小野順貴

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/17 13:31
 
アバター
研究者氏名
小野順貴
 
オノノブタカ
eメール
ononotmu.ac.jp
URL
http://www.comp.sd.tmu.ac.jp/onolab/onono.html
所属
首都大学東京
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学)

プロフィール

2001年東京大学大学院工学系研究科計数工学専攻博士課程修了.博士(工学).同年4月より東京大学大学院情報理工学系研究科助手.2005年4月より,同大学大学院講師.2011年4月より国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系/総合研究大学員大学 複合科学研究科 准教授.2017年9月同教授.2017年10月首都大学東京教授.音響信号処理,マイクロフォンアレイ,音源分離,音源定位,音楽信号処理,音響信号符号化,音響電子透かし,これらのための最適化アルゴリズムなどの研究に従事.180以上の国際ジャーナル論文,査読付き会議論文の著者.ISMIR 2010でチュートリアル講演,EUSIPCO 2013, 2015で special session Chair.SiSEC (Signal Separation Evaluation Campaign) 2013, 2015の Chair.2012年より,IEEE Transactions on Audio, Speech and Language Processingの Associate Editor,2014年より IEEE Audio and Acoustic Signal Processing (AASP) Technical Commiteeメンバー.2015年より IEEE Signal Processing Society (SPS) Japan Chapter Secretary. IEEE Senior Memberのほか,日本音響学会,電子情報通信学会,情報処理学会,計測自動制御学会の会員.2000年日本音響学会佐藤論文賞,2004年電気学会センサ・マイクロマシンシンポジウム五十嵐賞,2007年日本音響学会粟屋学術奨励賞,2008年IEEE ISIE Best paper award,2013年計測自動制御学会計測部門論文賞,2014年IEEE IS3C Best paper award, 国際会議IIHMSP excellent paper award, 2015年SPIE.DSS Unsupervised Learning ICA Pioneer Award などを受賞.

研究分野

 
 

経歴

 
2017年10月
 - 
現在
首都大学東京 システムデザイン研究科 情報通信システム学域 教授
 
2017年9月
 - 
2017年9月
国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系 教授
 
2017年9月
 - 
2017年9月
総合研究大学院大学 複合科学系研究科 情報学専攻 教授
 
2011年4月
 - 
2017年8月
国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系 准教授
 
2011年4月
 - 
2017年8月
総合研究大学院大学 複合科学系研究科 情報学専攻 准教授
 
2005年4月
 - 
2010年3月
東京大学大学院 情報理工学系研究科 講師
 
2001年4月
 - 
2004年3月
東京大学大学院 情報理工学系研究科 助手
 

受賞

 
2015年4月
SPIE.DSS Unsupervised Learning ICA Pioneer Award
 
2014年8月
International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing (IIHMSP) Excellent Paper Award
 
2014年6月
IEEE International Symposium on Computer, Consumer and Control (IS3C) Best Paper Award
 
2013年9月
電子情報通信学会 情報ハイディング及びその評価基準委員会 第2回電子透かしコンテスト 音響部門 高品質かつ高耐性賞
 
2013年8月
計測自動制御学会 計測部門論文賞
 
2011年10月
IEEE Workshop on Applications of Signal Processing to Audio and Acoustics (WASPAA) Best Paper Nominee
 
2008年
IEEE International Symposium on Industrial Electronics (ISIE) Best Paper Award
 
