下田 武志

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/14 21:14
 
アバター
研究者氏名
下田 武志
 
シモダ タケシ
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
中央農業研究センター 虫・鳥獣害研究領域 生物的防除グループ
職名
上級研究員
学位
博士(学術)(千葉大学)

プロフィール

野菜や果樹の害虫であるハダニ類とそれらの天敵(捕食性昆虫類やカブリダニ類)の相互作用を解明し、害虫防除につなげる研究を行っています。また、天敵カブリダニ類を簡単・確実に放飼するための天敵放飼資材(バンカーシート)を開発し、野菜や花き、果樹で問題となるハダニ類、アザミウマ類、コナジラミ類の防除に役立てる研究も行っています。

研究分野

 
 

論文

 
Moisturized sheltered sachets are potentially useful for the efficient release of selected predators in a wide range of humidity environments
BIOCONTROL (accepted)      2018年12月   [査読有り]
Distribution and population structure of two phylogroups of the parasitoid Encarsia smithi (Hymenoptera: Aphelinidae) in tea fields infested with the invasive camellia spiny whitefly Aleurocanthus camelliae (Hemiptera: Aleyrodidae) in Shizuoka Prefecture,
Yara, Kaori Uesugi, Ryuji Shimoda, Takeshi Sato, Yasushi
APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY (DOI: 10.1007/s13355-018-0591-7)      2018年10月   [査読有り]
スワルスキーカブリダニの放飼に天敵増殖性「バンカーシート®」およびホソバヒメガマ花粉処理を組み合わせた場合のサヤインゲンのタバココナジラミに対する防除効果
松比良邦彦, 柿元一樹, 徳永太蔵, 尾松直志, 井上栄明, 下田武志, 日本典秀, 森光太郎, 中島哲男, 平岡正, 蛯原直人
九州病害虫研究会報   63 86-90   2017年12月   [査読有り]
Shimoda Takeshi, Kagawa Yoshitake, Mori Kotaro, Hinomoto Norihide, Hiraoka Tadashi, Nakajima Tetsuo
BIOCONTROL   62(4) 495-503   2017年8月   [査読有り]
カンキツ実生とミカントゲコナジラミ(カメムシ目:コナジラミ科)を用いたシルベストリコバチ(ハチ目:ツヤコバチ科)2系統の累代飼育法
屋良佳緒利, 下田武志, 佐藤安志
日本応用動物昆虫学会誌(短報)   61(2) 131-134   2017年5月   [査読有り]
雨よけハウスにおけるハダニ接種インゲン株を用いたケナガカブリダニ簡易増殖法
下田武志, 日本典秀
関東東山病害虫研究会報   63 118-121   2016年12月   [査読有り]
Shimoda Takeshi, Matsuo Kazunori, Yara Kaori, Hinomoto Norihide
APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY   51(2) 233-240   2016年5月   [査読有り]
Offering honey containing a selective insecticide as food for pests and parasitoids: another effective use
Uefune Masayoshi Nakashima Y, Takabayashi Junji, Urano Satoru, Kugimiya Soichiro, Shimoda Takeshi
JOURNAL OF APPLIED ENTOMOLOGY   140 796-800   2016年   [査読有り]
Shimoda Takeshi, Kobori Youichi, Yara Kaori, Hinomoto Norihide
BIOLOGICAL CONTROL   80 70-76   2015年1月   [査読有り]
天敵給餌装置から供給される餌がコナガの土着天敵寄生蜂コナガサムライコマユバチの生存・寄生能力に及ぼす影響
下田武志, 羽生和史, 手塚俊行, 後藤千枝, 戒能洋一
関東東山病害虫研究会報   61 141-144   2014年12月   [査読有り]
Shimoda Takeshi, Mitsunaga Takayuki, Uefune Masayoshi, Abe Junichiro, Kugimiya Soichi, Nagasaka Koukichi, Sano Kota, Urano Satoru, Suzuki Yoshito, Yano Eizi, Takabayashi Junji
