平尾 雄二

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/30 19:32
 
アバター
研究者氏名
平尾 雄二
 
ヒラオ ユウジ
URL
http://www.naro.affrc.go.jp/nilgs-neo/introduction/chart/0402/index.html
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
畜産研究部門 家畜育種繁殖研究領域 家畜胚生産ユニット
職名
ユニット長

プロフィール

毎年、体外受精によって作られる受精卵からたくさんの牛が誕生していますが、卵巣内には受精卵になるための潜在的卵子がたくさん存在します。そのうち、短期間の培養で受精可能な卵子になるものはすでに利用されています。これまでに利用できた最も小さい卵子は、2週間の培養で受精能力を獲得させることに成功したものです。今後、さらに小さな卵子を利用するべく培養系の開発を進めています。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門 家畜育種繁殖研究領域 家畜胚生産ユニット ユニット長
 
2012年4月
 - 
2016年3月
独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所 家畜育種繁殖研究領域 上席研究員
 
2011年4月
 - 
2012年3月
独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター 畜産飼料作研究領域 上席研究員
 
2006年4月
 - 
2011年3月
独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター 高度繁殖技術研究東北サブチーム チーム長
 
2002年4月
 - 
2006年3月
独立行政法人農業技術研究機構 東北農業研究センター 畜産草地部 育種繁殖研究室 主任研究官
 
2000年4月
 - 
2001年3月
農林水産省 東北農業試験場 畜産部 家畜繁殖研究室 主任研究官
 
1999年4月
 - 
2000年3月
農林水産省 東北農業試験場 畜産部 家畜繁殖研究室 研究員
 
1998年10月
 - 
1999年3月
神戸大学 農学部 日本学術振興会リサーチアソシエイト
 
1995年1月
 - 
1998年10月
米国ジャクソン研究所 ポスドク研究員
 

学歴

 
1990年4月
 - 
1993年3月
神戸大学大学院 自然科学研究科 博士課程 
 

受賞

 
2017年5月
米国科学アカデミー Cozzarelli Prize Complete in vitro generation of fertile oocytes from mouse primordial germ cells
受賞者: Kanako Morohaku, Ren Tanimoto, Keisuke Sasaki, Ryouka Kawahara-Miki, Tomohiro Kono, Katsuhiko Hayashi, Yuji Hirao, Yayoi Obata
 
2015年3月
日本畜産学会 優秀論文賞 Conditions affecting growth and developmental competence of mammalian oocytes in vitro
 
2012年9月
日本繁殖生物学会 JRD Outstanding Paper Awards in 2012 Optimization of Oxygen Concentration for Growing Bovine Oocytes In Vitro: Constant Low and High Oxygen Concentrations Compromise the Yield of Fully Grown Oocytes
受賞者: Yuj Hirao, Manabu Shimizu, Kosuke Iga, Naoki Takenouchi
 
