基本情報

所属
早稲田大学 文学学術院 日本学術振興会特別研究員PD
京都大学 文学部 非常勤講師
学位
修士(文学)(2016年3月 京都大学)
博士(文学)(2020年3月 京都大学)

連絡先
oota.tadahiro.h2gmail.com
通称等の別名
OOTA Tadahiro
J-GLOBAL ID
201601005281107084

外部リンク

カント以降の近代ドイツ哲学を中心に研究しています。
これまでは、アルトゥール・ショーペンハウアー(1788-1860)の哲学を中心に研究をしてきました。彼の思想形成をポストカントにおける思想的潮流という観点から再検討することで、カント以降の哲学史の新たな側面へと光をあてるとともに、その哲学のもつ現代的意義を明らかにすることを目指しています。
また最近では、ヤーコプ・フリードリヒ・フリース(1773-1843)の哲学にもアプローチを試みております。彼らは狭義のドイツ観念論の系譜からみたら、いわば別の系譜を構成しており、従来的な哲学史理解においては見落とされがちな哲学者でした。しかし、彼らの哲学はその当時においては絶大な影響力を有しており、19世紀以降の哲学史を理解するためには不可欠な存在です。また彼らは、いわば従来の哲学・哲学史理解とは異なる新たな可能性を内包した哲学者であり、近年ではその重要性がふたたび指摘されています。
これらの狭義のドイツ観念論におけるオルタナティブとしての思想的潮流へと光を当てることで、カント以降の(特にドイツの)哲学史を再検討するとともに、カント解釈の新たなポテンシャルに光を当てられないか模索しています。


論文

  10

書籍等出版物

  1

講演・口頭発表等

  34

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1

社会貢献活動

  1