara M, Sato T, Kitazawa K, U. Schlotzer-Schrehardt, F. E. Kruse, Koizumi N
2018年5月2日   
Feasibility of decellularized porcine corneal sheet implantation for a “stromal sandwich” for the treatment of keratoconus and keratectasia. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2018, Honolulu, USA, 2018.5.2.(ポスター)
Fukui Y, Okumura N, Matsumoto D, Shimada T, Teramoto M, Imai H, Kurosawa T, F Tseng, D Hsieh, Koizumi N
2018年5月2日   
Future therapy: cell-based therapy and drug treatment. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2018, Honolulu, USA, 2018.5.2.(一般口演)
奥村直毅
2018年5月2日   
Comparison of subfoveal choroidal thickness with the difference between right and left eye in POAG patients. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2018, Honolulu, USA, 2018.4.30.(ポスター)
Mengxue Zhou, Imai K, Mori K, Ikeda Y, Ueno M, Okumura N, Kinoshita S, Sotozono C, Koizumi N
2018年4月30日   
Establishment of a drug screening system for Fuchs endothelial corneal dystrophy. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2018, Honolulu, USA, 2018.4.30.(ポスター)
Oshima T, Okumura N, Onishi T, Ueda E, Watanabe K, T Tourtas, U Schlotzer-Schrehardt, F E Kruse, Koizumi N
2018年4月30日   
Association of rs613872 and trinucleotide repeat expansion in the TCF4 gene in Fuchs endothelial corneal dystrophy in Germany. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2018, Honolulu, USA, 2018.4.30.(ポスター)
Komori Y, Okumura N, Hayashi R, Nakano M, Tashiro K, Yoshii K, R Aleff, M Butz, E W Highsmith, E Wieben, M P Fautsch, K H Baratz, T Tourtas, U Schlotzer-Schrehardt, F E Kruse, Koizumi N
2018年4月30日   
Fuchs角膜内皮ジストロフィの治療薬開発を目指した薬剤スクリーニング法の確立. 第7回先端医工学研究センターシンポジウム,京都, 2018.3.10.
大嶋剛史、大西貴子、奥村直毅、上田江美、渡辺恭子、Theofilos Tourtas、Ursula Schlötzer-Schrehardt、Friedrich E. Kruse、小泉範子
2018年3月   
Fuchs角膜内皮ジストロフィにおけるmitochondria-associated ER membranesの病態への関与の可能性. 第7回先端医工学研究センターシンポジウム,京都, 2018.3.10.
奥田浩和、奥村直毅、松本紗季、Robert D. Young、Andrew J. Quantock、小泉範子
2018年3月   
Fuchs角膜内皮ジストロフィの病態におけるTCF4の役割の検討. 第7回先端医工学研究センターシンポジウム,京都, 2018.3.10.
佐藤正和、奥村直毅、中原マキ子、小泉範子
2018年3月   
フックス角膜内皮ジストロフィ患者角膜内皮におけるTCF4遺伝子のスプライシングバリアントの検討. 第7回先端医工学研究センターシンポジウム,京都, 2018.3.10.
松本紗季、奥村直毅、渡辺恭子、中野正和、Theofilos Tourtas、Friedrich E. Kruse、Ursula Schlötzer-Schrehardt、小泉範子
2018年3月   
フックス角膜内皮ジストロフィ患者角膜内皮におけるTCF4の発現量解析. 第7回先端医工学研究センターシンポジウム,京都, 2018.3.10.
小森裕也、奥村直毅、尾形佳祐、林良祐、中野正和、Theofilos Tourtas、Friedrich E. Kruse、Ursula Schlötzer-Schrehardt、小泉範子
2018年3月   
接触型角膜内皮スペキュラを用いた自動パノラマ画像作成ソフトウェアの開発. 第7回先端医工学研究センターシンポジウム,京都, 2018.3.10.
小林渓太郎、奥村直毅、日和悟、Tourtas Theofilos、Augustin Victor、Kruse Friedrich E.、小泉範子、廣安知之
2018年3月   
ブタ脱細胞化角膜シートのサンドイッチ移植法による角膜補強の有用性の検討. 第7回先端医工学研究センターシンポジウム,京都, 2018.3.10.