2011年9月
日本繁殖生物学会 日本繁殖生物学会学術賞 体外発育させた家畜卵母細胞の潜在的胚発生能に関する研究
 

論文

 
Hayashi K, Hikabe O, Obata Y, Hirao Y
Nature protocols   12(9) 1733-1744   2017年9月   [査読有り]
Morohaku K, Hirao Y, Obata Y
Nature protocols   12(9) 1817-1829   2017年9月   [査読有り]
Morohaku K, Hirao Y, Obata Y
Annals of biomedical engineering   45(7) 1608-1619   2017年7月   [査読有り]
Yuji Hirao
Journal of Mammalian Ova Research   34 23-29   2017年4月
© 2017 Japan Society for Ova Research. The regulation of mammalian oogenesis in vivo is complicated because of numerous constantly changing events caused by ovarian cells interacting with or influencing each other. One of the most intractable ques...
Somfai T, Hirao Y
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1524 255-264   2017年   [査読有り]
Hikabe O, Hamazaki N, Nagamatsu G, Obata Y, Hirao Y, Hamada N, Shimamoto S, Imamura T, Nakashima K, Saitou M, Hayashi K
Nature   539(7628) 299-303   2016年11月   [査読有り]
Morohaku K, Hirao Y, Obata Y
The Journal of reproduction and development   62(1) 1-5   2016年2月   [査読有り]
Morohaku K, Tanimoto R, Sasaki K, Kawahara-Miki R, Kono T, Hayashi K, Hirao Y, Obata Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   113(32) 9021-9026   2016年8月   [査読有り]
平尾 雄二, 宮野 隆
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   31(3) 79-85   2014年10月
哺乳類の卵巣には多数の卵母細胞が含まれているが,そのほとんどは発育開始前あるは発育過程の様々な段階で退行する。卵巣内のこの潜在的な雌の配偶子を利用するには,卵母細胞を成熟・受精・発生する能力を備えた卵母細胞へと発育させることが可能な,卵巣に代わる培養系を開発しなければならない。本総説では,ウシおよびブタ卵巣内の発育後半の卵母細胞を含む卵母細胞-顆粒膜細胞複合体用に開発されてきた培養系について述べる。培養系は,球状構造維持(Sphere)システムと底面接着システムの2つに大きく分けることがで...
平尾雄二
日本胚移植学雑誌   36(2) 103-107   2014年5月
Hirao Y, Somfai T, Naruse K
The Journal of reproduction and development   60(1) 68-72   2014年3月   [査読有り]
Yuji Hirao, Takashi Miyano
Journal of Mammalian Ova Research   31 79-85   2014年1月
©2014 Japan Society for Ova Research Mammalian ovaries contain a large number of oocytes, most of which degenerate either before or during the various stages of growth. To utilize these potential female gametes stored in the ovary, it is essential...
Hirao Y, Naruse K, Kaneda M, Somfai T, Iga K, Shimizu M, Akagi S, Cao F, Kono T, Nagai T, Takenouchi N
Biology of reproduction   89(3) 57   2013年9月   [査読有り]
Hirao Y, Shimizu M, Iga K, Takenouchi N
The Journal of reproduction and development   58(2) 204-211   2012年4月   [査読有り]
Taketsuru H, Hirao Y, Takenouchi N, Iga K, Miyano T
Zygote (Cambridge, England)   20(4) 407-415   2012年11月   [査読有り]
Naruse K, Iga K, Shimizu M, Takenouchi N, Akagi S, Somfai T, Hirao Y
The Journal of reproduction and development   58(4) 476-483   2012年8月   [査読有り]
Hirao Y
The Journal of reproduction and development   58(2) 167-174   2012年4月   [査読有り]
Yuji Hirao
Reproductive Medicine and Biology   11 1-9   2012年1月
Various factors such as gonadotrophins, growth factors, and steroid hormones play important roles in the regulation of oocyte/follicular growth in mammalian ovaries. In addition to these factors, there is a bidirectional interaction between oocyte...
Hirao Y
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   82(2) 187-197   2011年4月   [査読有り]
Yuji Hirao, Manabu Shimizu, Kosuke Iga, Naoki Takenouchi
Journal of Mammalian Ova Research   25 266-271   2008年1月
The growing oocytes that are present in bovine ovaries in large numbers can be a potential resource for future livestock production. Here we describe a culture system that allows growing oocytes to survive for an extremely long period. Preantral f...
Yuji Hirao, Takashi Miyano
Journal of Mammalian Ova Research   25 56-62   2008年1月