2007年
日本音響学会 粟屋学術奨励賞
 
2004年
電気学会センサ・マイクロマシンシンポジウム 五十嵐賞
 
2003年
パターン計測シンポジウム 優秀論文賞
 
2002年
センシングフォーラム 研究・技術奨励賞
 
2002年
日本音響学会 佐藤論文賞
 
1997年
計測自動制御学会 学術奨励賞
 

論文

 
非同期アレーにおける伝達関数ゲイン基底非負値行列因子分解を用いた遠方音源抑圧
村瀬 慶和, 小野 順貴, 宮部 滋樹, 山田 武志, 牧野 昭二
日本音響学会論文誌 (掲載決定)      2017年   [査読有り]
Spatial Cepstrum as a Spatial Feature Using Distributed Microphone Array for Acoustic Scene Analysis
Keisuke Imoto and Nobutaka Ono
IEEE/ACM Trans. Audio, Speech and Language Processing      2017年   [査読有り]
Trung-Kien Le and Nobutaka Ono
IEEE Trans. Signal Processing   65(5) 1207-1221   2017年3月   [査読有り]
Cheng Yang, Gene Cheung, Vladimir Stankovic, Kevin Chan and Nobutaka Ono
IEEE Transactions on Multimedia      2017年   [査読有り]
Low-latency real-time blind source separation for hearing aids based on time-domain implementation of online independent vector analysis with truncation of non-causal components
Masahiro Sunohara, Chiho Haruta, and Nobutaka Ono
Proc. ICASSP      2017年3月   [査読有り]
Blind source separation based on independent low-rank matrix analysis with sparse regularization for time-series activity
Yoshiki Mitsui, Daichi Kitamura, Shinnosuke Takamichi, Nobutaka Ono, Hiroshi Saruwatari
Proc. ICASSP      2017年3月   [査読有り]
Low-Latency and High-Quality Two-Stage Human-Voice-Enhancement System for a Hose-Shaped Rescue Robot
Yoshiaki Bando, Hiroshi Saruwatari, Nobutaka Ono, Shoji Makino, Katustoshi Itoyama, Daichi Kitamura, Masaru Ishimura, Moe Takakusaki, Narumi Mae, Kouei Yamaoka, Yutaro Matsui, Yuichi Ambe, Masashi Konyo, Satoshi Tadokoro, Kazuyoshi Yoshii, and Hiroshi G. Okuno
Journal of Robotics and Mechatronics   29(1)    2017年2月   [査読有り]
教師信号を用いた非同期分散型マイクロホンアレーによる音源分離
坂梨 龍太郎, 小野 順貴, 宮部 滋樹, 山田 武志, 牧野 昭二
日本音響学会論文誌      2017年   [査読有り]
Self-Localization and Channel Synchronization of Smartphone Arrays Using Sound Emissions
Nobutaka Ono, Kazuaki Shibata and Hirokazu Kameoka
Proc. APSIPA      2016年12月   [査読有り]
Non-stationary Segment Detection Methods based on Single-basis Non-negative Matrix Factorization for Effective Annotation
Thanh Hien Duong, Nobutaka Ono, Yasutaka Nakajima and Toshiya Ohshima
Proc. APSIPA      2016年12月   [査読有り]
Evaluation of Singing Enthusiasm for Songs with Multiple Phrases
Pei-Pei Chen, Shyh-Kang Jeng, Jyh-Shing Roger Jang, and Nobutaka Ono
Proc. APSIPA      2016年12月   [査読有り]
Trung-Kien Le and Nobutaka Ono
IEEE Trans. Signal Processing   64(18) 4751-4766   2016年9月   [査読有り]
Daichi Kitamura, Nobutaka Ono, Hiroshi Sawada, Hirokazu Kameoka and Hiroshi Saruwatari
IEEE/ACM Trans. Audio, Speech and Language Processing   24(9) 1626-1641   2016年9月   [査読有り]
Efficient Initialization for Nonnegative Matrix Factorization Based on Nonnegative Independent Component Analysis
Daichi Kitamura and Nobutaka Ono
Proc. IWAENC      2016年9月   [査読有り]
Discriminative and Reconstructive Basis Training for Audio Source Separation with Semi-supervised Nonnegative Matrix Factorization
Daichi Kitamura, Nobutaka Ono, Hiroshi Saruwatari, Yu Takahashi, Kazunobu Kondo
Proc. IWAENC      2016年9月   [査読有り]
Robust TDOA-Based Joint Source And Microphone Localization in a Reverberant Environment Using Medians of Acceptable Recovered TOAs
Trung-Kien Le and Nobutaka Ono
Proc. IWAENC      2016年9月   [査読有り]
Noise Reduction Using Independent Vector Analysis and Noise Cancellation for a Hose-Shaped Rescue Robot
Masaru Ishimura, Shoji Makino, Takeshi Yamada, Nobutaka Ono and Hiroshi Saruwatari
Proc. IWAENC      2016年9月   [査読有り]
Ego-Noise Reduction for a Hose-Shaped Rescue Robot Using Determined Rank-1 Multichannel Nonnegative Matrix Factorization
Moe Takakusaki, Daichi Kitamura, Nobutaka Ono, Takeshi Yamada, Shoji Makino, Hiroshi Saruwatari
Proc. IWAENC      2016年9月   [査読有り]
A Computationally Cheaper Method for Blind Speech Separation Based on AuxIVA and Incomplete Demixing Transform
Jakub Jansky, Zbynek Koldovsky and Nobutaka Ono
Proc. IWAENC      2016年9月   [査読有り]
Yasuhiro Hamada, Nobutaka Ono and Shigeki Sagayama
Proc. SSW   28-32   2016年9月   [査読有り]
Hiroshi Saruwatari, Kazuma Takata, Nobutaka Ono and Shoji Makino
Proc. ICA      2016年9月   [査読有り][招待有り]
Automatic Discrimination of Soft Voice Onset Using Acoustic Features of Breathy Voicing
Keiko Ochi, Koichi Mori, Naomi Sakai and Nobutaka Ono
Proc. INTERSPEECH   267-271   2016年9月   [査読有り]
Closed-form solution for TDOA-based joint source and sensor localization in two-dimensional space
Trung-Kien Le and Nobutaka Ono
Proc. EUSIPCO   1373-1377   2016年9月   [査読有り]
Frequency-domain Blind Speech Separation Using Incomplete De-mixing Transform
Zbynek Koldovsky, Francesco Nesta, Petr Tichavsky and Nobutaka Ono
Proc. EUSIPCO   1663-1667   2016年9月   [査読有り]
Multi-talker Speech Recognition Based on Blind Source Separation with Ad hoc Microphone Array Using Smartphones and Cloud Storage