福井佑弥、奥村直毅、松本大輝、寺本真隆、今井博文、黒沢哲太、島田知輝、Fan-Wei Tseng、Dar-Jen Hsieh、小泉範子
2018年3月   
脱細胞化ブタ角膜実質シートの翼状片手術への有用性の検討. 第7回先端医工学研究センターシンポジウム,京都, 2018.3.10.
今井博文、奥村直毅、松本大輝、福井佑弥、寺本真隆、島田知輝、黒沢哲太、Tseng Fan-Wei、Hsieh Dar-Jen、森田有亮、小泉範子
2018年3月   
ヒト角膜内皮細胞の凍結保存の検討. 第7回先端医工学研究センターシンポジウム,京都, 2018.3.10.
角谷紗織、各務貴斗、奥村直毅、渡辺恭子、殿村茂仁、中原マキ子、小泉範子
2018年3月   
デスメ膜剥離を併用した培養角膜内皮細胞注入療法の有用性の検討. 第7回先端医工学研究センターシンポジウム,京都, 2018.3.10.
松本大輝、奥村直毅、福井佑弥、寺本真隆、今井博文、黒沢哲太、島田知輝、木下茂、小泉範子
2018年3月   
難治性角膜疾患の病態解明と治療薬の開発. 第7回同志社大学先端医工学研究センターシンポジウム, 京都, 2018.3.10.
奥村直毅
2018年3月   
Involvement of TCF4 in the pathophysiology of Fuchs endothelial corneal dystrophy. Gordon Research Conference(GRC), Ventura, USA, 2018.2.21.
Okumura N, Sato M, Nakahara M, Sato T, Kitazawa K, Schlötzer-Schrehardt U, Kruse F, Koizumi N
2018年2月   
接触型角膜内皮スペキュラを用いた自動パノラマ画像作成ソフトウェアの開発. 角膜カンファランス2018第42回日本角膜学会総会・第34回日本角膜移植学会,広島, 2018.2.15.
小林渓太郎、奥村直毅、日和悟、Tourtas Theofilos、Augustin Victor、Kruse Friedrich E.、小泉範子、廣安知之
2018年2月   
培養ヒト角膜内皮細胞の凍結保存の検討. 角膜カンファランス2018第42回日本角膜学会総会・第34回日本角膜移植学会,広島, 2018.2.15.
各務貴斗、奥村直毅、渡辺恭子、殿村茂仁、中原マキ子、小泉範子
2018年2月   
Fuchs角膜内皮ジストロフィの病態におけるTCF4の役割. 角膜カンファランス2018第42回日本角膜学会総会・第34回日本角膜移植学会,広島, 2018.2.15.
佐藤正和、奥村直毅、中原マキ子、小泉範子
2018年2月   
Fuchs角膜内皮ジストロフィ患者角膜内皮におけるTCF4の発現量解析. 角膜カンファランス2018第42回日本角膜学会総会・第34回日本角膜移植学会,広島, 2018.2.15.
林良祐、奥村直毅、上田江美、渡辺恭子、小森裕也、中野正和、Tourtas Theofilos、Kruse Friedrich E.、Schloetzer-Schrehardt Ursula、小泉範子
2018年2月   
ブタ脱細胞化角膜シートのサンドイッチ移植法による角膜補強の有用性の検討. 角膜カンファランス2018第42回日本角膜学会総会・第34回日本角膜移植学会,広島, 2018.2.15.
福井佑弥、奥村直毅、松本大輝、寺本真隆、今井博文、黒沢哲太、島田知輝、Tseng Fan-Wei、Hsieh Dar-Jen
2018年2月   
脱細胞化ブタ角膜実質シートの翼状片手術への有用性の検討. 角膜カンファランス2018第42回日本角膜学会総会・第34回日本角膜移植学会,広島, 2018.2.17.