It has been established that mouse oocytes grow under appropriate culture conditions. To be able to utilize a broad range of growing oocytes, a way of estimating the optimal culture period is required. In the present study, a detailed analysis was...
Hirao Y, Shimizu M, Iga K, Takenouchi N
The Journal of reproduction and development   55(1) 88-93   2009年2月   [査読有り]
Somfai T, Hirao Y
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   761 211-225   2011年   [査読有り]
早坂 駿哉, 千葉 和義, 高田 直和, 大坪 利豪, 志水 学, 伊賀 浩輔, 平尾 雄二, 竹之内 直樹
日本胚移植学雑誌 = Japanese journal of embryo transfer   28(3) 94-101   2006年9月
Yuji Hirao, Naoki Takenouchi, Manabu Shimizu, Kosuke Iga, Takashi Miyano, Takashi Nagai, Takashi Nagai
Journal of Mammalian Ova Research   21 110-117   2004年1月
In porcine growing oocytes, chromatin remains diffuse. As the oocytes approach their final size, 120 μm, the chromatin becomes partly condensed and forms a perinucleolar sheath. These changes occur simultaneously with a decrease in transcriptional...
Hirao Y, Itoh T, Shimizu M, Iga K, Aoyagi K, Kobayashi M, Kacchi M, Hoshi H, Takenouchi N
Biology of reproduction   70(1) 83-91   2004年1月   [査読有り]
Hirao Y, Nishimoto N, Kure-bayashi S, Takenouchi N, Yamauchi N, Masuda H, Nagai T
Zygote (Cambridge, England)   11(3) 191-197   2003年8月   [査読有り]
Senbon S, Hirao Y, Miyano T
The Journal of reproduction and development   49(4) 259-269   2003年8月   [査読有り]
Bing Y, Che L, Hirao Y, Takenouchi N, Rodríguez-Martínez H, Nagai T
The Journal of reproduction and development   49(2) 159-166   2003年4月   [査読有り]
Y. Z. Bing, Y. Hirao, N. Takenouchi, L. M. Che, H. Nakamura, J. Yodoi, T. Nagai
Theriogenology   59 863-873   2003年2月
Thioredoxin (TRX) is an ubiquitous protein disulfide reductase, which is known to be involved in the implantation development of mouse embryos. In the present study, recombinant human TRX was used to evaluate its effect on the promotion of preimpl...
Takashi Miyano, Yuji Hirao
Journal of Mammalian Ova Research   20 78-85   2003年1月
A huge number of small oocytes are contained in the ovaries of the pig and cow. A small number of them grow from the minimal size of 30 μm in diameter to the final size of 120-125 μm, then mature, and are ovulated. A large number of the remaining ...
Y. Z. Bing, Y. Hirao, K. Iga, L. M. Che, N. Takenouchi, M. Kuwayama, D. Fuchimoto, H. Rodriguez-Martinez, T. Nagai
Reproduction, Fertility and Development   14 125-131   2002年8月
The present study was conducted to evaluate the effect of cumulus cells on the in vitro maturation (IVM) and glutathione (GSH) synthesis of porcine oocytes cultured in the presence or absence of cysteamine under different oxygen tensions, and on t...
Yuji Hirao, Naoki Takenouchi, Ken ichi Aizawa, Takashi Nagai
Journal of Mammalian Ova Research   19 12-20   2002年1月
The purpose of this study was to assess the effect of oxygen condition on the survival and growth in vitro of bovine oocyte-cumulus/granulosa cell complexes isolated from early antral follicles. Complexes comprised of a growing oocyte enclosed in ...
Sadanobu Moritake, Yuji Hirao
Journal of Mammalian Ova Research   19 39-45   2002年1月
Pig early antral follicles (0.5-1.0 mm in diameter) contain oocytes approximately 100 μm in diameter with limited competence for meiotic resumption. Oocyte-cumulus complexes containing parietal granulosa cells (OCGs) were dissected from the ovaria...
Maria M. Viveiros, Yuji Hirao, John J. Eppig
Developmental Biology   235 330-342   2001年7月
Oocytes from LTXBO mice exhibit a delayed entry into anaphase I and frequently enter interphase after the first meiotic division. This unique oocyte model was used to test the hypothesis that protein kinase C (PKC) may regulate the meiosis I-to-me...