Keiko Ochi, Nobutaka Ono, Shigeki Miyabe and Shoji Makino
Proc. INTERSPEECH   3369-3373   2016年9月   [査読有り]
Music Signal Separation Using Supervised NMF with All-Pole-Model-Based Discriminative Basis Deformation
Hiroaki Nakajima, Daichi Kitamura, Norihiro Takamune, Shoichi Koyama, Hiroshi Saruwatari, Nobutaka Ono, Yu Takahashi and Kazunobu Kondo
Proc. EUSIPCO   1143-1147   2016年9月   [査読有り]
Online acoustic scene analysis based on nonparametric bayesian model
Keisuke Imoto and Nobutaka Ono
Proc. EUSIPCO   988-992   2016年9月   [査読有り]
千葉 大将, 小野 順貴, 宮部 滋樹, 高橋 祐, 山田 武志, 牧野 昭二
日本音響学会論文誌   72(8) 462-470   2016年8月   [査読有り]
DNN-based Environmental Sound Recognition with Real-recorded and Artificially-mixed Training Data
Yasutaka Nakajima, Masahiro Sunohara, Taisuke Naito, Norihito Sunago, Toshiya Ohshima and Nobutaka Ono
Proc Internoise   3164-3173   2016年8月   [査読有り]
井本 桂右, 大石 康智, 植松 尚, 大室 仲, 小野 順貴
日本音響学会論文誌   72(6) 293-305   2016年6月   [査読有り]
Voice Liveness Detection for Speaker Verification Based on a Tandem Single/Double-channel Pop Noise Detector
Sayaka Shiota, Fernando Villavicencio, Junichi Yamagishi, Nobutaka Ono, Isao Echizen and Tomoko Matsui
Proc. Odyssey   259-263   2016年6月   [査読有り]
Hideyuki Tachibana, Yu Mizuno, Nobutaka Ono and Shigeki Sagayama
Journal of Information Processing   24(3) 470-482   2016年5月   [査読有り]
Experimental Validation of TOA-based Methods for Microphones Array
Trung-Kien Le, Nobutaka Ono, Thibault Nowakowski, Laurent Daudet and Julien De Rosny
Proc. ICASSP   3216-3220   2016年3月   [査読有り]
Vehicle Counting and Lane Estimation with Ad-hoc Microphone Array in Real Road Environments
Takuya Toyoda, Nobutaka Ono, Shigeki Miyabe, Takeshi Yamada and Shoji Makino
Proc. NCSP   622-625   2016年3月   [査読有り]
Hiroki Katahira, Nobutaka Ono, Shigeki Miyabe, Takeshi Yamada and Shoji Makino
EURASIP Journal on Advances in Signal Processing      2016年1月   [査読有り]
Diffuse noise suppression with asynchronous microphone array based on amplitude additivity model
Yoshikazu Murase, Hironobu Chiba, Nobutaka Ono, Shigeki Miyabe, Takeshi Yamada and Shoji Makino
Proc. APSIPA   599-603   2015年12月   [査読有り]
Autoregressive hidden semi-Markov model of symbolic music performance for score following
Eita Nakamura, Philippe Cuvillier, Arshia Cont, Nobutaka Ono and Shigeki Sagayama
Proc. ISMIR   392-398   2015年10月   [査読有り]
A Stochastic Temporal Model of Polyphonic MIDI Performance with Ornaments
Eita Nakamura, Nobutaka Ono, Shigeki Sagayama and Kenji Watanabe
Journal of New Music Research   44(4) 287-304   2015年9月   [査読有り]
Relaxation of Rank-1 Spatial Constraint in Overdetermined Blind Source Separation
Daichi Kitamura, Nobutaka Ono, Hiroshi Sawada, Hirokazu Kameoka and Hiroshi Saruwatari
Proc. EUSIPCO      2015年9月   [査読有り]
Spatial-Feature-Based Acoustic Scene Analysis Using Distributed Microphone Array
Keisuke Imoto and Nobutaka Ono
Proc. EUSIPCO      2015年9月   [査読有り]
Estimating Correlation Coefficient Between Two Complex Signals Without Phase Observation
Shigeki Miyabe, Nobutaka Ono and Shoji Makino
Proc. LVA/ICA      2015年8月   [査読有り]
The 2015 Signal Separation Evaluation Campaign
Nobutaka Ono, Zafar Rafii, Daichi Kitamura, Nobutaka Ito and Antoine Liutkus
Proc. LVA/ICA      2015年8月   [査読有り]
Voice liveness detection algorithms based on pop noise caused by human breath for automatic speaker verification
Sayaka Shiota, Fernando Villavicencio, Junichi Yamagishi, Nobutaka Ono, Isao Echizen and Tomoko Matsui
Proc. INTERSPEECH      2015年8月   [査読有り]
Blind Suppression of Nonstationary Diffuse Acoustic Noise Based on Spatial Covariance Matrix Decomposition
Nobutaka Ito, Emmanuel Vincent, Tomohiro Nakatani, Nobutaka Ono, Shoko Araki, Shigeki Sagayama
Journal of Signal Processing Systems   79(2) 145-157   2015年5月   [査読有り]
Acoustic Scene Analysis From Acoustic Event Sequence With Intermittent Missing Event
Keisuke Imoto and Nobutaka Ono
Proc. ICASSP   156-160   2015年4月   [査読有り]
Designing Multichannel Source Separation Based on Single-Channel Source Separation
Ana Ramirez Lopez, Nobutaka Ono, Ulpu Remes, Kalle Palomaki and Mikko Kurimo
Proc. ICASSP   469-473   2015年4月   [査読有り]
Efficient Multichannel Nonnegative Matrix Factorization Exploiting Rank-1 Spatial Model
Daichi Kitamura, Nobutaka Ono, Hiroshi Sawada, Hirokazu Kameoka and Hiroshi Saruwatari
Proc. ICASSP   276-280   2015年4月   [査読有り]
Fast DNN Training Based on Auxiliary Function Technique
Dung Tran, Nobutaka Ono and Emmanuel Vincent
Proc. ICASSP   2160-2164   2015年4月   [査読有り]
Reference-Distance Estimation Approach for TDOA-based Source and Sensor Localization
Trung-Kien Le and Nobutaka Ono
Proc. ICASSP   2549-2553   2015年4月   [査読有り]
Shigeki Miyabe, Nobutaka Ono and Shoji Makino
Elsevier Signal Processing   107 185-196   2015年2月   [査読有り]
Harmonic/Percussive Sound Separation based on Anisotropic Smoothness of Spectrograms