寺本真隆、奥村直毅、松本大輝、福井佑弥、島田知輝、今井博文、黒沢哲太、Tseng Fan-Wei、Hsieh Dar-Jen、小泉範子
2018年2月   
デスメ膜剥離を併用した培養角膜内皮細胞注入療法の有用性の検討. 角膜カンファランス2018第42回日本角膜学会総会・第34回日本角膜移植学会,広島, 2018.2.16.
松本大輝、奥村直毅、福井佑弥、寺本真隆、今井博文、黒沢哲太、島田知輝、木下茂、小泉範子
2018年2月   
Fuchs角膜内皮ジストロフィ患者におけるTCF4遺伝子のスプライシングバリアントの検討. 角膜カンファランス2018第42回日本角膜学会総会・第34回日本角膜移植学会,広島, 2018.2.15.
松本紗季、奥村直毅、渡辺恭子、中野正和、Tourtas Theofilos、Kruse Friedrich E.、Schloetzer-Schrehardt Ursula、小泉範子
2018年2月   
Fuchs角膜内皮ジストロフィの治療薬開発を目指した薬剤スクリーニング法の確立. 角膜カンファランス2018第42回日本角膜学会総会・第34回日本角膜移植学会,広島, 2018.2.15.
大西貴子、奥村直毅、上田江美、渡辺恭子、Tourtas Theofilos、Schloetzer-Schrehardt Ursula、Kruse Friedrich E.、小泉範子
2018年2月   
Fuchs角膜内皮ジストロフィにおけるmitochondria-associated membranesの病態への関与. 角膜カンファランス2018第42回日本角膜学会総会・第34回日本角膜移植学会,広島, 2018.2.15.
奥田浩和、奥村直毅、松本紗季、Young Robert D.、Quantock Andrew J.、小泉範子
2018年2月   
角膜移植後の角膜内皮面における免疫細胞の存在が疑われる所見の検討. 角膜カンファランス2018第42回日本角膜学会総会・第34回日本角膜移植学会,広島, 2018.2.15.
奥村直毅、井上亮太、中野新一郎、松本大輝、粥川佳菜絵、北澤耕司、脇舛耕一、小泉範子、木下茂
2018年2月   
角膜内皮再生医療. 角膜カンファランス2018第42回日本角膜学会総会・第34回日本角膜移植学会,広島, 2018.2.15
奥村直毅
2018年2月   
再生医療、創薬の実例を通じて学ぼう!トランスレーショナルリサーチとは. 第71回日本臨床眼科学会, 東京, 2017.10.14.(インストラクションコース)
奥村直毅、大家義則、羽藤晋、平見恭彦、許斐健二
2017年10月   
角膜内皮再生医療. 第4回おおしま眼科クリニック 眼科勉強会. 大阪, 2017.7.29.
奥村直毅
2017年7月   
Involvement of p38 mitogen-activated protein kinase pathway in Fuchs endothelial corneal dystrophy. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2017, Baltimore, USA, 2017.5.10.(一般口演)
Onishi T, Okumura N, Hashimoto K, Koizumi N
2017年5月   
Wide-field contact specular microscopy analysis of corneal endothelium post trabeculectomy. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2017, Baltimore, USA, 2017.5.8.(ポスター)
Matsumoto D, Okumura N, Okazaki Y, Shimada T, Koizumi N, Sotozono C, Kinoshita S, Mori K
2017年5月   
Nectin-afadin and N-cadherin-catenin system is involved in the formation of adherens junctions in the corneal endothelium. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2017, Baltimore, USA, 2017.5.8.(ポスター)
Kagami T, Okumura N, Nakahara M, Koizumi N
2017年5月   
Expression level of the TCF4 gene in the corneal endothelium of Fuchs endothelial corneal dystrophy patients. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2017, Baltimore, USA, 2017.5.8.(ポスター)
Hayashi R, Okumura N, Ogata K, Nakano M, Tourtas T, Schlötzer-Schrehardt U, Kruse FE, Koizumi N
2017年5月   
Feasibility of caspase inhibitor to treat Fuchs endothelial corneal dystrophy. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2017, Baltimore, USA, 2017.5.8.(ポスター)
Endo M, Okumura N, Tourtas T, Schlötzer-Schrehardt U, Kruse FE, Koizumi N
2017年5月   
Activation of an intrinsic pathway by endoplasmic reticulum stress in corneal endothelial cells. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2017, Baltimore, USA, 2017.5.8.(ポスター)
Okuda H, Okumura N, Kitahara M, Hashimoto K, Koizumi N
2017年5月   
Feasibility of TGF-β inhibition for the treatment of Fuchs endothelial corneal dystrophy.The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2017, Baltimore, USA, 2017.5.8.(ポスター)
Okumura N, Hashimoto K, Okuda H, Ueda E, Tourtas T, Schlötzer-Schrehardt U, Kruse FE, Koizumi N
2017年5月   
The Long and Winding Road: From Novel Insights to Practical Application. 第121回日本眼科学会総会, 東京2017.4.7.