Yinzhong Bing, Limei Che, Yuji Hirao, Naoki Takenouchi, Takashi Nagai, Takashi Nagai
Journal of Reproduction and Development   46 375-379   2000年12月
This was a study on the developmental ability of porcine embryos reconstructed by microinjection of a nucleus of cultured (non-starving culture) cumulus cells directly into the cytoplasm of oocytes matured and enucleated in vitro. Cumulus-oocyte c...
LT系マウスにおける卵巣性テラトーマの起源
平尾 雄二, Viveiros Maria M., Eppig John J.
The Journal of Reproduction and Development   46(Suppl.) j65-j70   2000年12月
John J. Eppig, Karen Wigglesworth, Yuji Hirao
Developmental Biology   224 60-68   2000年8月
Oocytes of strain LT mice, and related strains such as LTXBO, exhibit a high incidence of arrest in the progression of meiosis at metaphase I (MI) and in spontaneous parthenogenetic activation. Activation of these oocytes within the ovary leads to...
Andras Dinnyés, Yuji Hirao, Takashi Nagai
Cloning and Stem Cells   1 209-216   1999年12月
The goal of the present research was to study the parthenogenetic activation of porcine oocytes following treatment with the specific cyclin-dependent kinase inhibitor butyrolactone I (BL I). In Experiment I, the effective dose of BL I was determi...
Yuji Hirao, John J. Eppig
Molecular Reproduction and Development   54 311-318   1999年10月
Fully grown oocytes of most laboratory mice progress without interruption from the germinal vesicle (GV) stage to metaphase II, where meiosis is arrested until fertilization. In contrast, many oocytes of strain LT mice arrest precociously at metap...
Keith E. Latham, F. Dale M Bautista, Yuji Hirao, Marilyn J. O'Brien, John J. Eppig
Biology of Reproduction   61 482-492   1999年8月
Successful development of mammalian oocytes requires correct interactions between developing oocytes and associated granulosa cells. Development of oocyte-granulosa cell complexes from preantral follicles in vitro does not produce oocytes competen...
宮野 隆, 平尾 雄二
日本胚移植学雑誌 = Japanese journal of embryo transfer   21(1) 16-22   1999年1月
Yoshi hisa Ikeda, Takashi Miyano, Yuji Hirao
Journal of Mammalian Ova Research   16 148-153   1999年1月
Ovaries from 4-day-old mice were organ-cultured and the effects of progesterone, androstenedione and estradiol-17β on early follicular development were investigated. Both androstenedione (40‒1,000 ng/ml) and estradiol-17β (8‒1,000 ng/ml) promoted ...
Yuji Hirao, John J. Eppig
Development   124 5107-5113   1997年12月
Oocytes of almost all vertebrates become arrested at metaphase II to await fertilization. Arrest is achieved with the participation of a protein complex known as cytostatic factor (CSF) that stabilizes histone H1 kinase activity. MOS and mitogen-a...
J. J. Eppig, F. Chesnel, Y. Hirao, M. J. O'Brien, F. L. Pendola, S. Watanabe, K. Wigglesworth
Human reproduction (Oxford, England)   12 127-132   1997年11月
Interaction between oocytes and granulosa cells is complex and involves both gap junctions and paracrine signalling factors. Oocyte development in antral follicles is highly dependent on communication with cumulus cells, a subset of granulosa cell...
Yuji Hirao, John J. Eppig
Molecular Reproduction and Development   48 391-396   1997年11月
Ovarian teratomas develop in Mos(-/-) mutant mice produced by homologous recombination. These teratomas are probably derived from oocytes that undergo spontaneous parthenogenetic activation within the ovaries. However, it is not clear how the acti...
