Takaki Sato

J-GLOBAL         Last updated: Sep 26, 2019 at 16:33
 
Avatar
Name
Takaki Sato
E-mail
opt147osaka-med.ac.jp
Affiliation
Osaka Medical College

Published Papers

 
Sato T, Yasuhara T, Fukumoto M, Mimura M, Kobayashi T, Kida T, Kojima S, Oku H, Ikeda T
International ophthalmology   39(9) 2015-2021   Sep 2019   [Refereed]
糖尿病網膜症の病態と治療 臨床と基礎研究の接点
池田 恒彦, 奥 英弘, 杉山 哲也, 植木 麻理, 小嶌 祥太, 喜田 照代, 小林 崇俊, 柴田 真帆, 佐藤 孝樹, 福本 雅格, 森下 清太, 糸井 恭子, 中泉 敦子, 細木 安希子, 西川 優子, 堀江 妙子, 中村 公俊, 宮崎 瑞夫, 高井 真司
あたらしい眼科   36(6) 757-770   Jun 2019
糖尿病網膜症(DR)の7不思議を下記に分けて概説した。1)糖尿病黄斑浮腫(DME)はなぜ黄斑部に生じるのか、2)硬性白斑が中心窩に徐々に集積するのはなぜか、3)急激な血糖コントロールでDRが悪化するのはなぜか、4)局所性浮腫で硬性白斑はなぜ輪状になるのか、5)DMEに硝子体手術が奏効するのはなぜか、6)増殖DRでもDMEを全く認めない症例があるのはなぜか、7)DRでしばしば血管の白鞘化を認めるのはなぜか、として述べた。最後に、DRに対する新治療について触れた。
眼底所見に著明な左右差を認めた原発マクログロブリン血症の1例
水野 博史, 鈴木 浩之, 大須賀 翔, 河本 良輔, 福本 雅格, 佐藤 孝樹, 小林 崇俊, 喜田 照代, 池田 恒彦
眼科臨床紀要   12(6) 451-456   Jun 2019
背景:原発マクログロブリン血症は、IgMが血清中に増加する疾患で、過粘稠度症候群を併発し、眼底所見は通常両眼に同程度の変化をきたす。今回、著明な左右差を認めた1症例を経験したので報告する。症例:70歳男性。以前より原発マクログロブリン血症の加療中であった。2017年11月に左眼の視力低下を訴えて来院した。左眼は網膜静脈の拡張蛇行、眼底出血を認め、過粘稠度症候群によるものと診断した。OCTではびまん性網膜浮腫を認めた。両眼とも緑内障の点眼加療中で、右眼は著明な視神経乳頭陥凹を認めたが、左眼の...
眼トキソカラ症が疑われ広範な牽引性網膜剥離をきたした1例
水野 博史, 小林 崇俊, 大須賀 翔, 河本 良輔, 福本 雅格, 佐藤 孝樹, 喜田 照代, 池田 恒彦, 丸山 耕一, 多田 玲
眼科臨床紀要   12(5) 422-423   May 2019
25ゲージ硝子体手術後に鼻側に楔状視野障害を生じた4例
佐藤 孝樹, 大須賀 翔, 河本 良輔, 福本 雅格, 小林 崇俊, 喜田 照代, 池田 恒彦
臨床眼科   73(5) 651-659   May 2019
<文献概要>目的:25ゲージシステムによる硝子体手術後に,鼻側に楔状視野障害を生じた4例の報告。対象と方法:4例の原疾患は黄斑円孔2例,黄斑上膜1例,網膜分離症1例。手術は球後麻酔3例,テノン嚢下麻酔1例。全例シャンデリア照明を使用した25ゲージ4ポートで硝子体手術を施行し,内境界膜(ILM)剥離の際にBBGを使用した。黄斑円孔の2例では液空気置換後にSF6ガスの注入を行った。結果:4例とも術後早期より鼻側視野障害を訴えた。ゴールドマン視野検査を施行したところ,黄斑を頂点とする鼻側の楔状視...
Terubayashi Y, Morishita S, Fukumoto M, Sato T, Kida T, Ikeda T
Medicine   98(19) e15598   May 2019   [Refereed]
糖尿病黄斑浮腫に対する硝子体手術
佐藤 孝樹, 河本 良輔, 福本 雅格, 小林 崇俊, 喜田 照代, 池田 恒彦
あたらしい眼科   36(1) 97-101   Jan 2019
目的:大阪医科大学附属病院眼科(以下、当科)における糖尿病黄斑浮腫(DME)の硝子体手術(PPV)成績について、術前のhyperreflective foci(以下、foci)の有無で検討した。対象および方法:当科においてDMEに対して初回PPVを施行し3ヵ月以上経過観察可能であった23例28眼を後ろ向きに検討した。男性11例、女性12例。平均63.7歳。術前の外境界膜(ELM)周囲にfociのある群15眼(+)群と、ない群13眼(-)群の2群に分けて、術前、術1ヵ月後、術3ヵ月後における...
Kohmoto R, Fukumoto M, Sato T, Oosuka S, Kobayashi T, Kida T, Suzuki H, Ikeda T
Medicine   98(4) e14271   Jan 2019   [Refereed]
Sato T, Morishita S, Horie T, Fukumoto M, Kida T, Oku H, Nakamura K, Takai S, Jin D, Ikeda T
PloS one   14(2) e0211438   2019   [Refereed]
特発性黄斑上膜術後に生じた嚢胞様黄斑浮腫の4例
森下 清太, 河本 良輔, 福本 雅格, 佐藤 孝樹, 小林 崇俊, 喜田 照代, 佐藤 文平, 池田 恒彦
眼科臨床紀要   11(11) 829-832   Nov 2018
目的:特発性黄斑上膜(ERM)の硝子体手術(PPV)後に嚢胞様黄斑浮腫(CME)が生じた4症例の報告。症例:症例1は74歳男性。右眼ERMのPPV5ヵ月後にCMEが生じたが、点眼にて改善した。症例2は68歳男性。右眼ERMのPPV3ヵ月後にCMEが生じ、トリアムシノロンTenon嚢下注射(STTA)にて改善したが、術後点眼を怠っていたことが判明した。症例3は60歳男性。右眼ERMのPPV1週間後にCMEが生じた。点眼を先発品に変更、STTAも施行したところ改善した。症例4は58歳女性。左眼...
網膜中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫の抗VEGF療法中に生じた一過性続発閉塞隅角緑内障の一例
澄川 英梨子, 喜田 照代, 植木 麻理, 河本 良輔, 福本 雅格, 佐藤 孝樹, 小林 崇俊, 池田 恒彦
眼科臨床紀要   11(11) 824-828   Nov 2018
背景:網膜中心静脈閉塞症(CRVO)に合併する緑内障として続発閉塞隅角緑内障は稀で、眼内レンズ眼においては極めて稀である。今回CRVOに伴う黄斑浮腫の抗VEGF療法(anti-VEGF)中に生じた閉塞隅角緑内障を経験したので報告する。症例:78歳女性、右眼CRVOに伴う黄斑浮腫にて当科紹介。初診時視力は右(0.6)、左1.5、眼圧は右11mmHg、左12mmHg、眼内レンズ挿入眼であった。anti-VEGFを施行後、黄斑浮腫は減少したが2週間後視力は(0.15)に低下した。1.5ヵ月後黄斑...