奥村直毅
2017年4月   
培養角膜内皮細胞の品質評価を目指した自動画像解析ソフトウェアの開発. 第16回日本再生医療学会総会,仙台, 2017.3.7.
石田直也、奥村直毅、本郷茜、日和悟、小泉範子、廣安知之
2017年3月   
p38 MAPキナーゼ阻害剤の角膜内皮の細胞老化への影響、第16回日本再生医療学会総会,仙台, 2017.3.7.
本郷茜、奥村直毅、中原マキ子、小泉範子
2017年3月   
全層角膜移植後のドナー角膜内皮における免疫細胞の存在の検討. 角膜カンファランス2017第41回日本角膜学会総会・第33回日本角膜移植学会,福岡, 2017.2.17.
島田知輝、奥村直毅、Elena Koudouna、井上亮太、岡崎友吾、木下茂、小泉範子
2017年2月   
線維柱帯切除術が角膜内皮密度に与える影響. 角膜カンファランス2017第41回日本角膜学会総会・第33回日本角膜移植学会,福岡, 2017.2.17.
松本大輝、奥村直毅、岡崎友吾、島田知輝、小泉範子、外園千恵、木下茂、森和彦
2017年2月   
角膜内皮における小胞体ストレス応答による細胞死. 角膜カンファランス2017第41回日本角膜学会総会・第33回日本角膜移植学会,福岡, 2017.2.17.
奥田浩和、奥村直毅、北原美優、橋本佳祐、小泉範子
2017年2月   
フックス角膜内皮ジストロフィ患者角膜内皮におけるTCF4遺伝子の発現量解析. 角膜カンファランス2017第41回日本角膜学会総会・第33回日本角膜移植学会,福岡, 2017.2.17.
林良祐、奥村直毅、尾形佳祐、中野正和、Theofilos Tourtas、Friedrich E. Kruse、Ursula Schlötzer-Schrehardt、小泉範子
2017年2月   
フックス角膜内皮ジストロフィにおける小胞体ストレスに対するTGF-βシグナルの影響. 角膜カンファランス2017第41回日本角膜学会総会・第33回日本角膜移植学会,福岡, 2017.2.17.
奥村直毅、上田江美、Theofilos Tourtas、Friedrich E. Kruse、Ursula Schlötzer-Schrehardt、小泉範子
2017年2月   
角膜内皮障害におけるカスパーゼ阻害剤の有効性の検討. 角膜カンファランス2017第41回日本角膜学会総会・第33回日本角膜移植学会,福岡, 2017.2.16.
遠藤眞子、奥村直毅、小泉範子
2017年2月   
Fuchs角膜内皮ジストロフィの小胞体ストレスにおけるp38 MAPK経路の関与. 角膜カンファランス2017第41回日本角膜学会総会・第33回日本角膜移植学会,福岡, 2017.2.16.
大西貴子、奥村直毅、橋本佳佑、小泉範子
2017年2月   
角膜内皮細胞のadherens junctionにおけるnectin-afadin系の関与. 角膜カンファランス2017第41回日本角膜学会総会・第33回日本角膜移植学会,福岡, 2017.2.16.
各務貴斗、奥村直毅、中原マキ子、小泉範子
2017年2月   
ヒト角膜内皮細胞培養におけるp38 MAPキナーゼ阻害剤の細胞老化抑制の検討. 角膜カンファランス2017第41回日本角膜学会総会・第33回日本角膜移植学会,福岡, 2017.2.16.