John J. Eppig, Karen Wigglesworth, Frank Pendola, Yuji Hirao
Biology of Reproduction   56 976-984   1997年4月
This study tested the hypothesis that murine oocytes participate in the establishment of granulosa cell phenotypic heterogeneity in preovulatory follicles. In these follicles, mural granulosa cells express LH receptors (LHR) and LHR mRNA, but expr...
加藤 征史郎, 宮野 隆, 平尾 雄二, 加野 浩一郎, 三宅 正史
日本胚移植学雑誌 = Japanese journal of embryo transfer   17(1) 43-46   1995年1月
Yuji Hirao, Youki Tsuji, Takashi Miyano, Akira Okano, Masashi Miyake, Seishiro Kato, Robert M. Moor
Zygote   3 325-332   1995年1月
The molecules involved in determining meiotic competence were determined in porcine oocytes isolated from preantral and antral follicles of different sizes. Oocytes isolated from preantral follicles had a mean diameter of 78 pm, contained diffuse ...
Takashi Miyano, Misa Ebihara, Yuri Goto, Yuji Hirao, Takashi Nagai, Seishiro Kato
Journal of Experimental Zoology   273 70-75   1995年1月
The present study was conducted to investigate the direct action of hypoxanthine, which has been reported to be present in pig follicular fluid, on spontaneous meiotic resumption of pig denuded oocytes in vitro. No oocytes, which were surrounded b...
Y. Hirao, T. Nagai, M. Kubo, T. Miyano, M. Miyake, S. Kato
Journal of Reproduction and Fertility   100 333-339   1994年1月
Preantral follicles containing oocytes of 70-89.5 μm in diameter were isolated from pig ovaries and cultured in collagen gel for up to 16 days, in the presence of serum, FSH and oestradiol. Formation of follicular antra occurred as the culture pro...
Yuji Hirao, Takashi Miyano, Seishiro Kato
Journal of Experimental Zoology   267 543-547   1993年1月
The maturational competence of the in vitro grown mouse oocytes of various sizes was examined, and was compared to that of oocytes of equivalent chronological age which grew in vivo. Oocyte‐granulosa cell complexes isolated from 10‐day‐old female ...
Yuji Hirao, Junko Kimura, Takashi Miyan, Seishiro Kato
Journal of Reproduction and Development   39 13-17   1993年1月
Ovaries from newborn female mice were cultured for 4 or 8 days in Eagle's minimum essential medium supplemented with pregnant mare's serum gonadotrophin (PMSG) at a concentration of 0, 2,10 or 50 lU/ml. At the beginning of culture, most oocytes in...
平尾 雄二, 池田 佳久, 宮野 隆, 加藤 征史郎
哺乳動物卵子学会誌   10(2) 167-174   1993年
器官培養マウス卵巣内で発育した卵母細胞の成熟能力について検討した。培養に用いた4日齢のマウス卵巣内には、多くの発育開始前と考えられる直径10-19μmの卵母細胞とともに、少数の発育初期の卵母細胞 (直径20-39μm) が存在していた。培養20日後、大部分の卵母細胞は未発育のままであったが、一部は直径60-75μmへと発育していた。卵巣の組織染色標本を作製し、培養後の卵胞の形態を観察した。その結果、発育卵母細胞を包む顆粒膜細胞は1-3層であり、生体内で認められるような顆粒膜細胞の著しい重層...
Y. Hirao, T. Miyano, S. Kato
Theriogenology   34 1071-1077   1990年1月
Oocyte-granulosa cell complexes, isolated from 10-d-old mice, were cultured for 10 d in hypoxanthine-supplemented medium. The oocytes increased in size, but the resumption of meiosis was completely suppressed over the culture period. The oocytes w...
宮野隆, 平尾雄二, 加藤征史郎, 苅田淳
Anim Sci Technol   59(10) 848-853   1988年10月
器官培養したマウス卵巣内における卵母細胞の発達および透明帯の形成過程を組織学的に検討し,生体内における発達と比較した.出生直後の雌マウスより採取した卵巣を培養し,2~6日後,プロナーゼ処理によって得た卵母細胞の直径を測定するとともに,組織染色標本を作製した.その結果,出生直後の卵巣の卵母細胞は直径25μmに満たず,周囲には透明帯は形成されていなかった.しかし,培養6日後,卵母細胞の3%は35μm以上に発達し,卵母細胞の一部にはすでに透明帯が形成されていた.また,顆粒膜細胞は生体内では卵母細...
宮野隆, 平尾雄二, 加藤征史郎, 苅田淳
家畜繁殖学雑誌   34(1) 61-66   1988年3月
出生直後のマウス卵巣内の卵母細胞では,透明帯は全く形成されていなかったが,2日齢では,一部の発達した卵母細胞で,その周囲に不連続の透明帯が出現した。<BR>4日齢の卵巣では,卵母細胞はさらに発達し,それらの透明帯は卵母細胞のほぼ全周を取り囲む状態となった。また,6日齢では,全周が透明帯で取り囲まれた卵母細胞の数はさらに増加した。<BR>出生直後,2日齢,4日齢および6日齢の卵巣内の卵胞,合計160個について,卵母細胞の直径と透明帯の形成状態を画像解析装置を用いて調べたところ,卵母細胞の直径...