Kida T, Kobayashi T, Sato T, Fukumoto M, Ikeda T
Ophthalmologica. Journal international d'ophtalmologie. International journal of ophthalmology. Zeitschrift fur Augenheilkunde   1-7   Aug 2018   [Refereed]
Kimura D, Fukumoto M, Sato T, Kohmoto R, Kobayashi T, Kida T, Ikeda T
BMC ophthalmology   18(1) 216   Aug 2018   [Refereed]
Yonemoto Y, Morishita S, Fukumoto M, Mimura M, Sato T, Kida T, Kojima S, Oku H, Sugasawa J, Ikeda T
Medicine   97(22) e10896   Jun 2018   [Refereed]
Kimura D, Kobayashi T, Maruyama E, Oosuka S, Kohmoto R, Fukumoto M, Sato T, Kida T, Ikeda T
Medicine   97(23) e11048   Jun 2018   [Refereed]
Kitagaki T, Suzuki H, Kohmoto R, Oosuka S, Fukumoto M, Sato T, Kobayashi T, Kida T, Ikeda T
Medicine   97(25) e11243   Jun 2018   [Refereed]
Oosuka S, Sato T, Tajiri K, Kimura D, Takai A, Kohmoto R, Fukumoto M, Kobayashi T, Kida T, Ikeda T
Ophthalmic surgery, lasers & imaging retina   49(6) 451-455   Jun 2018   [Refereed]
Fukumoto M, Nishida Y, Kida T, Sato T, Kobayashi T, Ikeda T
BMC ophthalmology   18(1) 82   Mar 2018   [Refereed]
Ishizaki N, Kida T, Fukumoto M, Sato T, Oku H, Ikeda T
BMC ophthalmology   18(1) 59   Feb 2018   [Refereed]
Kimura D, Sato T, Oosuka S, Kohmoto R, Fukumoto M, Mimura M, Tajiri K, Kobayashi T, Kida T, Ikeda T
Case reports in ophthalmology   9(1) 1-8   Jan 2018   [Refereed]
Kimura D, Kida T, Sato T, Fukumoto M, Kohmoto R, Kojima S, Mizuno H, Sakaguchi H, Sugasawa J, Ikeda T
Case reports in ophthalmology   9(1) 17-23   Jan 2018   [Refereed]
Okuda Y, Kakurai K, Sato T, Morishita S, Fukumoto M, Kohmoto R, Takagi M, Kobayashi T, Kida T, Ikeda T
Case reports in ophthalmology   9(1) 43-48   Jan 2018   [Refereed]
Kimura D, Sato T, Nemoto E, Osuka S, Fujita Y, Fukumoto M, Kida T, Ikeda T
Ophthalmic surgery, lasers & imaging retina   48(12) 1010-1015   Dec 2017   [Refereed]
Kohmoto R, Kobayashi T, Sato T, Kimura D, Fukumoto M, Tajiri K, Kida T, Ikeda T
BMC ophthalmology   17(1) 254   Dec 2017   [Refereed]
黄斑上膜を伴う中心性漿液性脈絡網膜症の2例
森下 清太, 河本 良輔, 福本 雅格, 鈴木 浩之, 佐藤 孝樹, 小林 崇俊, 喜田 照代, 池田 恒彦
眼科臨床紀要   10(11) 905-909   Nov 2017
目的:黄斑上膜(ERM)を伴う中心性漿液性脈絡網膜症(CSC)の2例を経験したので報告する。症例:症例1は59歳男性。右眼の裂孔原性網膜剥離に対する硝子体手術の既往がある。左眼はその後変視症と視力低下を自覚した。OCTでERMを認め、黄斑部に漿液性網膜剥離(SRD)を併発していた。フルオレセイン蛍光眼底検査(FA)では中心窩下に点状の漏出点を認め、ERMを伴うCSCと診断した。SRDは内服加療で消退した。症例2は57歳男性。右眼のERMに対する硝子体手術後6年に右眼の変視症が増悪した。OC...
Kakurai K, Hayashi M, Yamada K, Ishizaki N, Yonemoto Y, Morishita S, Kohmoto R, Sato T, Kida T, Ikeda T
BMC ophthalmology   17(1) 184   Oct 2017   [Refereed]
網膜硝子体疾患治療の変遷
佐藤 孝樹, 池田 恒彦
大阪医科大学雑誌   76(1-2) 21-27   Sep 2017
網膜硝子体疾患治療においては、近年の薬物治療の進歩により、従来治療困難であった疾患に対しても積極的に治療が行われており、その適応疾患は広がっている。代表的な薬物としては、抗血管内皮細胞増殖因子薬やトリアムシノロンアセトニド懸濁液がある。網膜硝子体疾患に対する薬剤などによる内科的治療と、硝子体手術を主体とする外科的治療について概説した。
佐藤 孝樹, 池田 恒彦
眼科   59(10) 1174-1178   Sep 2017
眼内異物放置例に晩発した裂孔原性網膜剥離の1例
家久耒 啓吾, 鈴木 浩之, 佐藤 孝樹, 河本 良輔, 福本 雅格, 木村 大作, 喜田 照代, 池田 恒彦
眼科臨床紀要   10(9) 726-730   Sep 2017
背景:受傷後1年半、眼内に鉄片異物が留置されたまま無症状に経過し、裂孔原性網膜剥離を晩発した1例を経験したので報告する。症例:25歳男性。勤務中、小鉄片が右眼に飛入し受傷。近医受診し結膜下出血を認めたが眼底検査で異物を認めなかったため、そのまま経過観察となった。その後無症状に経過したが、1年半後に視力低下を自覚し他院受診。裂孔不明の網膜剥離を認め、滲出性網膜剥離の診断を受けた。後部強膜炎の可能性を考え、頭部CTを施行したところ鼻側毛様体扁平部に高信号を認め、眼内異物が疑われ当院紹介となった...
土師 祐子, 菅澤 淳, 河本 良輔, 田尻 健介, 福本 雅格, 佐藤 孝樹, 喜田 照代, 池田 恒彦, 張野 正誉
臨床眼科   71(9) 1331-1336   Sep 2017
目的:光干渉断層計(OCT)が診断に有用であった網膜および網膜色素上皮過誤腫の1例の報告。症例:11歳男児が左眼視力低下で紹介受診した。6年前から斜視で近医に通院し,1年前の矯正視力は右1.2,左1.0であった。最近になり硝子体黄斑牽引症候群が疑われた。所見と経過:矯正視力は右1.5,左0.15で,右眼に+3.5D,左眼に+1.5Dの遠視があった。右眼には異常がなく,左眼に乳頭周囲の血管が鼻側に牽引される乳頭逆位があった。乳頭黄斑間に黄色調の隆起があり,毛細血管が拡張していた。フルオレセイ...
根元 栄美佳, 木村 大作, 大須賀 翔, 高井 章子, 森下 清太, 福本 雅格, 佐藤 孝樹, 小林 崇俊, 喜田 照代, 池田 恒彦
臨床眼科   71(7) 1099-1104   Jul 2017
目的:網膜有髄神経線維に併発した硝子体黄斑牽引症候群に対し,硝子体手術を行った1例の報告。症例:73歳女性が右眼の変視症と視力低下で受診した。左眼には15年前に特発性黄斑円孔が発症し,その4年後に裂孔原性網膜剥離が生じ,手術で治癒している。所見と経過:矯正視力は右0.5,左0.7で,右眼に網膜有髄神経線維に併発した硝子体黄斑牽引症候群があった。これに対し,硝子体手術を行った。網膜有髄神経線維は下方の血管アーケードの周囲と下耳側の中間周辺部にあった。術中の所見として,この部位の後部硝子体膜は...
Ochi R, Sato B, Morishita S, Imagawa Y, Mimura M, Fukumoto M, Sato T, Kobayashi T, Kida T, Ikeda T
BMC ophthalmology   17(1) 68   May 2017   [Refereed]
Kimura D, Sato T, Suzuki H, Kohmoto R, Fukumoto M, Tajiri K, Kobayashi T, Kida T, Ikeda T
Case reports in ophthalmology   8(2) 334-340   May 2017   [Refereed]
Taki K, Kida T, Fukumoto M, Sato T, Oku H, Ikeda T
Case reports in ophthalmology   8(2) 410-415   May 2017   [Refereed]
西口 文, 石崎 英介, 河本 良輔, 福本 雅格, 佐藤 孝樹, 小林 崇俊, 喜田 照代, 池田 恒彦, 小山 玲子
臨床眼科   71(2) 253-259   Feb 2017
目的:70歳になるまでの4年間に急速に視力が低下したらせん型乳頭周囲脈絡膜ジストロフィと考えられる1例の報告症例:70歳男性が両眼の視力不良で紹介受診した。4年前に両眼の耳側視野狭窄を自覚し,矯正視力は右1.0,左0.2であったという。所見と経過:矯正視力は右0.2,左0.1で,両眼に乳頭周囲から広がる眼底の色調異常と脈絡膜萎縮があった。光干渉断層計で中心窩嚢胞形成があった。フルオレセイン蛍光眼底造影とインドシアニングリーン蛍光眼底造影で,網膜色素上皮と脈絡膜毛細血管板の萎縮があった。乳頭...
