基本情報

所属
埼玉大学 教育学部 准教授
学位
修士(教育学)(2012年3月 埼玉大学)

研究者番号
50846326
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0003-0051-4610
J-GLOBAL ID
202001005961272830
researchmap会員ID
R000000331

外部リンク

千葉県野田市生まれ。獨協大学外国語学部英語学科を卒業後、埼玉県の公立中学校で英語科教諭として21年間奉職(臨時的任用2年、本採用19年)。

中学校教諭時代は、「一斉授業で習熟度別学習」、「コミュニケーションとしてのライティング指導」、「意味順指導」などに関心を持ち、取り組んだ指導実践を地域の教員サークルやウェブサイトで共有。2014年、文部科学大臣優秀教職員表彰。

公立中学校退職後、帝京大学教育学部講師、埼玉学園大学人間学部准教授を経て、2024年より現職。教育学部・大学院教育学研究科での教育・研究活動を担当し、英語科指導法などの教職課程の授業を中心に大学で教員養成にあたっている。

中学校在職中の2012年、埼玉県の大学院派遣教員として埼玉大学大学院教育学研究科修了。修士(教育学)。2023年に京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程を研究指導認定退学。現在の主な研究テーマは「教育英文法の深化に向けた名詞句習得研究」。研究と平行して、名詞句を効果的に学習できる教材や指導法の開発にも取り組んでいる。
 
主な共編著・分担執筆に A New Approach to English Pedagogical Grammar (Routledge)、『4達人が語る! 至極の英語授業づくり&活動アイデア』(明治図書出版)、『明日の授業に活かす「意味順」英語指導』(ひつじ書房)、『中学英文法「意味順」ドリル1・2』(テイエス企画)、『英語教師は楽しい―迷い始めたあなたのための教師の語り』(ひつじ書房)など。また2023・2024年度に月刊誌『英語教育』(大修館書店)にて連載コーナー担当中。


主要な経歴

  6

論文

  4

主要なMISC

  63

主要な書籍等出版物

  11

主要な講演・口頭発表等

  19

担当経験のある科目(授業)

  7

所属学協会

  3

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1

主要な社会貢献活動

  30