Hideyuki Tachibana, Hirokazu Kameoka, Nobutaka Ono and Shigeki Sagayama
IEEE/ACM Trans. Audio, Speech and Language Processing   22(12) 2059-2073   2014年12月   [査読有り]
Automatic Music Accompaniment Allowing Errors and Arbitrary Repeats and Jumps
Shigeki Sagayama, Tomohiko Nakamura, Eita Nakamura, Yasuyuki Saito, Hirokazu Kameoka and Nobutaka Ono
Proc. Meetings on Acoustics (POMA)   21(35003)    2014年12月   [査読有り]
Design of FPGA-Based Rapid Prototype Spectral Subtraction for Hands-free Speech Applications
Sarayut Amornwongpeeti, Nobutaka Ono and Mongkol Ekpanyapong
Proc. APSIPA      2014年12月   [査読有り]
On Microphone Arrangement for Multichannel Speech Enhancement Based on Nonnegative Matrix Factorization in Time-Channel Domain
Yoshikazu Murase, Hironobu Chiba, Nobutaka Ono, Shigeki Miyabe, Takeshi Yamada and Shoji Makino
Proc. APSIPA      2014年12月   [査読有り]
Merged-Output HMM for Piano Fingering and Arrangement toward Automatic Piano Reduction
Eita Nakamura, Nobutaka Ono and Shigeki Sagayama
Proc. ISMIR   531-536   2014年10月   [査読有り]
Amplitude-Based Speech Enhancement with Nonnegative Matrix Factorization for Asynchronous Distributed Recording
Hironobu Chiba, Nobutaka Ono, Shigeki Miyabe, Yu Takahashi, Takeshi Yamada and Shoji Makino
Proc. IWAENC   204-208   2014年9月   [査読有り]
Generalized Amplitude Interpolation by Beta-Divergence for Virtual Microphone Array
Hiroki Katahira, Nobutaka Ono, Shigeki Miyabe, Takeshi Yamada and Shoji Makino
Proc. IWAENC   150-154   2014年9月   [査読有り]
Merged-Output Hidden Markov Model for Score Following of MIDI Performance with Ornaments, Desynchronized Voices, Repeats and Skips
Eita Nakamura, Yasuyuki Saito, Nobutaka Ono and Shigeki Sagayama
Proc. ICMC/SMC   1185-1192   2014年9月   [査読有り]
Numerical Formulae for TOA-based Microphone and Source Localization
Trung-Kien Le and Nobutaka Ono
Proc. IWAENC   179-183   2014年9月   [査読有り]
Traffic Monitoring with Ad-Hoc Microphone Array
Toyoda Takuya, Nobutaka Ono, Shigeki Miyabe, Takeshi Yamada and Shoji Makino
Proc. IWAENC   319-323   2014年9月   [査読有り]
Robust Audio Information Hiding Based on Stereo Phase Difference in Time-frequency Domain
Nobutaka Ono
Proc. IIHMSP   260-263   2014年8月   [査読有り]
Robust Sensing of Approaching Vehicles Relying on Acoustic Cue
Mitsunori Mizumachi, Atsunobu Kaminuma, Nobutaka Ono and Shigeru Ando
Proc. IS3C      2014年6月   [査読有り]
Robust Sensing of Approaching Vehicles Relying on Acoustic Cues
Mitsunori Mizumachi, Atsunobu Kaminuma, Nobutaka Ono and Shigeru Ando
Sensors   14(6) 9546-9561   2014年5月   [査読有り]
An auxiliary-function approach to online independent vector analysis for real-time blind source separation
Toru Taniguchi, Nobutaka Ono, Akinori Kawamura, and Shigeki Sagayama
Proc. HSCMA   107-111   2014年5月   [査読有り]
Outer-Product Type Hidden Markov Model and Polyphonic MIDI Score Following
Eita Nakamura, Tomohiko Nakamura, Yasuyuki Saito, Nobutaka Ono and Shigeki Sagayama
Journal of New Music Research   43(2) 183-201   2014年2月   [査読有り]
Singing Voice Enhancement in Monaural Music Signals Based on Two-stage Harmonic/Percussive Sound Separation on Multiple Resolution Spectrograms
Hideyuki Tachibana, Nobutaka Ono and Shigeki Sagayama
IEEE/ACM Trans. Audio, Speech and Language Processing   22(1) 228-237   2014年1月   [査読有り]
Bayesian Nonparametric Approach to Blind Separation of Infinitely Many Sparse Sources
Hirokazu Kameoka, Misa Sato, Takuma Ono, Nobutaka Ono and Shigeki Sagayama
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics   E96-A(10) 1928-1937   2013年10月   [査読有り]
Microphone Multiplexing with Diffuse Noise Model-based Principal Component Analysis
Sonia Badar, Nobuataka Ono and Laurent Daudet
Proc. WASPAA      2013年10月   [査読有り]
Optimizing Frame Analysis with Non-Integer Shift for Sampling Mismatch Compensation of Long Recording
Shigeki Miyabe, Nobutaka Ono and Shoji Makino
Proc. WASPAA      2013年10月   [査読有り]
Reversible Audio Aatermarking Based on Integer DCT Coefficients with Adaptive Hiding Locations
Xuping Huang, Nobutaka Ono, Isao Echizen and Akira Nishimura
Proc. IWDW      2013年10月   [査読有り]
Speech Enhancement with Ad-hoc Microphone Array Using Single Source Activity
Ryutaro Sakanashi, Nobutaka Ono, Shigeki Miyabe, Takeshi Yamada and Shoji Makino
Proc. APSIPA      2013年10月   [査読有り]
Blind Source Separation on iPhone in Real Environment
Nobutaka Ono
Proc. EUSIPCO      2013年9月   [査読有り]
Efficient Algorithms For Estimating Spectrogram and Transfer Functions of Target Signal for Blind Suppression of Diffuse Noise
Nobutaka Ito, Emmanuel Vincent, Nobutaka Ono and Shigeki Sagayama
Proc. MLSP      2013年9月   [査読有り]
The 2013 Signal Separation Evaluation Campaign
Nobutaka Ono, Zbynek Koldovsky, Shigeki Miyabe and Nobutaka Ito
Proc. MLSP      2013年9月   [査読有り]