本郷茜、奥村直毅、中原マキ子、小泉範子
2017年2月   
水疱性角膜症治療の低侵襲化~過去10年間の進化とそして未来~. 第2回MIOSの会. 東京, 2017.1.28.
奥村直毅
2017年1月   
Sustained Activation of Unfolded Protein Response Induces Cell Death in Fuchs Endothelial Corneal Dystrophy. The 5th Biennial Scientific Meeting Asia Cornea Society (ACS 2016) , Seoul,Korea, 2016.12.9.
Okumura N
2016年12月   
再生医療ナナメヨミ. 第70回日本臨床眼科学会, 京都, 2016.11.4.
大家義則、奥村直毅、羽藤晋、平見恭彦
2016年11月   
角膜内皮疾患におけるトランスレーショナルリサーチ. 第18回横浜緑内障ミーティング. 横浜, 2016.10.7.
奥村直毅
2016年10月   
角膜内皮再生医療.第38回大阪眼科セミナー, 大阪, 2016.9.24.
奥村直毅
2016年9月   
Cell-based therapy for treating corneal endothelial dysfunction.The 11th Catholic International Stem Cell Symposium,Seoul,Korea,2015.9.10.
Okumura N
2016年9月   
Cell-based Therapy for Treating Corneal Endothelial Dysfunction. TERMIS-AP 2016 Annual Conference,Taipei,Taiwan,2016.9.5.
Okumura N
2016年9月   
Translational Research for Corneal Endothelial Disease.Lecture in Cardiff university,Wales,UK,2016.8.10.
奥村直毅
2016年8月   
ウサギ角膜移植モデルを用いたドナー角膜内皮における免疫細胞の存在の検討.第37回日本炎症・再生医学会, 京都, 2016.6.10.
131. 島田知輝,奥村直毅,Elena Koudouna,井上亮太,岡崎友吾,木下茂,小泉範子
2016年6月   
フックス角膜内皮ジストロフィにおけるp38 MAPK阻害剤のアポトーシス抑制効果の検討.第37回日本炎症・再生医学会, 京都, 2016.6.10.
大西貴子,奥村直毅,日下部綾香,北原美優,橋本佳祐,中原マキ子,上田江美,Ursula Schlötzer-Schrehardt,Friedrich E. Kruse,小泉範子
2016年6月   
再生医療で光を取り戻す、角膜再生医療の最前線.駿台予備学校 生命医科学特別講演会, 大阪, 2016.5.26.
奥村直毅
2016年5月   
The effect of p38 mitogen-activated protein kinase inhibitor on cell density and phenotype of cultivated human corneal endothelial cells.The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2016.Seattle,USA,2016.5.4.(ポスター)
Hongo A,Okumura N,Nakahara M,Koizumi N
2016年5月   
Effect of the rho-associated kinase inhibitor eye drop ripasudil on corneal endothelial wound healing in a rabbit corneal endothelial damage mode.The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2016.Seattle, USA, 2016.5.4.(ポスター)
Shimada T,Okumura N,Inoue R,Okazaki Y,Nakano S,Kinoshita S,Koizumi N
2016年5月   
p38 mitogen-activated protein kinase inhibitor suppresses apoptosis in a Fuchs endothelial corneal dystrophy cellular model.The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2016.Seattle,USA,2016.5.4.(ポスター)
Onishi T,Okumura N,Kusakabe A,Kitahara M,Hashimoto K,Nakahara M,Ueda E,Tourtas T,Schlötzer-Schrehardt U,Kruse F,Koizumi N
2016年5月   
Feasibility of cell preservation as a form of cell suspension for a cell-based therapy in a rabbit corneal endothelial dysfunction model.The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2016.Seattle,USA,2016.5.4.(ポスター)
Matsumoto D,Okumura N,Inoue R,Okazaki Y,Kinoshita S,Koizumi N
2016年5月   
Effect of rho-associated kinase inhibitor eye drop (ripasudil) on morphology of corneal endothelial cells in humans and rabbits.The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2016.Seattle,USA,2016.5.4.(ポスター)
Koizumi N,Okumura N,Okazaki Y,Inoue R,Nakano S,Suganami H,Fullwood N,Nakagawa H,Kinoshita S
2016年5月   
Trinucleotide repeat expansion and TCF4 gene expression in Fuchs endothelial corneal dystrophy.The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2016.Seattle,USA,2016.5.3.