佐藤 孝樹, 高井 章子, 大須賀 翔, 大野 淳子, 木村 大作, 田尻 健介, 池田 恒彦
臨床眼科   71(2) 247-252   Feb 2017
背景:網膜細動脈瘤(retinal macroaneurysm)が傍中心窩部に生じることは稀である。目的:網膜細動脈瘤が傍中心窩部に生じた壮年者の報告。症例と経過:50歳の女性が右眼の傍中心暗点で受診した。矯正視力は右1.0,左1.2で,右眼の中心窩に接して0.3乳頭径大の内境界膜下出血があった。4週後にこの出血は0.5乳頭径大になり,インドシアニングリーン蛍光眼底造影で網膜細動脈瘤と推定される赤色点が中心小窩より512μm離れた部位にあった。視力は7週後に0.08,12週後に0.15,1...
Nishikawa Y, Morishita S, Nakamura K, Fukumoto M, Suzuki H, Tajiri K, Sato T, Kobayashi T, Kida T, Oku H, Ikeda T
Case reports in ophthalmology   8(1) 40-48   Jan 2017   [Refereed]
Sato T, Kohmoto R, Fukumoto M, Morishita S, Kimura D, Tajiri K, Kobayashi T, Kida T, Kojima S, Ikeda T
Case reports in ophthalmology   8(1) 163-169   Jan 2017   [Refereed]
Kida T, Fukumoto M, Sato T, Oku H, Ikeda T
Ophthalmologica. Journal international d'ophtalmologie. International journal of ophthalmology. Zeitschrift fur Augenheilkunde   237(3) 173-179   2017   [Refereed]
Nishikawa Y, Morishita S, Horie T, Fukumoto M, Sato T, Kida T, Oku H, Sugasawa J, Ikeda T, Nakamura K
PloS one   12(7) e0180933   2017   [Refereed]
Suzuki H, Morishita S, Kohmoto R, Fukumoto M, Sato T, Kida T, Ueki M, Oku H, Nakamura K, Ikeda T
Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.)   11 1471-1475   2017   [Refereed]
Kida T, Morishita S, Fukumoto M, Sato T, Oku H, Ikeda T
Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.)   11 1607-1610   2017   [Refereed]
鈴木 浩之, 森下 清太, 福本 雅格, 小林 崇俊, 喜田 照代, 木村 大作, 佐藤 孝樹, 池田 恒彦
臨床眼科   70(13) 1913-1918   Dec 2016
目的:妊娠中に発症し,出産後に自然退縮した特発性脈絡膜新生血管(ICNV)の1例を報告した。症例:35歳,女性。妊娠23週頃に左眼の歪視,視力低下を自覚し,ICNVと診断された。矯正視力は0.4で中程度の近視を認めた。妊娠中であったため,ステロイドのテノン嚢下注射や抗血管内皮増殖因子薬の硝子体注射などの積極的な治療を希望されず,経過観察を行った。出産後にICNVは徐々に退縮し,矯正視力は0.9に改善した。結論:ICNV退縮の原因として,妊娠による循環変化,あるいはホルモンの影響などが推測さ...
瘢痕期未熟児網膜症の成人例に生じた裂孔原性網膜剥離の3例
木村 大作, 佐藤 孝樹, 森下 清太, 福本 雅格, 鈴木 浩之, 小林 崇俊, 喜田 照代, 池田 恒彦
眼科臨床紀要   9(11) 947-948   Nov 2016
Ueki M, Morishita S, Kohmoto R, Fukumoto M, Suzuki H, Sato T, Kobayashi T, Kida T, Oku H, Ikeda T, Shibayama Y
International ophthalmology   36(5) 713-718   Oct 2016   [Refereed]
Kitagaki T, Sato T, Hirai J, Kimura D, Kakurai K, Fukumoto M, Tajiri K, Kobayashi T, Kida T, Kojima S, Ikeda T
Case reports in ophthalmology   7(3) 239-244   Sep 2016   [Refereed]
網膜静脈分枝閉塞症を併発した脈絡膜皺襞の一例
山田 哉子, 佐藤 孝樹, 福本 雅格, 石崎 英介, 南 政宏, 池田 恒彦
眼科臨床紀要   9(8) 652-655   Aug 2016
背景:網膜静脈分枝閉塞症branch retinal vein occlusion(BRVO)発症を契機に診断された脈絡膜皺襞の症例を経験した。臨床的に脈絡膜皺襞を認めることは稀であるが、皺襞とBRVOの関連について調べた。症例:83歳女性。主訴は左眼視力低下。白内障手術以外に既往はなく、眼圧正常で両眼後発白内障以外に前眼部、中間透光体に異常は認めなかった。眼底所見では後極部から周辺部に向かう両眼対称性の橙色線条を認め、左眼では後極部上耳側にBRVOを併発していた。フルオレセイン蛍光眼底造...
臨床報告 脈絡膜母斑に合併したポリープ状脈絡膜血管症の1例
木村 大作, 佐藤 孝樹, 大須賀 翔, 高井 章子, 森下 清太, 福本 雅格, 鈴木 浩之, 喜田 照代, 池田 恒彦
臨床眼科   70(8) 1227-1231   Aug 2016
目的:脈絡膜母斑に併発したポリープ状脈絡膜血管症の1例の報告。症例:61歳の女性が4ヵ月前からの右眼の変視症で受診した。矯正視力は右0.1,左1.2で,右眼の黄斑部より鼻上側に扁平で淡い黒色の病変,網膜色素上皮剥離と漿液性網膜剥離があった。光干渉断層計などの所見から,脈絡膜母斑に併発したポリープ状脈絡膜血管症と診断した。ラニビズマブ硝子体注射が6回,アフリベルセプト硝子体注射が14回行われた。改善と悪化を繰り返し,3年後の視力は0.6で維持されている。結論:脈絡膜母斑によって脈絡膜循環障害...
Suzuki H, Kakurai K, Morishita S, Kimura D, Fukumoto M, Sato T, Kida T, Ueki M, Sugasawa J, Ikeda T
Case reports in ophthalmology   7(2) 333-340   May 2016   [Refereed]
Isizaki E, Morishita S, Sato T, Fukumoto M, Suzuki H, Kida T, Ueki M, Ikeda T
International ophthalmology   36(2) 199-206   Apr 2016   [Refereed]
治療経過中に視神経乳頭陥凹・網膜神経線維層厚の変動を認めた急性原発閉塞隅角緑内障の1例
石崎 典彦, 大須賀 翔, 大野 淳子, 木村 大作, 佐藤 孝樹, 小嶌 祥太, 植木 麻理, 杉山 哲也, 池田 恒彦
あたらしい眼科   33(4) 597-600   Apr 2016
目的:急性原発閉塞隅角緑内障(APACG)の治療経過中に視神経乳頭陥凹比(C/D)、視神経乳頭周囲網膜神経線維層厚(RNFL)が変動した症例の報告。症例:56歳、女性、左眼痛、充血があり、左眼の眼圧は61mmHg、左眼のC/Dは0.7だった。左眼APACGと診断した。投薬で隅角の閉塞が解除され、その後の眼圧は13〜16mmHgだった。初診の1週間後に左眼C/Dが0.5に減少し、治療前と比較して視神経乳頭陥凹底深度が浅化、RNFLが増加した。1ヵ月後に左眼C/Dが0.7に増加し、左眼RNFL...