Virtually Increasing Microphone Array Elements by Interpolation in Complex-logarithmic Domain
Hiroki Katahira, Nobutaka Ono, Shigeki Miyabe, Takeshi Yamada and Shoji Makino
Proc. EUSIPCO      2013年9月   [査読有り]
深山 覚, 中妻 啓, 酒向 慎司, 西本 卓也, 小野 順貴, 嵯峨山 茂樹
情報処理学会論文誌   54(5) 1709-1720   2013年5月   [査読有り]
Blind Compensation of Inter-channel Sampling Frequency Mismatch with Maximum Likelihood Estimation in STFT Domain
Shigeki Miyabe, Nobutaka Ono and Shoji Makino
Proc. ICASSP   674-678   2013年5月   [査読有り]
Auxiliary-function-based Independent Vector Analysis with Power of Vector-norm Type Weighting Functions
Nobutaka Ono
Proc. APSIPA      2012年12月   [査読有り][招待有り]
効率的なパラメータ共有を用いた環境依存HMMによるオフライン手書き単語認識
浜村 倫行,入江 文平,西本 卓也, 小野 順貴, 嵯峨山 茂樹
電子情報通信学会論文誌   J95-D(11) 1962-1972   2012年11月   [査読有り]
Variable-Length Coding of ACELP Gain Using Entropy-Constrained VQ
Takayoshi Oshima, Yutaka Kamamoto, Takehiro Moriya, Nobutaka Ono and Shigeki Sagayama
Proc. ISCIT   110-114   2012年10月   [査読有り]
Fast Stereo Independent Vector Analysis and its Implementation on Mobile Phone
Nobutaka Ono
Proc. IWAENC      2012年9月   [査読有り]
Blind Separation of Infinitely Many Sparse Sources
Hirokazu Kameoka, Misa Sato, Takuma Ono, Nobutaka Ono and Shigeki Sagayama
Proc. IWAENC      2012年9月   [査読有り]
Sho Sato, Nobutaka Ono, Yutaka Kamamoto and Shigeki Sagayama
Proc. DAFx      2012年9月   [査読有り]
栗原 徹, 小野 順貴, 安藤 繁
計測自動制御学会論文集   48(8) 505-513   2012年8月   [査読有り]
A Tandem Connectionist Model Using Combination of Multi-scale Spectro-temporal Features for Acoustic Event Detection
Miquel Espi, Masakiyo Fujimoto, Daisuke Saito, Nobutaka Ono, and Shigeki Sagayama
Proc. ICASSP   4293-4296   2012年3月   [査読有り]
Comparative Evaluations of Various Harmonic/percussive Sound Separation algorithms based on anisotropic continuity of spectrogram
Hideyuki Tachibana, Hirokazu Kameoka, Nobutaka Ono, and Shigeki Sagayama
Proc. ICASSP   465-468   2012年3月   [査読有り]
User-guided Independent Vector Analysis with Source Activity Tuning
Takuma Ono, Nobutaka Ono, and Shigeki Sagayama
Proc. ICASSP   2417-2420   2012年3月   [査読有り]
Polyphonic pitch estimation and instrument identification by joint modeling of sustained and attack sounds
Jun Wu, Emmanuel Vincent, Stanislaw Andrzej Raczynski, Takuya Nishimoto, Nobutaka Ono, and Shigeki Sagayama
IEEE Journal of Selected Topics in Signal Processing   5(6) 1124-1132   2011年10月   [査読有り]
Bayesian Nonpametric Spectrogram Mdeling Bsed on Infinite Factorial Infinite Hidden Markov Model
Masahiro Nakano, Jonathan Le Roux, Hirokazu Kameoka, Tomohiko Nakamura, Nobutaka Ono, and Shigeki Sagayama
Proc. WASPAA   325-328   2011年10月   [査読有り]
楽譜情報からの作曲家らしさ認識のための音楽特徴量の提案
長谷川 隆, 西本 卓也, 小野 順貴, 嵯峨山 茂樹
情報処理学会論文誌   53(3) 1204-1215   2012年3月   [査読有り]
Stable and Fast Update Rules for Independent Vector Analysis Based on Auxiliary Function Technique
Nobutaka Ono
Proc. WASPAA   189-192   2011年10月   [査読有り]
Diffuse Noise Suppression Using Crystal-shaped Microphone Arrays
Nobutaka Ito, Hikaru Shimizu, Nobutaka Ono, and Shigeki Sagayama
IEEE Trans. on Audio, Speech and Language Processing   19(7) 2101-2110   2011年9月   [査読有り]
楽譜情報からの作曲家らしさ認識のための音楽特徴量の提案
長谷川 隆, 西本 卓也, 小野 順貴, 嵯峨山 茂樹
情報処理学会論文誌   53(3) 1204-1215   2012年3月   [査読有り]
Concurrent Optimization of Context Clustering and GMM for Offline Handwritten Word Recognition Using HMM
Tomoyuki Hamamura, Bunpei Irie, Takuya Nishimoto, Nobutaka Ono, and Shigeki Sagayama
Proc. ICDAR   523-527   2011年9月   [査読有り]
Using Spectral Fluctuation of Speech in Multi-feature HMM-based Voice Activity Detection
Miquel Espi, Shigeki Miyabe, Takuya Nishimoto, Nobutaka Ono, and Shigeki Sagayama
Proc. INTERSPEECH   2613-2616   2011年8月   [査読有り]
Beyond Timbral Statistics: Improving Music Classification Using Percussive Patterns and Bass Lines
Emiru Tsunoo, George Tzanetakis, Nobutaka Ono, and Shigeki Sagayama
IEEE Trans. on Audio, Speech and Language Processing   19(4) 1003-1014   2011年5月   [査読有り]
Jonathan Le Roux, Hirokazu Kameoka, Nobutaka Ono, Alain de Cheveigne, and Shigeki Sagayama
Speech Communication   53(5) 658-676   2011年5月   [査読有り]
Automatic Video Annotation Via Hierarchical Topic Trajectory Model Considering Cross-Modal Correlations
Takuho Nakano, Akisato Kimura, Hirokazu Kameoka, Shigeki Miyabe, Shigeki Sagayama, Nobutaka Ono, Kunio Kashino, and Takuya Nishimoto
Proc. ICASSP   2380-2383   2011年5月   [査読有り]
Infinite-state Spectrum Model for Music Signal Analysis
Masahiro Nakano, Jonathan Le Roux, Hirokazu Kameoka, Nobutaka Ono, and Shigeki Sagayama
Proc. ICASSP   1972-1975   2011年5月   [査読有り]
Multichannel Harmonic and Percussive Component Separation by Joint Modeling of Spatial and Spectral Continuity
Ngoc Q. K. Duong, Hideyuki Tachibana, Emmanuel Vincent, Nobutaka Ono, Remi Gribonval, and Shigeki Sagayama
Proc. ICASSP   205-208   2011年5月   [査読有り]