Ogata K,Okumura N,Hayashi R,Nakahara M,Nakano M,Tashiro K,Kinoshita S,Schlötzer-Schrehardt U,Tourtas T,Kruse F,Koizumi N
2016年5月   
Unfolded protein accumulation induced endoplasmic reticulum stress of corneal endothelial cells in Fuchs endothelial corneal dystrophy.The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2016.Seattle,USA,2016.5.3.
Okumura N,Hashimoto K,Kitahara M,Nakahara M,Kinoshita S,Tourtas T,Schlötzer-Schrehardt U,Kruse F,Koizumi N
2016年5月   
Fuchs角膜内皮ジストロフィにおける変性タンパク質と小胞体ストレス応答.第120回日本眼科学会総会,仙台,2016.4.10.
奥村直毅,北原美優,橋本佳佑,Theofilos Tourtas,Ursula Schlötzer-Schrehardt,Friedrich E.Kruse,小泉範子
2016年4月   
Cultivaled Corneal Endothelial Cell Transplantation.The 31st Asia-Pacific Academy of Ophthalmology Congress (APAO 2016) Taipei,Taiwan,2016.3.24.
奥村直毅
2016年3月   
W/O/Wエマルション法による抗真菌薬徐放粒子の作製.第15回日本再生医療学会総会,大阪,2016.3.19.(ポスター)
堀場正寛,奥村直毅,小泉範子,田畑泰彦
2016年3月   
p38 MAPキナーゼ阻害剤のヒト角膜内皮細胞培養における有用性の検討.第15回日本再生医療学会総会,大阪,2016.3.17.
本郷茜,奥村直毅,中原マキ子,小泉範子
2016年3月   
薬物治療開発を目指したFuchs角膜内皮ジストロフィの病態解明.第3回同志社大学先端医工学研究センターシンポジウム,2016.3.4.
奥村直毅
2016年3月   
Fuchs角膜内皮ジストロフィ患者におけるTCF4遺伝子の発現解析.角膜カンファランス2016第40回日本角膜学会総会・第32回日本角膜移植学会,長野,2016.2.19.(ポスター)
尾形佳祐,奥村直毅,辻本勇気,中原マキ子,中野正和,田代啓,Ursula Schlötzer-Schrehardt,Theofilos Tourtas,Friedrich E.Kruse,小泉範子
2016年2月   
ヒト角結膜上皮細胞に対するラミニン511の細胞生物学的効果に関する検討. 角膜カンファランス2016第40回日本角膜学会総会・第32回日本角膜移植学会,長野,2016.2.18.(ポスター)
岩本美優,中村隆宏,永田真帆,村越友衣乃,奥村直毅,外園千恵,小泉範子,木下茂
2016年2月   
ウサギ角膜移植モデルにおけるドナー角膜内皮に対する炎症細胞浸潤. 角膜カンファランス2016第40回日本角膜学会総会・第32回日本角膜移植学会,長野,2016.2.18.
岡崎友吾,奥村直毅,Elena Koudouna,中野新一郎,井上亮太,木下茂,小泉範子
2016年2月   
Fuchs角膜内皮ジストロフィ患者の角膜内皮における変性タンパク質の凝集. 角膜カンファランス2016第40回日本角膜学会総会・第32回日本角膜移植学会,長野,2016.2.18.
橋本佳祐,奥村直毅,南山竜輝,木下茂,Theofilos Tourtas,Ursula Schlötzer-Schrehardt ,Friedrich E.Kruse,小泉範子
2016年2月   
Fuchs角膜内皮ジストロフィにおけるミトコンドリア障害の病的意義. 角膜カンファランス2016第40回日本角膜学会総会・第32回日本角膜移植学会,長野,2016.2.18.