BIOCONTROL   59(6) 681-688   2014年12月   [査読有り]
土着寄生蜂コナガサムライコマユバチの簡易捕獲法および遺伝子診断法
屋良佳緒利, 下田武志, 日本典秀, 長坂幸吉, 守屋成一
関東東山病害虫研究会報   60 131-134   2013年12月   [査読有り]
コナガ及び土着天敵寄生蜂コナガサムライコマユバチに対する薬剤の影響
菊地友佳里, 屋良佳緒利, Chanapat Kraikrathok, 下田武志
北日本病虫研報   64 182-185   2013年12月   [査読有り]
Brillada Carla, Nishihara Masahiro, Shimoda Takeshi, Garms Stefan, Boland Wilhelm, Maffei Massimo E., Arimura Gen-ichiro
NEW PHYTOLOGIST   200(4) 1200-1211   2013年12月   [査読有り]
Abe Hiroshi, Tateishi Ken, Seo Shigemi, Kugimiya Soichi, Hirai Masami Yokota, Sawada Yuji, Murata Yoshiyuki, Yara Kaori, Shimoda Takeshi, Kobayashi Masatomo
PLANT PHYSIOLOGY   163(3) 1242-1253   2013年11月   [査読有り]
Oku Keiko, Shimoda Takeshi
EXPERIMENTAL AND APPLIED ACAROLOGY   60(4) 445-449   2013年8月   [査読有り]
Nishihara Masahiro, Shimoda Takeshi, Nakatsuka Takashi, Arimura Gen-ichiro
PLANT METHODS   9    2013年6月   [査読有り]
Uefune Masayoshi, Kugimiya Soichi, Shimoda Takeshi, Takabayashi Junji
BIOCONTROL   58(2) 187-193   2013年4月   [査読有り]
Muroi Atsushi, Matsui Kenji, Shimoda Takeshi, Kihara Hirotomo, Ozawa Rika, Ishihara Atsushi, Nishihara Masahiro, Arimura Gen-ichiro
SCIENTIFIC REPORTS   2    2012年9月   [査読有り]
Mitsunaga Takayuki, Shimoda Takeshi, Mukawa Shigeyuki, Kobori Youichi, Goto Chie, Suzuki Yoshito, Yano Eizi
JARQ-JAPAN AGRICULTURAL RESEARCH QUARTERLY   46(2) 161-166   2012年4月   [査読有り]
Shimoda Takeshi, Nishihara Masahiro, Ozawa Rika, Takabayashi Junji, Arimura Gen-ichiro
NEW PHYTOLOGIST   193(4) 1009-1021   2012年3月   [査読有り]
Abe Hiroshi, Tomitaka Yasuhiro, Shimoda Takeshi, Seo Shigemi, Sakurai Tamito, Kugimiya Soichi, Tsuda Shinya, Kobayashi Masatomo
PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   53(1) 204-212   2012年1月   [査読有り]
Effects of insecticides on the foraging behaviour and survival of Cotesia vestalis, a larval parasitoid of the diamondback moth, Plutella xylostella
Kawazu Kei. Shimoda Takeshi Suzuki Yoshito
JOURNAL OF APPLIED ENTOMOLOGY   135(9) 647-657   2011年   [査読有り]
Shimoda Takeshi, Yara Kaori, Kawazu Kei
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS   6(2-3) 189-190   2011年   [査読有り]
Kugimiya Soichi, Shimoda Takeshi, Takabayashi Junji
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS   6(2-3) 187-188   2011年   [査読有り]
Kugimiya Soichi, Shimoda Takeshi, Mcneil Jeremy N., Takabayashi Junji