Misc

 
半教師あり非負値行列因子分解における音源分離性能向上のための効果的な基底学習法
北村 大地, 小野 順貴, 猿渡 洋, 高橋 祐, 近藤 多伸
信学技報   115(521) 355-360   2016年3月
音素情報を考慮した話者照合のための声の生体検知の検討
塩田 さやか, Fernando Villavicencio, 山岸 順一, 小野 順貴, 越前 功, 松井 知子, 貴家 仁志
信学技報   115(523) 347-351   2016年3月
独立ベクトル分析とノイズキャンセラを用いた柔軟索状ロボットにおける雑音抑圧
石村 大, 牧野 昭二, 山田 武志, 小野 順貴, 猿渡 洋
電子情報通信学会総合大会講演予稿集   58-58   2016年3月
ランク1空間モデル制約付き多チャネルNMFを用いた雑音抑圧の柔軟索状ロボットへの適用
高草木 萌, 北村 大地, 小野 順貴, 山田 武志, 牧野 昭二, 猿渡 洋
電子情報通信学会総合大会講演予稿集   57-57   2016年3月
独立性基準を用いた非負値行列因子分解の効果的な初期値決定法
北村 大地, 小野 順貴
日本音響学会春季研究発表会講演論文集   619-622   2016年3月
非同期分散マイクロホンによるブラインド音源分離を用いた複数話者同時音声認識
越智 景子, 小野 順貴, 宮部 滋樹, 牧野 昭二
日本音響学会春季研究発表会講演論文集   607-608   2016年3月
ステレオ/モノラルポップノイズ検出法の縦列接続による話者照合のための声の生体検知
塩田 さやか, Villavicencio Fernando, 山岸 順一, 小野 順貴, 越前 功, 松井 知子
日本音響学会春季研究発表会講演論文集   17-20   2016年3月
振幅のみからの相関推定と雑音尖度に基づく空間サブトラクションアレーの減算係数最適化
李 傑, 宮部 滋樹, 小野 順貴, 山田 武志, 牧野 昭二
日本音響学会春季研究発表会講演論文集   689-692   2016年3月
ランク1空間モデル付き多チャネルNMFを用いた雑音抑圧の柔軟索状ロボットへの適用
高田 一真, 北村 大地, 中嶋 広明, 小山 翔一, 猿渡 洋, 小野 順貴, 牧野 昭二
日本音響学会春季研究発表会講演論文集   609-612   2016年3月
時変な全極モデルを用いた基底変形型教師ありNMFによる音楽信号分離
中嶋 広明, 北村 大地, 高宗 典玄, 小山 翔一, 猿渡 洋, 小野 順貴, 高橋 祐, 近藤 多伸
日本音響学会春季研究発表会講演論文集   635-638   2016年3月