書籍等出版物

 
佐藤 英明, 河野 友宏, 内藤 邦彦, 小倉 淳郎, 尾畑 やよい, 宮野 隆, 平尾 雄二, 種村 健太郎, 柏崎 直巳, 川原 学, 濱野 光市, 長嶋 比呂志, 三谷 匡, 徳永 智之, 今井 裕, 若山 照彦, 高岸 聖彦
朝倉書店   2014年   ISBN:9784254450293

講演・口頭発表等

 
有冨大輝, 尾畑やよい, 平尾雄二
日本卵子学会誌   2017年4月1日   
的場理子, 平尾雄二, 武田久美子
食肉に関する助成研究調査成果報告書   2016年11月   
諸白家奈子, 谷本連, 佐々木恵亮, 林克彦, 平尾雄二, 尾畑やよい
Journal of Reproduction and Development   2016年9月   
谷本連, 諸白家奈子, 河野友宏, 平尾雄二, 尾畑やよい
Journal of Reproduction and Development   2016年9月   
有冨大輝, 武田久美子, 尾畑やよい, 平尾雄二
Journal of Reproduction and Development   2016年9月   
日下部央里絵, 浜崎伸彦, 永松剛, 尾畑やよい, 平尾雄二, 濱田律雄, 島本走, 今村拓也, 中島欽一, 斎藤通紀, 林克彦
Journal of Reproduction and Development   2016年9月   
尾畑やよい, 平尾雄二
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   2016年   
的場理子, 平尾雄二, 武田久美子
食肉に関する助成研究調査成果報告書   2015年11月   
谷本連, 諸白家奈子, 河野友宏, 平尾雄二, 尾畑やよい
J Reprod Dev   2015年9月5日   
【目的】体外で卵子形成の全過程を行う技術の開発は,生殖細胞の研究のツールとして有用であるのみならず,産業・医療分野での応用が期待される。しかし,始原生殖細胞を含む受精後12.5日目(E12.5)の生殖巣の器官培養に始まる体外培養からは機能的な卵子は得られていない。この一因として,器官培養中の卵胞形成不全がある。胎仔卵巣の培養では,成長期卵母細胞への分化に関する問題は認められないが,個々の卵母細胞をそれぞれ顆粒膜細胞と莢膜細胞が覆う正常な卵胞構造がほぼ見られない。そのため体外培養において卵母...
尾畑やよい, 平尾雄二
J Reprod Dev   2015年9月5日   
尾畑やよい, 平尾雄二
日本生殖医学会雑誌   2015年4月1日   
平尾雄二
農業・食品産業技術総合研究機構畜産草地研究所ニュース   2015年2月   
諸白家奈子, 平尾雄二, 河野友宏, 尾畑やよい
J Reprod Dev   2014年8月10日   
<目的> ほ乳類の雌では,性周期や排卵数に応じて成熟卵子が発生・分化するため,一生涯に排卵される成熟卵子の数は非常に限られている。しかしながら,雌の卵巣内には数千~数十万に及ぶ原始卵胞が潜在しており,これらの非成長期卵母細胞を体外培養により成熟卵子へと分化させることが可能になれば,有用・希少動物の生殖資源を確保できるほか,卵母細胞の発生・分化機構の解明にも役立てることが期待できる。そこで本研究では,新生仔マウスの卵巣から産仔へと発生可能な成熟卵子を体外で産生することを最終目的とし,体外培養...
平尾雄二
畜産技術   2014年1月1日   
平尾雄二, CAO Feng, SOMFAI Tamas, 赤木悟史, 永井卓
J Mamm Ova Res   2013年4月1日   