北原美優,奥村直毅,Ursula Schlotzer-Schrehardt,Theofilos Tourtas,Friedrich E.Kruse,小泉範子
2016年2月   
p38 MAPキナーゼ阻害剤のヒト角膜内皮細胞培養における有用性の検討. 角膜カンファランス2016第40回日本角膜学会総会・第32回日本角膜移植学会,長野,2016.2.18.
本郷茜,奥村直毅,中原マキ子,木下茂,小泉範子
2016年2月   
培養角膜内皮細胞移植の治療効果に対する細胞密度の影響. 角膜カンファランス2016第40回日本角膜学会総会・第32回日本角膜移植学会,長野,2016.2.18.
日下部綾香,奥村直毅,平野浩惇,井上亮太,岡崎友吾,角谷和哉,木下茂,小泉範子
2016年2月   
培養角膜内皮細胞移植の実用化を目指した細胞注入液の開発. 角膜カンファランス2016第40回日本角膜学会総会・第32回日本角膜移植学会,長野,2016.2.18.
角谷和哉,奥村直毅,井上亮太,岡崎友吾,鬼柳由美子,伊藤丈洋,木下茂,小泉範子
2016年2月   
移植用培養角膜内皮細胞の冷蔵保存の試み. 角膜カンファランス2016第40回日本角膜学会総会・第32回日本角膜移植学会,長野,2016.2.18.
井上亮太,奥村直毅,岡崎友吾,木下茂,小泉範子
2016年2月   
Rhoキナーゼ阻害剤の角膜内皮細胞における細胞基質間接着の促進機序. 角膜カンファランス2016第40回日本角膜学会総会・第32回日本角膜移植学会,長野,2016.2.18.
藤井佳大,奥村直毅,各務貴斗,上野盛夫,木下茂,小泉範子
2016年2月   
角膜内皮障害モデルにおけるRipasudilの有用性の検討. 角膜カンファランス2016第40回日本角膜学会総会・第32回日本角膜移植学会,長野,2016.2.18.
奥村直毅,岡崎友吾,井上亮太,中野新一郎,木下茂,小泉範子
2016年2月   
培養角膜内皮細胞移植におけるラミニン511-E8フラグメントの有用性. 第36回日本バイオマテリアル学会大会, 京都, 2015.11.10.
角谷和哉,奥村直毅,井上亮太,岡崎友吾,野新一郎,小泉範子
2015年11月   
培養角膜内皮細胞移植における移植細胞の細胞老化が治療効果に与える影響.第37回日本バイオマテリアル学会大会,京都,2015.11.10.
奥村直毅,中野新一郎,日下部綾香,井上亮太,岡崎友吾,角谷和哉,木下 茂,小泉範子
2015年11月   
抗真菌薬徐放のためのPLGAマイクロ粒子の作製.第36回日本バイオマテリアル学会大会,京都,2015.11.9.(ポスター)
堀場正寛,奥村直毅,小泉範子,田畑泰彦
2015年11月   
培養角膜内皮細胞移植の臨床応用.第69回日本臨床眼科学会,名古屋,2015.10.22.
奥村直毅
2015年10月   
再生医療ナナメヨミ.第69回日本臨床眼科学会, 名古屋, 2015.10.22.
大家義則,奥村直毅,平見恭彦,羽藤晋
2015年10月   
Cell-based regenerative therapy for treating corneal endothelial dysfunction.第69回日本臨床眼科学会, 名古屋, 2015.10.22.
奥村直毅
2015年10月   
角膜内皮細胞の最新治療,培養角膜内皮細胞移植.第69回日本臨床眼科学会, 名古屋, 2015.10.22.
奥村直毅
2015年10月   
角膜内皮のトランスレーショナルリサーチ.第25回宮城眼科先進医療研究会.仙台,2015.10.7.
奥村直毅
2015年10月   
Endotheial Cell Transplantation and Regeneration.DOG congress 2015,Berlin,Germany,2015.10.4.
奥村直毅
2015年10月   
How to make cornea endothelial cells.6th EuCornea Congress,XXXIII Congress of the ESCRS,Barcelona Spain,2015.9.5.
奥村直毅
2015年9月