書籍等出版物

 
Harmonic and Percussive Sound Separation and its Application to MIR-related Tasks, Advances in Music Information Retrieval
Nobutaka Ono, Kenichi Miyamoto, Hirokazu Kameoka, Jonathan Le Roux, Yuuki Uchiyama, Emiru Tsunoo, Takuya Nishimoto and Shigeki Sagayama
Springer   2010年2月   
Crystal-like Symmetric Sensor Arrangements for Blind Decorrelation of Isotropic Wavefield, Signal Processing
Nobutaka Ono and Shigeki Sagayama
INTECH   2010年2月   
超五感センサの開発最前線
安藤 繁, 小野 順貴 (担当:分担執筆)
NTS   2005年   

講演・口頭発表等

 
Development of Array Signal Processing to Asynchronous Distributed Channels
Nobutaka Ono
Seminar at Prof. Gael Richard's lab in Telecom ParisTech   2017年2月24日   
音を聞き分ける信号処理技術
小野順貴
JST新技術説明会   2016年11月17日   
[招待講演] アレイ信号処理の非同期分散チャンネルへの展開 [招待有り]
小野順貴
音声研究会   2016年8月24日   
単一チャンネル・マルチチャンネルでの音源分離とその応用 [招待有り]
小野順貴
リオン株式会社 講演会   2016年4月15日   
補助関数法に基づくブラインド音源分離の高速化とその展開 [招待有り]
小野順貴
SIPインフラ維持管理・更新・マネジメント技術 音響解析会議   2016年2月29日   
音声・音響コーパスの構築と共有における諸問題について
小野順貴
NII・国語研共同研究 2015公開研究会「言語資源構築における諸問題:権利問題を中心に」   2015年7月24日   
NII研究100連発
小野順貴
NIIオープンハウス2015   2015年6月13日   
[招待講演] マイクロホンアレイ信号処理の非同期分散録音への展開 [招待有り]
小野順貴
音響学シンポジウム“いい音を作る”   2015年3月15日   
機械が音を聞き分ける!? ~暮らしを変える音源分離技術~
小野順貴
国立情報学研究所 平成26年度 市民講座「未来を紡ぐ情報学」第6回   2015年1月22日   
音楽音響信号処理:分離と加工 [招待有り]
小野順貴
明治大学科学技術研究所2014年度 第3回公開講演会 『音楽と工学の接点 -芸術と技術の最近の交流から-』   2014年12月13日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 小野順貴
柔軟ロボット音響センシングにおけるブラインド音源分離処理の高精度化 (田所諭PM:タフ・ロボティクス・チャレンジ)
科学技術振興機構: 革新的研究開発推進プログラム ImPACT
研究期間: 2015年9月 - 2017年11月    代表者: 小野順貴
文部科学省: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: Cheung Gene
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 嵯峨山 茂樹
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 山岸 順一
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 小野 順貴
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 小野 順貴
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 猿渡 洋
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 嵯峨山 茂樹
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 小野 順貴

委員歴

 
2015年10月
 - 
現在
IEEE/ACM Trans. Audio, Speech and Language Processing  Guest Editor for Special Issue
 
2015年6月
 - 
現在
電子情報通信学会  信号処理研究会 専門委員
 
2015年2月
 - 
現在
日本音響学会  代議員
 
2015年1月
 - 
2016年12月
IEEE Signal Processing Society (SPS) Japan Capter  Secretary
 
2014年1月
 - 
現在
IEEE Audio and Acoustic Signal Processing Technical Committee  Member
 
2014年3月
 - 
現在
International Workshop on Acoustic Singal Processing (IWAENC) Technical Committee  Member
 
2013年12月
 - 
2015年10月
IEEE Workshop on Applications of Signal Processing to Audio and Acoustics (WASPAA) Organizing Committee  Member
 
2013年7月
 - 
2015年2月
Elsevier Signal Processing  Guest Editor for Special Issue
 
2013年
 - 
2015年
Signal Separation Evaluation Campaign (SiSEC)  Chair
 
2012年1月
 - 
2015年1月
IEEE Trans. Audio, Speech and Language Processing  Associate Editor
 
2011年6月
 - 
2014年5月
日本音響学会  論文編集委員(音楽音響分野)
 
2009年12月
 - 
現在
日本音響学会聴覚研究委員会  委員
 
2008年5月
 - 
2014年4月
電子情報通信学会 応用音響研究会  専門委員
 
2013年1月
 - 
2013年10月
電子情報通信学会  英文誌A特集号編集委員
 
2008年2月
 - 
2009年5月
電子情報通信学会  和文誌A特集号編集委員
 
2006年4月
 - 
2009年3月
日本音響学会聴覚研究委員会  幹事
 

特許

 
山岸 順一, 越前 功, 小野 順貴, 松井 知子, 塩田 さやか
小野 順貴, 宮部 滋樹, 牧野 昭二
守谷 健弘, 鎌本 優, 原田 登, 亀岡 弘和, 嵯峨山 茂樹, 大嶋 崇良, 小野 順貴, 齋藤 大輔
守谷 健弘, 鎌本 優, 原田 登, 亀岡 弘和, 嵯峨山 茂樹, 大嶋 崇良, 小野 順貴, 齋藤 大輔
大石 康智, 亀岡 弘和, 小野 順貴, 石本 祐一, 松井 知子
亀岡 弘和, 佐藤 美沙, 小野 拓磨, 小野 順貴, 嵯峨山 茂樹

社会貢献活動

 
Speech Signal Processing in Short-time Fourier Transform Domain
【講師】  リベレツ工科大学, チェコ共和国  Innovation in teaching methods and contents of engineering courses  2014年3月5日 - 2014年3月5日