水町静華, 佐々木邦明, 松原和衛, 平尾雄二
J Reprod Dev   2012年8月20日   
【目的】マウス卵母細胞の体外発育において2%ポリビニルピロリドン(PVP)の添加は透明帯の厚さを約30%減少させた (第104回大会)。本研究では,透明帯を挟んで連絡する卵母細胞と卵丘細胞の関係に着目し,それらの形態に及ぼすPVPの影響を検討した。【材料および方法】生後11~12日齢のマウス(ICR)の卵巣から前胞状卵胞を注射針で分離し,コラゲナーゼ処理した後,組織培養インサート上で培養した(37℃,5%CO2 in air,Day 0~10)。培養液には5%ウシ胎児...
平尾 雄二, 成瀬 健司, 金田 正弘, SOMFAI Tamas, 伊賀 浩輔, 志水 学, 赤木 悟史, 永井 卓, 竹之内 直樹
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   2012年4月1日   
宮野隆, 平尾雄二
Horm Front Gynecol   2011年12月1日   
【卵と卵胞の発育・成熟】 卵の発育と成熟 卵母細胞の発育制御機構
宮野 隆, 平尾 雄二
HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY   2011年12月   
卵巣内には莫大な数の原始卵胞が存在している。原始卵胞内の卵母細胞は将来排卵される卵子のプールを形成しているが、転写因子FOXO3が関与する機構によって発育開始が抑制的に制御されており、これが哺乳類の長い生殖期間を保証している。FOXO3の抑制から解除された卵母細胞は、最終の大きさに向かってある程度自律的に発育しつづけるが、卵胞選抜機構によって選抜され、これを生き延びた卵母細胞のみが排卵に至る。この機構は一度に多数の卵子が排卵されることを防ぎ、哺乳類の胎生を確保している。(著者抄録)
水町静華, 松原和衛, 平尾雄二
J Reprod Dev   2011年8月20日   
平尾雄二, 成瀬健司, 伊賀浩輔, 竹之内直樹
J Mamm Ova Res   2011年4月1日   
成瀬健司, 伊賀浩輔, 竹之内直樹, 志水学, 平尾雄二
J Reprod Dev   2010年8月20日   
平尾雄二, 伊賀浩輔, 成瀬健司, 竹之内直樹
J Reprod Dev   2010年8月20日   
竹鶴裕亮, 平尾雄二, 竹之内直樹, 伊賀浩輔, 宮野隆
日本畜産学会大会講演要旨   2010年3月28日   
佐々木彩美, 松本浩樹, 川越雄太, 松原和衛, 平尾雄二
東北畜産学会報   2008年8月5日   
Ex vivo growth and maturation of oocytes in farm animals
Miyano Takashi, Moniruzzaman Mohammad, Hirao Yuji, Manabe Noboru
BIOLOGY OF REPRODUCTION   2008年   
平尾雄二, 志水学, 伊賀浩輔, 竹之内直樹
東北農業研究成果情報   2007年6月   
平尾雄二
J Mamm Ova Res   2007年4月1日   
平尾雄二
麻布大学雑誌   2007年3月31日   
平尾雄二, 志水学, 伊賀浩輔, 竹之内直樹
日本畜産学会大会講演要旨   2007年3月27日   
平尾雄二, 志水学, 伊賀浩輔, 竹之内直樹
畜産草地研究成果情報   2006年8月25日   
平尾雄二, 志水学, 伊賀浩輔, 竹之内直樹
東北農業研究成果情報   2006年8月   
平尾雄二, 志水学, 伊賀浩輔, 竹之内直樹