Morishita S, Fukumoto M, Suzuki H, Sato T, Kida T, Isizaki E, Ueki M, Sugiyama T, Ikeda T
Journal of medical case reports   10 21   Jan 2016   [Refereed]
Kitagaki T, Morishita S, Kohmoto R, Fukumoto M, Suzuki H, Sato T, Kobayashi T, Kida T, Nakajima M, Ikeda T
Case reports in ophthalmology   7(1) 174-178   Jan 2016   [Refereed]
ステロイドで寛解と増悪を認めた網膜分離を伴う多発性後極部網膜色素上皮症の1例
佐藤 孝樹, 大須賀 翔, 石崎 典彦, 大野 淳子, 木村 大作, 池田 恒彦
眼科臨床紀要   8(10) 734-739   Oct 2015
目的:多発性後極部網膜色素上皮症(MPPE)は、ステロイドで増悪し、滲出性網膜剥離をきたす疾患である。今回、ステロイドの増減で寛解と増悪を繰り返し、網膜剥離に加えて網膜分離を伴うMPPEの1例を経験したので報告する。症例:71歳男性。急性骨髄性白血病と診断され臍帯血移植を受けた。その後、慢性移植片対宿主病に対してステロイドを投与され、2ヵ月後に視力低下を自覚し眼科受診となった。初診時所見、RV=(0.3)、LV=(0.4)。両眼とも後極部に多発する網膜色素上皮障害を認め、蛍光眼底造影にて視...
Tajiri K, Otsuki K, Sato T, Kimura D, Kobayashi T, Kida T, Sugasawa J, Ikeda T
Case reports in ophthalmology   6(3) 420-426   Sep 2015   [Refereed]
Fukumoto M, Morishita S, Okuda Y, Suzuki H, Sato T, Kida T, Ikeda T
Case reports in ophthalmology   6(1) 71-75   Jan 2015   [Refereed]
網膜中心動脈閉塞症から血管新生緑内障をきたした1例
河本 良輔, 石崎 英介, 福本 雅格, 中泉 敦子, 佐藤 孝樹, 池田 恒彦, 南 政宏, 佐藤 文平
あたらしい眼科   31(11) 1701-1705   Nov 2014
軽度の桜実紅斑(cherry-red-spot)で初発、経過中に血管新生緑内障(NVG)をきたした網膜中心動脈閉塞症(CRAO)の1例。56歳、男性。冠動脈カテーテル治療中に左眼視力低下を自覚。左眼眼底に軽度のcherry-red-spotを認めCRAOと診断。眼球マッサージ、前房穿刺を行いプロスタグランジン製剤およびウロキナーゼの点滴を開始したが、30cm手動弁のままであった。Cherry-red-spotは軽度のまま遷延した。2ヵ月後にNVGを発症し、前房出血も併発して左眼眼圧は48m...
石崎 典彦, 三宅 淳子, 木村 大作, 松葉 卓郎, 福本 雅格, 佐藤 孝樹, 池田 恒彦
臨床眼科   68(5) 691-694   May 2014
目的:小乳頭に伴う傍乳頭網膜分離症の症例報告。症例:数ヵ月前からの左眼視力低下を主訴に受診した67歳男性。矯正視力は右(1.2),左(0.7)。両眼ともに乳頭小窩を認めず,小乳頭だった。左眼黄斑部に車軸状の反射があり,スペクトラルドメイン光干渉断層計(SD-OCT)像では,左眼乳頭上膜と乳頭内の空隙から連続する網膜分離を認めた。結論:小乳頭に傍乳頭網膜分離を合併することがある。乳頭部を含めた複数方向のSD-OCTが診断に有用であり,分離の起始部を推測できた。(著者抄録)
佐藤 孝樹, 森下 清太, 家久来 啓吾, 福本 雅格, 鈴木 浩之, 石崎 英介, 喜田 照代, 池田 恒彦
臨床眼科   68(4) 521-526   Apr 2014
目的:低眼圧黄斑症にシリコーンバンドによる輪状締結術が奏効した2例の報告。症例:1例目は13歳男児で,野球ボールが右眼に当たり,低眼圧が生じた。右眼圧は2mmHg,矯正視力は0.3であった。2例目は41歳男性で,15年前に野球ボールが右眼に当たって低眼圧になり,1週間前に転倒して右眼を打撲した。右眼圧は5mmHg,矯正視力は0.25であった。両症例に#240シリコーンバンドを用いた輪状締結術を行った。結果:症例1では眼圧が10mmHgになり,視力は1.0に改善したが,-3.50Dの近視が生...
対糖尿病網膜症汎網膜光凝固術における従来法とパターンレーザーの比較
大久保 安希子, 森下 清太, 家久耒 啓吾, 鈴木 浩之, 佐藤 孝樹, 石崎 英介, 喜田 照代, 植木 麻理, 池田 恒彦
日本糖尿病眼学会誌   18 59-62   Mar 2014
増殖前糖尿病網膜症で汎網膜光凝固術(PRP)の適応となった13例21眼(男5例、女8例、平均57歳)を対象に、従来の単照射で行った11眼(A群)と、パターンスキャンレーザーを用いた10眼(B群)の成績を比較した。A群は視力(logMAR)が術前平均0.3、術後1ヵ月0.22、光干渉断層計により測定した中心窩網膜厚はそれぞれ227μm、301μmと術前後で有意な変化はなかった。B群はlogMAR視力が術前0.025、術後1ヵ月0、中心窩網膜厚はそれぞれ220μm、224μmで、同様に術前後の...
増殖糖尿病網膜症硝子体手術既往眼の血管新生緑内障に対するチューブシャント術の成績
植木 麻理, 小嶌 祥太, 杉山 哲也, 鈴木 浩之, 佐藤 孝樹, 石崎 英介, 池田 恒彦
日本糖尿病眼学会誌   18 45-48   Mar 2014
増殖糖尿病網膜症に対する硝子体手術後の血管新生緑内障に対し、経毛様体扁平部挿入型Ahmed glaucoma valveによるチューブシャント術を施行した6例6眼(男4例、女2例、平均54.3歳)の成績を報告した。平均眼圧は術前37.0mmHg、術後1週9.3mmHg、1ヵ月後16.3mmHg、6ヵ月後14.0mmHgと有意に下降した。2眼には一過性上昇を認めたが、内服・点眼の追加、インプラント挿入、眼球マッサージによりコントロール可能であった。視力は4眼が不変で、低下2眼のうち1眼は脳梗...
文 俊貴, 家久来 啓吾, 鈴木 浩之, 佐藤 孝樹, 石崎 英介, 池田 恒彦
臨床眼科   68(3) 391-395   Mar 2014
目的:光干渉断層計(OCT)で左右眼に異なる所見を示した成人型卵黄様黄斑変性の症例の報告。症例:49歳女性が2年前からの両眼の変視症で受診した。変視症は左眼で顕著であった。所見:矯正視力は右1.2,左0.9で,網膜電図は正常であった。両眼黄斑部に1/4乳頭径大の卵黄様滲出斑があった。フルオレセイン蛍光眼底造影では,病変部は低蛍光で,その周囲に輪状の過蛍光があり,造影後期には病変部全体が淡い過蛍光を呈した。OCTでは,右眼では病変に一致する疣状の肥厚が視細胞内外節接合部と連続し,左眼ではこれ...
佐藤 孝樹, 杉山 哲也, 土屋 祥子, 喜田 照代, 幾井 重行, 藤本 陽子, 池田 恒彦
臨床眼科   68(1) 85-88   Jan 2014
目的:網膜周辺部に出血が生じたC型肝炎ウイルス網膜症の1症例の報告。症例:61歳男性がインターフェロン投与前の眼科的検査のため紹介受診した。43年前に腹膜炎の手術の際に輸血を受けた。11年前にC型肝炎が発見され,1年前に肝細胞癌に対して肝切除を受けた。所見:矯正視力は右1.2,左1.0で,両眼底の耳側周辺部に毛細血管瘤と出血斑が多発していた。インターフェロン投与は行わなかった。1年間の蛍光眼底造影による経過観察で,耳側周辺部の無灌流領域が拡大した。結論:インターフェロン網膜症では網膜出血と...