ECOLOGICAL ENTOMOLOGY   35(4) 538-541   2010年8月   [査読有り]
Kugimiya Soichi, Uefune Masayoshi, Shimoda Takeshi, Takabayashi Junji
APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY   45(3) 369-375   2010年8月   [査読有り]
Shimoda Takeshi, Kishimoto Hidenari, Takabayashi Junji, Amano Hiroshi, Dicke Marcel
BIOLOGICAL CONTROL   53(3) 273-279   2010年6月   [査読有り]
Kugimiya Soichi, Shimoda Takeshi, Wajnberg Eric, Uefune Masayoshi, Takabayashi Junji
ECOLOGICAL ENTOMOLOGY   35(3) 279-286   2010年6月   [査読有り]
Kugimiya Soichi, Shimoda Takeshi, Tabata Jun, Takabayashi Junji
JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY   36(6) 620-628   2010年6月   [査読有り]
Inhibitory effects of permethrin on flight responses, host-searching, and foraging behaviour of Cotesia vestalis (Hymenoptera: Braconidae), a larval parasitoid of Plutella xylostella (Lepidoptera: Plutellidae)
Kawazu Kei, Shimoda Takeshi, Kobori Yoichi, Kugimiya Soichi, Mukawa Sigeyuki, Suzuki Yoshito
JOURNAL OF APPLIED ENTOMOLOGY   134 313-322   2010年   [査読有り]
Abe Hiroshi, Shimoda Takeshi, Ohnishi Jun, Kugimiya Soichi, Narusaka Mari, Seo Shigemi, Narusaka Yoshihiro, Tsuda Shinya, Kobayashi Masatomo
BMC PLANT BIOLOGY   9    2009年7月   [査読有り]
Shimoda Takeshi, Kishimoto Hidenari, Takabayashi Junji, Amano Hiroshi, Dicke Marcel
EXPERIMENTAL AND APPLIED ACAROLOGY   47(2) 111-120   2009年2月   [査読有り]
Tatemoto Satoshi, Shimoda Takeshi
JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY   34(5) 605-613   2008年5月   [査読有り]
Maeda Taro, Liu Yining, Ishiwari Hayato, Shimoda Takeshi
ENTOMOLOGIA EXPERIMENTALIS ET APPLICATA   121(2) 167-175   2006年11月   [査読有り]
Mitsunaga Takayuki, Mukawa Shigeyuki, Shimoda Takeshi, Suzuki Yoshito
APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY   41(2) 277-285   2006年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
害虫の天敵を誘引する植物揮発性成分の探索と利用に向けて
釘宮聡一, 下田武志
昆虫と自然   2018年12月   
天敵利用によるハダニ防除の現状と今後の展望
下田 武志
果実日本   2018年10月   
新たな天敵増殖資材「バンカーシート」を用いた微小害虫防除技術の開発
下田 武志
JATAFFジャーナル   2018年6月   
ハダニの捕食者である天敵昆虫類の簡易捕獲法と簡易飼育法
下田 武志
植物防疫   2016年12月   
土着天敵コナガサムライコマユバチを畑で増やす
下田 武志
現代農業   2016年6月   
ニュージーランドにおける天敵利用について
下田 武志
植物防疫   2014年7月   
植物の香りと色の代謝工学が拓く新時代
有村現一路, 西原昌宏, 下田 武志
B&I バイオサイエンスとインダストリー   2014年5月   
植物ホルモンであるジャスモン酸によるミカンキイロアザミウマの忌避効果
安部洋, 小林正智, 大西純, 下田 武志, 津田新哉
植物防疫   2011年4月   
天敵シェルターを介した害虫と天敵の相互関係 −作物上におけるハダニとカブリダニの見えざる攻防−
下田 武志
農業技術   2011年3月   