J Reprod Dev   2005年8月25日   
平尾雄二, 志水学, 伊賀浩輔, 竹之内直樹
J Mamm Ova Res   2005年4月1日   
平尾雄二
ブレインテクノニュース   2003年9月30日   
平尾雄二, 志水学, 伊賀浩輔, 竹之内直樹, 永井卓
東北農業研究成果情報   2003年9月   
平尾雄二, 志水学, 伊賀浩輔, 竹之内直樹, 永井卓
畜産草地研究成果情報   2003年8月30日   
平尾雄二
東北農業研究センターたより   2003年7月   
平尾雄二, 伊藤丈洋, 志水学, 伊賀浩輔, 星宏良, 竹之内直樹
J Mamm Ova Res   2003年4月1日   
平尾雄二, 志水学, 伊賀浩輔, 竹之内直樹
日本畜産学会大会講演要旨   2003年3月20日   
平尾雄二, 相沢健一, 竹之内直樹, 永井卓
日本畜産学会大会講演要旨   2002年3月20日   
電気刺激及びブチロラクトン-1(BL-1)による豚体外成熟卵子の単為発生
Bing Y., 平尾 雄二, 竹之内 直樹, Che L., 永井 卓
日本胚移植学雑誌   2002年1月   
永井卓, 平尾雄二, 竹之内直樹, 今井敬
東北農業研究成果情報   2001年8月   
永井卓, 平尾雄二, 竹之内直樹, 今井敬
畜産研究成果情報   2001年3月24日   
平尾雄二, 永井卓, 伊賀浩輔, 竹之内直樹
日本畜産学会大会講演要旨   2001年3月20日   
西本凡子, 永井卓, 山内伸彦, 下司雅也, 竹之内直樹, 平尾雄二, 紅林賢臣, 桝田博司
Journal of Reproduction and Development   2000年12月25日   
平尾雄二, 紅林賢臣, 竹之内直樹, 西本凡子, 永井卓
日本畜産学会大会講演要旨   2000年3月20日   
平尾 雄二
日本畜産学会大会講演要旨集   1998年3月   
原田真紀子, 平尾雄二, 宮野隆, 三宅正史, 加藤征史郎
家畜繁殖学会講演要旨   1994年9月   
宮野隆, 平尾雄二, 加野浩一郎, 永井卓, 三宅正史, 加藤征史郎
産婦人科の世界   1994年3月   
平尾雄二, 森竹貞宜, 辻雄貴, 宮野隆, 三宅正史, 加藤征史郎
日本畜産学会大会講演要旨   1994年3月   
辻雄貴, 平尾雄二, 加野浩一郎, 宮野隆, 三宅正史, 加藤征史郎
日本畜産学会大会講演要旨   1994年3月   
池田佳久, 平尾雄二, 宮野隆, 三宅正史, 加藤征史郎
日本畜産学会大会講演要旨   1994年3月   
平尾雄二, 永井卓, 久保正法, 宮野隆, 三宅正史, 加藤征史郎
家畜繁殖学会講演要旨   1992年9月   
平尾雄二, 宮野隆, 三宅正史, 加藤征史郎
日本畜産学会大会講演要旨   1992年3月   
池田佳久, 平尾雄二, 宮野隆, 三宅正史, 加藤征史郎
日本畜産学会大会講演要旨   1992年3月   
平尾雄二, 加野浩一郎, 楠比呂志, 三宅正史, 加藤征史郎
食肉に関する助成研究調査成果報告書   1991年12月   
平尾雄二, 木村純子, 宮野隆, 三宅正史, 加藤征史郎
日本畜産学会大会講演要旨   1991年3月   
体外発育させたマウス卵母細胞の発育段階と成熟能力との関係について
平尾 雄二
家畜繁殖学雑誌   1990年12月   
木村純子, 平尾雄二, 宮野隆, 加藤征史郎, 苅田淳
日本畜産学会大会講演要旨   1990年3月   
マウス卵母細胞の体外発育,成熟及び受精
平尾 雄二
家畜繁殖学雑誌   1989年12月