Ikeda T, Minami M, Nakamura K, Kida T, Fukumoto M, Sato T, Ishizaki E
Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.)   8 959-963   2014   [Refereed]
孤立性脈絡膜血管腫による滲出性網膜剥離に対しベバシズマブ硝子体注射が有効であった1例
木村 大作, 森下 清太, 家久耒 啓吾, 福本 雅格, 鈴木 浩之, 佐藤 孝樹, 小林 崇俊, 石崎 英介, 喜田 照代, 植木 麻理, 池田 恒彦
眼科臨床紀要   6(12) 955-959   Dec 2013
背景:ベバシズマブの硝子体注射により滲出性網膜剥離が軽快した孤立性脈絡膜血管腫の1例を経験したので報告する。症例:症例は50歳男性。右眼視神経乳頭上方に約5乳頭径大の橙色の隆起性病変を認め、検眼鏡的所見および蛍光眼底検査の結果から孤立性脈絡膜血管腫と診断した。黄斑部にかけて滲出性網膜剥離が生じており、視力が低下していたため、ベバシズマブの硝子体内注射を施行した。注射1週後に網膜剥離は減少し始め、3週後にはほぼ消失した。脈絡膜血管腫の大きさに変化はみられなかった。その他、ベバシズマブによる全...
増殖硝子体網膜症に対する経毛様体扁平部水晶体切除時の前嚢円形切除の有効性
福本 雅格, 家久耒 啓吾, 鈴木 浩之, 佐藤 孝樹, 石崎 英介, 南 政宏, 前野 貴俊, 池田 恒彦
眼科臨床紀要   6(11) 894-897   Nov 2013
目的:増殖硝子体網膜症(PVR)に対する経毛様体扁平部水晶体切除(PPL)時における前嚢円形切除の有効性について検討した。対象および方法:2004年4月〜2007年5月までに大阪医科大学附属病院で、PVRに対して、PPLを施行した症例のうち、術後6ヵ月以上経過観察可能であった12例12眼を対象とした。前嚢を完全に温存した症例を温存群、中心部を円形に切除した群を切除群とし、最終復位率、最終視力、手術回数、PPL術後の前嚢切開術の有無について検討した。結果:温存群、切除群はともに6例6眼であっ...
網膜下液が粘稠な中高年者の裂孔原性網膜剥離の特徴
石崎 英介, 中泉 敦子, 佐藤 孝樹, 南 政宏, 植木 麻理, 池田 恒彦
眼科臨床紀要   6(11) 890-893   Nov 2013
目的:中高年者に発症する裂孔原性網膜剥離の中には、進行が緩徐で網膜下液の粘稠度が高い症例がしばしばみられる。このような症例の臨床的特徴について検討したので報告する。対象:2002年2月〜2009年6月までに大阪医科大学にて強膜バックリング手術を施行した症例のうち、網膜下液が粘稠であった7例7眼(平均年齢69.1±9.0歳)。粘稠でなかった11例11眼(平均年齢60.9±5.7歳)を対照群とした。結果:全例に、ドーム状の胞状網膜剥離、剥離網膜の可動性が少ない、原因裂孔が小さい、網膜下沈着物を...
レーザースペックルフローグラフィーを用いたカリジノゲナーゼによる眼血流変化の検討
石崎 英介, 鈴木 浩之, 佐藤 孝樹, 家久耒 啓吾, 喜田 照代, 植木 麻理, 池田 恒彦
眼科臨床紀要   6(10) 781-784   Oct 2013
目的:網脈絡膜循環疾患に対するカリジノゲナーゼの効果を検討するため、レーザースペックルフローグラフィー(LSFG)を用いて投与前後の眼血流変化を測定する。対象および方法:両眼性糖尿病黄斑浮腫3例6眼、中心性漿液性脈絡網膜症、網膜静脈分枝閉塞症、網膜中心静脈閉塞症各1例、網膜動脈分枝閉塞症2例、およびその僚眼の8例16眼を対象とした。これら8例に対してカリジノゲナーゼ150単位/日を1ヵ月間投与し、LSFGで視神経乳頭血流および網脈絡膜血流を測定して、投与前値を100とした変化率にて評価した...
対糖尿病網膜症汎網膜光凝固術における従来法とパターンレーザーの比較
大久保 安希子, 森下 清太, 家久耒 啓吾, 鈴木 浩之, 佐藤 孝樹, 石崎 英介, 喜田 照代, 植木 麻理, 池田 恒彦
あたらしい眼科   30(10) 1457-1460   Oct 2013
目的:糖尿病網膜症に対する汎網膜光凝固(PRP)を従来法で行った群(以下、従来群)と、パターンレーザーを用いた群(以下、パターン群)で、視力の変動および中心窩網膜厚の変化量を比較検討する。方法:対象は糖尿病網膜症でPRPの適応となった12例21眼(従来群11眼、パターン群10眼)。光凝固はNIDEK社のMC-500Vixiを用いた。術前と術後1ヵ月のlogMAR(logarithmic minimum angle of resolution)視力の変化量および術後1ヵ月に撮影した光干渉断層...
増殖糖尿病網膜症硝子体手術既往眼の血管新生緑内障に対するチューブシャント術の成績
植木 麻理, 小嶌 祥太, 杉山 哲也, 鈴木 浩之, 佐藤 孝樹, 石崎 英介, 池田 恒彦
あたらしい眼科   30(10) 1441-1444   Oct 2013
目的:増殖糖尿病網膜症(PDR)硝子体手術(PPV)既往眼の血管新生緑内障(NVG)に対するAhmedTM glaucoma valve(PC-7)による経毛様体扁平部挿入型チューブシャント手術(シャント手術)の成績を報告する。対象および方法:大阪医科大学においてシャント手術を施行し6ヵ月以上経過観察できた6例6眼の視力・眼圧変化を検討する。結果:術前平均眼圧は37.0mmHgであったが、術後6ヵ月まで全例が21mmHg以下となり全期間において有意な眼圧下降が得られていた。2段階以上の視力...
網膜硝子体手術に不可逆性散瞳をきたした1例
佐藤 陽平, 奥 英弘, 家久耒 啓吾, 鈴木 浩之, 佐藤 孝樹, 石崎 英介, 植木 麻理, 池田 恒彦
眼科手術   26(4) 629-632   Oct 2013
背景:網膜硝子体手術後に不可逆性散瞳をきたした1例を経験したので報告する。症例:33歳、女性。左眼の耳側中間周辺部に多発裂孔を認め、耳側から黄斑部にかけて網膜剥離をきたしたため硝子体手術を施行した。肥厚した硝子体膜を可能な限り切除した後、気圧伸展網膜復位術、眼内光凝固、経強膜冷凍凝固(耳側を中心に広範囲に施行した)、周辺部輪状締結術、ガスタンポナーデを施行した。術後、網膜は復位したが、瞳孔径が約5.5mmの散瞳状態で固定し、対光反応はわずかに認められるのみであった。その後徐々に瞳孔径は小さ...
網膜中心動脈閉塞症に黄斑部網膜分離を合併した一例
藤井 朋子, 石崎 英介, 森下 清太, 家久耒 啓吾, 鈴木 浩之, 佐藤 孝樹, 喜田 照代, 池田 恒彦
眼科臨床紀要   6(9) 712-715   Sep 2013
網膜中心動脈閉塞症central retinal artery occlusion(CRAO)の陳旧期に黄斑部網膜分離を併発し、自然治癒した症例を経験したので報告する。症例:59歳男性。軽度近視眼。右眼の急激な視力低下を主訴に大阪医科大学眼科受診。初診時右眼視力は30cm指数弁であった。右眼CRAOの診断にて血栓溶解療法を開始したが、右眼視力は矯正0.02にとどまった。その後経過観察していたが、CRAO発症から11ヵ月後の再診時に光干渉断層計optical coherence tomogr...