競争的資金等の研究課題

 
害虫に対する植物の選択的防御機構の解明
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業・基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 安部 洋
捕食性天敵を誘引する花香成分の探索
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業・基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 釘宮 聡一
「見えない・飼えない」土着天敵を効率的につかまえ、ふやすには?
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業・基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 下田 武志
ハダニアザミウマ・ハダニタマバエ・ケシハネカクシ類・クロヒメテントウ類(以下、天敵昆虫)は、果樹園等に発生する害虫ハダニ類の有力な土着天敵であるが、微小な天敵昆虫を野外で見つけ、室内飼育を行うのは難しい。本研究では、新たな材料(ハダニ接種コマツナ)を用いた天敵トラップを開発した。また、本材料を用いた天敵飼育法を開発し、従来よりも効率的かつ簡単に飼育できることを示した。これらの手法を活用すれば、天敵昆虫の生態解明や害虫防除に向けた応用研究を加速させることが可能となる。
植物防御が関わる害虫の寄主決定メカニズムの解明
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業・基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 安部 洋
"いつでも天敵"~天敵増殖資材による施設園芸の総合的害虫防除体系の確立・実証~
農林水産省: 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 下田 武志
施設園芸作物ではハダニ類やアザミウマ類、コナジラミ類の被害が問題となる。これらの害虫は薬剤抵抗性を発達させやすく、農薬による防除は困難であるため、天敵のカブリダニ類を用いた防除も行われてきた。しかし、薬剤散布や環境変化の影響で天敵がうまく定着せず、効果が安定しないことが課題であった。そこで、環境変化から天敵を保護し、簡単・確実に放飼するための天敵放飼資材(バンカーシート)を商品化した。また、本資材を用いた施設野菜類(キュウリ・イチゴ等)や花卉(ダリア)での害虫防除技術を開発、普及させた。
アザミウマの行動制御を標的とした植物防御機構に関する研究
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業・基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 安部 洋
植物由来SOSシグナルの害虫忌避メカニズムに関する研究
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業・基盤研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 下田 武志
害虫の食害を受けた多くの植物は揮発性の情報化学物質(SOSシグナル)を放出し、天敵昆虫を誘引する。一方、我々は、コナガに食害されたアブラナ科植物のSOSシグナルがマメハモグリバエを忌避させる現象を発見し、SOSシグナル中の忌避成分を特定した。また、シロイヌナズナの変異株や遺伝子組み換え株を用い、本種の食害行動や産卵行動に及ぼす植物の食害防御応答の影響を調査した結果、ジャスモン酸が関与する防御応答を回避して食害や産卵を行う可能性が示された。
植物由来のSOSシグナルを介した生態免疫システムに及ぼす農薬の影響評価
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業・基盤研究(B)
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 下田 武志
農業生態系では害虫の被害を受けた植物由来のSOSシグナルに天敵が誘引される働きが農薬散布で阻害され、天敵による害虫密度抑制(生態免疫システム)が十分機能しない可能性がある。本研究は、農薬が天敵の害虫探索行動に及ぼす阻害効果について植物・害虫・天敵昆虫の3者系を用い検討した。その結果、各種の化学農薬(特に、天敵昆虫に対して長期間にわたり致死的な作用があるもの)を散布した植物では、農薬の忌避効果によって天敵が植物に誘引されず、天敵が植物上の害虫を攻撃できない場合があることを発見した。

特許

 
特許4533988 : 天敵昆虫を飼育するための給餌方法および給餌装置
高林純示・塩尻かおり・釘宮聡一・上船雅義・矢野栄二・下田武志,他
特許4524380 : 植物由来の天敵誘引成分
矢野栄二・下田武志・高林純示・釘宮聡一・上船雅義,他

その他

 
2018年3月   バンカーシート利用マニュアル2018年版(第二版)
利用マニュアル第1版の内容の追加改訂版。施設栽培のキュウリ・ナス・サヤインゲン・花卉(ダリア)(以上、スワルスキーカブリダニ剤によるアザミウマ類・コナジラミ類等の防除)およびイチゴ(ミヤコカブリダニ剤によるハダニ類の防除)におけるバンカーシート利用技術をマニュアルにまとめた(農食推進事業:26070Cの成果)。
2017年3月   バンカーシート利用マニュアル2017年版(第一版)
施設栽培のキュウリ・ナス・サヤインゲン(以上、スワルスキーカブリダニ剤によるアザミウマ類・コナジラミ類等の防除)およびイチゴ(ミヤコカブリダニ剤によるハダニ類の防除)におけるバンカーシート利用技術をマニュアルにまとめた(農食推進事業:26070Cの成果)