その他

 
2017年4月   関連記事
誰もが聖徳太子に?
混ざった音を聞き分ける
音響信号処理技術
JST Science Window 2017春号 p.18
http://sciencewindow.jst.go.jp/issue/pdf/SW_17spring_2P.pdf
2017年3月   関連記事
多チャンネル分離集音技術
「東芝レビュー」p.35
http://www.toshiba.co.jp/tech/review/2017/01/72_01pdf/01.pdf
2017年3月   指導学生の受賞
受賞者:井本 桂右
受賞時の所属:総合研究大学院大学博士課程3年
受賞内容:平成28年度国立情報学研究所優秀学生賞
2017年3月   指導学生の受賞
受賞者:山岡 洸瑛
受賞時の所属:筑波大学4年
(筑波大学牧野昭二教授と共同指導)
受賞内容:筑波大学 情報学群長表彰
2017年3月   指導学生の受賞
受賞者:松井 裕太郎
受賞時の所属:筑波大学4年
(筑波大学牧野昭二教授と共同指導)
受賞内容:筑波大学 情報学群長表彰
2017年3月   指導学生の受賞
受賞者:前 成美
受賞時の所属:NII特別共同利用研究員、筑波大学大学院修士課程1年
(筑波大学牧野昭二教授と共同指導)
受賞内容:筑波大学大学院 コンピュータサイエンス専攻長表彰
2017年3月   指導学生の受賞
受賞者:石村 大
受賞時の所属:NII特別共同利用研究員、筑波大学大学院修士課程2年
(筑波大学牧野昭二教授と共同指導)
受賞内容:筑波大学大学院 コンピュータサイエンス専攻長表彰
2017年3月   取材協力
朝日新聞3月12日朝刊35面
「科学の扉」機械と会話する時代
朝日新聞 Digital 機械と会話する時代
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12837619.html?rm=150
2017年3月   関連記事
聖徳太子の耳はこうなっていた?複数話者の声を聞き分ける「分離集音技術」
(2017年3月8日)
キーマンズネット
http://www.keyman.or.jp/at/30009382/
2017年3月   指導学生の受賞
受賞者:北村 大地
受賞時の所属:総合研究大学院博士課程3年
受賞内容:第7回 日本学術振興会 育志賞
URL:http://www.jsps.go.jp/j-ikushi-prize/ichiran_7_h28.html
2016年10月   プレスリリース
複数の人が同時に話しても話者ごとに発言を聞き分ける分離集音技術を開発
-事前に録音しておかなくても正確に聞き分け可能-
(2016年10月25日, 11月4日に小野研究室の貢献を追記)
リリース元:東芝
https://www.toshiba.co.jp/rdc/detail/1610_03.htm
2016年9月   プレスリリース
複数話者の音声を同時認識する新しい音響信号処理技術を開発/音声認識による会話の文字起こしも可能に
(2016年9月29日)
リリース元:国立情報学研究所、筑波大学 共同リリース
http://www.nii.ac.jp/news/2016/0929/
2016年6月   プレスリリース
倒壊瓦礫内に進入し、声を聞き取ることにより、被災者を発見
内閣府タフ・ロボティクス・チャレンジによる索状ロボット「能動スコープカメラ」
聞き取り能力の飛躍的向上により、地震災害の救助を高度化
(2016年6月1日)
リリース元:東北大学、国際レスキューシステム研究機構、早稲田大学、京都大学、東京大学、筑波大学、国立情報学研究所、科学技術振興機構(JST)、内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション担当)共同リリース
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160601/
2016年3月   指導学生の受賞
受賞者:北村 大地
受賞時の所属:総合研究大学院博士課程2年
受賞内容:公益財団法人 電気通信普及財団 第31回電気通信普及財団賞 (テレコムシステム技術学生賞)
2016年3月   指導学生の受賞
受賞者:村瀬 慶和
受賞時の所属:NII特別共同利用研究員、筑波大学大学院修士課程2年
(筑波大学牧野昭二教授と共同指導)
受賞内容:筑波大学大学院 コンピュータサイエンス専攻長表彰
2016年3月   指導学生の受賞
受賞者:高草木 萌
受賞時の所属:筑波大学4年
(筑波大学牧野昭二教授と共同指導)
受賞内容:筑波大学 情報学群長表彰
2015年11月   指導学生の受賞
受賞者:北村 大地
受賞時の所属:総合研究大学院博士課程2年
受賞内容:IEEE Signal Processing Society Japan Student Conference Paper Award
URL:http://www.ieee-jp.org/section/tokyo/chapter/SP-01/past-paper.htm
2015年9月   指導学生の受賞
受賞者:北村 大地
受賞時の所属:総合研究大学院大学博士課程2年
受賞内容:平成27年度国立情報学研究所優秀学生賞
2015年3月   指導学生の受賞
受賞者:北村 大地
受賞時の所属:総合研究大学院大学博士課程1年
受賞内容:日本音響学会第37回粟屋潔学術奨励賞
URL:http://www.asj.gr.jp/recommending/03_awaya.html
2015年3月   指導学生の受賞
受賞者:千葉 大将
受賞時の所属:NII特別共同利用研究員、筑波大学大学院修士課程2年
(筑波大学牧野昭二教授と共同指導)
受賞内容:日本音響学会第10回学生優秀発表賞
URL;http://www.asj.gr.jp/recommending/07_gakusei.html