近視性脈絡膜新生血管に黄斑円孔が合併した1例
川北 彩乃, 喜田 照代, 森下 清太, 家久耒 啓吾, 鈴木 浩之, 佐藤 孝樹, 石崎 英介, 池田 恒彦
眼科臨床紀要   6(8) 654-658   Aug 2013
背景:光干渉断層計(OCT)にて脈絡膜新生血管(CNV)の拡大に伴い黄斑円孔が生じ、その後ベバシズマブ硝子体内注射(IVB)を行い経過観察した1例を経験したので報告する。症例:74歳女性、1週間前より左眼の変視を自覚し近医受診。黄斑円孔を指摘され手術目的にて大阪医科大学眼科(以下;当科)を紹介受診された。初診時視力は右眼(0.8)、左眼(0.15)、両眼に近視性網脈結膜萎縮、左眼は黄斑出血がみられた。OCTでは黄斑円孔鼻側縁にCNVによる隆起を認めた。前医受診時のOCTを確認したところCN...
101歳の裂孔原性網膜剥離に対して硝子体手術を施行した1例
西 浩之, 中泉 敦子, 家久耒 啓吾, 三木 美智子, 庄田 裕美, 森下 清太, 鈴木 浩之, 佐藤 孝樹, 石崎 英介, 池田 恒彦
眼科臨床紀要   6(8) 646-649   Aug 2013
背景:高齢化に伴い高齢者へ眼科手術を施行する機会が増加している。今回我々は101歳という超高齢者に発症した裂孔原性網膜剥離に硝子体手術を施行したので報告する。症例:101歳女性。左眼の下方視野欠損を自覚し、網膜剥離にて大阪医科大学眼科を紹介受診。左眼は人工的偽水晶体眼で、上方に胞状の網膜剥離を認め、網膜固定皺襞を形成していた。裂孔は術前に検出できなかった。右眼は失明しており、手術適応ありと判断した。既往歴に心筋梗塞があり、腰は極度に彎曲していた。術中の体位保持のためマットや毛布を使用した。...
山本 智子, 石崎 英介, 森下 清太, 家久来 啓吾, 鈴木 浩之, 佐藤 孝樹, 喜田 照代, 池田 恒彦
臨床眼科   67(8) 1343-1347   Aug 2013
目的:光凝固後に黄斑円孔が生じた孤立性網膜血管腫の症例の報告。症例:40歳女性が2ヵ月前からの左眼視力低下で受診した。祖母と祖母の妹が原因不明の疾患で失明している。両眼の耳側に孤立性網膜血管腫があり,左眼には滲出性変化と牽引性網膜剥離があった。両眼に光凝固を行った。1年後に再び左眼視力が低下して受診した。矯正視力は右1.5,左0.3で,血管腫の大きさには変化がなく,左眼に黄斑円孔があった。硝子体手術を行い,黄斑上膜と内境界膜を剥離し,SF6ガスを注入した。黄斑円孔は閉鎖し,視力は5ヵ月後に...
斜視手術既往眼に発症した裂孔原性網膜剥離に対してインプラント法を施行した1例
三宅 淳子, 佐藤 孝樹, 家久来 啓吾, 鈴木 浩之, 石崎 英介, 喜田 照代, 池田 恒彦
眼科手術   26(3) 465-468   Jul 2013
背景:裂孔原性網膜剥離(rhegmatogenous retinal detachment:RRD)に対する強膜バックリング手術(scleral buckling procedure:SBP)はエクソプラント法が主流であり、バックル設置が困難な症例に対しては硝子体手術を選択することが多い。今回、斜視手術既往眼に発症したRRDに対してインプラント法によるSBPを施行し良好な結果を得た1例を経験したので報告する。症例および所見:16歳、男性。7歳時に大阪医科大学病院眼科で外斜視に対し左眼水平前...
Down症候群患者に生じた外傷性網膜剥離の1例
森下 清太, 中泉 敦子, 家久耒 啓吾, 鈴木 浩之, 佐藤 孝樹, 石崎 英介, 菅澤 淳, 池田 恒彦
眼科臨床紀要   6(4) 317-319   Apr 2013
目的:精神発達遅滞のあるDown症候群患者に、自傷行為が原因と考えられる網膜剥離を発症し、硝子体手術を施行した症例を経験したので報告する。症例:30歳男性。Down症候群による精神発達遅滞を認め、自傷行為の既往があった。近医より白内障と網膜剥離の疑いで当科紹介となった。初診時、両眼白内障および左眼に広範囲の網膜剥離を認めた。全身麻酔下で左眼水晶体切除術+硝子体手術を施行し、シリコーンオイルを注入し手術を終了した。術中眼底所見は下方と上方に鋸状縁断裂を認めPVR:C-3の状態であった。自傷行...
サーフロー外筒を用いた対面通糸法による虹彩離断整復
濱島 紅, 佐藤 孝樹, 家久来 啓吾, 鈴木 浩之, 石崎 英介, 喜田 照代, 池田 恒彦
眼科手術   26(1) 117-120   Jan 2013
背景:外傷性虹彩離断に対して、従来の対面通糸法に加えてサーフロー外筒(以下、外筒)を使用することで虹彩整復術を円滑に施行できた1例を報告する。症例:71歳、男性、右眼、虹彩根部は鼻側の12時から6時で離断しており、水晶体硝子体腔内落下、硝子体出血を併発していた。所見:外筒に眼内落下防止のため外側に切れ込みを入れ9時方向の角膜サイドポートに留置。縫着予定部位の強膜創から眼内レンズ毛様溝縫着用の10-0プロリン付き長直針を刺入、眼内レンズ毛様溝縫着術と同様に受けとして27ゲージ針を外筒より挿入...
Fukumoto M, Ikeda T, Sugiyama T, Ueki M, Sato T, Ishizaki E
Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.)   7 1463-1465   2013   [Refereed]
森山 侑子, 佐藤 孝樹, 家久来 啓吾, 鈴木 浩之, 石崎 英介, 植木 麻理, 池田 恒彦
臨床眼科   66(13) 1757-1760   Dec 2012
目的:家族性滲出性硝子体網膜症(FEVR)に続発した網膜上膜に対して硝子体手術を行った症例の報告。症例:36歳女性が視力低下で受診した。右眼は幼少時に鎌状網膜剥離で失明し,左眼はFEVRと網膜上膜として近医で経過観察中であった。父親に網膜剥離の既往がある。所見と経過:矯正視力は右眼0,左眼0.5で,左眼に-9Dの近視があった。右眼は眼球瘻で,左眼に牽引乳頭,網膜血管の直線化と多分岐,眼底周辺部に広範な無血管野,耳側中間周辺部に網膜上膜があり,FEVRと診断した。網膜上膜が進行し,15ヵ月後...
守屋 豪志, 鈴木 浩之, 家久來 啓吾, 佐藤 孝樹, 石崎 英介, 植木 麻理, 池田 恒彦
臨床眼科   66(12) 1665-1668   Nov 2012
目的:木片の飛入によりやや大きな前嚢損傷が生じたが,以後2年3ヵ月間外傷性白内障が進行しなかった症例の報告。症例:47歳男性が木工作業中に木片が飛来して右眼に刺さり,自己抜去し,その1週間後に受診した。7ヵ月前に右眼の特発性黄斑円孔に対し,水晶体を温存する手術を受け,術前0.3,術後0.5の視力を得ていた。所見と経過:矯正視力は右0.5,左1.5で,右眼角膜の下耳側とこれに相当する虹彩に穿孔創,水晶体前嚢に長さ3.5mmの混濁があった。角膜創からの房水流出はなかった。以後保存的に処置した。...
佐藤 孝樹, 家久来 啓吾, 鈴木 浩之, 石崎 英介, 喜田 照代, 池田 恒彦
臨床眼科   66(5) 695-699   May 2012
背景:加齢黄斑変性に対するラニビズマブ硝子体注射は,視力が良好な例にも有効とされている。目的:ラニビズマブ硝子体注射で視力が低下した症例の報告。症例:86歳女性が左眼視力低下で受診した。以前より右眼に加齢黄斑変性(AMD)があった。所見:矯正視力は右0.04,左0.9で,右眼黄斑部にはAMDによる瘢痕,左眼には1乳頭径大の網膜色素上皮剥離があった。左眼にラニビズマブ硝子体注射を行い,その1ヵ月後に網膜色素上皮裂孔が生じた。網膜色素上皮と網膜下出血のあと,初診から14ヵ月後に黄斑に瘢痕形成が...
網膜剥離に対する硝子体手術後晩期に発症した黄斑円孔の2例
鈴木 浩之, 石崎 英介, 吉田 朋代, 北垣 尚邦, 佐藤 孝樹, 南 政宏, 植木 麻理, 池田 恒彦
眼科臨床紀要   5(4) 341-345   Apr 2012
背景:網膜剥離に対する硝子体手術を施行後、晩期に黄斑円孔が生じた2例を報告する。症例:症例1は55歳女性、平成20年7月、上方弁状裂孔による網膜剥離に対し硝子体手術を施行。術中トリアムシノロンアセトニド(以下;TA)を用いて黄斑部の残存硝子体皮質も除去し網膜は復位したが、8ヵ月後に黄斑円孔を生じた。再手術時、黄斑円孔周囲の薄い黄斑上膜を認めた。術後、黄斑円孔は閉鎖し矯正視力0.5を維持している。症例2は59歳男性、平成19年5月、多発裂孔に伴う網膜剥離に対し当科にて硝子体手術を施行。TAを...
吉川 大和, 石崎 英介, 森下 清太, 鈴木 浩之, 佐藤 孝樹, 植木 麻理, 池田 恒彦
臨床眼科   66(4) 515-520   Apr 2012
目的:両眼性網膜海綿状血管腫の1症例の長期経過の報告。症例:58歳女性が両眼の視力低下で受診した。海綿状血管腫が脳と皮膚にあった。所見:視力低下の原因は遠視で,矯正視力は右1.2,左1.0であった。両眼の眼底白色嚢状組織が混在するぶどうの房状の血管瘤があった。24年前の診療録の記述との比較では,両眼とも血管腫の面積には変化がなく,当初は赤色の血管腫であった部位が白色嚢状組織になり,蛍光眼底造影で過蛍光を示していた赤色血管腫の一部が低蛍光化していた。結論:網膜海綿状血管腫に混在する白色嚢状組...
糖尿病網膜症に合併した脈絡膜新生血管の2例
北垣 尚邦, 荻田 小夜子, 宮本 麻起子, 光辻 辰馬, 家久来 啓吾, 鈴木 浩之, 佐藤 孝樹, 石崎 英介, 植木 麻理, 池田 恒彦
日本糖尿病眼学会誌   16 47-51   Mar 2012
糖尿病網膜症に合併した脈絡膜新生血管の2例を経験した。症例1は63歳男で、右眼硝子体出血をきたした。両眼増殖糖尿病網膜症を認め、両眼の汎網膜光凝固術を開始した。右眼硝子体出血は自然吸収したが、再度右眼硝子体出血をきたし、右眼経毛様体扁平部硝子体切除術+水晶体再建術を施行した。左眼にも硝子体出血を認め左眼経毛様体扁平部硝子体切除術+水晶体再建術を施行した。その後、左眼は硝子体出血をくり返し、左眼経毛様体扁平部硝子体切除術を施行した。症例2は60歳男で、視力低下を主訴に受診した。前増殖糖尿病網...
カリジノゲナーゼによる糖尿病黄斑浮腫軽減効果の検討
鈴木 浩之, 石崎 英介, 家久来 啓吾, 佐藤 孝樹, 南 政宏, 池田 恒彦
日本糖尿病眼学会誌   16 36-38   Mar 2012
カリジノゲナーゼによる糖尿病黄斑浮腫軽減効果について検討した。無治療あるいは血管強化剤かビタミン剤の内服のみで経過観察する群(非投与群)とカリジノゲナーゼを3ヵ月間投与する群(投与群)に割り付けた。中心窩網膜厚は投与群で有意に低下し、非投与群では不変であった。投与群の中心窩網膜厚を初期値が500μm以上の群と未満の群に分けて評価したところ、初期値500μm未満の群で有意な低下がみられた。投与群の中心窩網膜厚を黄斑浮腫のタイプ別に分けて評価し、Diffuse型、CME型で有意な低下がみられた...
細菌性眼内炎治療後ソフトコンタクトレンズ装用者に発症した角膜潰瘍の1例
中矢 絵里, 清水 一弘, 服部 昌子, 向井 規子, 佐藤 孝樹, 勝村 浩三, 舟橋 順子, 馬渕 享子, 池田 恒彦
あたらしい眼科   29(1) 123-125   Jan 2012
術後眼内炎治療後、改善していた同一眼に角膜潰瘍が発症した症例を経験した。症例は79歳、女性。2009年3月12日他院にて左眼PEA(水晶体乳化吸引術)+IOL(眼内レンズ)を施行。3月14日左眼飛蚊症・視力低下を自覚し、翌日眼内炎の診断で当科紹介となった。ただちに緊急硝子体手術を施行し、10日後退院となった。眼房水からはStaphylococcus capitis、Corynebacterium、Streptococcusが検出された。退院後は他院にて経過観察され、無水晶体眼にブレス・オー...
佐藤 孝樹, 家久来 啓吾, 中泉 敦子, 鈴木 浩之, 石崎 英介, 池田 恒彦
臨床眼科   65(13) 1945-1950   Dec 2011
目的:漿液性網膜色素上皮剥離を伴う加齢黄斑変性に対するラニビズマブ硝子体内注射の効果の報告。対象と方法:漿液性網膜色素上皮剥離を伴う加齢黄斑変性10例10眼にラニビズマブ硝子体内注射を行った。網膜色素上皮剥離の大きさは,1乳頭径2眼,2乳頭径1眼,3乳頭径3眼,3乳頭径以上が4眼であった。光干渉断層計により効果を判定した。視力はlogMARで評価し,0.2以上の変化を改善または悪化とした。結果:網膜色素上皮剥離は5眼で消失し,うち3眼で再発した。1眼で縮小し,4眼で不変であった。全10眼で...
黄斑上膜自然剥離後に黄斑上膜再発をきたした3症例
森山 侑子, 南 政宏, 中泉 敦子, 佐藤 孝樹, 石崎 英介, 植木 麻理, 池田 恒彦
眼科手術   24(4) 489-493   Oct 2011
背景:黄斑上膜(epiretinal membrane:ERM)の自然剥離例は過去にも報告があるが、自然剥離後に再発したとする報告は少ない。今回、このような3症例を報告する。症例:症例1は48歳、女性。右眼変視症にて受診、ERMを認めたがVD=(1.2)であり経過観察とした。4ヵ月後に変視症は軽減、ERMが自然剥離していた。2年後に再度視力低下し来院したが、以前に剥離したERMは血管アーケード下方の硝子体腔内に浮遊し、黄斑部にはERMが再発し偽黄斑円孔を呈していた。症例2は65歳、女性。左...
糖尿病網膜症に合併した脈絡膜新生血管の2例
北垣 尚邦, 荻田 小夜子, 宮本 麻起子, 光辻 辰馬, 家久来 啓吾, 鈴木 浩之, 佐藤 孝樹, 石崎 英介, 植木 麻理, 池田 恒彦
あたらしい眼科   28(10) 1468-1472   Oct 2011
糖尿病網膜症に血管新生黄斑症を合併した2例を経験したので報告する。症例1:63歳、男性。増殖糖尿病網膜症に対し両汎網膜光凝固術、硝子体切除術を施行され、2008年10月20日、矯正視力は右眼0.4、左眼は中心窩硬性白斑集積のため0.05であった。同年12月15日、左眼に脈絡膜新生血管に起因する黄斑部網膜下出血を認め、矯正視力は0.02に低下した。3ヵ月後に、出血は吸収されたが、矯正視力は0.01pである。症例2:60歳、男性。糖尿病網膜症に対し、両汎網膜光凝固術、黄斑浮腫に対し両トリアムシ...
カリジノゲナーゼによる糖尿病黄斑浮腫軽減効果の検討
鈴木 浩之, 石崎 英介, 家久来 啓吾, 佐藤 孝樹, 南 政宏, 池田 恒彦
あたらしい眼科   28(10) 1457-1459   Oct 2011
目的:糖尿病黄斑浮腫(diabetic macular edema:DME)に対するカリジノゲナーゼの有効性を、カリジノゲナーゼ投与群(以下、投与群)とカリジノゲナーゼ非投与群(以下、非投与群)で比較検討する。対象および方法:対象はDME28例33眼で、カリジノゲナーゼ150単位/日を3ヵ月間投与するカリジノゲナーゼ投与群(19例22眼)と非投与群(9例11眼)に割り付け、黄斑浮腫および視機能に対する効果を比較検討した。結果:OCTで評価した中心窩網膜厚は、投与群が489.7±25.1μm...
外傷性網膜剥離と判断した鈍的眼外傷に起因する網膜分離の1例
福本 雅格, 福居 萌, 家久来 啓吾, 鈴木 浩之, 佐藤 孝樹, 石崎 英介, 植木 麻理, 池田 恒彦
眼科臨床紀要   4(7) 698-702   Jul 2011
背景:鈍的外傷により壊死性網膜裂孔が生じて網膜剥離に進行する例は日常臨床でしばしば経験するが、網膜分離をきたしたとする報告は少ない。今回、我々は外傷性網膜剥離と判断して強膜バックリング手術を施行した網膜分離の1例を経験したので報告する。症例:11歳、男児。学校検診で視力低下を指摘され、精査目的にて近医を受診した。眼底検査にて右眼の下耳側の網膜剥離を指摘され、大阪医科大学眼科に紹介受診となった。下耳側に楕円形の網膜裂孔とその周囲に網膜剥離と思われる所見を認めた。3年前に右眼を強打した既往があ...
オートレフラクトメータで著しい遠視値を示した星状硝子体症の1例
石崎 英介, 藤田 恭史, 佐藤 孝樹, 清水 一弘, 池田 恒彦
IOL & RS   25(2) 233-236   Jun 2011
目的:白内障手術前後にオートレフラクトメータで著しい遠視値を示した星状硝子体症の1例を経験したので報告する。症例:67歳、女性。両眼に星状硝子体症を認めた。初診時オートレフラクトメータでは右眼+8.50D C-2.50D Ax95°、左眼+6.75D C-0.75D Ax19°を示した。両眼白内障手術をとくに問題なく施行した。術後オートレフラクトメータ値は右眼+7.00D C-0.75D Ax108°、左眼+11.25D C-4.25D Ax145°と著しい遠視値を示したが、自覚屈折検査に...
中泉 敦子, 佐藤 孝樹, 石崎 英介, 南 政宏, 菅澤 淳, 池田 恒彦
臨床眼科   65(6) 981-985   Jun 2011
目的:両眼に同時に発症した乳頭血管炎の症例の報告。症例:63歳女性が1週間前からの右眼視力低下で受診した。11年前にIgA腎症と診断され,6年前から糸球体腎炎で腹膜透析を受けていた。所見:矯正視力は右0.4,左1.0で,右眼の黄斑部に赤い隆起性病変と網膜下出血があった。右眼のポリープ状脈絡膜血管症と診断した。10ヵ月後に左眼の視力が0.5に低下した。両眼に出血を伴う乳頭の発赤腫脹があった。両眼のI型乳頭血管炎と診断し,プレドニゾロン30mg/日の内服を開始した。左眼視力は5週間後に1.2に...
両眼性弦月型先天性水晶体欠損の1例
森下 清太, 佐藤 孝樹, 鈴木 浩之, 石崎 英介, 植木 麻理, 菅澤 淳, 池田 恒彦
あたらしい眼科   28(4) 536-538   Apr 2011
目的:先天性水晶体欠損は胎生期の眼杯裂閉鎖不全、Zinn小帯の発育不全などが原因で水晶体線維細胞の赤道部での伸長・造形あるいは形態維持に異常をきたす疾患である。今回、筆者らは全身症状を伴う両眼性弦月型先天性水晶体欠損の1例を経験したので報告する。症例:41歳、男性。生来両眼とも視力不良。近医で両眼の水晶体異常を指摘され、当科へ紹介。両眼とも水晶体の耳側およびZinn小帯の欠損を認めた。右眼矯正視力0.05、左眼矯正視力0.15。右眼は外斜視。眼圧は正常、前眼部および眼底に異常所見は認めず。...
瘢痕期未熟児網膜症に白内障と閉塞隅角緑内障を続発した1例
石崎 英介, 福本 雅格, 鈴木 浩之, 佐藤 孝樹, 植木 麻理, 池田 恒彦
眼科臨床紀要   4(4) 364-367   Apr 2011
背景:著明な白内障と閉塞隅角緑内障をきたした瘢痕期未熟児網膜症の1例を経験したので報告する。症例:7歳男児。両眼未熟児網膜症に対して生後4ヵ月時に輪状締結術を施行。その後眼底は著明な牽引乳頭を呈するものの網膜剥離の再発もなく、瘢痕期未熟児網膜症4度で落ち着いていた。しばらく診察間隔をあけていたところ、突然左眼の眼痛を訴え来院した。左眼は成熟白内障と浅前房を認め、眼圧は50mmHgに上昇していた。点眼および内服で眼圧コントロール不能であったため、水晶体吸引術と前部硝子体切除術を施行し、術後眼...
虹彩ルベオーシスと前房出血をきたした網膜剥離の1例
福居 萌, 中泉 敦子, 佐藤 孝樹, 石崎 英介, 南 政宏, 植木 麻理, 池田 恒彦
眼科手術   24(2) 215-218   Apr 2011
背景:著明な虹彩ルベオーシスと前房出血をきたした強度近視網膜剥離の1例を報告する。症例:77歳、女性。2ヵ月前より右眼の視力低下をきたし当科を受診した。矯正視力は右眼光覚弁、左眼0.6、眼圧は右眼27mmHg、左眼11mmHgであった。数年前に白内障手術を受け、両人工的無水晶体眼であった。右眼は前房出血のため眼底透見不能で、著明な虹彩ルベオーシスを認めた。超音波Bモード検査で右眼周辺部に網膜剥離を認めたため硝子体手術を施行した。眼底は周辺部胞状網膜剥離と下方に裂孔を認め、前部増殖硝子体網膜...
IRVANに対して硝子体手術を施行した1例
鶴原 泰子, 石崎 英介, 服部 秀嗣, 佐藤 孝樹, 高井 七重, 南 政宏, 坂口 仁志, 池田 恒彦
眼科手術   24(1) 63-66   Jan 2011
背景:多発性網膜細動脈瘤を伴う網膜血管炎(idiopathic retinitis、vasculitis、aneurysms、and neuroretinitis:IRVAN)に硝子体出血および牽引性網膜剥離をきたした1例に対し硝子体手術を施行したので報告する。症例:37歳、女性。右眼変視症を主訴に前医を受診した。右眼に多発網膜細動脈瘤と鼻側を中心に不規則で広範な網膜無血管、新生血管、硝子体出血、黄斑前膜を認め、IRVANと診断した。無血管野に対して光凝固を施行したが、線維血管性増殖膜が増...
眼内レンズセミナー Elschnig pearlの自然寛解
佐藤 孝樹, 池田 恒彦
あたらしい眼科   27(11) 1539-1540   Nov 2010
高山 圭, 佐藤 孝樹, 石崎 英介, 南 政宏, 植木 麻理, 池田 恒彦
臨床眼科   64(9) 1573-1577   Sep 2010
目的:出血性網膜剥離が併発した周辺部滲出性出血性脈絡膜網膜症(peripheral exudative hemorrhagic chorioretinopathy:PEHCR)の症例の報告。症例:72歳男性が2週間前に突発した右眼視力低下で受診した。高血圧と心房粗動があり,降圧薬とワルファリンを服用中であった。所見:視力は右光覚弁,左1.0で,右眼に前房出血と硝子体出血があった。超音波検査で網膜剥離と網膜下出血の所見があった。硝子体手術を行い,術中所見として,胞状の出血性網膜剥離が全周にあ...